きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月8日にプレジデントで、次回のPBEAクラブのトーネメント、があり、

今日は、下見プレーをするからと、お誘いを受けました。

まぁ、いつものイチャイさんとマークさんからのお誘いなのですが・・・。


プレジデント、と言えば、僕にとっても、思い出のコースです。

タイに来て、ウチャラポーンさんに連れられて、初めてプレーしたのが、プレジデントだったのです。

スコアは確か、90台前半だったと思います。


今日は、12時スタートの予定で、

11時に、歩いて5分のところにあるロータス・エキスプレスでイチャイさんに、拾ってもらいました。


プレジデントに着くと、大きなトーナメントが実施されようとしていました。

PBEAクラブの次回のトーナメントも、参加予定者の想定は140名になっていますから、

今日行われている、このトーナメントと同等の規模になりそうです。


前半9ホールは、Southで、44。

後半9ホールは、Westで、42。

6個のパーと、3個のバーディ。

トータルは、86で、上出来の一日、でした。


さて、明日は、いよいよKさんを慰労する旅行です。

二泊三日の予定ですので、

その間、ブログもお休みします。

では、

いざ。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

スポンサーサイト
昨日は、Kさんの受験の日で、

朝の9時から、夕方の5時まで、(何科目かの)試験の時間でした。

それで、携帯で朝、夕、夜、3回、激励と慰労と結果の様子を聞く、連絡をしたのですが、

返事がまったくありません。

やきもきしているのは、こっちばかりか、のんきだなぁ、と思ったり、

結果が思わしくないので、返事をするのが嫌なのかな、と思ったりしていました。

そうしているうちに、夜の8時に、PCメールが入り、

明日の午後、行きます、携帯の電池が切れているので、公衆電話で着いたら知らせます、

という内容です。

なに~、こんな大事な日に、携帯の電池が切れた、そして充電できない、ってこと?

不思議に思って、僕の部屋の中をちょっと探すと、

彼女の電話機の充電コードがあるではありませんか。

なぁ~んだ。

のんきだなぁ、と思うとともに、彼女の特徴の一つでもある、

あまり携帯で、電話をかけまくる、ということのない人なので、

つい忘れてしまうのかも、

と感じました。

今までの、女友達の多くは、デートしている間、なんどとなく電話がかかり、

自分も電話をする、そんな女性が多かったので、

めったに携帯を使わない彼女に、好感を持っているのです。


午後から来るというので、

午前中に、モール・バンカピに行って、買い物を済ませて、

待つこと、3時に彼女はやってきました。

結果の様子を訊くと、ダメだったぁ、50%くらいしか自信ない~。

いつから受験勉強をしていたか、明確ではないのですが、

試験対策を先輩に訊かなくちゃ、と言っていたのが一ヶ月前ですから、

推して知るべし、2,3週間程度なのではないでしょうか。

まぁ、それでも、ベストを尽くした、という気はあるので、いいのではないか。

ラッキーな好結果を願おう!

ということで、今日は、ねぎらいを込めて、

モール・バンカピに映画を観にいきました。

2週間前に、初めて3D映画を観て、次回はこれにしようね、と決めていた、

HOW TO TRAIN YOUR DRAGON です。


モールに着いた時間が折り合い悪く、その映画が始まって30分経過したときでした。

次回までに空き時間、1時間半を埋めるために、

ボーリングを3ゲーム、ほど。

やはり、彼女、疲れているのか、ノリが良くありません。

最高スコアも100点に満たず。

僕の方は、最高スコアが129点。

先日から、なんにも進歩していません・・・。

50レーンはあるボーリング場ですが、お客は5組、ほど。

お客が少ないからでしょうか、ボーリング場内の照明を落としたままで、プレーさせています。

バーかカラオケ店なみに照明で、レーンの板目が見えません・・・。

こんな雰囲気では、明るいスポーツ、というイメージ、ゼロ、ですが・・・。


映画は、面白かった。

3Dの魅力がふんだんに盛り込まれ、楽しませてくれる映画でした。

彼女も、満足風、でしたが、

終わって、食事をして帰ろう、というと、

疲れて、食欲がないから、部屋に戻ろう、

と言う。

2週間以上続いた緊張感から、どっと疲労が出てきている感じ、です。

今日は、

早めに、

おやすみなさい、

ですね。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

恋愛なんて、いい年?になっても(何歳になっても)、出来る人には、出来るし、

人によっては、一生出来ない人もいるかもしれない。


今日は、女性友達が大学受験をしている日です。

高等学校からストレートの受験ではないので、年齢は行っていますが、

20代のうちに卒業したいということから、僕の伴侶としては若すぎるなぁ、と思っています。

この女性をKさん、と呼ぶことにします。


そして、ひょんなことで、昨日、32歳のタイ女性、Yさんを紹介されました。

電話番号を交換しましたが、なかなか、電話はかけられるものではありません。

(向こうは片言の英語で、こちらはタイ語がダメでですから、余計に電話に手が出ません・・・)

相手がどんな気持ちで、昨日の食事会に来たのか、しっかり聞いてはいないので、分っていません。

相手さえよければ、32歳の伴侶、というのは、僕としては理想的かもしれません。


いずれにしても、こちらの気持ちはあっても、相手に積極的に受け入れる気持ちがない限り、

こちらから積極的に出る、ことはできない性分です。

(けっこう、十分に、積極的だよ、というひやかしの声が、タイ人仲間からも聞こえそうですが・・・)

それで、すこしは気があるのかどうか、電話はかけれないので、ケイタイ・メールを打ってみました。

これに、返事がないようであれば、まぁ、そんな程度だ、ということがわかります。

ところが、30分後に、返信がありました。。。


いい年をして、お止しなさいよ、

と言われるようなことを、

あえて、

いい年だから、出来るんだよ、

いい年だから、しなくちゃ、ならないんだよ、

という気持ちで、生きています。


ふと、あの良寛さんの恋は、年齢差、どれくらいだったかなぁ、と。

ふたりの恋愛の足跡は、貞心尼の書き残した「はちすの露」に綴られています。

貞心尼が30歳のときに、良寛70歳を、初めて訪れ、いっきょに恋が芽生えていきます。

貞心尼が訪れたとき、良寛は不在で、彼女が手まりの贈り物と、歌を残していきます。


これぞこのほとけのみちにあそびつつ 

    つくやつきせぬみのりなるらむ

(良寛をいかに尊敬しているか、ひとめ会って、声も聞きたい、という想いが込められている、と思います)

これを読んだ良寛、すぐに返し歌を送ります。

つきてみよひふみよむなや ここのとを

    とおとおさめてまたはじまるを

(良寛としては、そん自分を理解してくれる相手が現れたと思ってか、

あなたも一緒にまりをついてみましょうよ、

すぐにもまた、おいでくださいな、

という気持ちがありあり、と表れていますね)

そうして、彼らの恋愛は、始まったのでした。

もう少し、知りたい人は、「はちすの露」を参照ください。

良寛の絶唱、

いついつと、まちにし人は、きたりけり

             いまはあいみて、何か思わん

というのは、激しい恋愛の歌に、違いありませんね。

40歳の年齢差です!

35歳とか、28歳の差なんて、めじゃないですね・・・。


ああ、いい年を、

いい年として、

生きて行きたいものです。


Kさん、試験、大丈夫だったかなぁ・・・。


(今日は、コメントの返信を、たくさん、しっかり、書くことに時間を費やしました。

みなさん、返信が遅れて、すみません)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

タイ友人が、僕の伴侶探しの手伝いをしてやろう、という動きがいよいよ活発になってきたのでしょうか。

「明日の午後は、時間がある?」

という電話がかかってきたのは、昨日のことでした。

時間はあるよ、と応えると、

「紹介したい、美人のタイ人女性がいるから、ゴルフの練習したあと、食事をしよう」

という誘いを受けたのでした。

イチャイさんと、マークさんが、昨日ゴルフの練習しながら、ある女性を思いついた、

というわけです。

いつも、僕が若いキャディさんと指名するのを見て、伴侶探しとしては、無駄なことをしている、

そんなことでは、お金、お金、という相手しか見つからないから、

もっとましな、普通の女性を紹介したいと思った、

と言います。

そのつもりで来てくれ、

わかった、

という気楽な流れです。


3時から、2時間ほど練習してから、女性たちが待っているレストランへ。

EGAT(Electricity Generation Authority of Thailand)という堅い職場に勤めている、32歳の女性でした。

若く、見えるタイ女性です。

(マークさんに、事前には、25歳、と聞いていたので、20代だと思って会話をしていました。

マークさんは、すご~い美人だとか、若い若いとか、適当・勝手なことを言って、人の気をそそる、人です)

