きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
28日にスーチーがピッサヌロークの戻ってから、4日が経った。

この間、チャットで、1回話しただけ。

それも、彼女のチャットのMSNが、ウィルスに侵されているとかで、

途中でヘンなメッセージが入ってきて、中断されてしまった。

体調が悪くて、医者に注射を打ってもらった。

こんどは、熱ではなくて、胃痛だ、と言う。

いろいろ、症状がでるねぇ。

お医者には、ゆっくり休養、リラクックスしないといけない、と言われている。

というような話をしたところで、切れた。。。

今回、ピッサヌロークへ戻ると、2週間は、そちらに居なければならない、という話は、出発前に話していた。

だから、僕との付き合いも、バンコクに戻る、2週間後から、真剣にしよう、

と思っているかもしれない。

だけれども、そうだろうか?

真剣に思っているのなら、この2週間の間、僕に、ピッサヌロークに来てくれないか、

と言うはずでは、ないだろうか?

その話題に、いっさい、触れないということは、どうなんだろう。

第三者からみたら、

この関係は、もう終わっているよ、

という事かもしれない。

あるいは、タイ女性は、つつしみ深いから(あるいは自尊心・ウヌボレが強いから)

自分の方から、こうして欲しい、 とは言わない、

という話を聞くこともある。

それで、今日は、こちらから長めのメールを打った。

ここ数日、ぼくは観光ビザを取るための、ビエンチャン行きの計画づくりで、てんてこ舞いしている。

飛行機の予約はとったけど、

ノーンカーイやビエンチャンのホテルの手配はまだ。

ビエンチャンのタイ領事館までの詳しい行き方も、まだ、インターネットで調査中。

だれかに、手助けしてもらいたいけど、誰もいないので、ひとりでもくもく、やっている。。。

スーチーは忙しいしなぁ・・・

という愚痴をつけた。

さて、少しは、反応があるかどうか。。。


juscoview

juscokaki


今日は、ジャスコで、柿を買った。

日本を出るとき、日本ではまだ柿は、スーパーに無かった。

もう、秋か。

ジャスコの隣のカルフールにも、まだ、柿はでていなかった。

これは、輸入品かどうか訊くと、

チャンマイ産だと、書いてあるという。

珍しいので買ってきた。

沢山あるなかで、一番形がよくて、おいしそうなのを選んだ。

つもり、なのだったが、

なんと。

アパートに帰って、よくよく見ると、

値札のついている裏の柿は、他の3つに比べて、不釣合いに小さく、

しかも、腐っている!

なんとも、やりきれなく、

タイに小さくだまされた、気分になった。

20バーツ(65円)だから、しようがないか、と思いながら、

くやしいので、批判的な気持ちで、食べてみた。。。

味は、良かった。

これが、タイなのであろう。

なんとなく、いやになりながらも、憎めない。。。


<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
スポンサーサイト
いま あなたの上に 現れている 能力は

氷山の一角

真の能力は、 水中

深く深く 隠されている
                        宇野 千代

NHKホットモーニングで、女優 山本陽子が出演したときに、紹介された言葉で、

彼女のの楽屋の暖簾の“宇野千代さんの書”として掛けられている、とのことです。

すごいのは、この言葉を贈ったのが、山本陽子が入院中の宇野千代を見舞ったときに、

受けた言葉だと、いうところ。

「あなたは、これからが正念場よ」

有名女優として、押しも押されぬ立場にある、山本陽子にして、まだまだ、これからだよ、

という意味を込めて、激励した言葉なのだ。


言葉を変えれば、

人間の能力なんて、無限で、いつまでも、発展途上だ、

と言えるのではないか。

そして、それは、女優、山本陽子だけへの言葉ではなく、

生きとし生ける、誰に対しても、あてはまる言葉だと、思いたい。


タイ語の、小さな象が、のたりのたりと、歩んで出来たような書体をみて、

なかなか覚えられない自分をはげますように、

こんな言葉を思い出してみました。

まだまだ、これから。


新しきことに、こころイキイキ反応しているかぎり、青春。

伊勢丹のある、セントラル・ワールドの前では、今日も催しもの。

学生中心の、バザールだった。

centralbazar1

centralbazar2

centralbazar3
おや、このお嬢さん、ピースサインを送ってくれていました! ↑


<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
ジャックGolfのラオスビザツアーが、再開後、すぐに停止となり、予定が外れて大慌てしています。

最初の経験なんだから、おまかせで行こう!

と始めに決めていたので、いざ自分でやらなければならなくなっても、なかなかエンジンがかからない。

いろいろインターネットでの、タイ・ビザについての、議論を再吟味。

観光ビザで、ダブル、という条件では、ラオスのビエンチャンが、最適というか、ここしか簡単にとれるところはない、という結論らしい。

ラオスまで、どう行くか。

一番簡単なのは、タイ航空で、ビエンチャンに飛ぶこと。

だけれども、飛行機代が、12,640バーツで、高い。

それに、あまりにも、面白みがない。

ほとんどの人は、ノーンカーイの陸路からラオスに入っている。

ノーンカーイまで、列車か、バスか、途中のウドーン・ターニーまで空路で後はバスで行くか。

現地についてからのもろもろハプニングを考えると、体力温存しておかねばならない。

10時間もかかる、列車もバスも、この点で除去。

9月8日、バンコクからウドーン・ターニーまで、行き、
9月11日、ウドーン・ターニーからバンコクへ、戻り。

これを、格安航空のAIRASIA で、予約する。

9月8日は、飛行機が、17:15分、ウドーン着だが、その日のうちに、ノーンカーイのホテルまで行かねばならない。

飛行場からの足は、どうなるのか。

9月9日が、最も重要な活動の日で、朝、ノーンカーイのホテルを出て、

タイのイミグレーションで、出国手続きをし、

そこから、タイーラオス友好橋を渡って、国境を越え、

ラオス側のイミグレーションで入国処理をして、

そこから、ビエンチャン市内にある、タイの領事館まで、行って、

ビザ申請書を作成し、

12時までに、申請書を提出する。

受付が終わると、翌日、何時に受け取り可能かの時間が言い渡される。

ここまでが、スムーズの行われなければならない。

あとは、パス・ポートを預けてしまうから、タイには戻れず、ビエンチャン市内に一泊するホテルを探さなければならない。

9月10日は、ビザが発給されたパスポートを受け取って、タイに戻ることになる。

今日、計画を考えたのは、ここまで。

もどりの10日を、どこに泊まるか、あとで決めることにした。

まずは、上で決めた事柄を、具体的にどう、つめておくか?

ノーンカーイのホテルはどうする?

タイの、ローカルな市のホテルやゲスト・ハウスは、予約は英語では通じない。。。

ウドーンから、ホテルまでの、足は、どうなる。。。空港から、バス・ターミナルまで行って、そこからバスで2時間?

いろんな細部が、インターネットでは、わからないのです。

そこで、僕は、ウドーン・ターニー近くに住む、タイ・ラブリンクで知り合ったガール・フレンドにヘルプを頼もう、としています。

その彼女、ロンは、29歳、マスターを取っている、病院の技師です。

姉さんが、日本人と結婚して、東京に住んでおり、

妹さんは、日本に留学して、日本語ペラペラで、バンコクで通訳ガイドしている、

そんな親日派で、

僕との会話は、日本語をゆっくりながら、使いたがります。

ロンに、状況を説明し、これこれしかじかで、飛行機は決めたので、

ウドーンからノーンカーイ、 ノーンカーイからビエンチャンまでの細部の行動について、

適当なホテルを探すっことから、助けてください、

と頼んだ。

最初は、そこらへんのことを知っている人が沢山いるし、ビザをよく取っている日本人も知っているから、まかせなさい!

というような、頼もしい調子だったのだ。

ロンが何人かの人と話したあとで、電話の返事をくれた。

ウドーンの飛行場からは、リムジン・バスがノーンカーイまである、200バーツだから、それを使えばいいでしょう。

うんうん、なかなか良いぞ。

ホテルは、自分で探して。。。知ってる人があまりいなくて。。。決めたら、教えて、電話のお予約はしてあげてもいいからね。

あと、ノーンカーイからビエンチャンは、タクシーが1200バーツ。。。

ちょっと、待って、それって何?

僕は、まずイミグレーションに行って(何でいくか?)、タイ出国して、ラオスに入り、ラオスの国境から、ビエンチャンに、行く、そういうことだけど・・・?

そう、そのラオスに入ってから、ビエンチャンまで遠いから、タクシーで1200バーツ、、、私の記憶では、それを800バーツまで、まけさせたようなきはするけれど。。。

ちょっと待って、それでも、おかしいよ、

距離は、あっても25KMを越えることはないんだから。。。バンコクからパタヤまででも800バーツで行くのに、、、ラオスでそんなことはないはず・・・

これが、なかなか、通じない。

ロンは、それだけは自分の経験でものを言っているらしく、

その時は、あちこちビエンチャンのまわりを観光で見て回ったからかもしれない。。。

だけど、1200バーツだったし、、、それ以外、わからない。。。

善意の気持ちが無くなったわけではない、と思われるけれども、

どうも、ロジカルに考えて、自分の言っていることが変だ、と思うことが、ないようなのである。

これ以上、説明して、助けてもらおう、とすることは、無駄なような気がしてきた。

事情、状況を、理解してもらう、そのことが、とても難しい。

タイ人は、他人の立場の立って、ものを考える、ということが、こんなに不得手なのか、

と思わせられる。

以前に、アパートを探すことを、頼もうとして、こちらの事情をどうしても飲み込んでもらえなかったことを、思い出した。

これ以上、頼もうとすると、怒り出す、、、。

それで、

じゃ、わかった、いろいろありがとう!

と言って、会話をお終いにしました。

あ~あ。

自分でやろうっと。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

今回のタイ滞在は、3ヶ月に挑戦しようと、決めています。

そう、初めてのロングステイ、と言えます。

そのためには、二つの方法が、考えられます。

1.一つは、ノービザのまま、30日毎に、2度出国し、タイに入り直すこと。
これは、ノービザ滞在許可30日を、3回繰り返すことになります。

2.もう一つの方法が、観光ビザをとること。
インターネットで調べてみると、ラオスのビエンチャンで、観光ビザ(ダブル)で取る人が多い。
マレーシアのペナンに、飛行機で行くより、安いし、ダブルが簡単にとれるから、というらしい。
観光ビザのダブルを取れば、次回のタイに来るときに、また3ヶ月滞在ができる、ということで、日本を出発前に、ビエンチャンで、観光ビザを取得しることに、決めていた。

そして、二日前、そろそろビザ・ツアーへ参加の申し込みをしようと、ジャック・ゴルフに、電話をしてみた。

このジャック・ゴルフは、ビザ・ツアーでは、有名で、インターネットなどを読んでも、他の業者よりは、評判が、良い。
そのジャックが、1時停止していたビエンチャンのビザ・ツアーを、8月から、再開した、という記事が
タイチャネルなどで語られ、ジャックのホーム・ページにも記載されているので、安心していたのである。

ところが、なんと、先週から、つまり、8月のツアーは、1回、行ったきりで、中止することになった、というのだ。

え~、そんなこと、ホーム・ページに、全然訂正情報が、書かれていないぞ~。
ホーム・ページには、8月いっぱいのスケジュールが、どうだ、再開したぞ、って勢いで、書かれたままです。

中止の理由は、ビエンチャンのタイ領事館で、申請者の帰国用の航空券の提示を求めるようになったから、と言います。

ビエンチャンに、観光ビザを求めに行く人の中には、ノービザで入国し、30日毎の出入国を繰り返しながら、時に観光ビザを取り、またノービザ出入国を繰り返し、タイに長期滞在している人が、かなり居るのです。
そういう人は、帰国のために航空券を持っていません。
このことは、かなり甚大な影響を、かれらに与えるはずですが、まだ、タイチャネルなどでも、語られていません。

ふ~っ。

ぼくの場合は、3ヶ月後の帰国の航空券はあるので、問題はないのですが、ツアーが無くなった。
ご自分で、行ってください、と言われた。

さぁ、その気にならなくちゃ!

