きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今月、9月も今日の30日で終わりです。

今月は、11回、ゴルフに行った事になります。

ちょっと、自分のゴルフがスコアの面で向上しているのか見るために、

平均を取ってみました。

月の最高スコアと最悪スコアを除いて、合計スコアを回数で割ると、

84.6、という数字です。

これを約半年前の2月、11回プレーした月でもありますが、

そのときの平均は、89.0、でした。


その先さらに半年前のスコアを計算すれば、多分、90点台前半ではないでしょうか。

こうして、着実に、スコアは良くなっている様子です。


しかし、実際の感覚は、いつもミスばかり多く、

パターはまだ、極意を会得したとは、とうてい思えず、

バンカー・ショットはその時の運まかせで、

ミドル・アイアンも決まりません。

ただし、ドライバーは、飛距離はでないですが、安定して打てるコツを

身につけたと思いますし(フェアウェイ・キープ60-70%)、

フェアウェイ・ウッド(3番&5番)が怖れなく使えるようになった、

という顕著な進歩は感じています。


こうして、少しずつ、うまくなっていっているのか、

ただ単に、回数が(日本でプレーしていたときより)はるかに多いので、

慣れただけなのか・・・。

どちらにしろ、

歩いてプレーして健康の維持・向上には、寄与していると思うので、

回数が多い、ということは、うれしいですね。


さて、ユニコやタノンに一人でプレーしに行くときは、

一人で回ることが、今の時期は多いのですが、

途中で、前後している組と、合同するすることがあります。


先週の金曜日、タノンでは、4番ホールから、

前の組のタイ人3名の組が、一緒にまわらないか、

と誘ってくれました。

タイ国際航空に勤めている人たちで、

一人はパイロット・キャプテン、

他に、名古屋に4年半駐在し今年帰国した人。

彼に、僕が日本から、タイ人にお土産を買ってくるとしたら、

なにがタイ人に喜ばれるだろう?

と訊きました。

彼は、すぐアレ、と思い出しましたが、名前が出ません、

あとで携帯電話で奥さんに確認して、

それが「モチ」であることを教えてくれました。

「モチ」菓子はタイ産も多いですが、

日本のは抜群に美味しいのだそうです。

この組は、お酒も飲まず、

毎ホールを見ていても賭けをしている様子も無かったのですが、

あと3ホールの残して、スコアを比べています。

なんと、A氏とB氏が、

トータル・スコアで、「マッサージ代」を賭けているのでした。

そこまで、同点なので、残り3ホールは、マッチ・プレーで行こう、と。

がぜん、白熱しだしたのには、笑いました。

なんでも、賭け金2000バーツ、だそうです。


28日は、またパインで、後半の5ホールをタイ人3人と一緒になりました。

3人とも、60台後半か70歳くらいで、

年齢のわりに距離も出るし、ステディーなゴルフで、

すいすい、とラウンドしていきます。

僕もこの先、こんな風にゴルフをしていきたいなぁ、

と思うような、快適さです。

2ホールを過ぎて、一人のタイ人が、

私の日本人の友達、と言って、

一緒に回っている一人を指差しました。

その人は、僕が一緒になってから、一度も目を合わせようとも、

話かけてこようともしない人なのでした。


焼けた肌で、ふくよかに肉付きが良いその風貌からは、

とても日本人には見えない人です。

彼が、タイ人友達やキャディに話す言葉は、

流暢なタイ語です。

結局最後まで、この人とは言葉を交わすことがありませんでした。

ホール・アウト後の、

サンキュー、マタネ、の挨拶も、

他の二人のタイ人とはしましたが、

彼は寄ってきませんでした。


なぜ、彼は話したがらなかったのでしょう?

もしかすると、もう日本語を忘れてしまって、

しどろもどろになるのが嫌だった、のか、

変な日本人ロングステイヤーと関わりをもって、

嫌な思いをするのを避けたかった、のか。


こんな、面白い体験も、

してみるものですね。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


スポンサーサイト
日曜日(26日)は、午後6時過ぎに、

バンカピ団地通りの、いつものイサーン・レストランで、

夕食をとりました。

出かける前から、すこし怪しげな空模様だったので、

傘を持って出たのですが、

夕食半ばの7時過ぎに、大雨が降りだしました。

バンカピ地域は、サン・セーブ運河へ水を導くためか、

ちょっとした雨では、道路が洪水のようにならないのですが、

このバンカピ団地通り(ソイ5)から、各棟へ入る小路は一段低くなっていて、

どうやら例外のようです。

その小路が見る見るうちに、小川のようになっていきます。

8時過ぎに食事が終わっても、なかなか止みません。

向かいの家族連れは、いったん食事が終わり、清算を済ませた後、

雨のため足止めで、ご亭主さんだけ、ソーダ水を注文し、

ウィスキーを飲み始めました。


僕達も、待ってみましたが、なかなか止む気配はなく、

すこし小降りになったかな、というところで、

思い切って、雨のなかへ飛び出しました。


ところが、セリタイ通りの歩道橋を渡ったところで、

道路の反対側、

僕のコンドミニアムがある一帯が、停電になっているではありませんか。


エレベイターは自家発電で動いているようでしたが、

コンドの各部屋は、真っ暗です。

何もすることができません。

今日は、午後9時から、US PGAの最終戦を観る予定で、

朝から計画的に行動していたのですが、

すっかり狂ってしまいそうです。

ちょうど9時に館内放送があって、

最低2時間は、原因調査・復旧にかかるようだ、

と言います。

いままで何度か停電があっても、そんなに時間がかかったことなかったよなぁ、

なんでよりによって、今日なんだ、

とグチを言っても、しょうがありません。


真っ暗な部屋では、なにも出来ないので、寝ちゃうことに・・・。


といっても、僕は、この夜のTV観戦のために、昼寝をたっぷりとっているので、

9時過ぎくらいでは、寝付けるものではありません。

一方に彼女は、僕が昼寝の間、DVDでロード・オブ・リングの3巻目と見ていたとかで、

バタンキューです。


なんやかやと、もんもんと時間を過ごしたので、

2時間ほど過ぎて、部屋に電気が灯ったときには、

ありがとう!