バンコク生まれで、親も、兄弟も、近くに住んでいます。

モスリムさん、でした。

自分で家を買って、一人暮らしをしています。

仕事、仕事で、ボーイ・フレンドは居ない、とのこと。

(ボーイ・フレンドとは、タイでは肉体関係のある恋人を意味します。そうでない場合は、ただのフレンドです)

ダーク・スキンで、目が大きく、美人の部類に入るでしょう。

(美人かどうかは人の好みが大ですが)

すばらしくセクシーな脚の持ち主、です。

(このお脚をみるために、しばらく交際してみたい、と思うほど、きれいです)

英語が話せ(まあまあ)、日本語にも興味を持っています。

お互いに電話番号を、交換しました。


さて、どうなることでしょうか。。。


イチャイさんが、今日、スィンタウォン S11 ドライビング・レンジへ行くので、

いつものように、迎えに来てくれました。

そのとき、マンゴーをおみやげに、いただいてしまいました。

自宅に庭に小さなマンゴーの木があり、例年、20個内外の数が取れる、ということです。

毎年、近しい、兄弟親族に配っているらしいのです。

今年は、12個だった。と。

また、イチャイさんは、1ヶ月前に、現在の自宅に背中合わせに位置している家を、買っています。

その家の庭には、もっと大きなマンゴーの木があり、100個以上の実がなる、と言います。


きれいに、籠にいれて、持って来てくれました。

bkkmango
黄色が現在の家の庭の産物・・・12個のうちの3個をくれたんだぁ・・・・
緑が新宅の庭のマンゴー。

ナンダカ、とても嬉しくなって、

写真を撮って、

しまいました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

ゴルフのスケジュールが立て込んでいたこともあって、

ブログの更新を出来ないでいました。

また、ゴルフの話か~、という読者の顔を気にしながら、控えていたのではなく、

ただ単純に忙しかったから。

ということで、自分の記録のためにも、今週始めに予定したゴルフのことを書きます。

22日、月曜日は、ユニコに一人で行ったことは書きました。


23日、火曜日は、タノンで、イチャイさん、マークさんと、1ヶ月ぶりの対面です。

無事の再会を喜び合って、正午から、スタート。

暑い日でしたが、のんびり、ゆったり、ゴルフは出来ました。

実は、この時期、暑いので、日中ゴルフが出来るのかどうか、初体験ですから、心配していたのですが、11月からの乾季と変わることなく、歩きのゴルフで回ることができました。

同伴のイチャイさんもマークさんも、日中ゴルフ、全然気にしている様子はありません。

(お友達にしてもらっているウチャラポーンさんのブログでは、連日の猛暑に、もう溶けそうだ、と悲鳴を上げておられるのですが・・・

こんな日に、ゴルフをしているなんて、気違い、と思われてしまうかも?)

スコアは、46+46=92で、

まぁ、こんなところかなぁ、という出来でした。

プレー中、休憩所で、何度か行ったことのある、ドイツ・ビールを飲ませるレストランが、

会員募集のプロモーションに来ていて、入会してあげなよ、と無理にサインさせられてしまいました。

Der Zirkus(ザ・サーカス)というレストランで、もちろん、会員費は無料です。

食べ物だけ、10%割引の特典があり、タノンでのプレー後に、ちょっとビールを楽しむところとして、利用して欲しいと、宣伝にきている様子、です。

会員登録したのは、僕だけだったのですが、

プレーが終わり、帰る時間になると、イチャイさんの電話が鳴りました。

サーカスの宣伝担当の、女性からです。

イチャイさんはなじみで、僕も何度か会っているAさんです。

な~に、XXX(僕のことです)が、タイに戻っているの?

僕の新規会員登録表をみて、知って、イチャイさんに電話して、

それじゃ、今日、寄っていってくださいね、

ということになり、

帰りは、サーカスで、ドイツ・ビールとなりました。


これが、思いのほか、飲みすぎて、0.5リットルのジョッキを3杯も!

おかげで、翌日、二日酔い、までにひどくは無かったのですが、一日中、ダル~イ感じで困ってしまいました。



25日、パイン・ゴルフで、サマ・ゴーンの銀行OBグループの人たちとプレー。

この日もスタートは11時30分、です。

4人1組が、二組。

僕が入った組は、全員が400バーツづつ事前に出して、

9ホールでロスト・ボール(池ポチャ含む)しなかった場合、100バーツを返還してもらう。

また、各ホール、20バーツのスキンズ・マッチとする。

残りは、途中で飲むビール代。

という、リーズナブルな、お楽しみで、スタート。

(これは、イチャイさんが、エスカレートしかけている「賭け」の雰囲気を、引き戻そう、という考えから提案したものです)

結果は、4人とも、前半、後半ともに、ロスト・ボールとなり、誰一人100バーツを取り戻すことが不可。

スキンの方は、マークさんが調子よく、13スキンズ、PKさん2つ、イチャイさん2つ、僕が1つ。

僕が、380バーツ、資金提供したことになりました。

スコアは、45+46=91で、

次回は、もうちょっと資金の取り戻しを、図らなければなりません。

プレー後の食事は、(サマ・ゴーン組みと一緒になるといつも長時間になるので)、僕は9時までに帰宅しなければならないから、とお願い。

6時から、ゴルフ場のレストランで、軽い食事を、ということになり、

食べたり、飲んだりし始めましたが、やはり、2時間。

これで、お開きか、と思っていると、なにやら別のところに行くようです。

9時には帰宅、という僕の願いは、十分分っていてくれて、

それでも、ぎりぎりまで、飲んで、会話をして、いたいのでしょうか。

歌を歌いたい、いやあっちだ、こっちだ、と2,3の案があったなかで、

一人の話が、前にキャディだった女の子の働いている食堂(屋台レストランの大きいやつ)へ行く約束がある、というので、それに合流することに。


それでも、そこでは40分。

(その彼は、お開きの後、その彼女を車に乗せて、しんみり話している様子です・・・お金でもねだられているのでしょうね)


家に送ってもらったのが、9時20分、ということになりました。



さて、26日は、日本から来られる「のり」さんとのゴルフの日です。

それもあって、前日、9時までに帰宅、と言いつづけていたのです。

「のり」さんからは、朝の7時に電話があって、無事にバンコクの到着したこと、予定通り10時にユニコで会うこと、などを確認。

スムーズな一日のスタートで安心しました。

これを書いて良いのか分りませんが(のりさんの確認をとっていないので)、

のりさんは、関西の地方都市の議員さんです。

なんで、堅い、議員さんと、タイでゴルフをやるの?

と思われる方がいるかもしれませんが(実は、自分もそんな気が、していたわけですが)、

なんとなくのりさんのアプローチが自然で、実があり、楽しそうだったので、

それでは、ということになったのです。


お会いすると、いかにも実力派の議員さん、という感じで、そつなく、明朗。

背も高く、がっしりされて、スポーツマン、という印象も与える人でした。


最近3ヶ月は、議員活動を始め公私ともに多忙でクラブを握っていないので、

立ち上がりが心配です、

と言いながら、10時のスタート。

のりさんは、タイ訪問直前の台湾家族旅行の最終日に、食中毒にかかってしまい、

ほうほうのていで、日本に帰国、そして病院で注射やなにやらの手当てを受けて後、

中止したら、延期したら、という声を振り切って、このタイ訪問です。

(月曜日から、議員としてのビジネス活動でバンコクで3日間過ごすのだそうです)

そういう事情で、体力が心配だからと、カートを借りました。

僕に気を使いながら、カートに乗っていいですか?とおっしゃるので、

もちろんOKなのですが、

僕も一緒にカートにすればよかったかな、

と一瞬思いました。

しかし、僕は、健康・運動のためのゴルフ、が主義なので、ここは、がまん。

(気障に言うなら、お金を払ってでも歩いてゴルフをしたいほうなのです。

ゆるしてください、のりさん)

歩きで、今日も、スタートです。

僕は、ユニコの1番、表記によれば472ヤード、パー4というホールに立つと、平常心を失うのですが、

(なんで、このホールがパー4なの?)、

そして、大体は、左にドフックして、トラブルで始まることが普通です。

今日は、日本から来られたのりさんと、ですから距離はでなくても、真っ直ぐ飛んで欲しい!

と念じたのにも、拘わらず、

なんと初めて、右の林へ、チョロ!