ちなみに、上の、1のケースで、タイ国外に30日毎に出る、という方法はどうか、というと、僕は使えないようなのです。
これには、過去6ヶ月以内のノービザによるタイ国内の滞在は90日までとする、ビザ無し90日規制、というものがあります。
これに関する最新情報も、よくよく読まなければなりません。
いわく、その規制は、実際に執行してみると、入国審査があまりに煩雑になりすぎて、入国処理が遅れる、廃止せよ、という移民局大臣の決定があった、
実際にスワンナプームでは、全然チェックしないようだ、
いやいや規制の暗黙上の廃止は、空路だけの話で、陸路の場合は、まだチェックされる。。。
など、情報が入り乱れているのです。
正式には、そういう発表じは、文書でなされているわけではないのです。
ということで、これは、僕は、使えない。

今日から、本格的に、自分でビエンチャンに行く、つもりで計画を立てねばならない、
と決心した次第です。


あれこれ調べて、今日は、なんだか、疲れました。

夕食の、外に出る元気がないので、部屋でとることにしました。

ジャスコで買ったお寿司セット(99バーツ、約320円)、
カルフールのマンゴー(34バーツ、約110円)、

juscosushi

thaimango

そして、インスタントみそ汁など。

あとは、ビールでも飲んで、

今夜は、早く寝ちゃいます。


<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
昨夜のチャットからは、僕からのマイナス・メッセージが、プンプンしていただろうから、

スーチーから、今日、デートしようと言ってくるか、どうか。

5分5分だろうと、想像していた。

タイ女性が、僕の言葉をマイナス・イメージとして、感じるのかどうか、本当は自信がない。。。

実は、なんにも、感じていないのかもしれない。

そんなこんなで、もし、スーチーから、デートしようという連絡があったら、気持ちよく、会おう、という決心をしていた。


昨夜は、夕方家を出て、バンコクに帰る、といっていたから、深夜の到着になる。

今朝は、まずは、病院に行く、だろうから、連絡は、昼ごろかな、と想像できる。

しかし、昨夜、遅く着いたよ、という連絡は、昨夜も今朝も、無かった。

なんとなく、親密な付き合い、とは言えない証明のようでもある。

実は、これも、性格によるもので、非常にアッサリ系なのか。

いやいや、そんなことはないだろう。

タイ女性は、しつこいくらい、相手の全ての行動を把握していたかったり、こまめな連絡を要求したりする、と聞いている。

だから、まだ、そういう関係になっていない、ということだろう。

12時に連絡があった。

2時に、Bang Kapi(バンカピ)のモールで会おう、という。

なんで、ラチャダーに来ないのか、と瞬間思ったが、上に書いたように、

彼女が会おう、と言ってきたら、そのまま気持ち良く会う、ことにしていたので、了解する。

バンカピのザ・モールというところは、やたら、大きなショッピンッグ・モールだった。

こんなに大きなモールなら、モールの中のどこで会うか、ちゃんと教えておいて欲しい、と思った。

1階のマクドナルドの前とか、4階のシネプレックスの前とか。。。

そういうところは、あまり、気にしない、らしい。

ザ・モールに着いてから、会うまで、15分は、探しあってしまった。

二人とも、昼食をしていなかったので、Fujiで食事をする。

彼女は、すんなり、日本食を食べたがる。

スーチーは、天ぷら定食、僕は焼肉定食。

日本からのおみやげは、荷物になるので、資生堂のBIOの美容液をクリームだけ、僕のバッグに入れて持ってきていたので、レストランで渡す。

それから、映画を観た。

映画を観終わって、スーチーは、車で来ていたので、バンカピから、ラチャダへ送っていく、という。

え~、それじゃ、始めから、ラチャダーに来てくれても、良かったのに?

彼女は彼女で、僕がバンカピまでくるかどうか、試したかったのだろうか?

まずは、ラチャダに来て、長い時間を僕の部屋で過ごす成り行きになることは、避けたかったのだろう、

と考えるのが自然だ。

ラチャダ付近は、ラッシュ時で、非常な渋滞だったが、嫌な顔もせずに、運転してくれた。

昨日は、この車で、ピッサヌロークから、4、5時間かけて、やってきた、という。

きゃしゃな身体で、医者にもかかっているのに、けっこうタフなんだ、

とも思う。

部屋に着いたら、7時を回っていて、母親から電話が入る。

今夜は、おじさん、おばさんと夕食をすることになって、家で待っている、と言う。

僕は、なんにも、嫌な顔もしないで、

そうなの?

じゃ、10分だけ、休んでいったら。

そして、日本からのお土産の、Kitty人形と、資生堂TUBAKI シャンプー&コンディショナーのセットを渡す。

大きな、Kittyの人形には、大喜び、していた。

今夜、食事から帰った、11時に、またチャットしよう、と彼女言った。


今日はこれで、良かったのでは、ないだろうか?



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、さくっと、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


昨晩9時にチャットをしよう、という約束をしていたが、
スーチーが、チャットにオンラインしてきたのが、8時15分。

時間前、というのは、タイ女性として(あるいは、女性として?)、尊敬すべきで、喜ぶべきなのかもしれないけれど、
僕は、9時に合わせて、食事をしようとしていたところだったので、
8時15分の、呼びかけは、スルーした。

そして、約束の9時に、チャットに入って、呼びかけてみたが、
今度は、スーチーの方が、席外し、らしく、応えがない。

間が、悪いなぁ、と思いながらも、
呼びかけたまま、様子をみる。

一日に、朝、夜、2回、チャットするほどに、今、親しい感覚がなくなっているのが、明らか。

バンコク来日、初日のすれ違い以来、僕のスーチーへの思いは、日本に居たころよりも、はるかに冷めてきている。

日に日に、冷えてきている、のだ。

不十分な英語でしか、対話できない、というハンディキャップがこういうときに効いてしまう。

スーチーの方に、語るべきことが、生まれて来ない。

来タイ前は、初対面としては高額と思われるお土産を要求する家族のありかたに、思いが走った。

そして、来タイ後、スーチーの体調がず~と、悪い。

熱がひかない。

一日入院したり、注射をうったり、薬を飲んでいる。

そして、ピッサヌロークでは、結婚したばかりの弟が、妻と共に、交通事故にあって、入院。

しかも、スーチーは、求職中である。

一言で言って、家族中、取り込み中で、大変な状況かと、思う。

こんな状態の中で、スーチーと親しくなる、ということは、どういうことになる?

なんらかの援助ができる立場、

それは、付き合いを確かなものにするためには、有利かもしれない。

しかし、一方で、どっぷりつかまってしまう、

という怖れ、もある。

タイ文化や、タイ家族、スーチー自身のことも、わけもわかなうちに、

からめとられるように、身動きできない、関係になってしまう、のではないか。。。

駆け足で、そんな関係に入っていくことに、抵抗する感覚が強い。。。


なんと言っても、間が悪い、とうのは、無視すべきではない。

と思う。

こんなときは、気になることは、なにごとも無視、すべきではない。

スーチーは美人で、気持ちも良い女性、だと初対面で思って、

そのイメージは、まだ、強いのだけれども、

それに反することがらも、あれからいろいろ、起こってしまっているのだから。。。


10時頃に、スーチーから、チャットへの返答があった。

僕は、それに応える、エネルギーを失っていた。


今朝、短い、チャットをする。

昨日は、夜の12時まで、僕がチャットに入るのを待っていた。

ワインを飲んで、寝てしまったんだ。

タイミングが悪かったね。


朝、洗濯をし、家の掃除をして、夕方にピッサヌロークを出発する、と言う。

第一の目的は、バンコクの医者に行く事だ。

僕は、体調が悪いときは、無理して会おうとは、しない方が良いと思う、と言った。

この前と同じことになるから。

スーチーは、分かった、と言った。

さて、明日、スーチーから、デートの携帯メールが入るか、

どうか?



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
励みになりますので、記事を読んだら、ぜひ、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

22日に、スーチーへ出したメールの返信が、22日、23日、と無かった。

この両日は、パソコンに触っていない様子。

それほど、忙しいのだろうか。

弟の怪我の回復が思わしくない、と言っていたから。

しかし、昨日の昼ごろには、インターネットにアクセスした形跡が現れた。

ということは、僕のメールも見ているはずである。

それで、少し待ったが、返信はなかった。


そのメールでは、

弟の看病ですごく、忙しいだろう?

それで、しばらくバンコクに来れそうにないなら、こちらからピッサヌロークへ行こうか?

と訊いてやったわけである。

僕に会いたい、と思えば、来て欲しい、と言うだろう。

それが、期待する答えののひとつ。

僕がピッサヌロークへ行くとしたとき、彼女の家に泊まっていいか、どうか?

彼女が、僕と親密になりたい、と思っているなら、ホテルなんかじゃなくて、家に泊まっていいよ、と言うだろう。

これが、期待する答えのふたつめ。

これを、英語で、しかも、回りくどい表現で、書いたので、思えば、僕の真意が通じたのかどうか、わからない、気になってきた。

英語がわからない。

また、タイ女性に、こんな心理のやりとりは、わからない。

どうも、相手が、英語が分からない、僕のメールの主旨がわからないで、とまどってしまっているのか、

それとも、答えが非常に微妙な内容を含むので、返事を書き渋っているのか、

わからない状態になってきた。

そのうちに、なんだか、こんなことをやっている自分がアホらしくなってきた。

全然、楽しく、ない。

もう、いいや、と思った。


夜の7時に、携帯にSMSメッセージが入った。

今、MSNのチャットで、待っている。
だから、オンライインで入って来て。

僕は、心理的にくたびれていたので、わざわざパソコンを立ち上げるのもおっくうで、

スッポかした。。。

もう、いいや、という感じ。


しかし、今日、パソコンを開くと彼女からのメールがあった。

昨日は、チャットしたかったけど、あなたは来なかったね。

I miss you.