という気持ちが高まりました。


さっそく、US PGA ツアー・チャンピオンシップ戦のTV観戦です。

この大会は、US PGAの1020年最終戦であり、

過去の試合の総合得点で争われるフェデックス杯の1位には、

1000万ドル(ちょっと前では10億円)の賞金、

本大会のツアー・チャンピオンシップ戦優勝賞金は

135万ドル(ちょっと前では1億3500万円)という、

破格の賞金が与えられます。

ことしは、これ、という本命の無い、

みんながダーク・ホース、みたいな様相を呈して来ていました。

この大会前まで、総合得点で1だったマット・クーチャーは、

最終戦で散々な成績(30人中26位)なので、

これで、1位は良くないよなぁ、

イギリスのポール・ケーシーは単独2位に入れば総合優勝、ということになるけれど、

2010年、1勝もしていないのに、賞金だけごっそり、というのは見苦しいなぁ、

などと屁理屈をつけながら、

応援しているのは、ジム・フューリックなのでした。

彼でなければ、南アメリカの、僕と同じスパイダー・パターを使っている、

ラティーフ・グーセンに勝って欲しい、と。


そして、朝の4時半まで、一喜一憂しながら、

ジム・フューリック選手の優勝を見届けたのでした。


ゴルフ・チャネルでは、これが見たい、という大きな大会を、

(マスターズとか、全米オープンとか)

なかなか放送してくれないのですが、

そんなこともあって、

是非に見たいと思っていた、この最終戦、

かなり堪能できました。

来週は、ライダー・カップです。。。



話は前後しますが、

土曜日(25日)は、バンカピのロータスで、

「Wall Street 2」を観ました。


20100925wallstreet2



Wall Streetの第一作は、1987年、なんですね。

もちろん僕は観ましたが、ついこの間にようで、

そんなに時間が経ったのか~、

という思いがしたのです。

主演のマイケル・ダグラスがこの映画でアカデミー主演男優賞を

とったり、第ヒットした映画です。

監督のオリバー・ストーンは、金融中心の経済に特化していこうとする

アメリカ経済へ警鐘をこめて、

マネー・ゲームでなく、真に何物かを創造する仕事の大切さを謳いたかったようですが、

意図に反して、

多くの若者に、マイケル・ダグラス演じる投資家や、

株のトレーダーへの憧れを強く掻き立ててしまったようだ、

と言われているようです。

アメリカの金融中心の、しかも高度で複雑になりすぎた金融ビジネスの仕組み、

誰にも実態が見えず、管理できず、

増殖する欲望に任せ放題になって、

破綻は、リートの問題からリーマン解体ヘとまっしぐらに進んでしまいました。

その現状を受けての、

オリバー・ストーン監督の、

どんな新しいメッセージが、

「Wall Street 2」に、あるのでしょうか。


僕が観た感想は、

どうやら、「時」の流れの重さ、

継続していくものへの回帰、

ということなのかなぁ、

と思いました。

(映画の感想、走り書きです。
 いろいろ考える材料を与えてくれる映画に、
 間違いはなさそうです)



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


昨日、22日、前から予定のPBEAクラブ、ユニコ・ゴルフでの

トーナメントに参加しました。

PBEAクラブのトーナメントはこれで10回目になり、

僕はそのうち8回は参加したことになります。

しかし、成績は、いつも我ながら期待はずれの連続で、

実は、

今回PBEAクラブが初めてユニコでトーナメントを行うということで、

こころの奥でかなり強く期すものがありました。

なんといっても、僕は、ユニコで1番多く、プレーしているのですから。


しかし、結果は、またしても惨敗!

日曜日にはVIVAの練習場に行き、

月曜日は(Sさんとの初体験プレーでもありましたが)

ユニコで事前調整のプレー、

そして前日の火曜日は、再度VIVA練習場でスイングの確認をして、

万全の対策で臨んだ結果が惨敗、とは、

なんともやり切れません。

1番ホールは、472ヤードでパー5、長い距離ではないのですが、

ティー・グランドから230ヤードほどフェアウェイ左が池になっています。

普通は、この池を避けて3ウッドでティ・ショットするのですが、

このトーナメントではトロフィが欲しいと、密かに企んでいたので、

ドライバーでのショットを月曜日にトライしていました。

そのげ月曜日は、フェアウェイ右サイドの良い位置で、

自信を持ってドライバーを持ったのですが、

これがナイス・ショットで、池にまっしぐら。

ボギー スタートです。

2番ホール、ここは、実の狭いと感じるホール。

フェアウェイ左200ヤードにバンカーがあります。

月曜日は、ここもドライバーで攻める練習をしていました。

しかし、1番ホールでドライバーがアン・ラッキーだったので、

方針変更して、3ウッドでティー・ショット。

これが、またも左へ行き、バンカーヘまっしぐらです。

さらに悪いことに、バンカーに近づいてみると、

スタンスが取れないほど、ラーが最悪な状態です。

ここから7アイアンで、トップして、

グリーン前の池へ、まっしぐら。

さらにさらに悪いことに、

池の手前にドロップして打ったロブ・ショットがまた池へ。

さらにさらにさらに悪いことには、

2度目のリカバリー・ショットもまた池!

8オン、2パットで、パー4を10ではありませんか・・・。

2ホールでボールを無くすこと4個、スコアはもはや7オーバーです。

これで、今日のトーナメントも終了、です。

戦闘意欲を無くしてしまいました。


最終結果は、前半48、後半43で、トータル91。

心地よくなく、プレー後のパーティも欠席して、

帰宅してしまいました。

まじめに、

タイ人主催のトーナメントの参加はこれで終わりにしよう、

と思ったのでした。


それでも、良かったことは、一緒にプレーした

ウィラットさんと知己になれたことでした。

イチャイさんが住んでいる、サマゴーン・ゴルフ・クラブの会長さん。

85歳ですが、かくしゃくとプレーしています。

聞くと、仙台と東京に、近親者が嫁ぎ、暮らしているとのこと。

本人も何度も日本を訪問されており、

40年前には、大阪青年会議所を訪れて、

ときの皇太子殿下と握手をした、

という経歴の持ち主でした。


23日の今日は、

精神的・肉体的疲労をとるため、

静かな一日を送りました。

午後からは、モール・バンカピのシネプレックスに。

Wall Streetは時間が合わなくて、

結局、

The Extraordinary Adventures of Adele Blanc-Sec を観ることに。

20100923movie1
まぁまぁ楽しめる、アドベンチャー娯楽作品でした。



この2中間ほど、ゴルフのスイングを変えて、

フォローをより大きく取れるように、

練習しています。

どうやら、それがもとで、腰痛の度合いがより激しくなってしまったようです。

治療のために、パスタイムを彼女に貼ってもらいました。

そして、昼寝をして、

起きてみると、

彼女が笑いこけています。

はて?!?