ユニコでは、経験したことの無いほどの強風に、びびったのかもしれません。


のりさんは、私に付き合わないでいいですよ、と叫びます。

そして、またのりさんも、左へチョロっと。。。

お互い、とんでもないスタートです。

僕は、結局、このホール、ダブル・パーの8です。

まぁ、1番ホールは、いつも悪いとはいえ、僕も緊張しているんでしょうね。

どんなゴルフになることやら、と思い思いのゴルフとなりましたが、

その後は、ボギーが続き、パーも6番ホールで初めてやってきて、8番を終わったところで9オーバー。

9番をボギーでしのげば、10オーバーの46だ、まずまずだ、と思うところまで戻して、

そこで、バーディ!

なんと、1番で4オーバーだったのに、8オーバーの44。

そして、バックナインは、もっとスコアが良くなり、バーディも一つあって、40。

トータル、84の成績でした。

10時からのスタートで、上がってみると、まだ1時半、です。

今までに無い、強い風の中のプレーでしたが、気温が低く、汗もかかないほどでした。

のりさんの体調に、相談してみると、

この涼しさが功を奏したのか、体力はまだ持ちそう、ということで、

では、もうハーフ・ラウンド。

のりさんも、1.5ラウウンドのプレーをした、ということは、

楽しんでくれた証ではないか、

と思われ、安心しました。

プレー後、ユニコの通りの向えのタイ・レストランで、ビールと軽い食事。

僕の知らない、いろいろな話に花を咲かせて時間を過ごしました。

楽しい一日を終えることができたのでした。

のりさん、お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。



さて、以上、長々と、ゴルフ中心の話を書きました。

婚活系のことも少々。。。

今、一番親しくしている女性友達が、29日に大学の受験をする、と言っています。

以前は、ランカムヘン大学で勉強していて、卒業までに必要な単位の45%ほど消化したところで、

中断せざるを得ない、という状況になっていたのですが、

この機会に、もういちど、通学制の、公立の大学を受験することに決断したと言います。


受験まで、あと2週間しか無い時期なのに、僕の息子のタイ訪問に、つき合わせてしまったりして、

すまないなぁ、と思っています。

29日は、筆記試験、それが受かれば、4月に面接があり、合格すれば5月から授業開始だとか。

受験勉強の邪魔をしてしまったので、

29日の試験が終わったら、ご褒美をあげることになっています。

何が良いかと聞くと、コ・チャーンに、行きたい、と。

それを楽しみに、彼女は最後の追い込み中です。

最近は、僕の部屋にきて勉強します。

その集中力に、感心しています。

気晴らしに、バンカピ公園に誘ったりするのが、僕の役目。

いつも見慣れた、池のほとりの大木。

bkk20100327tree


大木の枝の先一面に赤紫の花が咲いているようです。

これって、合歓の木、なんでしょうか。。。

合歓の木、というのは、僕のなかでは、希望と祈りの木です。

彼女の、夢がかないますように!

この木に見とれているうちに、

ふと、下に目をやると、

ゴザ・マットレスの上で、

細い脚を投げ出して、彼女がすやすや居眠りしていました。


なんとなく、応援してて、気持ちがいいです。

ガンバってね。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

最後にプレーしたのが、日本帰国直前の、2月23日でした。

丁度、一ヶ月ぶりに、一人でユニコへ、ゴルフに行ってきました。

日本に居る間は、とてもの寒さで、友人にゴルフをしようと誘いかねたので、プレーすることはできませんでした。


長期ブランクの後は、だいたい90台で、 再スタートすることになるのですが、

今日は、44+42=86、

パーは8つで、嬉しいかぎりでした。

同伴プレーヤーは、

日本人ロングステイヤー(アヌサワリー付近に住んでる方)と、

アイルランドから来た30歳そこそこの男性、お二人でした。


今回は、日本から、アイアンを2セット、持って来ました。

初めは、1セットだけ持ってこようとしたのですが、あれかこれか迷っているうちに、

えい、めんどうだ、2セット持って行こうと。

一つは、今使っている、ジャンボ尾崎のワールド・1はシャフトがフレックスXなのですが、

このシャフトのフレックスSのもの。

やわらかめの方が、いいかも、との考えです。


もう一つは、上の考えとは逆なんですが、

やはり、スチール・シャフトのアイアンを、もう少しの間(体力が、もっと低下する前)、

使っていたい、という思いから、

ブリジストンのJ’sモデルにしました。

Precision FM6.5ですから、かなり硬い(X同等の?)シャフトです。

しかし、ずいぶん昔の製品です。

1990年代初期、のころのものではないでしょうか。

J'sIron
もう、古すぎるテクノロジーでしょうが、なんとなく、好きなのです。


今日は、この、J’sモデルで、プレーしました。


さて、プレーを終えて、家にかえると、イチャイさんからの電話です。

絶妙のタイミング、もいろんゴルフの誘いですが、

明日23日(火曜日)は、タノン。

25日(木曜日)は、パイン。

双方とも、OKの返事をしてしまいましたが、

26日(金曜日)、日本からやってくる「のり」さんとプレーする約束をしています。

結局、今週は、5日間で、4回のプレー?


バンカピ生活第3章は、

またまたゴルフ漬けの毎日になるのかなぁ・・・。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

雪降れば雪子とぞ思ふ走りいでて

      心ゆく迄 掌に取らま欲し

バンコクにいるのに、なんで雪なの、と思われるかもしれませんが、

一昨日のブログの続き、です。


バンカピ公園で、石坂泰三の生涯、という小さな文庫本を手にとっていました。

石坂泰三、といっても今の人には思い出すこともない、過去の人になっているでしょうか。

僕としては、以前から、財界総理とか財界帝王とか言われた、剛毅な表面と、

和歌をたしなみ、その愛妻に対する純情をつらぬいたという生涯に興味を持っていて、

何冊か、本を積読(つんどく)していた人物、です。

今回のタイ訪問にあったて、ふとそのうちの一冊を、カバンに入れてきました。


その本を、彼女とのんびりバンカピ公園でくつろぎながら、読んでみました。


石坂泰三さんは、1886年(明治19年)生まれ、1975年(昭和50年)に89歳で没しました。

公務員から、第一生命に転じ、その社長を8年、その後東芝の社長となり、8年、経団連の第二代会長を、6期12年勤めた、戦前・戦後の大・財界人です。

役人生活は、課長まで勤めますが、部下に不正があり、その責任を問われて戒告を受けるなど、あまり気に入った職ではなかったようです。

第一生命の創始者から、将来の社長候補として、迎え入れられるわけですが、そのとき29歳、です。

第一生命は、その当時業界12,13位で、社員60人の、中小保険会社。

それを、日本生命に次ぐ、堂々の業界2位の会社にまで、育て上げるのですが、

創業者の社長とは、バラ色の日々だけではなく、

石坂さんが力をつけるにつけ、多くの確執があった、ようです。


戦後、公職追放の仮指定をうける立場となり、第一生命の社長を辞任しますが、

オーナーの創業者からは、退職金も、報奨金もなく、裸同然で追い出されるような、境遇を味わいます。

そのとき、すでに61歳、です。


そして、翌年、戦後を代表する大争議中の東芝に、請われて入社に、みごとにその大争議を平定してしまいます。

(戦後、共産主義、労働組合が、もっとも強大な力を持っていた時代だったそうで、現代からは想像すること難しい状況、です)

それから、石坂泰三の財界人としての、華々しい生涯が始まるのですが、

62歳から、89歳で没するまで、約30年。

高年齢からの、この活躍ぶりに、目を瞠ります。


現代は、ますます寿命も延びて、高年齢者があふれていますが、(そして、身体的には元気なはずですが)、このような活躍をする人が、少なくなってきているようです。

政・財・学界など、若返りは、良いことなのでしょうが、人間の成長は、限度が無いという立場に立つとすると、どうでしょうか。

もっともっと、石坂泰三のように、長い人生をかけて、大人物になる人が増え、日本人の灯火になって欲しい、と思うのですが。


石坂泰三さんは、幼少の頃は、大学、論語、中庸、孟子などの中国古典を両親から叩き込まれ、

長じて、シェークスピア、テニスン、エマーソン、カーライル、バイロン、などを英語で、

ゲーテ、シラーをドイツ語で親しみ、

同時に、国語で古事記、日本書紀、万葉集、徒然草、古今集などを学んでいます。

好きな西洋の古典は、晩年になって、暗記して諳んじるほどです。


そして、彼はクリスチャンで、学生時代は内村鑑三の聖書研究会の熱心なメンバーであったそうです。

(最期の床に会って、洗礼を受けて、神の子になり、他界)