それだけの、内容で、僕の質問には、ひとつも触れていなかった。

パソコンの前にいると、やがて、スーチーが、チャットで入ってきた。

今、体調が悪い、熱がでている。

弟は、まだ、病院のなか、改善していない。

しばらく、バンコクへ来れないんだろうね?

と訊くと、水曜日に帰る、自分のかかりつけのバンコクの医者に会わねばならないから。

そして、水曜日に、僕に会える、と言う。

だけど、バンコクには、一日だけで、すぐピッサヌロークへ戻らねばならない。

じゃぁ、会えると言ったって、ちょっとの間だけなんだね。

そう、3時間だけ。

体調が悪くて、医者に会うために、バンコクにくるなら、無理して僕に会わなくていいよ。

あなたの体調を気づかいながら、あわただしく会っても、良くないと思うよ。

(いかにも、恋人らしくはない、言い方のすでになっている・・・)

なんだか、全然、ふたりの関係が、スムーズに進展しないね。

ごめんなさい。

まだ、あなたを、本当に近しいリアルな相手として、思う感情が生まれてないんだ・・・

だって、まだ、「会った」という感じが無いからね。。。

それじゃ、あなたは、どうしたいの?

わからない、、、ゆっくり、急がずに行くより、仕方ないんだろう。

(気持ちとは、まったく、反対のことを言っていて、内心、もうどうでもいいなぁ、という気持ちがでている)

まぁ、今度の水曜日に会えたら、楽しい時間を過ごせたらいいな、と思うよ。

わたしも、そう、思う。

それに、また、来週も会えるのだし・・・・。

(???、、、来週、バンコクにまた来るのか?  どうして、こう、行ったり来たりするのか、分からない。
そういうことを話し合う時間が持てていない・・・)

そういう、話をして、チャットを切った。

また、今夜、9時に、チャットしよう、という約束はした。


僕が放った矢は、どこかに行ってしまった、会話の流れ。

スーチーは、あくまで、僕には会いたい、と言う。

バンコクで。

体調が悪いのを押して、ちょっとの間、だけでも・・・。

なんだか、無理があるようだなぁ。

僕の持ってきた、お土産だけは、なんとか、もらいたい、という勘定なんじゃないだろうか、

と、思えてくる。

あのお土産写真を、送ったから、こうしてメールやチャットのやりとりが、続いている。

あれが、なければ、もう向こうも(僕と同じように)、面倒になってしまっているんではないだろうか。

さて、どうしようか。

水曜日、無理して会う、ことは、避けた方が、いいいかも・・・。

お土産渡したら、体調悪いから、と、さっさと帰ってしまうかもしれない。

まぁ、事実が、よりはっきり、明るみでるから、結局は、それがいいかもしれない。

さて、さて、どうする。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

エスプラナードという、ショッピング・モールで、Japanese Tea and SweetFood Festivalという催しものがあった。

ラチャダ通りの、こんなところでも、日本の特殊なフェステバルを開催して、人が集まる、と見込んでいるということは、日本の文化、趣味が、タイ人に受け止められている、ということを表しているのか。

日曜日の開催だから、メーンな催し、ではあるのだろう。

それとも、日本の宣伝をしたい、とでもいうスポンサーがいるのだろうか。

japanteafest1

japanteafest2

jaoanteafest3

japanteafest4


京都の高級菓子、というようなものではなく、駄菓子のようなものから、基本的には、庶民の味、中心のお菓子類、と言っていいもの。

それでも、上品そうで、高そうで、、、タイで人気がでるのでしょうか。

あとで、タイ女性の友達(が出来たら)に、訊いてみたいなぁ。




<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


スーチーに会えないまま、ぼくはバンコクで一人、何をしているか。

14日に来て、はや10日になります。

タイ語の自習をしたり、VISA関係の情報をインターネットで調べたり、している他に、これと言ったことはしていません。

オリンピック中なので、TVを観ていて、アパートの中にあるジムで運動する時間がとれないでいます。

朝、インターネットを立ち上げると、そのままにしておくので、タイ・ラブリンクから時々メールが入ったり、チャットのリクエストが来たりします。

これが、今日、振り返ってみると、決して少なくない時間を費やす結果となっています。

7月に来た時に、メールを交わして、会えずに、そのままになっていた女性から、メールがあり、

その後、どうしてます?

え~いま、バンコクなの、それじゃ会いたい。

7月は、忙しくて、会えない、と言っていた相手が、そう言い出したりします。

また、新たに、チャットをリクエストして来た女性と話していて、

いつ会える、

などという話になります。

ぼくが日本人で、わざわざバンコクに滞在している、ということは、
タイ・ラブリンクでの通常のプロセスになるであろう、
まずは、メール交換をしてお互いを理解する、というステップを飛ばして、
会って、話して、理解しましょう、
という、いきなりデートの話になります。

実は、今日も、2件、そういう話に付き合いました。
土曜日に、仕事をしている人もバンコクでは多くて、5時に終わってから、会いましょう。
そういうところまで、行って、さて、となると。

2件とも、最初のデートだから、友達を連れて行っていいか、と訊いてきます。

タイ女性が、まともなお付き合いを望む場合は、これが決まりきった手順です。
(相手が気にいったら)2度目からは、1対1で、会います、と言う。

それは、わかっているのだけれど、今は、スーチーのことでも、この友人を介して会う、ということで、つまずいているので、ぼくは、とがってしまう。

まぁ、女子高生じゃないんだから、どうして友達と一緒じゃなければ、会えないの?

こっちは、外国人で、バンコクのこと、なんにも知らないんだから、出会いに危険があるとすれば、こちらの方でしょ?

友達といっしょじゃ、プライベートな話なんかできないから、意味ナイト思うよ。

とか、何とか、言って、友達と一緒、という条件を蹴ってしまう。

すると、当然、交渉不成立、となります。

あ~あ、時間のむだ!

と、こんなことばかりもしていられない。


本命のスーチーとのことを進めなければ、、他のことも、できなくなってします。

スーチーのことがなければ、例えば、今日の二人も、会ってみたい女性だったのです。

ということで、スーチーに、大事な決断を起こさせるような、本音を探り出そうというような、メールを打ちました。

ちょっと、タイミングとしては、良くないのですが。。。

弟が車の事故で、回復があまり芳しくない、というメールが入ってきていました。

看病しなくてはならない、時期が、長引きそうな雰囲気をただよわせています。

そこで、

来週火曜日にバンコクに来る、と言う予定は無理なようだね。

弟さんの看病が、まず大事だから。

だけども、ぼくの一日も早く会いたい気持ちも、強くなっている。

だから、ピッサヌロークにぼくが行く、というのは、どうだろうかと考えてみた。

考えてみたけれど、問題がある。

一つは、行ってはみたが、やはりスーチーは、病院に行くことで忙しくて、ぼくに会っている時間がない、かもしれないこと。

二つめは、スーチーが1対1で会う、というこころの準備が、まだ出来ていない状態のままであるかもしれないこと。
それは、例えば、ぼくがピッサヌロークへ行く、とすると、
スーチーは、ぼくに、ホテルへ泊まってくれ、というのか、じゃ私の家に泊まればいい、というのか、どちらなのかで、察しがつく、ことかもしれない。

また、前とおなじような、友達を介して会うことに、違和感がないスーチーと、それじゃ全然意味がない、というぼくの間の感覚の違いを、議論するようなことはいやだ。。。

この二つ目の問題の方が、ひっかかる。

だから、ピッサヌロークに行こうか、どうか、まだ決めかねているところです。

という内容のメールを、出したのです。

ぼくとしては、ついに矢は放たれた!

というほどではないにしても、今の状況を一歩進める、ちいさな矢を放ったつもりです。

さて、どういう、返事がくるのだろうか?


<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

14日に出迎えに来て、その日あっただけで、彼女が体調を崩し、2日間連絡とれず、一日置いて、彼女は、バンコクから、ピッサヌロークへ帰った。

彼女との付き合いがこれで終わったことではない、ことを確認して、その後、メールのやり取りをしている。

ぼくが日本に居るときは、毎日、10時からチャットを続けていたが、ここで、バンコクとピッサヌロークのあいだでは、チャットは、まだ一日しかしていない。

バンコクのぼくのPCに、WEBカメラが付いていないので、チャットが、ただのテキスト メッセージングになってしまうので、メールと大して変わらない、というせいでもある。

だけれども、もうひとつ、強く会話をしたい、という思いが欠けていることも、否めない。

日本に居るときは、とにかくチャットしかないのだが、

バンコクに来ている今は、タイに居るのに、何故チャットしかできないのか、

という贅沢な不満があると思う。

彼女の友人を間においてしか、会った事がない現実があり、

これは、恋人関係とは、決して絶対言えないわけで、

すべては、まず二人きりで会ってから、その気持ちが決まるのだと思う。

そういう状況の割には、I Miss You、 とか、 I Like You 、という言葉が、ネットの上で、先行気味なのである。

出会いサイトであった、二人なので、好きか嫌いかは、言葉上だけでは、表現しやすいのだ。

しかし、面と向かって、そういう言葉が交わせて、本当のことが始まる、と思う。

ピッサヌロークに戻ってから、家の掃除、庭の草取り、フリーマッケトに一日参加、などしている様子をメールで伝えてくれてはいるが、あまりピンと来ない。

それでも、2日前に、来週にはまたバンコクに行くので、会えると思う、と言ってきた。

多分、来週の火曜日になります。

楽しみのメールを返したら、昨日は一日、返事がなかった。

あれれ、と思いながら、こちらからは、毎日メールを打っている。

今日、メールがあった。

実は、弟が昨日、交通事故に遭い、入院してしまった。

その看護、付き添いで、忙しかった。

と言う。

それでは、メールの返事ができないのは、わかる。

けれども、彼女自身の一日入院といい、弟の事故といい、なにかと、コトの多い、家族だなぁ、という思いが、つい、してしまう。

彼女の弟の怪我の具合を心配しながらも、つい上のように感じてしまうのは、まだまだ、スーチーと僕の間に、真の個人的な感情が成長していない、ためだと思う。

どうもまだ、彼女がリアルの存在として、感じられないのだ。

これで、来週の火曜日にはバンコクへ来る、という予定も、わからなくなった。。。

Can You Wait For Me?

ワタシヲマッテテクレマスカ?

やはり、離れている、と感じているのは、ぼくの方だけでは、無いようだ。

さて、どししたら、いいものか。。。

ただ、バンコクで待っていても、いつ会えることになるのかわかならい。。。

ぼくがピッサヌロークに行く、くらいのことを起こさなければならない、状況かもしれない。

ぼくが、ピッサヌロークに行く、といえば、彼女は拒む理由はない。

その時に、ホテルに泊まれ、と言うか。

スーチーの家に泊まれ、と言うか。

それが、また、イサカイのもとになりそうで、簡単に言い出せない。。。

ぼくが、素直に、ホテルに泊まるから、と言えば、済むような気がするけれども、

そういえば、近しい関係になれるのは、もっともっと先になるような気がして、

それは、いやなのですね~。

さて、どうする?