20100923pastime1
あはは、
なんとも見苦しい写真で、
すみません。


今日も、

変わり映えのしない、

一日でしたが、

だからこその、

感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


アメリカでは、団塊世代のことをベビー・ブーマーと呼び、

1946年生まれからの人たちを指すことが多いようです。

彼らが、いよいよ来年65歳を迎える、ということで、

注目が集まっています。

The Retirement of the Future(未来の退職)と題して、

USNewsにレポートが載っていました。


アメリカでは一般的な退職年齢が65歳、日本では60歳。

日本では団塊世代の大量退職が始まったとき、

大方の見方として、やれやれこれで、やっかいな・コスト高な世代に、

ようやく退場願える、という雰囲気だったのではないでしょうか。

好むと好まざるに拘わらず、時代を変え、時代を造り続けてきた

ベビー・ブーマーに対して、アメリカでは見方がちょっと違う、

ようです。

上記レポートの趣旨は、

65歳を過ぎても働きつづけるアメリカ人は多く、

退職時代、という面においても、新しいアメリカのイメージを造りあげる

だろう、というものです。

2030年には65歳以上のアメリカ人は7200万人、現在は4000万人。

彼らの退職プランが401Kに移行して、前世代より安心な年金を

得られなくなった、という事実もあるでしょう。

社会保障の観点でいえば、2000年には一人の退職者を5人の現役労働者が

支えていたものが、2030年には3人以下になってしまいます。

40代の人たちは社会保障に期待することが出来なくなっています。

やはり、ベビー・ブーマーは何かしなければならない。

そして、定年後の風景が変わりました。

ほんの50年ほど前、1960年代では、

定年後も長く生きる、というイメージはありませんでした。

しかし今は、寿命が延び、その年月が30年、という長さになるのです。

単純なる余暇だけで、なんの挑戦も刺激もない生活は、

手ごろには出来ないし、第一退屈である、

とベビー・ブーマーは新しく考え始めています。

There's a dawning realization among boomers that a life of pure leisure, with no challenge or stimulation, is both unaffordable and boring.


2008年の調査では、44歳ー50歳の50%が、

アンコール・キャリア(もう一度の職)、

- 人生後半の仕事(レイター・ライフ・ワーク)-

を見つけ、異動したい、

という希望を持っていると伝えてます。


幸いにも、アメリカでは、働きたいと思えば働ける状態に

あります。

今の不況が終焉すれば、

2018年までに1460万もの新しい職が生まれ、

現在のところ910万しか充足の見通しがたっていない、

500万人以上の欠員がある、

とボストンのノースイースト大学が予想しています。

教育産業、ヘルスケア、ビジネス管理などが代表的な、

伸びる分野です。

今は、レイター・ライフ(高年者)の生産性の高さに驚いているところですが、

20年後には、あらゆる分野で高齢者の働く姿を見るのが、

普通になっていることでしょう。。。

(アメリカの元気の良さは、前にも書きましたが、

40年間で「アメリカ1億人増加」ニューズウィーク、
という記事にも見られます。

なんとも、うらやましい、ですね)


抱えている問題は日本も同じだと思いますが、

日本人のこの問題への対応に、なんの夜明けも見られません・・・。




ゴルフ仲間のイチャイさんが住む、ムーバーン、サマゴーンで、

インターナショナル・レストラン(&スポーツ・バー)と言うお店を

経営しているジムは、アメリカ人です。

年齢は60歳を肥越えていると思いますが、

正確な歳は聞いたことがありません。

タイに住んで6、7年、と言っていますから、

65歳くらいかもしれません。

彼も、アメリカから年金をもらっている身ですが、

タイに来て、こうしてビジネスをやろうとしています。

500万バーツをつぎ込んだ、というレストランですが、

ビジネスはなかなか厳しいようです。

スヌーカー・テーブルが2台あり、

大型スクリーンが4台壁にかかり、

その他の遊び道具が置かれているスポーツ・バー部分と、

西洋料理とタイ料理のレストラン部分からなる、

けっこうおしゃれなお店です。


僕のように、

タイに来て、ただのんびりと過ごしたい、

と言う状況を望んではいないようです。

しかし、やはり、タイでビジネスを成功させるのは、

並大抵のことではないので、

その姿を見ていて、

ずいぶん、いろいろ、考えさせられます。


まぁ、いいっ、か。

明日は、いよいよユニコで、トーナメントの日です。

昨日は、そのユニコで、

このブログを通して初めて会ったSさんと、

プレーしました。

Sさんから、いろいろなことを教えてもらい、

楽しい一日となりました。

たくさん、良い人に会いたいなぁ、

と感じた一日でした。


ありがとうございました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


先日、イチャイさんとゴルフをしたとき、

一緒に回っていた、インターナショナル・レストランのオーナー、ジムが

肩が痛む、といって前半の6ホールでプレーを中止しました。

9ホールまでは歩いてグループに付いてきましたが、

結局そこで帰宅することに。。。

あとで、イチャイさんは、

君は(僕のこと)良いなぁ、身体のどこも悪くなく、仕事をしなくてもよく、

家族の心配事も無くて、ただただゴルフを楽しめるんだから、

と言います。

いやいや、実は、糖尿気味で、長年の腰痛持ちで、不眠症なんです。

だから、ゴルフをまじめにしてるんです。

と応えました。


その腰痛が、2,3日前から酷くなって、

22日のユニコでのトーナメントの前に直しておかなければならないと、

ちょっと焦る気持ちになってきました。

それで、久しぶりに、マイ・マッサージに行くことに。

いつもはフット・マッサージ オンリーなんですが、

今日は初めてのボディ・マッサージに挑戦です。

彼女も、いっしょにボディ・マッサージを受けると言っていたんですが、

お店に入ると、突然心変わりで、フット・マッサージでいいと。

それで、こころ細いながら、僕だけボディ・マッサージ。


1時間半、身体をゴリゴリ揉まれました。

なんだか、ただ力ずくで押し込むだけで、

これが古式マッサージなのか、どうか・・・。

終了したあと、効き目があったのかどうかも、不明でした。

とくに腰痛が酷くなければ、

フット・マッサージの方が、のんびり、リラックスできる感じです。

いつか、本当に良いマッサージを受けてみたいものです。


そのあと、モール・バンカピの4階で、ボーリング、

が今日の予定、です。


彼女との賭けボーリングで、

最初のゲームで、ハンディキャップを決め、

2ゲームで負けた方が、映画代を払う、

というものです。


20100918bowling1
最初のゲームの結果、
ハンディは40ポイントに決定。


20100918bowling2
試合の第1ゲームは、彼女の勝ち。


20100918bowling3
第2ゲームは、僕の勝ち。


20100918bowling4
そして、決勝の第3ゲームは、、、
彼女の勝ち!