このように、和漢、西洋の、古典や知恵を、深く身につけ、

こころは純情、「老いて夢見るロマン」を抱き続ける人生は、

80年や90年では、短すぎるのではないでしょうか。


最後に、僕が惹かれる、その「純情」な面を。

第一生命に転進する2年前の、1913年、27歳のときに、雪子さんと結婚しています。

親が気に入り、決めた相手で、結婚式当日が初めての出会い、そして一目ぼれ、したそうです。

東芝の社長を勤め上げ、いよいよ経団連会長になろうという3ヶ月前に、雪子夫人を、病で失ってしまいます。

その後、20年を、雪子夫人を想い続けて、一生を終えるのですが、冒頭の歌は、その代表作。



夢なれど逢ふはうれしわが妻は

      いそがしそうにはたらきいたり


あの世をばこの世のごとく思ひつつ

      われなすことあしきにあらず




今からでも、遅くは無い、

1センチでも、このような人生に、にじり寄りたい、

と想ってみました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

バンカピに住んでいれば、黄色服や赤服のデモには、ほとんど関係ないと思っていたのが、

予告どおりに、今日は、デモが実施されました。

朝9時半のTVで、実行されることを知り、昼ごろにはバンカピを通るだろうと、

見学のために、出かけてきました。

たまには、僕のブログも、即時性のある内容で、埋めたいと思います。

コメントをいただきましたが、中には、バンカピに親近感を持たれているかたが、日本にも居る、ということで、

そんな方には、写真によって、より懐かしく感じ、臨場感も増すかもしれません。


bkkred20100320-1
バンカピ交差点に着いたときは、すでにデモ隊がやってきていました。
音楽が鳴り、声援の中を、国旗が通り過ぎて行きます。


bkkred20100320-2
かたまって来ると、なかなかの迫力です。
道路わきの群集に、手を振って応えながらの、行進です。


bkkred20100320-3
バンカピ交差点から移って、ロータスの前です。
大群衆、です。
交差点で、信号が停止状態になるので、ラットプラオ通りの片側はがら空き。
ひどく渋滞していることを語っています。


bkkred20100320-4
歩道橋の上から見た様子。


bkkred20100320-5
大群衆が、切れません。


bkkred20100320-6
歩道橋の上も、声援するひとで鈴なりです。


bkkred20100320-8
ラットプラオ通りを見渡す先まで、赤色が続いています。
全隊が通過するまで、2時間ほどかかったのではないでしょうか。
ひとつの、大きな、示威行動としては、成功したのではないでしょうか。


TV解説者のひとりが言っていたそうですが、

タクシンがどうの、こうの、と言うのではなく、

何も変革できない現政権を降ろし、総選挙の実施を求める示威行動なのだ、

と理解することが肝心だ、と。


僕は、特にタクシンさんが好きなわけでは、ないのです。

弥生さんから、次のようなコメントをいただきました。

「管理人さんが好きなタクシンですが、口では「民主主義実現のための」闘いと言ってますが、タクシンは民主主義とは無縁の、専制・独裁政治家です。タイの王様になりたがっている人物です。

30バーツ医療など、貧困階層へのばら撒き政治で票を買い集め、権力を握るや国家資産の略奪に走る人物に過ぎません。
日本の小沢と同じで、選挙戦略は巧みですが、国家・国民のことなど歯牙にもかけない人物です。

タイ北部・東北部の貧困階層には人気があっても、教育を受けたバンコクの中産階層には全く人気がありません。 」


こういう意見は、耳にタコが出来るほど、目にやにがたまるほど、聞いたり、読んだりしています。

ある意味で、紋切り型なので、一方の主張者側が作ったステレオ・タイプの意見だろうと、あやしんでいます。

とくに、最後の文章の、タイ北部・東北部の貧困階層には人気があっても・・・というくだりは、信ずるに足りません。

なにを、言っているのだか。

タイ北部・東北部にも教育を受けた人間は多いだろうし、バンコクにも貧困層は存在します。


僕の、知っているゴルフ仲間のタイ人は、大きく言えば、二派に分かれます。

どちらも、週に、2度も3度もゴルフを楽しめる身分ですから、タイ人としては、成功している人たち、少なくても中産階層以上のひとたちだと、思います。

二派、とは、銀行OBグループと、オーナー事業家のグループです。

銀行OBグループは、わかりませんが、オーナー事業家のグループには、タクシンを指示する人が少なくありません。

専制的な官僚主義が、嫌いなのです。

とても、分りやすい、理由です。


善意の顔をして悪事を働くやからより(民主をうたいながら、守旧派で、既存の権力層を守ろうとするグループ)、

悪物顔で、悪事を働く方が(その悪事とは、守旧派にとっての都合の悪いこと、という場合が多いのでしょう)、

可愛げがあります。


とくかく、タイが変化の渦中にあること、これは支持していきたいと思います。


ロングステイしているだけだから、何も起こらない方が良い、

という考えは、

持っていないのです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

大使館からの緊急一斉メールで、明日20日のUDDのデモ行進の予定が知らされてきました。

【デモ行進経路】
ヨマラート交差点~ペッブリー通り~アソーク交差点~ラチャダーピセーク通り~
ラップラオ通り~バンカピ交差点~ラムカムヘン通り~ラーマ9世交差点~
クロンタン交差点~プラカノン交差点~ラーマ4世通り~シーロム通り~チャルンクルン通り~
ヤワラート・ロータリー~パフラット地区~ラチャダムヌン通り~パンファー橋交差点

バンカピを通るのは、お昼過ぎになると思うので、ひとつ見学に行こうかな、と。

bkk20100317
これは、17日に、伊勢丹前の通りをデモ行進する赤服隊の写真です。
これより、はるかに大きなデモ隊になりそうですね。
デモ隊が通るときは、道路が占有されてしまいますから、
明日は、あちこちで渋滞となるのでしょうか。


こんな騒動は、もう止めて欲しい、という人が多いと思いますが、

僕は、まだまだ、守旧派と革新派との戦いは、続くと思いますし、

続かなければ、タイの、真の発展は無いと思っている人間なので、

結構な興味を持って、見続けています。

悪名高く、祭り上げられてしまっているタクシンさんですが、

彼を信奉する人たちが、僕のまわりのタイ人の中に、少なからずいます。

僕が、彼らから、タクシン擁護の理由を聞いた中で、端的に分りやすいのは、

彼が首相の時代は、役人がサービス精神をもって国民に接していたけれど、

失脚させられてから、また、横柄で、ワイロを公然と要求する役人どもの世界に立ち返ってしまった、

という話、があります。


また、B2Eという、かなり大きな本屋さんを、最近覗いたときに、

タクシンさんに関する本が、おどろく程多く、棚を飾っており、

根強い人気を物語ってにるようでした。


今日は、バンカピ公園に行って、2時間ほど、過ごしてきました。

週日の、午後3時頃なので、人は少なく、

気持ちの良い風が、おだやか吹いているなかで、寝転んでいると、

つかの間の(でしょうが・・・でしょうか)幸せを、感じます。



bkk20100319-1
この道をまっすぐ行って、10分ほどで、公園です。
めちゃ、田舎のソイに見えますね。
昨夜は、木曜日のナイト・マーケットで賑わいがありましたが・・・。


bkk20100319-2
犬たちと、木陰を争って、良い場所を確保できました。
この写真でも、それぞれの木陰に、一匹づつ。。。


実は、この公園で、寝転びながら読んだ、石坂泰三という人について書こうと思ったのですが、

時間がなくなりました。

またに、します。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


バンコクに13日に戻って、すでに5日が経ちました。

ひさしぶりのブログの更新ですが、

実は、今回の訪タイには、息子が同伴して、着いてきました。

彼は、初めてのタイランドで、長くは仕事を休めないということで、3泊4日の、短い旅行です。

ところが、ご存知の通り、UDDのデモ騒動で、バンコクを訪問するには、最悪の時です。

しかし、リスケジュールするのも難しく、2ヶ月前に決めた計画を決行しました。



1日目(13日)は、4時にスワンナプーム空港に到着した日で、

身近のザ・モール・バンカピで、食事をし、帰りにタイ式マッサージ。

2日目(14日)は、バンコク市内の有名なお寺を見学したあと、チャオオウラヤー川のディナー・クルーズを楽しもう、との計画だったのですが、

UDDのデモが本格化する日だから、都心は危ない、

バンカピの付近をブラブラスルにとどめておきなさい、

というタクシー運転手のサングさんからのアドバイスです。

実は、それでその当初の予定をあきらめていたのですが、

朝起きてみると、サン・セーブ・ボートは、いつものように動いています。。。

デモがあって、危険かもしれないけれど、どうする?