<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

14日にバンコクに着いてから、早1週間がたちました。

世界はオリンピックで大賑わいですが、バンコク、日本人の一人住まいには、直に興奮を味わえません。

NHKは、オリンピック委員会との放送契約により、映像は国内にしか、配信できないのです。
ですから、NHKワールド(プレミアム)でも、アナウンサーが言葉を読むだけ、あとは写真をみせて、なにが起こったかの雰囲気を少し伝えるだけです。
日本人の活躍の喜怒哀楽が伝わってきません。

タイのTVチャネルでは、もちろんオリンピック放送が目白押しにありますが、それはタイ人の興味のある種目中心になります。

ボクシングとか テコンドーとかの競技をじっくりと見ることになります。

射撃とか。

陸上競技は、どこでも、人気ですね。

スポーツの基本、ということなのでしょうか。

なでしこジャパンのサッカー、アメリカ戦は、タイ・チャネルで見ることが出来ました。

タイ人の友達でもいて、一緒にTV観戦をしているのなら、もっといろんな知識が得られるのかもしれません。

今は、バンコクに、日本人の友人は、一人もいません。

タイで、タイ女性の恋人を見つけることに、専念しているので、日本人の友人を探している暇がないのです。

あははは。

日本人の友人を作った方が、いろんなことが手っ取り早く、分かるのかもしれませんが・・・。

なんでも、まず、一人でやってみよう、としています。

それで、つまらないことに、沢山、つまずいていると思います。。。

タイに来て、違いを感じていることが、いくつかあります。
(それは、知れば知るほど、増えていくのでしょうが)

ものの値段について。

やはり、まず、気になる点ですから。

肉類は、完全にタイが安いですね。

電気代なんかも、3分の1、という感じです。

牛乳とか、ビールとか、あまり変わらない。。。


バナナの食べ方について。

南国なのでしょうか、黄色がかったバナナは、買ったその翌日には、やわらかくなって、3日にはどろんとし、色も変わって、食べられません。

暑さにどんどんバナナが変化してしまうのです。
日本では、黄色いバナナでも、5日は食べられる状態を保てる、と思います。

見ると、タイでは、青々とした大きな房のままのバナナが、沢山売られています。

これは、タイでは、青いうちから、食べられるのだろうか?

まさか、食べられないものを、あんなに沢山置いておくわけがない。

きっと、食べられるのだ。

とうことで、買ってみました。


バンコクバナナ

とんでもない!

固くて、皮すらむけないない!

あはは。

結局、4日ほど置いて、皮が黄色くなって、始めて食べられる。

なぁ~んだ。


いっぽう、にんにく、については、便利だなぁと思うことがありましたね。

ぼくは、納豆とにんにくを、健康のバロメーターのように食します。

バンコクに来ると、納豆はなかなか美味しいものが手に入らないので、あきらめるより他、ないようです。

ただし、にんにくは、野菜ですから、手に入ります。

見たところ、日本でも見かける、中国製のにんにくとあまり、ちがわない。

小さめなので、皮をむいて、千切りなどして、食べます。


ところが、先日、すでに、皮をむいてあって、、しかも、多少大ぶりな、にんにくが見つかったのです。

バンコクガーリック

さっそく買って食べましたが、問題ありません。

少ない見聞ですが、日本のぼくの行くスーパーマーケットでは、見かけない商品です。

皮を剥く手間が省けて、ぼくとしては、おお喜びです。


そんな、小さなことに、嬉しがっている、毎日です。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


高齢になったら、「かきくけこ」に気をつけること、という話を聞いたことがあります。

か : 感動すること

き : 興味をもつこと

く : 工夫をすること

け : 健康であること

こ : 恋をすること

考えてみれば、これは「いきいき生きる」ための極意であって、若年・高齢、とくに年齢にかぎりはない、ことだと思います。

ただ、若者の場合は、肉体的にも精神的にも成長のきざしが明らかで、自ずからに、かきくけこ、が発動する、かもしれません。

一方、年齢は進むほどに、現状に甘んじたり、諦めたり、また傲慢になったりし勝ちですから、かきくけこ、はより「意識」的に取り組まなければならなくなる、と思われます。

とくに最後の「恋すること」は、一番難しい、となるかもしれません。

しかし、

ここが一番、肝心なところです。

上の「かきくけ」は、すべて、最後の「こ」のためにある、

と考えてみましょう。

とにかく、恋することが出来ることが、最上の喜びなのだ、と。

その意欲、その感情、その力を、失わないように、「かきくけ」があるのだ、と。

いくつになっても、恋していたいですよね。

それが、長年連れ添った、愚妻愚夫のあいだであっても。

そしてまた、新たに伴侶を求めようと、行動している人たちのこころにとっても。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

P1000015(1).jpg

みごとに、大きな円弧が閉じた、虹が、カルフールの上にかかりました。

きれいでした~。

確かセントルイスは、レインボー・シティとか呼ばれていたような気がします。
昔、当地を訪れたとき、街中にある巨大な虹をかたどったモニュメントに圧倒されましたが、虹そのものは見なかった。

バンコクの虹は、見事でした。

これも、雨季だから、見られるのでしょうか。

虹を見たけりゃ、雨はがまんしないと、というドリー・パートンの言葉を、また思いだしました。

スーチーとの、行き違い(出会って欲しい!)も、雨降って、地固まる、式にうまくいくことを祈ろう。


今日、近くのロビンソンに行ったので、資生堂を覗いてみた。

BIO Performanceありますか、

と訊くと、 ある、との返事。

BIO Performance Advanced Super Revitalizer (Cream)

今、プロモーションで、割引、2400バーツ。 7800円。

おいおい、成田のANA免税店では、1万円したんだけれど。。。

そういえば、ヘンに思ったのは、成田の他の免税店FaSoRaでは、7500円の値札が付いていた。。。

JALのCosmetic免税店では、外国製品ばかりで、資生堂を置いてないので、ANAは、高値でも平気なのだろうか。

まぁ、化粧品は、日本で買うより、タイで買った方が安い、ということは決定的だ。

今後のこともあるから、良いレッスンだったと、思うこと。

それにしても、上の化粧品は、美白化粧品である。

美白が、タイでも、人気なんだろうと思う。

美白が、人気ということは、色が黒いから白くなりたい、ということ。

西洋アメリカで、美白は流行はしない。

日本で、大流行。

ということは、日本人は黒い、ってことかぁ。

まぁ、アジアである、ということでは、共通している。

日本人女性が、タイ男性にとても人気があるそうで、それは、色白だから、と聞いています。

そして、タイの社会では、どうも、日本人は、色が白くて、小柄なタイ女性を好む、とステレオ・タイプに思われているらしい。

メール交換していて、何度も、言われた。


タイは、琥珀色の、タイ・ビューティで良いと思うのだけれど。。。

人はいろいろ、ぼくはタイ・ビューティが大好きです。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals

昨日は、午前中のメールで、付き合い継続の確認をお互いが、メールでやり取りしていました。

それでも、小さいながらも、紆余曲折みたいな、心労が残って、その夜にチャットをするのは、ちょっとギクシャクしちゃうなぁ、と思っていました。

ぼく達は、毎日、日本の10時、タイの8時に、定例チャットを欠かさずに続けていたのです。

二人が、タイにいるときは、これがタイ時間の8時チャットになるのか、10時チャットになるのか、はっきりしないまま、待っていました。

10時になっても、スーチーからのチャットの合図が、ありません。

向こうも、気まずいのかな、

と思っていました。

タイ女性が、どれほど繊細なのか、ぼくはまだ分かっていません。

ほかのサイトの、タイ女性との恋愛物語を読んでも、あまりタイ女性を良く書いているものがないですね。
ぼくは、参考にしたくて読むんですが、見栄っ張り、いい加減、時間にルーズ、嫉妬深い、感情的、マイ・ペン・ライ、 などなど。。。
否定的な表現の多いサイトが多いことに、驚きます。

11時に、メールが来ました。

バンコクから、きっと自分の車でピッサヌロークに戻って、今、くつろいだのでしょう。

ぼくが、送った、仲直りのメールを、今、読んだ、と言います。

とても、うれしい。

良かった。

そして、最後に、

Do You Miss Me?

で終わっています。

これで、元に戻った、ということですね。

チャットは、今朝の9時に、スーチーから呼びかけが入りました。

まだ、熱があるみたいだ、と、ちょっと心配させるので、

こちらも、昨夜よく眠れなかったからか、少し頭痛がする、と言う。

薬は、飲んだか、大丈夫か、と一応心配してくれる。

スーチーは、ピッサヌロークに自分の家を持っていて、今日は、一日掃除をしなければならない、と言う。

車を持っていたり、家を持っていたり(もちろん、両方とも、ローン返済中)、しているのだが、現在は、求職中、なのである。

どんな、生活なのか、今後の生活設計など、話して、聞かなければ、わからない点だらけ。

大学卒で、ビジネス・タレントもあって、フードショップを、3ヶ月前までやっていた。

ぼくからすると、生活水準が、あまり高くない方が良い、と言う勝手な希望があったりする。

上に書いた、タイ人は見栄っ張り、というのが本当だとすると、そんな実力以上の生活を取り繕うのは、ごめん、という思いがあるからである。

タイ・ラブリンクで知り合った女性からの、感覚的判断でいうと、学卒の女性に、見栄っ張りという傾向は、やはり見られます。
また、大学に通えるほどの家庭で大事に育てられたせいか、めんどうくさがりで、料理とか、一般的な生活力に弱いのではないか、と思われたり。。。

さて、スーチーは、どうなんだろう。

これから、です。



<タイ・ブログ・ランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals


今日、また、メールをやり取り。
考えのすれ違いから、金曜日、土曜日と、会うことはなかった。
そして、今日は、彼女の予定通り、バンコクから、彼女の家があるピッサヌロークへ戻る日だ。

昨日、実は、3通目のメールが、ぼくの携帯電話の方へ入っていた。
内容は、同じように、二人で会うことを、ぼくがそれほど重要視していたことがわからなかった、という内容のもの。

好きになったら、あるいは、好きになろうとしたら、二人きりになって、二人きりの話をしたい、と思うのが普通だと思うから、どうも、まだ、スーチーの言ってることが、腑に落ちない。

わたしは、このまま、終わりにはしたくない。
ネットで知って、初めてデートした相手だから、あなたはわたしにとって、良い人だと今でも思っている。
こんどは、二人出会うから。。。

なんだか、二人で会うことが、特別に大きな意味を持つ感じになって、かえってヘンな気分がする。

しかし、お互い、まだ良く知り合っていないわけだし、

よく知り合わないうちに、サヨナラも、おかしい。

だから、熱が出て、1日入院して、退院した、その翌日に、500キロ離れたピッサヌロークに帰る、というストーリーを、まるごと信じて、付き合いを続行することにした。

せっかくバンコクに来たのに、1度だけしか会わずに(それも友人を入れてだから、会ったうちに勘定しないほうが、いいかな。恋人志願同士の会話は一つも無かった、わけだから)、また遠く、はなれ離れの、メールとチャットの世界。

メールとチャットであれば、僕が、日本にいても、バンコクにいても、全然違いのないこと。

なんのために、バンコクに来たんだっけ?