その後、映画を観る約束でしたが、

英語の映画はみんな観てしまっていたので、

次週、23日から始まる「Wall Street」まで、

待つことにしました。



山本夏彦さんの本を2冊、日本から持ってきました。

そのうちの1冊は、2日前に、読了。

2冊目の「最後の波の音」を読んでいるところです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は少年のときこの世は生きるに値しないと

落雷にうたれたように知って、いまだにそう思って

「死ぬの大好き」という一冊を出したくらいである。

ただもう自分で死ぬ気はないから、嬉々として生きているふりを

しているが、別段喜んでいるわけではない。

死は、ただ新陳代謝だと思っている。  
                  
       (人はみな同い年)


(「死霊」の作者で有名な埴谷雄高が)

これまでずいぶんニヒリストを見てきたが、

君のごときは見たこともないと面と向かっていった。

自分の作を君には見せないと言った。

そりゃそうだろう、つとに私は半分死んだ人間だ、

早く浮世に望みを断っている。

こうしているのも死ぬまでのひまつぶしだ。

    (人はさびしき)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

というほどに、とてもとてもクールな人ですが、

変人・奇人ではなく、

月刊誌「室内」を40年以上にわたって発行したビジネス・マンであり、

菊池寛賞や、読売文学賞も受賞しているエッセスト、です。

そんな氏に、こんなエピソードがあることを知りました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は人はみな同い年だと見ている。

歳月は勝手に来て、勝手に去る。

女は永遠に十七であると書いて珍しく女に喜ばれたことがある。

私は六十あまりのときに二十三の娘と恋(の如きもの)をしたことがある。

互いに年齢なんか感じなかった。
 
       (人はみな同い年)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今日も、

ははぁ、

と思って、

こころを新しくすることが、

出来ました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

今日は、併読していた3冊の本を読了しました。

その本の言葉を拾って、感想などを書きます。

一冊は、バルタサル・グラシアンの「成功の哲学」という本。

ニーチェが、

道徳上の問題についてこれほど精緻をきわめた複雑な考察が

なされたのは、ユーロッパではかつてなかったことだ、

と誉めた、と言う本で、読んでみる気になりました。

17世紀スペインの著述家なので、いろんな編集が加えられています。

この本はいわゆる啓発本、とカテゴリーされるでしょう。

この歳で今さら、啓発本、でもないでしょう、

という方もおられるかもしれませんが、

まだ、こういう、野暮な本が、好きなこころが残っています。

ちょっとこころ優しげな人が、強く、この世を渡っていくために、

マキャアベリ風な巧緻も含んだ「処世の心得」といった本だと

思いました。

将来に野心を抱いている人が、新年の一日、目を通すと良い本かと。


こんな僕にも訴える言葉があります。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何も望むものがないというのは幸福なことだが、

先の希望がないと言うことからすれば不幸である。

人は希望があるから生きていられる。

身体は常に呼吸をし、精神は絶えず何かを追い求めている。

すべてを手に入れてしまったなら、

何を見ても心はときめかないし、

どんなことにも不満を感じるだけだろう。

知識でさえも、これからまだ学ぶべきことがあるのが望ましいし、

好奇心を満たしてくれるものが必要なのだ。(153)



生き急いではならない。

幸運が尽きたあとにも、

まだ先の人生が残っているのが普通である。

時間があまりにもゆっくり過ぎていくように思え、

もちまえのせっかちな気性から、なにごとにもあたふたして

生き急ぐようなことをしてしまう。

一生かかっても消化しきれないものを、

一日のうちに食べ尽くそうとする。

先の成功をあてにして、今やるべきでないことにも手をつけ、

一足飛びに時を駆け抜けようとする。

そうして何をするにも急ぐから、どんなことでも

すぐに終わってしまうのだ。


人生は幸運に恵まれる日よりも、

そうでないときのほうが多い。

行動すべきときは迅速に行動し、

楽しむべきときはゆっくり楽しむのがよい。

そうでなければ、時が過ぎ去ったあとで、

立派な業績はあげたけれども、

人生の中味はお粗末なものだった、

ということになりかねないのだ。  (154)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一冊は、「もしもウサギにコーチがいたら」、

という伊藤守著、コーチングの紹介本、です。

今は、自分の子供に対してさえ、

まともなお説教も、助言もできない時代になってしまったのではないでしょうか。

僕が、会社を早期退職する5、6年前頃、

企業内の人材育成で取り上げられ始めていたのが、

従来の企業研修中心から、コーチングへの重点のシフト、

だったのですが、その後、どうなったのかは不明です。

当時コーチングが興隆し始めたのは、

かの経営の神様、GEのジャック・ウェルチでさえも、

コーチをつけている、と明らかになったからでした。



その人の「才能と能力を引き出す」のがコーチングで、

その技術を棚卸すれば、たった、

1.聞く、聞き分ける

2.質問を創り出す

3.要望する

4.承認する

これだけです。


ところが、第一番の、聞く、ということが、

まず、なかなか難しいものです。

話を聞くときは、

その人に対して、「沢山の興味を持って」聞く、

態度が必要です。

興味があるから聞く、のではなく、

(他人であっても)その人の内側にたくさんの興味をもって、

聞く。

・話をさえぎらないで、最初から終わりまで聞く

・相手の目を見る

・先走って結論を出さない。相手が言うことを予測しない

・言葉だけではなく、声のトーンやその変化、そして顔付き、

 ジェスチャー、言葉にならない情報を読む

・相手を拒否しない、否定しない。たとえ間違っていても・・・

・相手が話し終わるまで、自分の言うことを考えない

・適度にうなずく

・ほほ笑む

・効果的な質問をする。質問は自分のためではなく、相手のために

・自分の受け取った内容が相手の言いたいことかどうか、確認する

(でもつまらない話だったらどうします?

にこやかに聞く。

それは本心じゃないよ。

本心になるように、この態度を身につけるのです)

これは、カウンセリングでいう、カール・ロジャースの、

「来談者中心療法」の聞く技術とほとんど同じです。


企業内で、上司と部下の関係で、

これを実施することは、まず、不可能に近い、

と思います。

企業内のコーチングは実現できていないのではないか・・・。


僕は、ひとりの会社員の人のコーチになった経験があります。

僕の、海外生活志向のために、

コーチングは中断することになってしまいましたが、

なにか良い影響を残せたかと、願っています。

そして、今も、カウンセリング・コーチングの精神を、

大事にして、学び続けているつもりです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・君のこと好きだ、理由なんかないけど君のことが大好きだ。

・一緒にいられてとてもうれしい。

・君が居るっていうだけで、今日も生きている張り合いがある。

・君の全部が好きだ。全部だ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらの言葉は誰に対して発せらる言葉でしょう?

恋人?