と息子に聞くと、

都心に行こう、デモがあったら、見てみたいよ、と言います。


bkk20100314
ボート(サン・セーブ水上バス)に乗ると、なんとドヤドヤと赤福グループが乗り込んでくるではありませんか。
歌など歌いながら、陽気に、はしゃいでいます。
都心でのデモに参加する人たちでした。
和気あいあいなので、これから参加するデモも、殺気だったものには、成りそうもありません。
ちょっと、ホッとしました。

ボート・バスで、プラトゥナムに行き、伊勢丹に出ると、ガードマンの警備のもと、まぁ、通常通り、オープンしています。

それじゃ、ルンピニ公園を見せようと、タクシーで行きますと、そこも普段どおりの風景です。

ここまで、普段通りなら、宮城付近も大丈夫だろう、

もしタクシーの運転手が安全だ、というなら、行ってみよう、という気になりました。

最初に来たタクシーの運転手が、問題ないよ、と平気な声でいいます。

それで、なんのことはない、最初の計画通り、

ワット・プラケオ、ワット・ポー、ワット・アルンの、3大名所を訪問できたのでした。

途中、拠点に結集するための赤服グループに会いましたが、

タクシーの運転手は、何があっても、外国人には危害が及ばないように、という強いガイドが出ているので、大丈夫だよ、と言っていました。

3日目(15日)は、アユタヤに行くので、

なんとかバンコク市内の有名なお寺を見ておくことができて、

良かった。


そのアユタヤ旅行は、

例のタクシー、サングさんを頼んででかけました。

ただ、猛烈な暑さに、息子が息も絶え絶えになって、象さんに乗る気力も失うほどだったのが、

すこし残念でした。

(ちなみに、僕も、乗ったもとはありませんが・・・)

このアユタヤ・タクシー旅行には、おまけが付いていました。

またもや、サングさんの車が故障したのです。

こんどは、ファン・ベルトが切れてしまった・・・。

後ろの座席まで冷やすために、ファンを最大に回したから?

このために、あるお寺で1時間以上も、待つはめに。

今回、頼む前に、今は車の調子はいいんだろうね、と確認し、

検査したばかりだから安心、と聞いていたのに。

もう、新しい車に、買い換える時期じゃないの?

というと、ちょっとむっとしてか、返事はありませんでした。

次に頼むことは、ないかもしれません。



最後の日は、帰りの飛行機が23時発のJALだったので、

バンコク市内を、タクシーであちこち回って、買い物やらで時間を過ごし、

無事に送り返すことが出来て、ホッしました。


また、タイに来たい、と言うかどうか、

わかりません。

でも、良い経験だったよ、

と帰っていきました。

もちろん、僕が親しくしている女性友達にも、会いました。

僕の生活ぶりを、見てみたかった、

だけなのかも、

知れません。


おお、こわ。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

それが、明日から、始まります。

第2章の3、ではなく、第3章、と呼べる、違いのある生活にしたい、と思っています。

今日は、銀行に行き現金をおろし、郵便局に行き不在届けを出し、また買い物をして、一日が過ぎました。

不在届けで、局留めは30日間のみ、なのですが、

これを例外的に、3カ月以上保管してくれるように頼んで、今回もOK。

いま、旅行支度で、大忙し、です。

第3章は、ゴルフと、読書と、旅行と、バランスのとれたタイ生活を、楽しみたいと思っています。


今日は、たくさん、コメントの返信をしていたら、時間が無くなってしまいました。

明日は、朝早くの出発なので、ブログはここまで。

では、

いざ、

出陣!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

というタイトルの記事が、

浅田真央が、キム・ユナに負けた後、ある週刊誌に、載りました。

ビジネスの分野では、あのサムソンに日本の電気産業は、置いていかれて、

今、スポーツでは、キム・ヨナが、圧倒的な強さで、浅田選手を放り捨てた、

というわけです。

僕としては、もう10年くらい前に、世界柔道連盟会長戦で、日本からではなく、

韓国から、会長が選出された時から、

韓国の国際舞台での強さに、気が付きはじめていました。

ちょうど、パク・セリが全米女子オープンで、あっさり優勝してしまったのも、

このころです。

あの岡本綾子が、米国で、賞金王になり、16勝していても、ついにメジャー・タイトルは、

一つも取れなかった、のに、です。

その後、韓国でゴルフの一大ブームが起こり、今では、韓国女子プロが世界中のゴルフ界を、席捲しています。

(今年、日本女子プロ・トーナメントに、韓国プロが大挙してやってきます。ほとんどの大会をかっさらってしまうのではないでしょうか。。。もう、初戦で、持っていかれました・・・)

彼女たちの、米国での成功は、とにかく家族ぐるみで、取り組む姿勢があるから、だと。

両親が、選手とともに、移住してしまう。

それほどに、世界の舞台にかける、のです。

そして、今の国連の事務総長は、また韓国人。


3年ほど前、最初にロングステイ先を思案していた時、フィリピンの事を調べていました。

マニラは怪しげなので、セブ島はどうか、マニラより、きれいで安全、と謳われていました。

そして、そこでは教育事業も盛んだと。。。

一つは、医療関係ですが、もう一つが語学。

英語学校が、沢山、ある、とか。

特にアジアの国で、米国やイギリスに留学できるほd、ふところが豊かでない、

アジアからの生徒が、どっと押し寄せている。

インターネットで、日本人の、セブ語学研修の経験談を読んでみると、

僕が期待した、日本からの生徒は多くはなく、圧倒的に韓国人だ、ということでした。

そのあと、すぐに、NHKで韓国の、加熱する子どもへの教育投資、という番組があり、

韓国からフィリピンへ、電話で英語レッスンを受けることが、流行してるというニュースがあり、

記憶に残っています。


これは、日本人はかなわん、なぁ。。。とその時、感じました。


韓国人の、強靱さ、ということを考えなければ、ならない。

半島国家で、常に大国からの侵略に備えなければならないという、地理的特徴があります。

強くなるために、内にこもるか、外に出ていくか。

彼らは、辛抱強く、合理的でもあります。

韓国の国花を知っていますか?

日本の国花と言えば、桜、でしょうが、

花盛りは華麗で見事ですが、一夜の嵐で散り急ぎます。

韓国の国花は、木槿(むくげ)だそうです。

むくげは、淡い色の花をつけ、しぼんでもまた咲き、夏から秋にかけて咲きつづけて絶えない。

しかも、枝は繊維が多く、折ろうとしても折れない、そうです。


もうひとつ、別の観点から。

日本には、「芸」、とか「道」というものを、大事にする心があります。

何事においても、スポーツであれ、事業であれ、至高の技を芸とし、それへ至る鍛錬の道程を道、としてあがめます。


山本七平さんが、「日本はなぜ敗れるのか」という本のなかで、その一つ理由として、芸を尊重する、日本人の精神にある、としていました。


浅田真央とキム・ヨナとの、オリンピックの戦いも、これが当てはまるのでは、ないでしょうか。

キム・ヨナは、合理的です。

現行の採点方法を吟味し、それに沿った自分の滑りを、決定します。

オリンピックは、芸、をあらそうのではなく、金メダルを争うのだ、からです。

彼女は、3回転半のジャンプは出来ません。

浅田真央は、別格だと、キム・ヨナは言っています。

彼女は、女子スケーターとして、技・芸としては現在、世界の頂点であろう、3回転半ジャンプ(トリプル・アクセル)を、あっさり、あきらめてしまいます。

金メダルを取るために、それは必要ない、からです。

そして、一つひとつの、こなれた小技の達成度をさらに高めて、全体として、華麗で完璧なフィギアを見せようとします。

一方の浅田真央は、自分の追い求めている、現在可能な、至高の技・芸をみせて、勝つ、ことにこだわり続けます。

そして、その技は、見事にオリンピックで達成されるわけですが(試みた全て、3回のトリプル・アクセスの成功)、

金メダルは、胸にかかっていません。

その精神は、みごとで、美しかったのですが、採点方式を軽視した結果、散ってしまったのです。


僕は、そんな浅田真央の方が、好きです。

多くの日本人が、そう、なのではないでしょうか。

口に出しては言わないけれど、至高の芸を求める、彼女の精神が、好きなのです。

そして、それは、国際戦においては、容易に、敗れ去る、ことを意味しています。

それでも、良いではないか。

と思ってしまいます。

僕も、芸を求めるこころが、わかるからです。

そして、

日本人は、咲く時よりも、

散る時の方を、

愛しているから、

かもしれません。

勝たなくても、

いいじゃない。

かと。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

今日は、時間があったので、僕が投資信託を買った銀行主催の、運用報告セミナーに行ってきました。

3年前に、投資信託を始め、その2ヶ月後に、アメリカのサブ・プライムローン問題が起こり、

あれよあれよと言う間に、僕の投資は、3分の1にまで、基準価額が落ち込み、

リタイヤメント後の、行動計画に非常な影響を与えたのでした。

東京三菱銀行と、千葉銀行、ふたつの銀行で、いろいろなタイプに分散投資したのですが、

サブ・プライムの問題は、あらゆる分野に影響を及ぼしたので、分散投資の意味もなにもありません。


思えば、僕が最初に投資を始めようと考えたのは、10年ほど前、

早期退職を視野に入れ始めたころで、退職後の行動の一つとして、インターネットをいろいろ使い込みたい、と考えて、その一つとして、ネット証券会社を利用した、株式投資を、まず考えたのです。

その頃は、不動産バブルから回復しかけていて、その牽引力として、

後から言えば、いわゆるITバブルの、絶頂期でした。

株価は右肩あがりで、(はっきり覚えていませんが)2万円を越えていたのではないでしょうか?