まぁまぁ、あせらない、あせらない。

ということでしょう。

なんだか、今夜のチャットは、気が重い。。。

これって、やっぱり、もう心は戻って来ない、ということなのかなぁ。

確かめよう。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals

最初のデートは、友達と一緒だったけれど、次回は1対1で会う、と言っていたのに、何故昨日は友達と一緒だったの?
もう、がっかりしたよ。
3週間前の、最初のデートの時点に戻った感じだ。

この2週間、チャットで話し合ってきたのは、何だったの?

という主旨のメールを、昨日の朝、送った。

しかし、1日中、返事はなかった。

さすがに、一昨日の到着日、追い返すように二人に帰ってもらったので、気分を害しているのだろう、と想像した。

こちらの気持ちも、最低に冷え込んで来てしまっている。

別にスーチーでなくても、いいじゃないか。。。

2週間、チャットでは、スーチーが、一番。

7月にタイ訪問した際にデートした15人を通して見て、彼女と、真剣な付き合いをしたい、そんな気がしていたのだが。

こうも、あっさりと、気持ちが通じなくなるとは、想像外ではあった。

今朝、目覚めて1番に、彼女にメールを打った。

日本を発つに当って、お土産をいろいろ探して、大変な時間を費やしたけど、その時は楽しかったよ、会ってスーチーが喜ぶ顔を思い浮かべると、楽しかった。
今回、大きな旅行バッグを持ってきたのは、KittyDollの一つが、過去に販売されたKittyの最大のものだというから、スーチーのために買ったんだけれど、その大きな旅行バッグにも入りきらないくらいなんだ。
それから、Kittyの寝枕や、資生堂のTUBAKI シャンプー&コンデショナー、
また最後に成田空港でやっと見つけた、資生堂BIO Performance(2万円)、など。
でも、今は、このお土産を手渡す、親密さもない関係だとわかって、どっと疲れが出てしまった。
これらのお土産もかわいそうだ。。。

Presentfromjapan

と言いながら、お別れのメールに、自然となっていったまま、送った。

写真では、あまり大きく見えないかもしれないけれど、奥のKittyは、ホントに大きいのです。
2週間以上の旅行用のバッグに、それだけ入れて、いっぱいになってしまうくらい。
これらの荷物が多くなって、今回の旅行は、より大変だった。
朝一番に、自分の車で、駅まで大物を運び、また家に戻って、駅に徒歩でかけつける、とか。
普段の荷物なら、歩いて駅まで行く、それだけなのに。
なんてことまで、頭に浮んで、サヨナラの気分でメールを出した。

お土産で、相手の歓心を釣る、みたいに考えることもできるけれども、一方で、あまりにがっかりしたので、せめてこれくらいは、言ってやらなくちゃ、という気分の方が、強かった。

このメールには、返事があった。

一通目。
昨日連絡しないで、ごめんなさい。
体調悪く、熱が出て、入院して、今朝帰ってきたところです。

二通目。
昨日、友達と一緒に行ったのは、スワンナプーム空港に行ったことがなかったことと、
昨日から熱が出ていて、母が友達のジーを連れていきなさい、と言ったから。
あなたが、それほど怒るとは、予想もしていなかった。
ごめんなさい。
昨日、病院に居た証拠の写真を送ります。
(彼女がベッドで休んでいます)
それは、わたしが嘘はついていない、ということを知って欲しいから。
あなたの怒りが収まらないなら、わたしよりふさわしい人を見つけてください。

そういうメールが、1時間置いて、届いた。

さて、どうする?

ぼくの気持ちは、冷えてしまっている。。。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals



14時着の予定の飛行機が、40分も早い、13時20分に、スワンナプーム空港に着いた。

実は、朝1番電車に乗る必要があり、3時半の起床でした。
朝の5時ではタクシーノ予約が出来ず(ぼくの街タクシー会社に、8時からの営業です、といってアッサリ断わられた)、自分の車で荷物を駅のコンビニSunkusに運び、そこで預かってもらって(Sunkusさん、ありがとう)、いったん家に帰って、徒歩で駅まで来る、というあわただしい、日本での出発だった。

今回は、3ヶ月の滞在予定なので、本なども結構積み込んだので、荷物は多くなってしまった。
受託荷物は、制限の20キロを越えて、25キロになっていたが、追加の料金は言われなかった。
どこまで、許してくれるのか、まだ、はっきり分からない。

シンガポール航空のいいところは、スワンナプーム着陸のゲートが、イミグレーションのある場所に、ごく近くなこと。
歩いて、1分もかからない。
タイ航空は、遠くて、5分もかかる(最初に来たときは、10分もかかった)印象がある。

ところが、イミグレーションが混んでいた。
待合スペースに、人が溢れるばかりの混雑だ。
一列に50人くらい、並んでいる。
やはり、旅行シーズンなのである。

右側に外国人用、左側にタイ人用の、イミグレーション窓口が出来ている。
タイ人用に、10ヶくらい窓口があるが、タイ人の旅行客はごく少ないので、誰も並んで待つ必要がなく、スカスカである。
それで、あまりに外国人用の窓口が混雑しだすと、タイ人用の窓口を、外国人用に拡張する様子だ。
並んで待っている間に、2列の窓口が新たに出来た。
ぼくの左に並んでいた人たちがどっと、新しい列に移動したので、僕も空いた列に横すべりすることに成功して、待ち人数が、25人番目ほどになった。

これからは、混んでいるときは、なるべく左端の列に並んでいることに、しよう。

さて、45分も早い飛行機の到着だったが、イミグレーションに時間がかかって、入国処理が終わったのは、2時10分だった。
荷物は、すでにターンテーブルの上を、ぐるぐる回っていた。

ターミナル出口に出たのが、2時20分。
EXIT Cあるいは出口番号9 で待っていて、とスーチーに話していたが、案の定、いない。
電話をすると、どうやら、今着いたところらしい。
到着予定が2時で、普通だったら、2時半過ぎにカスタム・クリアすることになるだろうから、今到着というのは、納得である。

出口番号9で待っているよ、じゃそこにいて、というやりとりをしたつもりで、待つこと5分。

なかなか、来ない。
そこで、また電話。
どうやら、車で来たらしく、駐車場から歩いて出口9番を探しているが、見当たらないらしい。
途中で、日本語を話せる女性に代わる。。。
???
ナヌッ、ひとりで来たんじゃ、ないの?
その日本語も、ほとんど何を言いたいのか、わからず、英語に変わったり、タイ語になったり。。。

やりとりをしていると、どうやら向こうは、到着Floorではなく、出発Floorにいるのだ。
携帯を握り締めながら、会話を続けて、やっとぼくを見つけてくれた。
上を見て、上!
見上げると、別Floorに、彼女が居た。
目を皿のようにして、到着Floorだけを探していただけでは、十分ではなかったわけだ。
しかし、迎えに来て、出発Floorに居る、とは・・・。

スーチーは、女友達と、一緒。
最初は、この友達の車でくる必要があって、彼女に運転も頼んで、、、ということかと思ったが、そうではなかった。
スーチーの車で、運転もスーチーがした。

このことがわかって、何故?という気持ちが、ぼくの中にひろがり、朝からの疲れがどっと出てしまった。

最初のデートは友達と一緒だった。
それは、よし、としよう。
次回からは、1対1で会います。
とスーチーは言っていた。

だから、今回の出迎えは、一人でくるもの、と考えていた。
そして、出迎えは、ぼくのアパートまで、荷物を一緒に運んでくれるもの、と考えていた。
ぐっと、二人の関係が近づいた感じがする、そういう感情がお互いに湧いていると、2週間のチャットで、思っていた。

話が違う、という気がした。

車に乗る前に、なぜか、これからどうする、みたいな話しが起きた。
ぼくにお腹空いた?と聞いて、機内食を半分食べただけだったから、お腹は適当に空いてるよ、というと、どこで食事をしようか、ということをその女友達が、話したがっている。

ぼくは、ともかくアパートに行って、荷物をおろしてから、というと、それはスーチーにはすぐに通じた。

無事にアパートに着き、二人に荷物ももってもらい、部屋にたどり着く。

さて、と。
これから、どうする?
ぼくは、車にのっている間中、この友達に質問攻めにあっていて(仕事はなにしてるの、タイには何度目、タイのどこが好き、タイの女性をどう思う。。。。)、くたびれ感は増していた。
もう、いち早く、ゆっくりしたかった。

二人は、ソファーに座り、ぼくはシャワーを浴びて、荷物も解いて、それから食事でもいいよ、と言うけれども、友人女性もいる部屋で、そんなことは出来るはずがない。

では、わたしたちは、外で待っていようか、とも言う。

ぼくは、疲れているから、ごくごく軽い食事(ヌードルなんか)しか食べる気がしない、と言って、シャワーも浴びずに、その到着の着の身着のままで、ロビンソンに行くことにする。

タイの軽食堂、S&Pで、僕はスパゲッティ、彼女たちも、1品づつ食べる。

会話は、最初のデートのときと同じで、主にこの女友達とぼくが話してる、感じ。

スーチーは、彼女の母が、あさって土曜日に会いたがっている、と突然言う。

え~ぇ、スーチーとぼくで、一度も1対1で会ったり、話したりしていないのに、もう母親に会えって、か。
どういうこと?