人は人と協力しあうことによって、生き残ってきました。

人間は、よい人間関係をエネルギー源にして生きています。

その根本が、自分は愛されている、受け入れられている、

という感覚です。

上の言葉は、親から、子供への言葉とされるのが普通です。

・僕の子供として生まれてきてくれてありがとう。


でも、自分の恋人に言って、なにが悪いでしょう。

・僕の恋人として生まれてきてくれてありがとう。



もちろん、僕は、彼女に言いました・・・^O^。



他の一冊は、山本夏彦さんの「人生は〆切」という本ですが、

紙幅が尽きました。

またの記述としたいと思います。



人に愛されたいのなら、

まず自分から愛することだ。

                (バルタサル・グラシアン)

今日も、

一日、

感謝の気持ちで

終えました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

9月3日に、ベスト・スコアの75が出ましたと書いてから、

ゴルフの話題にふれずに10日間たちました。


ベスト・スコアを出したので、満足して、

ゴルフをしないでいたかというと、

もちろんそんなことはなく、

いつものペースでゴルフを楽しんでいました。


スコアの75は出来すぎなので、

今も、80台前半がでることを目標にして、

実際は80台後半でも満足、

というゴルフです。

一年前からすると、亀の子のような進歩に思えますが、

なんだか格段の上達、という気もしますので、

また一年後の感想が楽しみだ、

と思って、張り切ることにしています。


9月8日は、タイ人ゴルフ仲間と、パイン・ゴルフへ。

この日は、

池ポチャ、OB、バンカー、3パットは20バーツの罰、

というゲームで、

僕は、それぞれ1個ずつの罰金を払いました。

それでも、10個のパー(バーディ無し)で、

前半42、後半39の、トータル・スコア81。

パインでは、3回続けて同じキャディさんを使っていて、

この女性が、

僕がなかなか話してくれない、

とタイ人仲間にちょこちょことグチるようで、

その度に、タイ人仲間が、

speak more,,,she can understand English,

と僕に言うのが、

ちょっとうるさく感じられてきました。

このキャディさん、

食事にとか誘って欲しいと思っているようなのですが、

実際に英語でちょっとした質問をすると、

まったく分かってくれないので、

深く話しかける気がしないのです。

次回は、別のキャディさんにしようと、

思いました。


プレーが終わって、ラムカムヘンのサマゴーンにある、

ゴルフ仲間でもあるジムの経営するインターナショナル・レストランへ。

ここで、5時半から9時半まで居ることに・・・。

プレーの後の食事が4時間、

というのが長すぎて、

タイ語を解さない僕としては、

かなり苦痛になってきています。

月一であって、プレーして、

その日の食事が4時間、

というのならOKなのです。

週に2、3回プレーする毎に、

4時間以上の食事は、どうも行き過ぎているようで。


9月12日は、日曜日割引で、11時からなら840バーツ(GF+CF)

というタノン・ゴルフ一人で行きました。

前日、昼間に大雨が降ったので、この日は大丈夫だろう、

と計算して出かけたのです。

ところが、僕が1番ティー・グラウンドに立った12時ころから振り出し、

途中激しく降って休憩小屋で雨宿りすること3回に及びながら、

4時まで降り続けました。

雨宿り休憩を取ったので、ホールの進行に時間がかかります。

バック・ナインに入って3ホール回ったところで、

途中棄権することに決定、

クラブ・ハウスに向う帰路に位置づく、

14番と18番だけプレーして戻りました。

こんなに雨にたたられたのは、タイでは初めてです。

スコアは、前半9ホールがパー4つで、42。

後半は、5ホールだけプレーして、4ホールがパー、

1ホールがボギー、でした。


この日のキャディさん、

僕が前半9ホールで中止すると期待したのでしょうか、

後半に入ると、

足を投げ出してさすったり、

かがみこんだり、

口をきかなくなったり、

働く意欲を無くした有様が見えみえです。

僕は、普通にチップは300バーツに決めているのですが、

さすがにこのキャディにはカチンときて、

チップは100バーツが良いところだな、

と思いました。

ところが、僕が、途中ホールをカットして、

クラブハウスの戻るホールだけをプレーすることが明白になった、

18番ホールに来て、

急に元気になり、

このホールは左目に狙うのが良い、だとか

口もきき始める、

という現金さ、丸出しです。

こんなところに、タイ人のいやらしさを感じましたが、

これは日本人も同じ、でしょうか。

日本人の場合、これほどあけすけに表には出さない、

かもしれないです・・・。

結局、チップは200バーツにしました。

池ポチャ、というので1打罰でホール・アウトした後、

ボールがグリーん横のラフで見つかったり、

雨が降っているから、グリップを濡らさないように気をつけて、

と何度も言わなければならないほど、

平気でクラブを雨にさらして歩いたり、

ラインを読む手助けをまったくしてくれなかったり、

僕のキャディ評価は、下、でしたが。


そして、13日、月曜日の今日。

昨日の雨で中止の、雪辱をかねて、ユニコへ。

次回のゴルフ仲間のトーナメントが、

ユニコで9月22日と決ったという知らせもあり、

ちょっと真剣味が増してきました。

それと、パッティングの握りをクロス・ハンドで、

試してみたい、という思いをもって、出かけたのでした。

コースは前日の雨の影響が残り、

まだフェアーウェイがぐしゃぐしゃでした。

また、グリーンに砂を入れてメインテナンス中のホールが

4、5箇所ありました。


結果だけ書くと、前半41、後半41のトータル82。

10個のパーでしたが、バーディが無く、

クロス・ハンドのパッテンングの効果もまだ不確定です。


トーナメントの日のキャディさんも決めておきたい、

と思い、過去にキャディをしてくれて、スコアも良かったひとに

予約して頼んでみました。

(過去のスコア・カードに、良い記録を、

そのためもあって、名前と電話番号も訊いたのでしょう、

メモってありました)

しかし、今日のキャディさんも、

ラインを読む手伝いをあまりしてくれなくて、

無口(ナイス・ショットしても、ミス・ショットしても、無言)で、

あまり心地よくプレーできるとは感じられません、

でした。

(それでもチップは350バーツ・・・

次は頼まないので、ゴメン、という気持ちも込めてです)


今日は、僕と同年代の日本人の方と半ラウンド、一緒に回りました。

長くタイと仕事の関係があり、

(2、3年はタイで暮らした経験もありそうでした)、

今は2ヶ月ごとに1回のペースで、タイで2週間ほど過ごす、

という生活パターンのようでした。

食品関係の製造ビジネスにかかわっておられ、

ラチャプラロップ・タワーに、タイ人彼女へ部屋を与えていて、

タイでビジネスもし、

彼女との生活やゴルフも楽しむ、

という様子です。

(今日も、彼女が、電動カートを運転して、

彼に付き添っていました)

明るい性格の方で、

一緒にプレーしていて、

気持ちの良い思いをしました。


20100913bangkapievening
バンカピから、バンコク都心を望む。
バイヨーク・タワーが目印です。



ああ、今日も、

ゴルフを楽しみ、

感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

何日か前のブログで、

大戸屋さんがモール・バンカピに、

9月オープンしたことを書きました。


そこで、金曜日のランチ、

彼女にどこに行きたい?