チカン問題で、消えてしまったけれど、当時マスコミで大人気のあった、慶応の経済教授の植草秀一などは、

年末株価5万円、などと予測していた時代です。(提灯記事でしょう、バッカみたい!)


僕は、2つのIT系の会社の株を、買いました。

40代で離婚し、養育費などの子どもにかかる費用も、僕が50歳になるころは殆ど終わっていたので、

サラリーは銀行に溜まり、現金がザクザクあったのです。(あはは、まぁ、こう言ってみたかった、だけ)

その現金の半分以上を、株に注ぎこみました。

多くの人が、経験したことがあるでしょうが、

僕の場合、買った翌日は、10万円、その次の日は、15万円と値上がりし、

なんだ、もうこれで左うちわだ、

ラッキー、

とほくそ笑んだ、ものでした。

が、上がったのは、この二日だけで、翌週には、あのITバブルがハジケテしまったのです。

僕の持っていた株は、20%ほどの価値まで、下落。

もう、株はやるまい、と誓ったほどです。


しかし、こんどは、早期定年退職後に、また危険がやってきました。

銀行にまた現金が、早期退職のプレミアム金とかを含めて、鈴鳴りに、溜まってきたのです。

(あはは、まぁ、またまた、ただ、たこう言ってみたいでけです。。。)

それで、今度は慎重に、株は止めて、中長期に考えればもっと安全だといわれる、投資信託に決めたのです。

投資の分散、ということを実行したつもり、でした。

僕が、買ったのは、3月から5月にかけて、二つの銀行へ行き、いろいろアドバイスを受けながら、

慎重に、4種類のファンドに投資しました。

ところが、ご存じのとおり、その年の7月に、サブ・プライム問題が、突然降ってきたのです!

なんということか!

僕は、とことん、投資には見放されているようです。

現在、基準価額は、トータルすると、35%くらいに下落してしまっています。

あれほど、豪語していた、現金が、かすかすに、なってしまいました。


リタイアメント後の行動として、ロングステイしなければ、と真剣に考えだしたのは、このころからです。

株と投資信託で、成果を上げていれば、

ロングステイ先も、ハワイとかオーストラリアとかだったでしょうが、

それからは、フィリピンとか、マレーシアなどを考え始めたのです。

まぁ、それがあって、今の自分があるとおり、タイに巡り合えたのですから、

それで良かった、という風に、今は思っているのですが・・・。


そういう背景があっての、今日の投資セミナーへの参加でした。

サブ・プライム問題が発覚したのが2007年7月、

巡り巡ってその影響が、アメリカ第3位のリーマン・ブラザーズ証券会社の倒産ショックが起きたのが、

2008年9月。

世界経済の中心、不況時の頼みの綱、アメリカが倒れたのです。

その後は、100年に一度の、世界同時大不況、と言われる状況に、突入です。

ひどく、暗いニュースばっかり続く日々でした。

ところが、今現在、まだまだ景気が良くなった、という発言はしないまでも、

もう誰も、百年に一度の大不況、とは言わなくなりました。

昨年、2009年の3月を底値に、株価・投資信託が、ゆるやかながら、右肩上がりに転換したのです。

これは、世界の主要国家が、各々の国で最大規模の、財政金融政策を実施し、その足並みがそろったのが、2009年3月だった、ということでした。

アメリカ政策金利が0.25%(上限0.25%ということで、実際には0%だそうです)、

日本は0.1%、

英国は0.5%、

ユーロ圏は1.0%、

お金がじゃんじゃん市場に出回って、その他の経済政策も後押しした、ということです。

この時、景気の回復の牽引者として、期待されたのは、BRICsの新興国で、中でも、中国です。

中には、中国に、その力はない、という見方をする人が多かったと言います。

中国は、世界の工場だけれども、その製品を買ってくれるのはアメリカ。

そのアメリカが倒れているのだから、中国も追って、成長は止まってしまうだろう、と。

ところが、中国は、見事にその役割を果たした、ようです。

アメリカの金利が下がる、機関投資家がドルを借りる、そして中国にと投資する、

その中国で、世界の工場の役割のみならず、消費も盛んに行われた、ということです。

また、中国の製品を購入する国が、アメリカ以外にも、どんどん増えている、ということでしょうか。

2010年のGDPの伸びも、中国は8%以上で、主要国の中で、ダントツです。

アメリカは3%、日本は1%です。

先日、ラジオで、中国の工業生産高が、ついに日本を抜いて、世界2位になった、と言っていました。

(ただし、一人当たりでは、中国が800ドルくらい、日本が7000ドルくらい、とか。

ちなみに、韓国は一人当たり7000ドルくらい、だと思います)