彼女は、いま、ぼくが、なにを感じているのか、なにに不具合を感じているのか、わかっていないようだ。
この、友達が現れて、アパートまでやってきて、という流れに、とまどいを感じて、あわただしく、彼女へのおみやげのKitty人形すら、渡せていない、この状況を、彼女はなんにも、感じていない。

彼女の友達は、たっぷりした食事にありつける、と思ってやってきたふし、がある。
スーチーが、今日一緒についてきてと頼んだ見返りに、そんなことを期待させた可能性は高い。
最初のデートのときも、食事の場所は、決めてきていた。

なんだか、スーチーへの、ぼくの気持ちは、どんどんマイナートーンになっていくのが分かる。

食事を終えると、まだ、5時半、だった。
ぼくは、今日は、朝早くから動きっぱなしで疲れているから、もうどこにも行けない、部屋で休みたい、と宣言。
アパートからロビンソンにも車で移動してきていたから、スーチーには、ぼくは歩いて帰るから、車でこのまま彼女を送っていけば、と伝える。

では、そうしましょう。
きょうは、迎えに来てくれて、ありがとう。
今夜でも、明日でも、また電話ではなそう。
じゃ、気をつけて。

と別れた。

ジャスコでビールを買って、部屋に帰って飲む。
それから、爆睡すること、6時間。
目覚めたのは、午前2時。

それから、今日の一日を振り返り、いったい、スーチーとのことはこれからどうしよう、という思いにふけった。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>



タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals


スーチーが、母親にと、2万円以上もするお土産を、頼んでくるのは、どういう考えなのだろう。

やはり、日本人はお金持ちで、甘ちゃんだから、いくら高いものだって構わない、頼んでみよう、という考えなのだろう、と感じたことを、昨日はブログに書きました。

その先の付き合いに思いを馳せて、これでは、たまらないなぁ、と。

身の丈にあった、生活の仕方をどうしても考えてしまうからです。

その直前に、ぼくが愛読しているブログで、あるエッセイを読んだから、余計にそう思ったのかもしれません。

そのブログのオーナーは、タイでタイ語を履修し、タイで就職し、タイ女性と結婚している人です。

母の日のために帰省する妻の、母へのお土産品を、卓上小型ラジオに決めて、プラカノーンの電気製品街へ買いにいった話です。

電池でもコンセントからも電気が取れる2電源方式のラジオで、予算は500バーツ以内。

Panashita
SOGA
SOMY
MITSUBASHI
SUNNY

というメーカー群から、結局、MITSUBASHIの製品、350バーツを、妻の母へのプレゼントにした、話です。

夫婦そろって、プラカノーンまで出かけ、あれだこれだと見ながら、結局350バーツのラジオに、田舎の母の喜ぶ顔を想像している。

つつましくても、贅沢な生活だなぁ、と感じたのでした。

それが、頭にあったので、2万円もの、お土産とは! 

と思ったのでしょう。

昨日は、ぼくがバンコク出発前に友人に会うので、いつものチャットはできない、
というメールを出していました。
チャットをしない日を一日置こう、すこし冷静になる必要があるぞ、
なんて思いもありました。

結局、深夜12時に帰宅し、インターネットを立ち上げてみると、いつもより、2時間も遅い時間なのに、スーチーは、チャットルームでぼくを待っていました。

夜遅いので、本の15分ほどのチャットで、終了。
それだけのために、スーチーは、待っていた。

あとで送ってきたメールには、彼女のバンコクにいる親類が集まって、母の日をレストランで祝っている写真を送ってきました。

王妃の誕生週日にちなみの色、ブルーを、母の日に身に着けるのが、習わしだそうです。
写真には、薄いブルーの祖母、ブルーの母、スーチーは、白にブルーのストライプが入った洋装でした。

母に、ジャスミンとお金をあげた、と書いています。


考えてみれば、ちょっと良い店で飲めば、1,2万円は飛んで行きます。

だから、そんな深く考えなければならない、金額ではないのです。

初めて、恋人の母に会う時に、持って行く手土産なんです。

身分相応を、越えたものでもない。

ごく、普通に、素直に、相手が喜ぶ顔を思い浮かべていればいい、だけなのです。

あれこれ、(まだ起こらない、不確かな)先のことまで、考えるのは、ありもしない欠点を無理やり、探し出そうとしている、行為のようにも見えます。

人間は、不安があると、それに耐えられず、たとえ悪い方でも、はっきりものが見えたが良いや、と考えがちです。

それで、自分で、先に、こわしてしまうのです。

そんなことをしてしまう、一歩手前に、自分は居ました。。。


さぁ、明日14日は、早朝、バンコクへ出発です。

空港には、スーチーが迎えに来ることになっています!



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
書き手の励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals


今日8月12日は、タイ王妃の誕生日です。

4,5日前に、スーチーとチャットしていて、日曜日には、バンコクにいる親類が集まって、お寺に行く、という話がでました。

お布施やお祈りに、タイ人はひんぱんにお寺に行く、という話です。
また、日本の檀家制度のようなものはもちろん無いわけですが、人は自分の好みに応じて、いつも出かけるお寺を決めている、という話しも聞いたことがあります。

それで、チャットでは、何人くらいで、一緒に行くの?
10人、くらい。
それは、いつも行く、お寺なの?
応え無し。
違うお寺なの?
違う、お寺。
いつも行くお寺は、決まっているの?
違う、お寺。

ここで、ははぁ、この会話はきちんと噛み合っていない、と感じます。
この噛み合わなさを、突きつめていくと、ますます紛糾していくことになる、
という経験知があるので、

そうか、日曜日は違うお寺に行くんだね。

で会話を終えます。
自分としては、なんだか、変な感じを味わった、ままです。

そして、昨日、「タイランドからの手紙」のエッセイを読みました。

そこでは、12日は王妃の誕生日であり、タイではその日を、「母の日」としていること。
また、12日は、僧の日、でもあり、僧へタムブンするために、より多くの人がお寺にやってくる日だ、ということらしいのです。

じつは、こういうタイの文化行事のことは、自分のタイの友人や、恋人から、教えてもらいたい、ですよね。

スーチーも、親類家族で、寄り集まってお寺に行ったことは、特別な上記のような、日だったからなのでしょう。
そのことを、彼女はまだ、ぼくに語ることができない、でいます。

英語での会話力、の問題もあります。

だけれども、どこまで、会話をしようとしているか、という姿勢の問題でもあるかもしれません。

ぼくが、タイの文化や言語を学びたい、と思っていることは知っています。

わたしが教えてあげる。

とも言っています。

ただ、それが、ひとつ一つの行動に現われることは、今のところ、無い。

意識的に、そうした教育的行動を示唆すると、つきあいが壊れそうでもある。

なんとなく、自然にそうなるか、どうか。

それが、相性、ということなのだろうか。


話題をもう一つ。

14日にはバンコク入りするので、おみやげ、何が良い?

と聞いています。

Kittyちゃん、というので、珍しそうなkittyちゃんを見つけました。

オークションで落札したKittyちゃん人形は、身の丈65CMもあるのです。

これを、旅行バッグに入れると、それ一つで、大型のバッグがいっぱいになってしまいました。

それと、資生堂のTUBAKI GOLDEN Repair Shampoo & conditionerが欲しい。

これも、プロモーション中で、割引価格で入手。

スーチーの長い髪がすきだなぁ、と言った手前もあり、外すわけにはいきません。

あと、お母さんにも何か、買っていこうか?

と訊いたのが、ちょっと行き過ぎたか、と思い始めているのです。

というのは、母は、化粧品がすごく好きなのよ。

という言葉から、ぼくは、最初何も想像できなかったのだけれど、今なら、分かる。

スーチーの母が最初に言ったのが、

SK-IIの化粧液とクリーム。二つ。それぞれ、1万3千円する。

調べると、MAXFACTORで、P&G社製。

日本のメーカーではないから、ディスカウントで入手できる方法なし。

却って、バンコクの方が、安く手に入る可能性が高い。

3800バーツ、と言っていた。1万2千円くらい。。。

日本製でないから、日本からのお土産、というのもおかしいよね。

と言って、状況を説明をすると、

今度は、資生堂のBIO Performanceはどうか、日本製だから、入手しやすいと思う、と言ってきた。

これは、通常の資生堂のカタログには載っていない資生堂ブランド。

バイオ テクノロジー研究から生まれた美白化粧品シリーズで、年配の女性に人気、らしい。

資生堂化粧品のなかでは、もっとも高価な商品。

全て、1万円以上。。。

もっとも、ぼくの住む周りの化粧品店を6軒は回ったが、どこにも置いてなかった。

これを欲しい、というスーチーとその母のこころを思うと、ちょっと複雑な心理が動き始めた。。。

どうせ、母親にも、近々会うことになるのは避けがたいし、そうなれば、日本からの手土産を持って行くのは当然と思うし、なにも問題におもわなかったのだが・・・。

タイ人とのトラブルは、結構、こうした、多少とも金銭にかかわることから、起こってくるのではないか。。。

もちろん、タイ人に限らず、トラブルに、お金はつきまといがちではあるけれど・・・。

スーチーのKittyや、資生堂TUBAKIなら、まだ良い。

1000バーツ程度(3500円くらい)までなら、親しい人への手土産として、あげても、もらっても、素直に喜んでいれば良い。

しかし、まだ見知らぬ相手に、1万円以上もする品物を、それも二つも(美白液とクリームのセットが要るようなのである)、買って来てほしい、という心とは。。。

日本人には、他人であればなおさら、親類の間でも、よっぽどの関係でない限り、こういうお願いは発生しえない、と思うのですね。

スーチーの願い、ではないにしろ、その母の言葉をそのままぼくに伝える、スーチーのこころ。

やっぱり。

ということに、なるのでしょうねぇ。

もう少し、ほどほどに、スタートしてくれれば、

こちらが、心ほだされるようになった後だったら、

こんな風には、思わないで、行動に移せるのに。。。

ざわざわとした、心境になってきた。

明後日、14日には、バンコクに向けて出発です。




<この拙い文章を読んで下さった皆さん、今度、ブログ・ランキングというものに、登録しました。
書くわたしの励みになりますので、ぜひ、ランキングの投票をお願いいたします!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓

Thai Dating, Singles and Personals


離婚を経験した方が、よく自分自身について言われることは、

この経験から、他人の気持ちがより理解できるようになった、

よりやさしく、なった、

という言葉があります。

よく耳にする言葉ですが、僕は、少し、本当だろうか、と思ってしまいます。

本当の意味で、やさしくなる、ということが、そんなに、簡単ではないから。

離婚というのは、それはそれは、大変な人生の経験です。

結婚するより、離婚するときの方が、はるかにエネルギーのいることだ、

というのは、よく分かります。

しかし、いくらエネルギーを必要とすることだからと言って、

それが大きなプラスの変化を与えてくれる、という保障はありません。

むしろ、離婚はやはり、建設ではなく、破壊作業なので、そこから得るものは、マイナスではないにしても、

せめて、イーブンが精一杯で、プラスなるものは、得られないのではないか。

優しさ、勇気、喜び、などがプラスなるものですが、

それは、建設的行為を通して、得られるものではないか、

と思っています。


「やさしさ」

それは、簡単に言うと、その人に対して、まず自分に何ができるか、を考えること。

そして、実行に移すこと。

行動に現れないやさしさは、たんなる「想い」であって、やさしさ、ではない。

身近なことで言えば、

この百万本の赤い糸に、会員登録をするけれども、それ以上の行為はせず、ただ待っている男性会員。

どうしてなんだろう、と思ってしまいます。

そういう男性会員もいるのです。

このサイトをはじめて見たとき、
相手会員のプロフィールも何人か、参照したうえで、
交際してみたいな、と思われる人がいたから、わざわざ会員登録されたのだろう、
と思うのです。