と訊くと、

大戸屋、との答え、

そこで、さっそく、行ってみました。


20100910bangkapiohtoya1
まだトレーニング中と思われるウェイター・ウェイトレス。
動作はスローですが、真剣にサービスしようとする態度は
好感がもてます。
Fujiはすでに大衆化していて、ずさんなサービスを
感じてしまうのですが。
僕はいつものとんかつ料理です。
ビールは朝日にしてみました。




20100910bangkapiohtoya2
彼女も丼ぶりもので、
美味しいと言って、
きれいに全部食べていました。


20100910bangkapiohtoya3
僕のメニューは230バーツ、プラス120バーツノビール、
彼女は220バーツ、
合計、税&サービス込みで、670バーツ。
僕達としては、けっこう贅沢なランチです。
しかし、お茶が無料、おかわりご飯が無料、
開店祝いのキーホルダーなどももらって、
満足しました。
(これぐらいで、自分自身贅沢と感じるのですから
我ながら、かわいいと思ってしまいます)



ランチに出る前に、それぞれ午前中に、

やるべきことを済ませてしまっていましたので、

(彼女は勉強、僕は何だったっけ?)

午後は、また、映画を観ることに。


今回もまた、アクション映画です。

なんだかシリーズもので、

1回めから観ていない僕としては、

なんだか意味の分からないところの多い映画でしたが、

彼女が、こういう傾向の映画が好きなので、

仕方がありません。


映画の終わった後で、彼女の説明を聞いて、

なぁ~だ、という部分があったり。。。


Resident Evil:afterlife (movie)


そして、映画の後は、食料の買い物です。

お昼は贅沢したから、

夜はタイのグリーン・カレーで、

軽い食事にしよう、

作ってくれる?

と訊くと、

OK。

その材料を揃えるために、

まず、本屋さんに行って、

料理本のレシピーをみて、確認です。

(料理本は部屋の2冊ある、とのことですが、

記憶をしていないので、本屋さんで確認したいのだ、と)


料理をするのは、彼女ですが、

ショッピングはいつも一緒にしています。

グリーン・カレーの元、が見当たらず、

それも自分で作ると、

意気込んで、

作ってくれました。



20100910cookingk1
出来あがった、シュリンプ・グリーン・カレーです。
よそで食べた、グリーン・カレーの味です。
^O^
美味しいと思いました。


今日も、

一日、

感謝の気持ちで、

終えることが出来ました。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


昨年の今頃は、

コンドミニアムの窓からすぐ下に見える、

バンカピ、セリタイ・ロード、ソイ5の通りで

(僕は勝手にバンカピ団地通り、と呼んでます)

毎週、木曜日に行われるナイト・マーケットに、

恋人と手をつないで、ぶらぶら夜店を冷やかしながら

歩いてみたい、

というのが、一つの希望でした。



その、ナイト・マーケットの一光景です。


20100909nightmarket1
食事の後、通りに出ると、
有名人がデモンストレーション中だと、
大勢の人がカメラを片手に人垣を作っていました。
彼女に訊くと、
エーガチャイ・シーヴィチャイという歌手だそうです。
もう20年も前から有名な歌手、だとか。


20100909nighmarket2
宣伝カー、5人のダンサー、カメラマン、
などを従えて、ゆっくり、にぎやかに、
店、店のオーナーや買い物客と、会話や握手をしながら、
練り歩いていきます。


20100909nightmarket3bcake
ある店先では、ローソクのともったバースデー・ケーキ?の
歓迎も。
彼の誕生日だったのかな。
あるいは、このお店の子供の誕生日?
(ローソクの数が少ないことからの推測です・・・)



20100909nightmarket4song1
そして、
もちろん、
興に乗ったところで、
歌のサービス!



20100909nightmarket5song2
う~ん、
なんともエンターテナーですねぇ。
ダンサー嬢の、踊りも笑顔も、
安物ではありませんでした。



そして、その木曜日の夕食は、

この団地通り内にある、イサーン料理屋さんで。


20100909isaanfood1
最近は、ビア・レオがお気に入り、です。
この日のメニューの選択は、
すこしスパイシー。



いつもの、

平穏な一日が、

ちょっとしたアトラクションを楽しみに感じ、

静かに終わって行きました。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


第一話。

山本夏彦さんの文庫本を読んで、次のような言葉に出会いました。

「そろそろ身辺を片付けなければならないと思うようになってから

5、6年になる」

この言葉から、僕の頭に直ぐに沸いてきたのは、

ある方の生き様でした。

その人は、僕が彼のブログの隠れファンだったというだけで、

面識も、ブログを通しての深い関係もない方なのでした。


10年以上日本で会社員生活を送ったあと、

タイやネパール・カトマンズに、優れた布を求めてやって来て、

26年になる、

と言う方です。

ブログから、20年以上前の、タイやバンコクの世情を知ることが出来、

この方が感じているノスタルジーが、

よく分かるような気がしていたのでした。


ところが、この方が、昨年の暮れに体調の異常に気づき、

チュラロンコーン病院で検査を受け、

肺ガンの宣告を受けたのが、今年の1月です。

日本に帰って治療したい、と考えた本心は、次の言葉に表れています、

「私自身 人間の寿命というものを受け入れたいと思うし、無理をしてそれに逆らう
 つもりもない。
 私を生かそうという力が 何処かにあれば、少しは寿命も伸びるかもしれない。
 ただそれだけのような気がする。

 今 日本へ帰るというのも 長生きをしたいというより、タイ、ネパールでの
 後片付けのための体調の回復のためだ。
 その後のことは考えていない。」

そして、急遽日本に帰国し、

今まで、無払いだった国民健康保険に加入の手続きをして、

間髪を居れずに東京厚生年金病院に入院、

抗癌剤などを活用しての治療に入ります。

(この方が否定していた現代日本の政治・経済状態なのですが、

最後はやはり国の保険制度の手厚さの恩恵を受けることになります。

やはり、日本の強さ・良さは一朝一夕のものではなく、

奥深いものなのですが、

考えさせられるテーマだと感じました)