ついに、中国が、本物の、押しも押されぬ、経済大国になったんだなぁ、と。

セミナーは、最後に、世界同時景気拡大、というシナリオも、

可能性のあることだと、夢を語って、くれました。

僕としては、塩漬けになっている、株と投資信託価格が、ゆるゆると上がってくれれば、

うれしい限りです。



一方、

日本が、中国に、

そして、次は韓国に、

ひざまずく日が、

近い将来、

やってくるのでしょうか。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

今日、確定申告を、税務署に提出してきました。

計算をして、下書きに書いて、いちど正式な申請書を書いたのですが、

計算間違いに気がついて、申請用紙をもらい直して、やっと提出しました。

年金が支給される時、自動的に税金が源泉徴収されるので、青色申告をして、

還付されるかどうか、分かります。

還付されるならば、少しでも申請しておいた方が、良いのです。

還付されるのは、収めた「所得税」ですが、

還付されるということは、課税所得が、少なくなる、ということで、

この課税所得が、住民税や、国民健康保険料などに影響してきますので。

正確ではないかもしれませんが、今の感覚では、

所得税が30万円だとすると、住民税も30万円、国保は15万円、

ということになりそうです。

年金生活者には、あまり税金かけないで、と切に願っているものですから、

この金額を、出来るだけ最少化させたい、

それで、毎年、確定申告をしています。


これで、今回帰国の最大の目的が、実行し終えたので、ほっと、しています。

あと4日で、バンコクに戻ります。


日本に戻って、離れてみると、

どうにも気になる、

思いが馳せる、

女性がいます。

メールと、メッセンジャーでチャットを、毎日、続けています。

バンコクに戻ったら、いの一番に、会いたいなぁ、と思わせる、

女性です。

楽しみ・・・。



税務署に行く、車のなかで、ラジオを聴いていると、テリー伊藤の番組で、

愛子さまの不登校問題を話していました。

皇太子さまが、アフリカ訪問中のことで、大変だなぁ、と思っています。

テリー伊藤は、学校に行けない愛子さまに対して、激励のつもりなのでしょう、

小学校を一般の子どもたちと楽しんで過ごして欲しい、それは将来、自分の宝になる日々だから、がんばってほしい、というようなことをベラベラしゃべっていました。

僕は、不登校せざるを得ないほど、傷ついてしまっているのなら、無理して学校に行かなくて良い、という考えです。

そもそも、不登校になる、学校や職場に不適応になる、ということは、異常なことではない、と思うのです。

「不適応・能力」という考え方があります。不適応力です。

自分が異常なのではなく、外部の方が異常だった場合(学校側や、友達や、会社や、上司、など)、それに不適応になるのは、正常なのです。

愛子さまも、なにか外部が異常だ、ということを検知されて、警鐘を発しているのかもしれない。

この時代、学習院といえども、異常分子が発生しているかもしれないことは、容易に想像できます。

とにかく、今必要なのは、事実をよく分りもしないで、浅薄な意見をあれこれ、言わないことです。

愛子さまも、ごく幼少のころの天真爛漫さ、あの天使のような笑顔が見られなくなって、久しいですね。

もちろん、雅子妃の影響をもろに受けているのだと思います。

その雅子妃ですら、いまの皇室に在り方の異常さに、警鐘を発する意味で、不適応症を患っておられるのかもしれないのです。

いずれにしろ、僕は男性ですから、

皇太子さまの、大変さが、身に沁みて、思いやられます。

「僕は、一生、あなたを守ります」

という言葉を実現するのに、幾多の試練が、これでもかとばかりに、続きます。

ふんばっている皇太子さまは、

立派、です。


温かく、見つめて、

応援してます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


日本は、この週末から来週にかけて、雨と寒さが続く1週間となる天気予報です。

今日、土曜日は、お昼ころは12℃でしたが、午後からさらに気温はさがり、10℃だそうです。

10℃は2月半ばの平均気温。

3月から4月でも、日本は、15℃くらいなんですね。

寒い、と感じてしまいます。

あと1週間で、バンコクに戻ります。

かの地では、35℃とか。

10℃と35℃、どちらが良いか・・・。

人それぞれですから、人の思いを聞いてもしょうがありません。

10℃と35℃、どちらが生活費がかかるか、

という単純な、しようと思えば数値で比較できる側面で、見てみることは可能でしょう。

それを、どう判断するかは、各々の好み。

10℃の日本と35℃のタイでは、タイでの生活費は日本の2分の1、です。

だから、タイに帰ることが嬉しい。

生活費2分の1から、さまざまなゆとりが生まれます。

それを楽しみます。


ところで、果物、です。

今日、家の近くのスーパー、「主婦の店」に行きました。

jpnmango2010
タイ産のマンゴーです。
一個づつ、きれいに包装されて、大切そうに売られています。
マンゴーですが、1個298円(約100バーツ)。
お店の中にある、他の果物と比べると、安さが目立ちます。
バンコクから、僕は2つ、マンゴーを持ってきました。
街のマーケットで1個、30バーツで、高いな、と感じましたが、換算すれば、90円です。
まぁ、味のほどは、値段によって開きがあるので、単純な比較は難しいでしょうが、手軽に入るマンゴー同士の比較にはなるでしょう。

jpnapple2010
こちらは、日本産のリンゴです。
片手に余る、大きな、甘いりんごで、6個で298円。
1個、約50円。
タイでこの手のリンゴを買えば、めちゃ高いです。
しかし、タイ産マンゴー1個と、日本産リンゴ6個を、比較すれば、これは(日本国内ですから)日本のリンゴに軍配があがりそうです。


この間、TVを見て、老老介護について、考えさせられました。

超高齢化社会になり、親が80歳、90歳、いや100歳、と生きていくと、

子どもは、60歳、70歳になっても、自分が介護される老人ではなく、まだまだ介護する側の子どもです。

しかし、人間は高齢化するほど、暦年齢と実年齢(実際の体力・知力・気力)との違いに、個人差が大きくなるもので、

親子が逆転、とまではいかずとも、

親も子も、大差がない、くらいの関係になることも多いと思います。

これは、なんだか、無理があるなぁ、と感じます。

肉親家族は、関係が親密なるが故に、より無理を押しとおす考えになりがちで、

親の面倒をみることやその介護に、さまざまな葛藤をうみだします。


だから、親は、こどもから自立しないと、いけない、そう感じます。

吉武輝子さんの、「老いては子に逆らう」(講談社アルファ文庫)を読んでみました。

吉武さんは、老親と老子の関係を、ご自分の実際の親子関係をもとに考え、アイデアを提供してくれています。

(老子、というのは、あの「荘子・老子」の方ではなく、誰でもなれる、老いた子ども、という意味です)

子どもからすると、「老親の看かた、自分の老い方」ということでしょうし、

親からすると、「老いて、老いた子とつきあう」、ということでしょうか。

核家族から、人生80年時代、人生90年時代の家族つくりへと変わらなければならない。

核家族から発する、「幸せな老後イコール親孝行なこども」という考えは、時代の現実にそぐわない、

間違っている。

新しい時代の家族は、男も女も、自分の口は自分で養う、身の回りのことは自分でする、孤独は自分で引き受ける。

ひとりで生きられる者同士が助け合って生きる、個人の集合体でなければならない、と。

親世代から子世代への最高の贈り物は、親の自立である、と説きます。

そして、自立を志せば志すほど、実は有形・無形の他人の支えが必要になる、ということも指摘しています。

だから、「老いては子に逆らえ」(自立)、と同時に、

「老いては他人と交われ」(やわらかな依存)、というのです。

血縁でない家族とか、複合家族、という発想がここから出てきます。


老いても自立を説いているのですが、

この本では、老いへの恐れをなくしてくれる人、として画家の三岸節子さんを紹介しています。

梅原猛さんの評伝もある、有名な「炎の」、「花の」、94歳で他界するまで絵筆をとり、進化し続けた女流画家です。

これが、最晩年の作品、「さいたさいたさくらがさいた」です。

sakurasakura
1998年、93歳の、100号の大作。
「もう歩くことも出来なかった節子が命を燃やして描いた、満開の老木が泣き叫ぶような烈しい桜」とう評があります。


生きて、描いて、愛した。
もっと画像を見たいひとは、クリックしてください。

吉武さんのことば。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

三岸節子の絵を見ていると、人間というものは生きてる限り限界のないことを見事に実証している。

努力とか、精進というものが、いかに人間が内在させている可能性を、無限大に開花させる力をもっているかを体感させてくれる。

努力して培ったもので勝負することができるようになった人生80年時代の到来が、実に悦ばしく思えるのである。

本当にぐんぐんと画家としてうまみを増していく。

五十歳よりも六十歳、

六十歳よりも七十歳、

七十歳よりも八十歳のほうが、はるかにはるかにうまくなっている。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


そして、生涯現役、よりも、新しいことに挑戦する新鮮な心を失わない、生涯新人、ということでこの本がしめくくられます。


僕も、これからのことを思うと、まだまだ、たくさん、あるなぁ、と感じ入りました。

なんとなく、

励まされる、

一日でした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

オリジナルかどうか分かりませんが、

「ひまわり生活」・・・温暖な気候を求めて渡り歩く、

「ひまわりゴルファー」・・・太陽を追って外国を住み歩く、

という言葉を、大橋巨泉さんが、自分の生活スタイルとして謳っています。

ご存じの方も多いかと思いますが、

彼はバンクーバー、オークランド(ニュージー・ランド)、ゴールド・コースト(オーストラリア)に、

おみやげ店OKギフト(OKは大橋巨泉の頭文字なんでしょうね)という会社と、

それぞれに住まいを持ち、

日本は、千葉の東金に居を構えて、文字通り、ひまわり生活を送って20年近くなります。

世に言うロングステイヤーという言葉が生まれる前から、実践していたことになるのでしょう。

一時はハワイに住まいを持ったこともあるようですが、アメリカはあまり気に入らなかったようで、すぐにやめてしまったようです。

外国の3ヶ国の中では、どうやらニュージーランドが一番のお気に入りの様子で、永住権もとっています。

(ニュージーランドの永住権をとるには、彼の年齢の場合、45歳以上は「投資移民」しかないそうで、7500万円を2年間投資する必要があるという・・・まぁ、普通のサラリーマンでは無理でしょう。

ただ、観光ビザではなく、「居住ビザ」で、ロングステイは十分だろうと思いますが)

ニュージーランドの素晴らしい点を、たくさんあげています。

その格安快適生活はは、こうです。

とくかく、ニュージーランド人の生活はつましい、と言います。

豪華レストランというものがない(旅行者相手の中心地の何軒かをのぞいて)。

気軽なカフェ・バー的なものが中心で、圧倒的にBYO(Bring Your Ownというのでしょうか、自分でアルコールを持ち込める)が多いし、手数料を2ドル(100円)払うだけ。