しかし、実際は、そこで行為は終わってしまって、申し込みは、されずに、「待ち」の状態に入ってしまう。

せっかくそこまで行動したのに、次の一歩の行動がとれない。

もったいない、と思います。

やさしさに、欠けるのではないか、と真剣に心配します。

自分にできることを考えて、まず、自分から行動すること、

それが「やさしさ」のような気がします。

「やさしさ」の裏側には、「弱さ」ではなく、「強靭さ」という文字が刻印されている、

と思います。

あなたを、待っている人がいるのです。

やさしさ、を発揮したい。


何歳になろうが、何度しようが、恋する原理は変わらない。

好きになると、自分がコントロールできなくなり、まるっきり弱い人間に陥ってしまう。

相手を、捕まえておくことの不確かさから、自分がまるで小さな人間になってしまう。

それは、もちろん意識してのことではないから、自分では、恋している時は、なんでもできる人間になったように、錯覚したりすることもある。

でも、そんな時は、長くは続かない。

人を好きになり、幸せだと思うほどに、その幸せの、足場の弱さ、はかなさに、つらくなる。

だから、不安な幸せにいるよりは、確かな不幸せにいる方がが、自分らしいよ、と、恋を自分から、ぶち壊してしまうような、行動にでる。

相手には、とんと身に覚えのない、嫌がらせを言ってみたり、無理難題を頼んだり、非難したり。

これって、男だけの現象なのかなぁ。

いずれにしろ、中高年になったって、なにもかも分かったふりをしていてはつまらない。
格好悪くても、素直に、じたばたしていれば、それでいい。
年齢がいもない老人になれ、と誰かもいっていた。(作家の渡辺淳一さん)


さて、今回は、タイ3ヶ月滞在、観光ビザ取得ツアーにも挑戦することになる。

ノン・ビザで入国すると、最大29泊までの滞在が認められる。
その期限の前に、タイから他国に出国して、そこのタイ国大使館で、ツーリスト・ビザを請求するのだ。

観光ビザ・ダブルを取れば、ら3か月有効なビザで、2回まで、最大60日の滞在が認められる。

8月14日にノービザでタイ入国。
9月12日に、日帰りビザ・ツアーに参加する。
その日から、60日間滞在可能だ。
11月10日に、帰国する。

そして、次回は、12月11日までにタイ入国すれば、その日から60日は滞在可能だ。
2月10日までに、ミグレーションで延長申請すれば、30日間の延長が得られる。
3月10日まで、約3か月間滞在できることになる。

これを、繰り返せば、良いわけだ。

とにかく、タイのビザはやっかいだ。

ノービザで、最大29泊、というのも短かすぎる。
タイからすれば、ノービザで、変な外国人に居座ってもらっては困る、というわけだ。
しかし、韓国人に対しては、ノービザで、60日間の滞在を許すらしい。
とすれば、観光ビザやその他のビザについても、韓国人には、日本人より有利な条件になっているのだろうか。
タイへの国としての貢献度は、日本は韓国に勝る実績を残しているはずなのだが、、、。
いつの間にやら、韓国に出し抜かれている。
韓国、恐るべし。
というより、日本の何が、おかしいのか。
いつか、分かる日がくるだろう。

とにかくタイは、日本人ロングステイヤーにとって、ビザの楽な国ではない。

そんなら、マレーシアや、他にしろって?

それを押しても、タイには、魅力があるのだから、しようがない。


Thai Dating, Singles and Personals


17日出発、ということで予約を確定した上で、キャンセル待ちを入れていた。

8月も、夏季休暇のハイ・シーズンだから、キャンセルはでないだろうなぁ、と想像していた。

ところが、昨日、16日分のキャンセルが出た、という連絡が入り、喜んで変更した。

そして、今朝になって、14日分にもキャンセルがでました、と言って来た。

もちろん、予定より、3日も早く、バンコク入りが出来るのは、大変うれしい。

変更し、さっそく、出発の準備にかからなければならない、気分になった。

それにしても、このハイ・シーズン中の、キャンセルは、原油高騰のおり、海外旅行を控える人が、多いということだろうか。

1バーレル、140ドル台まで騰がっていた原油価格も、最近は110ドル台に落ちてきたから、もうしばらく我慢すれば、状況は変わってくるだろうと思う。

原油高は、高止まりする、なんて予測が多かったと思うが、それはないだろうという気配。

経済評論家、投資アドバイザーは、あてにならない。

結果がすぐ出る予測をする職業で、外れた予測ばっかりしている割には、首にも、干されもせずに、マスコミに生存できているのは、不思議な現象だと思うなぁ。

マスコミも、昨日のことは、全然気にしない、体質だから、しょうがないか。


それはさておき、スーチーから、

今ピッサヌロークに居るけど、あと2時間後に、バンコクに向け出発するわ、

というチャットが入ったので、

ぼくの方のバンコク到着予定日が、14日に繰り上がったことを知らせた。

Very Very Glad You Come Such Early!

びっくりしながら、喜んでくれた。

なにか、誰かが一日も早く会えるように、仕組んでくれてるみたい

とスーチーが言う。

ちょっと、恋愛ムードっぽい、ですね。

うまく、行けば、いいけれど・・・・。


それで、急に、あわただしくなってきました。

今回は、3か月、滞在するつもりで行くので、身の回りの整理(家の周りの整理、といった方が正しい)、持っていくものの準備、学校とかの連絡、、、

そして、オリンピックの番組が、見られなくなることの、あきらめ。

先週、スーチーに、なにか日本からお土産もっていくけど、何が良い?と聞いたら、

キティちゃん、

と言う返事だ。

イトーヨーカドーに行って、聞いてみたら、おもちゃ売り場に、1個しかなかった。

それで、ヤフー・オークションに出ていた商品に入札。

65cmの超レア・大型もの、抱き枕キティ、キティのシステム手帳、3つ入札したら、3つとも落札してしまった。

65cmの人形と、抱き枕は、結構かさばる荷物になりそう・・・。

それと、7月の旅行で壊してしまったデジカメ、パナソニックのDMC-FX35を、今日、再度注文。

修理に出すと、1万から2万かかるのではないか、と言われていた。

世代は一つ古くなるが(FX37が8月下旬に出荷されます)、今FX35を買えば、2万円で手に入るので、同じものにした。

実は、もっと時間があれば、他のモデルなども検討したかったのだが、今日中にオーダーしないと、
14日まで、間に合わない、ということもありそうで。
決めた。

さばさば決まって、良い気持ちだ。

あまり、時間があると、あれこれ、結局無駄なことを考えて、時間をつぶしてしまう。

もう、無駄にする時間はないのだから、さばさば、決めていくにかぎる、という気分になってきた。

これは、とても、良いことだろう。

前進、あるのみ!


Thai Dating, Singles and Personals


いよいよタイ語の勉強に本格的に取り組む時が来た。

前から自分自身に宣言しているように、8月から。

ぼくの場合は、タイ語を身につけて、仕事をしたい、というような殊勝な気持ちは、ない。

タイの女性と、きちんとした交際をするために、最低限度のタイ語は、不可欠だと思う気持ちからだ。

英語を話せるタイ女性も、もちろん居るが、そういう相手だけを条件にすると、可能性が狭まるし、英語が話せるハイ・スクール出の女性は、どこで覚えたの?がかかってくるし、英語が話せる大学卒は、どういうわけかお高い感じで(ファラン=白人好み、なのかな)、お嬢さん育ちで、料理も満足にできないような、人に優しく気を配ることに欠けているひとが多いようだ。

それで、どうしてもタイ語が必要なのである。

もちろん、タイが好きになり、その文化を理解するには、タイ語を身につけるに限る。


そこで、どんな風に、といろいろ考えていた。

独学か、タイ語スクールに通うか?

友達・知人作りにも、タイ語スクールに通う、というのが、もっとも無難な方法であろう。

そこで、語学学校を探そうと思ったが、僕と同じような年齢の、タイでロングステイしている人のブログを読んだ。

その方は、20年前にはバックパッカーで、タイに何度も来たことがある人。
タイ文化や、タイ語には、はるかに知識のある人である。

この人が、タイ語スクールに通ったが、フェーズ1、フェーズ2とある内の、フェーズ1で、止めてしまったと言う。
理由を深くは書かれていないが、やはり、大変だったろうと、想像しました。

他の、若い、受講生と同じペースで進むスクールは、大変な努力がいるだろう。
それは、あたり前なのだ。

しかし、あまりに語学にとらわれすぎると、余裕がもてなくなる。
それが、第一番の、優先になってしまう。

それでは、肝心の、タイ女性との付き合いにも、影響がないとも限らない。
デートよりも、スクールが優先してしまうことが起きたりいそうだ。

これでは、本末転倒なので、もっとゆっくりしたペースで、勉強したい。

ということで、独学することに、決めました。

テキストブックを買って、CD・DVDなどを利用しながら、マイ・ペースの、ハイ・ペースで、取り組みたい。

英会話も、結局は、独学だったのだから。(もっとも、基礎英語は学校でみっちり学んではいるが・・・)

HyperDictonary電子辞書も手に入れてみた。

ただ、電子辞書は、日本語サポートが低い。

中国語のサポートが、まず第一番で、次に韓国語とかヨーロッパ言語、その次が、日本語。
そんな順番で、日本語ータイ語まわりの機能が、中国語ータイ語に比べて、はるかに見劣りがする。

それなのに、安い電子辞書には、日本語が入っていない。
日本語の入っている電子辞書を買うと、自分にはまったく必要のない、中国語とか、韓国語が、自動的に含まれてくる。
選択して、安くなる、という仕組みではないのが、合理的ではない。

というわけで、この電子辞書は、勉強にはあまり、役立ちそうではない。
タイ女性と会話をしているとき、つまったら、パッと日本語をひいて、そのタイ語を示す、という使い方になるだろう。。。

独学するよ、とスーチーに言うと、

わたしが教えてあげるわよ。

と彼女が言ってくれる。

必ずしも、恋人にその国の言葉を習うというのも、うまく行かないものだと想像します。

まぁ、どんな風になるか、楽しみ。


Thai Dating, Singles and Personals




スーチーとのチャットは、タイ時間午後8時(日本時間午後10時)に決めてある。
大体、10分ほどずれることはあっても、僕が帰国して以来、ずっと続いている。

普通だったら、Web カメラで、お互いの映像が見れるのだが、スーチーの家のネットワークに十分な容量がないみたいで、映像を送るとセッションが切れてしまう。

それで、もっぱら、文字チャットで30分から1時間ほど過ごしている。

相手は英語があまり得意ではなく、僕はタイ語をまったく話さないので、よく30分以上も会話が続くものだと、自分でも感心する。

一区切り、会話が済むと、ぼくの方から、何か質問無い?と訊きます。

ほとんど、その返事は決まっていて、

Do you miss me?

とくる。

タイ女性は、I miss you、と良くいいますね。

スーチーも、初めてのデートのあと、ホームタウンのピッサヌロークへ帰って、送ってきたメールに、

I miss you.