抗癌治療のあと、体調が多少回復して、

バンコクやカトマンズの「身辺整理」の旅にでることになります。

カトマンズの借家の整理をしたり、

バンコクの自己所有のアパートメントを、

養子として9歳から面倒を見ていたタイ青年に譲る手続きをしたり、

という「身辺整理」の旅です。


そして、日本に戻り、再度厚生年金病院に入院して、

2度目の抗癌剤治療に臨むのですが、

そこでブログはぴたりと更新を絶ってしまします。


そして、長い沈黙のあと、

彼の友人の手によって、

彼が他界したことがブログで知らされたのが、

今年の7月、でした。

ハッと、こころ凍りつくような発表でした。


肺がんが見つかって、ほぼ半年の命だったことになります。

その間、おろたえることなく、

身辺整理を貫徹したこの方の生き様に、

深い感銘を受けたのでした。


しかし、人生、なんという無常。

やすらかなご冥福を祈ります。


今の僕はどうなのか。

お迎えが来たら、いつでも、

という心境になっていない自分を発見します。

煩悩・欲望から開放されていません。。。

いいじゃないか、人間だもの。

と、誰かさんが言ってくれるでしょうか。




第二話。


ゴルフ仲間の、タイ人元銀行員の方のお話。

20年くらいも前のこと。

彼の奥さんが車を運転して、ある交差点に来ると、

まだ学校に通い始めたばかりのような幼い少女が、

車の間をかいくぐって花を売っています。

太陽が強く、煮えたぎるような暑さの中で、

燃えるようなアスファルトの上、少女は裸足です。

奥さんは深くこころを痛め、

これでサンダルを買いなさい、

と、200バーツを与えた、と言います。


1週間後、奥さんは同じ交差点にやって来て、

びっくりする光景に出会います。

何人もの、こどもが、裸足で、花を売っているではありませんか。

奥さんはショックを受けて帰宅したと言います。

裸足の子供たち(の親)は、1週間前の、少女の話を聞き、

なんと甘い、おばかな奥さんがいることか、

そんな馬鹿から、目一杯、むしりとってやれ、

と考えたの違いない、

と奥さんは感じたのです。


夫の元銀行員氏は、

ショックを受けてはいけない、

これがタイの現実なのだ、

と奥さんを慰めたそうです。

まだまだ格差は大きく、

思考方法も、違うのだ、

だからといって彼らを誹謗してはいけない、

彼らは彼らで、精一杯の生き方をしているのだから、

と。



第三話。

近頃、少年時代を過ごした、田舎の風景を思いだします。

50メートルほどの高さの山を登ると、

日本海がごく身近に見渡せ、

何度も登っては過ごしたあの時間は、

どこへ行ったのだろう、

と。

震えるような気持ちで、

肩に手を置いて、

一緒に夕陽を眺めた、

あの少女はどこへ行ったのか。。。


もう一度、あのころの自分に戻ってみたいか。

もう一度、あの風景を自分の足下で感じてみたいか。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一度


みんながあの日の服装で

あの日の顔つきで 落葉松の緑が萌えている道を

笑ひながらもう一度やって来ないかな

そのときこそは間違いなく

本当に生き直したい

あの過ちをすべて とりかえしたい

     伊藤整  <冬夜>より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕も、そろそろ、

「身辺整理」をまじめに考える、

時期なのでしょうか。

考えさせられる、

このごろ、

なんです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

バンコクに来て、2年にもなるのに、

まだパラゴンに足を踏み入れたことがありませんでした。

いまさらですが、この土曜日、行ってみようということになりました。


案の定、新しく、大きいだけですが、

若者中心ににぎわう場所だということがよく分かりました。

僕の生活から言うと、

あえて行く必要のない場所、でありました。。。^O^


地下階の大きなフード・コートも、

タイ・フード以外に、沢山の外国食(日本食を含む)がありますが、

値段がフード・コートのイメージからは高目で、

あえて食べたい、と思わせてくれません。


書店としては、紀伊国屋が入っていて、

スペースも、伊勢丹のあるセントラル・ワールドと同じ規模。

入っては見ませんでしたが、品揃えも、同じ感じでした。


20100904paragon3
ちょっと歩いて、4階の喫茶で休んでいると、
下になにやら催しものがある様子。



20100904Paragon1
kawaii東京主催の、kawaiiコンテスト、のようです。
審査員席に、kawaii東京社長さんの名札がありました。
お疲れさま、なことです。



20100904paragon2
コンテスト参加の女の子達の一部でしょう。




20100904IPfair1
一番上の階にある、イベント・ホールで、なにやら良くわかりませんでしたが、
IPフェアというのが、開催中でした。
1村1品のプロジェクトと、
新しいクリエイターの技術と作品の発表の場のようでした。



20100904IPfair2
彼女が気に入った、という作品の前で。



2010904IPfair3
これは、僕が良いな、と思った作品。
この人は、名の知れた人なのではないでしょうか。


パラゴンのフード・コートでランチを食べて、

もう一箇所の目的の場である、

パンテップITビルに移動しました。

今使用中のPCが、5年以上も前のノートブックなので、

動画をみたりするには、

スピードとメモリーが足りなく、

買い替えを考えているのです。

ただ、タイで購入するのが、得策なのかどうか、

日本語仕様にしなければならないこともあって、

まだ、こちらで買うかどうか、決めかねています。


20100904shutllebus1
パラゴンからパンテップまで歩くのは大変だなぁ、
と思っていると、
パラゴン側からパンテップ側へ、センセーブ運河を越える、
電気自動車のシャトル・サービスがあるというのです。
運転手以外に、4名乗れました。



20100904shuttlebus2
橋を越えて・・・。
こんなこともあるのだなぁ、と感慨深く思いました。


20100904shuttlebus3
運転手は、セキュリティ・ガードのようです。
安心、です。


パンテップで1時間ほど過ごすと、

なにを選んでいいのか分からず、

頭が痛くなってしまいます。^O^


伊勢丹に戻って、食料品の買い物をしました。

北海道フェアという、食べ物中心のイベントをやっていましたが、

あまりお客はいなくて、

タイで北海道フェアなんて、なんの目的を狙っているのだろうと、

いぶかしく、思いました。

出し物が、めちゃくちゃ安い値で、新しい食品をトライさせて、

将来の顧客獲得をする、

という趣旨では全く無いのでしょう。

ターゲットがバンコクに住む日本人なのか、タイ人なのか。

いずれにしろ、マーケットは大きなはずはなく、

なにを考えてるのか、よく分からないフェア。。。



20100904isetanmae
伊勢丹の買い物が終わると、4時過ぎ。
前の通りは、このような渋滞です。
なんだか元気そうで、うれしい渋滞です・・・。
というのは、僕がバンカピに帰るのは、
センセーブ・ボートを使うので、
まったく渋滞に巻き込まれることはないから、です。



20100904sunset
そして、土曜日のサンセット。
今日も、感謝の一日。


日曜日は、何をしたい、

と話し合うと、

プールで泳ぎたい、

とのこと。

僕が、朝食後、午前中にゴルフの打ちっぱなしに行き、

彼女は、宿題をやって、

午後にモール・バンカピのプールへ行くことに決定。



20100905breakfast
昨日、伊勢丹で買ってきた、大戸やの魚と鶏で、朝食。
出来合いの惣菜ものを買うのは、伊勢丹などに出かけたときだけですが、
そのほかの日は、魚などを買って自分で焼いて食べます。
かなり(殆ど、といって良いほど)日本で食事しているのと
同じメニューです・・・。
味噌汁などは、インスタント(レトルト?)ものになるのですが。
僕の茶碗の中にかかっているのは、納豆です。
さすがに、彼女も、納豆だけは、食べられません。


20100905mallpool1
バンカピ・モール屋上のプールです。
彼女が、Mカードを持っているので、
入場は、ふたりとも無料。
これは、うれしいですね。
日曜日、ということで、人は一杯。
西洋人なども多いです。