チップはない。

一流のゴルフ場にもダイニング・ルームなんてない。

パブリック・ゴルフ場は1ラウンド20ドル(1000円)前後。

キャディーはいないし、電動カートもほとんどない。かつぐか、プルカートで引っぱるだけ。

高級リゾートなどまったくない。

たくさんの半島や小さな島に恵まれているこの国は、無数の美しいビーチがあるが、あってもモーテル、キャンプ場があれば良い方。

学校も家庭の電話も、高速道路もすべて無料。

物価、特に生活必需品、なかでも食料がめちゃ安い。

スーパーで買い物すると、日本の5分の1。

何と言ってっも、魚がおいしい。


聞いていると、オーストラリアより、(タイより?)、はるかに住みやすそう、です。

今まで、ニュージーランドのことを考えたこともありましたが、こういう印象は持っていませんでした。

上のゴルフに関しては、僕の望むプレー・スタイルにぴったり、です。

ゴルフ場に練習場はあっても、貸しボールなんてないので、自分のボールを持っていき、自分で打って、自分でひろってくるのだそうです。

もちろん、只です。


大橋巨泉さんが、セミリタイアし、外国で暮らすことを何故、決意したか。

彼は、この国の政治のもとでは、とても老後を安心して暮らせない、と思った。

豊かな長寿社会とか、高齢者福祉、とか国が成長していた時は、与野党とわず謳っていたけれども、

それが美辞麗句だと見抜いていた。

(実際、かれが予想したとおり、年金は減る、医療費の自己負担はあがる、後期高齢者制度などを作ったり、と高齢者イジメ政策が当たり前になってしまっています)

それなら、自分のことは自分でやる、しかない、それで20年前から計画し、着実に実行してきたのだ、と言います。


彼ほどの「ひまわり生活」は、彼ほどの財力がなければ出来ないでしょうが、

その考えに同調し、可能な、海外格安快適生活をめざす「年金で巨泉する会」というグループがあるとか・・・。


僕も、タイばかりが選択肢ではないのかな、と感じました。

韓国のテーチング・プロのジェームズは、タイを拠点にして、ベトナムとかラオスに出かけるのが面白いよ、

と勧めてくれています。

ニュージーランドにも、行ってみたい気になってきました。


まだまだ、時間は、たっぷりあります。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


ウチャラポーンさんから、コメントで、日本を満喫してますか?とありました。

お陰さまで、満喫しています。

今回の帰国は、前回と違って、いろいろしなければいけないことが沢山はないので、ゆったりです。

中でも大事な「確定申告」の準備も80%終わったので、ますますのんびりできます。


また、今回は、庭の荒れようも前回ほどではなく、手入れも簡単に済みそうです。

2010ume1
25日に帰ってきたときは、全然咲いていなかった庭の梅ですが、今、満開。
手入れが良くないので、横に広がらずに、上へ上へと伸びすぎています。

2010ume2
しかし、見惚れるほどの美しさです。
梅の実がなるころは、タイなので、また手入れができません。
ゴメン。

2010boke1
ちいさなボケの花です。
水仙も。
ほったらかしの庭ですが、今からは、どこかで何かが咲いている季節となりました。



日本を満喫する、といっても、たいした欲もない僕は、ホント、お風呂に長湯することとか、お蕎麦を(冬であればなおさら)をおかずに日本酒をいただく、とかで満足してしまいます。

そして、僕の今の趣味としては、読書とゴルフと(タイでの婚活)なので、そのうちで日本で心置きなく楽しめるのは、読書です。

自宅にある蔵書(おっとっと、格好つけすぎ)の中を、かき回して、一番読みたい本を探したり、

書店や古本屋さんに行って、なにか新しい本を買ったり・・・して楽しんでいるわけです。


本と言えば、まじめな本から、実に取るに足らない本まで、買ってしまいます。

たとえば、「失敗は顔だけで十分です」、という綾小路きみまろさんの本など、つい手にとって、つい買ってしまいます。

その中の傑作数点。

・私には、
 主治医がおりますけれども、
 獣医です。

・世の中は不景気でございます。
 私の友人なんか私と同じ仕事をしていますが、
 夜は、泥棒をやっております。

・ダイアナが亡くなり、
 一人の男として、
 こころに大きな穴が空きました。
 大きな穴と書いて、ダイアナ。

・世間につながれ、
 会社につながれ、
 女房につながれ、
 子どもにつながれ、
 ローンにつながれ、
 最後は点滴につながれる。

・牛乳を飲んでいる人よりも、
 配っている人の方が健康だそうです。

・美容整形外科に行ったんです。
 待合室でなにげなく、上を向いたら、
 額に標語が書いてありました。
 「失敗したっていいじゃないか。
  人間だもん」

・若い頃は、
 恋に落ちた時もありました。
 今は、
 溝に落ちるようになりました。


ほんと、笑ってしまいますが、

身につまされることばかり、です。


この本は、たった15分で読み切り、

ほんの短かな、

お楽しみ、でした。
 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

早期定年退職した55歳のころから、翌朝早く起きる必要がなくなったので、

寝付けない夜や、途中で目覚めてしまった夜など、NHKラジオ深夜便という番組を聴くことが多くありました。

その番組の中で、月の最終土曜日の夜、五木寛之さんが約50分、「わが人生歌語り」として連続の番組を持っていました。

須磨佳津江アナウンサーが、絶妙の聞き手で、毎回、五木さんも意識していなかった想い出や、感情などを掘り起こされ、自然に語りが始まる、という感じで、とても良い番組でした。

いつもいつも聴いてるわけではなかったのですが、ずいぶん前に、五木さんが作家になった後の話しにまでなっていたので、もうとっくにシリーズも終わっているだろう、と思っていました。

なにしろ、このインタビューの本やCDも、すでに出版されていたので・・・。


そして、タイから帰国した先の土曜日、なにげなく深夜便をかけると、それが第59回目、最後の放送だ、という日でした。

1か月に1回、1年で12回ですから、59回というと、5年間です。

まったくの偶然でしたが、最後の放送を聴くことができて、良かった。

と思うと同時に、5年間、というと長いようでいて、実はあっという間なんだ、と改めて痛感しました。

僕が、早期退職してから、もう6年目、ということでもあります。


五木寛之さんの本は、けっこう読んでいるかもしれません。

「他力」ということに、今の著名人のなかで、一番、関心を持っていて、わかりやすく説明してくれる人だと、思います。

彼と生年月日が、まったく同じ人、石原慎太郎さんは、「自力」の人です。

石原さんが太陽(自力)だとすれば、五木さんは月(他力)です。

少女趣味のような表現で、もうしわけありませんが。


僕も、年老いてきて、「他力」ということが、とても気になってきています。

今日、古本屋に行くと、五木寛之さんの「私訳 歎異抄」がありましたので、さっそく買ってきて読みました。

五木さんは、敗戦後の数年間に彼の身の回りに起きた、過酷な出来事(母親の自栽?、父親の精神的な死、も含む、その他)を生涯、背負って生きている人です。

この本の「まえがき」にこうあります。

「他人を蹴落とし、弱者を押しのけて生きのびてきた自分。

敗戦から引き揚げまでの数年間を、私は人間としてではなく生きていた。

その黒い記憶の闇を照らす光として、私は歎異抄と出会ったのだった」


あの有名な段の訳は、こうなっています。(一部、省略しますが・・・)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あるとき、親鸞さまは、こう言われた。

善人ですら救われるのだ。まして悪人が救われぬわけはない。

しかし、世間の人は、・・・・(略)・・・
「あのような悪人でさえも救われて浄土へ往生できるというのなら、善人が極楽往生するのはきまりきっているではないか」
こういうところが、普通一般の考え方だろう。

そのことばは、なにげなく聞いていると、理屈にあっているように思われないこともない。

だが、あらためて阿弥陀仏の深い約束の意味を考えてみると、仏の願いにまったく反していることがわかってくる。


というのは、いわゆる善人、すなわち自分のちからを信じ、自分の善い行いの見返りを疑わないような傲慢な人びとは、阿弥陀仏の救済の対象ではないからだ。

ほかにたよるものがなく、ただひとすじに仏の約束のちから、すなわち他力に身をまかせようという、絶望のどん底からわきでる必死の信心に欠けるからである。

・・・略・・・

あらゆる煩悩にとりかこまれているこの身は、どんな修業によっても生死(しょうじ)の迷いからはなれることはできない。

そのことをあわれに思ってたてられた誓いこそ、すべての悩める衆生を救うという阿弥陀仏の約束なのである。

・・・略・・・

わたしたちは、すべて悪人なのだ。

そう思えば、わが身の悪を自覚し嘆き、他力の光に心から帰依する人びとこそ、仏にまっ先に救われなければならない対象であることがわかってくるだろう。

おのれの悪に気づかぬ傲慢な善人でさえも往生できるのだから、まして悪人は、とあえて言うのは、そのような意味である。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


こんなに善い自分だから、当然救われるだろう、

というのではなく、

こんな愚かな自分でも、救っていただけるのか、

ということから発する信心の強さ。


なが~く生きているほどに、

「こんな愚かな自分」という思いが

なんだか、ますます、

強くなってくるのです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。