と言ってきました。

そばに居ないあなたが、恋しい。

というのが、英語の意味ですが、それと同様に使っているのか、

それとも、タイでは、もっと軽い気持ちで使うのか。

まぁ、軽い気持ちで使う、としたとしても、女性の優しさにあふれた表現のように感じて、気分はいいものです。

すると、こちらの返事も決まっていて、

Of course, I miss you very much.

すると、

Mee too.

で終わって、では、お休みなさい、という流れになります。

さて、昨日のチャットでは、ぼくのバンコク到着の日時を伝えました。

17日の、午後2時、バンコク到着予定。

すると、こちらから、打診・催促をすることなく、間髪を入れずに、

空港まで、迎えにいくわ。

という応えが返ってきた。

これは、とても、うれしい、と感じた。

今までも、迎えに来てもらったことはあったが、なんだか今度のお迎えが一番うれしい。

空港まで迎えに来る、ということは、

バンコクの中心部からでも、タクシーで30分以上、200バーツはかかるので、

かなり、「わざわざ」出てきてくれる、ということを意味しているから、

ただの友達以上に、大事に思われている、と感じて、うれしい。

それと、迎えに来る、ということは、そのまま、ぼくのアパートまで、一緒に行ってもいいですよ、ということも意味している。(と思う)

初デートの時は、どうしても友人同伴でなければだめ、といっていたスーチーである。

だいぶ距離が縮まってきた。

とても、いい感じがする。


Jinny6



Thai Dating, Singles and Personals

バンコク行きのチケットを見てると、旅行のハイ・シーズンは、8月1日から、8月15日くらいまで、らしい。
2週間から1か月のチケットは、この期間が最高値で、8月16日からは、半額になる。

それで、ぼくの次回のバンコク行きは、8月の20日過ぎにしようと、思っていた。

ところで、先回の旅行で、1度だけデートしたスーチーと、帰国後、ずっとメールとチャットを続けている。

その会話をしているうちに、今度タイに行く時は、長期滞在してみよう、という気になってきた。

今までは、ノービザで、最大29泊、という行き方ばかりだった。

日本にある、一戸建ての家の管理もあって、長くタイに居れない、のが主な原因だった。

それが、解決したわけではないが、3月、5月、7月、というペースで今まで来ているので、今後の推移を予想すると、8月、10月、12月、なんてことになりそうだ。

ご存じの通り、原油高で、サーチャージが、7月から大幅に値上がりしていて、航空運賃も、1回7万円以下で済む、というわけにはいかなくなってきた。

だから、今後は、1回行くたびに、3か月くらいは滞在したい。

そうすると、ノービザではなく、観光ビザが必要になる。

ロングステイヤーで、日本で観光ビザをとる人はいないようで、現地タイに行ってから、ビザ・ツアーというものに参加して取る様子。

これは、新しい経験になる。

まずは、3か月オープンか、復路変更可能な、チケット探さねばならない。

例のごとく、インターネットで、格安チケットを検索する。
3か月オープンのチケットも、出てくる。

8月16日過ぎ、で半額になり、8月29日過ぎで、もう一段安くなる。

8月末までは、待てないので(スーチーに早く会いたい・・・)、8月半ばのチケットを探す。

いつも、そうなるのだが、結局3か月オープンタイプで探しても、タイ航空か、シンガポール航空に、なってしまう。

JALも、ANAも、3カ月オープンで、探す気にもならない。。。1か月FIX,3か月FIX,それでも高い。

検討に残ったのが、タイ航空はTGフレックスという割引プランとシンガポール航空のフリペックス。

タイ航空のTGフレックスは、料金が14万8千円で、サーチャージ等2万7千円、トータル17万5千円。
(タイ航空の場合、格安チケット代理店の、9万9千円の3か月オープンのチケットがあったので、それを使うと、サーチャージ等を乗せて、たぶん、14万円、という価格のものが探せる、と思う)

シンガポール航空のフリペックスは、価格提示が、始めからサーチャージ込みの値段で、もっとも良心的だ。
11万3千500円。

これに、決めた。

8月14日から、その値段なのだが、その日は、満杯。

8月17日に、席が、とれた。

こんどの、最大の目的は、スーチーとの出会いが、どう進展するか、だが。

さぁ、いよいよ、今年4度目のタイ行きが、決定だ~!



Thai Dating, Singles and Personals


先回のバンコク訪問で(7月6日から、28日まで、約3週間)、タイ・ラブ・リンクで知り合えた女性15名の女性たちと、デートしました。
(前の日記に、13名と書きましたが、あとで思い返すと、15名でした!)

自前でセットするお見合い、です。
7月の出発前に本命、と決めていた女性とは、何回か会いましたが、ほとんどは、1回会ったきりで、終わった人たちばかりです。
明確に、この彼女とはダメだ、と決定した女性もいれば、相手にその気があれば、もう何度か会って、よく知りたい人だな、という女性もいます。
後者のような人でも、なんとなく、強く惹かれることがなければ、お互いに、2度、3度とデートの誘いはかけないものですね。
1度会った後、もっと知りたい女性かな、と思えば、こちらから2度目のデートは、必ず申込ます。
それが、エチケットでしょう。
でも、それに対して、エチケットとしてのおざなりの返事が来て、相手の心の熱さ加減が分かります。
そういう相手は、それきりになります。
これは、タイ・ラブ・リンクに、その他大勢の女性会員がいるから、つい新しい相手を求めてしまう、という弊害かもしれません。
もう少し、しつこく、というと語弊がありますね、マメに、付き合おうと努めてみる方が、良いかと思うことがあります・・・。

その中で、一人、こちらの気持ちが動いて、相手の気持ちも同調してくれた相手がいます。
スーチーと言います。
彼女は、ぼくがバンコクに行って2週間目の頃に、タイ・ラブ・リンクで新たにやりとりを始めた相手です。
2、3度のメール交換のあと、今バンコクに居るので、会いたい、というと、良いですよ、という返事。
ただし、3日後に、と言います。
そして、自分の親友を連れて行きたいが、良いか、と訊いてきます。
2度目は、1対1で会うから、と。

大体の女性は、初対面のときに、一人で来るのを嫌がります。
危険もあるし、嫌な思いをすることを避けたい、という気持ちでしょう。
まぁ、当然です。
まして、メールでさえ、何度も交換しているわけではないのですから。

しかし、こちらとしては、できれば二人で会う方が良い。
出会いサイトに登録している女性会員で、ごちそうになったり、プレゼントをもらったりすることを目当てにしてる人もいますから。

あとで分かったことは、3日後にして、と言ってきたのは、彼女のその親友の仕事休みの日だったのでした。

その日会って、Oishi Expressの、日本食バイキングで1時間半を過ごし、会話して初デートはあっさりと、終りました。

ロビンソン・デパートの前で、初対面で相手を見た時、ああ、良い人だ、と感じました。
初めて、写真で見た印象より、良い感じを受けた女性です。
顔が小さく、スラリとしていて、オーキッド(蘭の花)のようです。
大体は、写真とは、幾分違った印象を受けてしまうもの、というのが、今までの経験でした。

ネットで知り合った男性とデートするのは、これが初めてです、という言葉が残りました。
当然、疑問符、として残ったわけですが、、、。

ただ、嘘だったら、そんな子供っぽい嘘をつかなければならない、理由がわからない、という気がしました。
英語が、あまりできないので、そのことは、彼女の友人に通訳してもらいました。
こんな単純な嘘を、友人の口を使って言うだろうか、という思いもわいてきます。

それは、本当かもしれない。
と思い始めました。

バンコクで会ったのは、1度切りでした。
彼女は、ピッサヌロークというバンコクから500KMほど北に位置する市に住んでいて、帰らなければならない、と言うし、ぼくはぼくで、日本への帰国の日が近づいていたのです。

ぼくが出発の日は、空港から、必ず電話してね、と言います。
だから、最後にバンコクで話した相手が、スーチーだった、ということになります。

日本に帰ってからも、スーチーとのメールと、毎日のチャット・デートが続いています。

これは、本物になるかもしれない。
そんなわくわくをかんじているのです。



Thai Dating, Singles and Personals



昨日、放送大学の単位試験、4科目を受験。
これが、今回の受講での、最後の試験となるだろう。

3年次に編入してから、64単位とるために、約3年かかった。
また、何かの勉強をするとき、放送大学の門をくぐるかもしれない。
あの、内館牧子さんも、昨年まで放送大学大学院で、学んでいたそうだ。

とにかく、心理学を中心とした勉強も、一山越えた、というところ。
あとは、自己研鑽の続けていく、ことに変わりはない。
学ぶことに、終りはない、と思う。

「人間のこころは、自らの人生をかけがえのない物語としてとらえることができなくなったときに、死ぬ」

これは、カウンセリングのテキストのなかで、出会った言葉だ。

未来とか、夢とか、ぼくが大切に思うのは、自分の人生をかけがえのない物語として、まだまだ大事に思い、書き続けて行こう、と思うから。

さて、今日から、勉強としては、いよいよタイ語を中心にスタートだ。

これは、ぼくの新しい出会いのためだ。

その出会いを、確かなものにするために。

かけがえのない物語を作るために。

昨日は、放送大学の単位試験を受験してきました。

暑い中、多くの学ぶ仲間がキャンパスに集い、真剣に何事かに取り組んでいる様子を見ることは、気持がいいです。

今回の試験で、7科目うまくパスすれば、心理学を中心にした、放送大学の勉強も、ひと区切り、です。
残りは、明日、8月2日に、4科目、受験します。

それが終わった8月からは、いよいよタイ語の勉強に、本格的に取り組む予定です。


さて、今回の勉強の中で、タイトルに掲げたG・H・ミードの言葉に出会いました。

ミードは、「過去の記憶」や「未来の創造」という現在とは別の時間に属する経験も、現在、という時間の中で再解釈され、自己を膨らませていくものだ、と考えます。

過去は単なる過ぎ去った過去として記憶や文書に保存されたものではなく、現在生じつつあるものを条件づける形で、再解釈され、現在の中に統合されていくものである。

過去は現在の中にあり、未来もまた同様に、現在の中にある。

現在を軸にしながら、過去と未来を再解釈していくことは、過去と未来を創造していくことである。

それは、過去と未来を含んだ現在が、創出されることであり、自己が変容・更新されていくプロセスともなる。

過去に、さまざまなことがあります。
楽しかったことや、悔しかったこと、決定的な別れや、大きな失敗。
振り返れば、ネガティブな思い出の方が多いのではないでしょうか。

過去は、変えられない、という言葉を聞いたことがあります。
しかし、ミードは、過去は死んだものではなく、それをどう解釈し、どう現在に取り込み、未来につなげるかで、過去をも創造できるのだ、と言っているのです。
創造、というのが言い過ぎならば、過去の意味を変容させることができるのだ、と。
そして、それらの目指すところとは、未来なのだ、と。

未来を、今、創造する、そのために現在がある。

未来は、やがてやってくるものではなく、今、ここ、この私の中の、現在にある。

つらい過去に、とらわれ、うつむくことなく、

未来に向かって、視線を上げよう!




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。