20100905mallpool2
彼女も、食料・飲み物を手に入れて。


20100905mallpool3
40分ほど、しっかり泳ぎました。
25メートルの長さを、クロール、平泳ぎ、背泳などで、7、8回往復。
度付きの水泳メガネの調子も良く、満足
彼女も、足にくるほどに?泳いだと。
まぁ、一緒に水泳が出来るということは、うれしいですね。


20100905ohtoya1
泳ぎ終わって、
映画を観る事になり、
モールの中を移動していると、
なんと大戸やが、9月からオープンだと。
大戸やは、Fujiより好きなので、
僕としては大歓迎の出来事です。


20100905phtoya2
左上に大戸やさん、3階です。
こんな感じが、モール・バンカピ。


そして、映画は、Machette(マッチェテー)を。

バイオレンスものでした。

この前の週の映画が、EXPENDABLE。

その前が、SALT。

1週間に一度は、映画を観ています。



20100905sunset
そして、日曜日のサンセット。


今日も、

貴重な一日、

ありがとうございました。

感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
年齢のことでは、ありません。

なんのことか、と言って、最近はゴルフの話ばかりです。

なかなかトーナメントで思ったスコアが出せない、

と愚痴ったばかりですが、

なんと自分のベスト・スコアの日が、ついにやってきました。


今日、比較的涼しく、風のない、ゴルフ日和に日に、

イチャイさんに誘われてタノン・ゴルフに行ってきました。

オフ・シーズンなので、午前11時スタートで、

あまり他のお客も居なく、

二人だけで回ることになりました。


前半はパーが5つで、トータル41。

まずまずの出だし、です。

ところが、後半、爆発しました。

バーディが3つ、パーが5つ、他にはたった一個もボギーで、

34。

後半ハーフは、2アンダーではありませんか!

そして、トータルが75、です。


今日は、一日、気をつけないといけないぞ、

良いことが起こりすぎた、

と心配になるほどの、スコアです。


初めて、70台で回ることが出来たし、

1ラウンド、3オーバーだし、

ハーフは2アンダー、

なんて、新記録が3つも一緒にやってきたのですから。


昨日、読んだ夏目漱石の、

「僕は死ぬまで進歩するつもりでいる」

という言葉を思い出しました。




今日は、多くを語らず、

歓びにひたりながら、

眠りにつきたい、

と思います。


感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
イチャイさん・モンコンさん主催の月一回のゴルフ・トーナメントに、参加しています。

1月ーウィンザーで、スコアは87。

2月ーパインで、スコアは91。

(3月は日本帰国中)

4月ープレジデントで、スコアは93。

(5月は風邪ー咳がひどく欠席)

6月ーウィンザーで、スコアは92。

(7月帰国中)

そして、8月31日ー今年2回目のプレジデントでのトーナメントでした。

上記のように、トーナメントになると、最近良く出るようになった80台前半の

スコアが出たことがありません。

これまで、ただの一つも表彰されたことがないので、

トーナメントの後のパーティは、

あまり楽しみがないものに成り勝ちです。

(いつも、賞品を渡す役をおおせつかります)


トーナメントは、システム36というハンディキャプ計算方式で行われ、

ハンディキャップによって、4グループに分けられます。

ハンディ0-12が、Aフライト。

ハンディ13-18が、Bフライト。

ハンディ19-24が、Cフライト。

ハンディ25-36が、Dフライト。

それぞれの組の1位(チャンピオン)と、2位(ラナーアップ)が

表彰されます。


ざっくり言うと、グロスで70台ー80台前半のプレーヤーがAフライトで、

80台後半から90台前半が、Bフライトという結果になるようです。

僕は、いつもBフライト組みで、

それも悪い方の一人になってしまうのでした。


(ハンディキャップ・システム36とは、

パー以上は2点、ボギーが1点、ダブルボギー以下が0点で合計し、

それを36から引いた数が、その人のハンディ・キャップとなる計算方式です。

日本では多く使われる新ペリアとは違い、

隠しホールなどの運の良し悪しは関係のなく、面白みに欠けますが、

合理的な方式だと思います)


今回こそは、といつも思って出かけて、

無残に跳ね除けられてしまう、というのがパターンになってしまっています。

今回も、また、結果は87で、ハンディキャップは13でした。


実は、Aフライト入りのチャンスあり、

と思った瞬間が2度ほどあった一日、だったのです。

前半の、7ホールを終えたところで、パー4つに、ボギー3つで、

3オーバーで来ていた時。

残りは、Par3とPar4の2ホールだけです。

ひとつボギーを叩いても、前半を40で回れる、しめしめ、

と思った時が魔の瞬間。

次のPar3でバンカーからバンカーでわたるという「砂渡り」をやって、

ダブルパーの6を叩いてしまったのです。

これで今日も終わった、と思いました。


ところが、9ホール目はパーで、前半トータル42。


後半に入って、10番、11番とパーが続いて、12番ボギー。

マタ、なんだかこのまま行けば80台前半は出るぞ、

と思ったのが、魔の瞬間。

13番ホール、パー4で、トリブル・ボギーを叩いてしまったのです。


なんだか、見通しを立てたとき、それに反するようなショットが出ると、

気になって、ちょっと切れ気味に、悪いほうへ、悪いほうへと向かってしまうようです。


見通しなどたてずに、目の前の1打、一打を丁寧に、あきらめずに打っていかなければ

ならないのです。

タイガー・ウッズが(その他の有名選手も言っていることでしょう)言っているように、

過去の1打にこだわるのではなく、目の前の1打に専念していくこと、

それを、人は(僕は)、簡単に忘れてしまうのですね。


上手なわけではないんだから、失敗するのが当たり前、気にしない気にしない、

とはならないのです。

どうしても、計算したスコアがくるって、がっかり、気落ちしてしまう・・・。


技術的には、とにかく7番以下のショート・アイアンが全然当たりませんでした。

なぜか、みんな右にふけてしまいました。

ショート・ホール4つで、ボギー3つと、トリプル1つ、

これでは、いいスコアが出ません。

(ちなみに、1位の選手は、グロス71の1アンダーで、

ショート・ホールで2つのバーディを取っていました)


いつまでも、同じことの繰り返しではいけませんね。

最近、80台前半がたびたび出るようになっているので、

いまの技術でも、こころのコントロールだけで、

Aフライト・グループには入れるのだと、信じて、

次回のトーナメントに臨みます!


次回の9月大会は、なんとユニコで開催だそうです。

ユニコでコンペなんて、見たことも、聞いたこともないのですが、

コース側とはすでに話もついており、

パーティで、次はユニコです、みなさん参加しますか~?

という問いに、なんと大喝采の拍手が起きていました。

雨季中のユニコは水はけが悪く、

とてもトーナメントを行える会場とは思えないのですが、

9月後半には良い状態になることを願っています。

今回のプレジデントは、参加費1100バーツ(参加者105名)、

次回のユニコは700バーツとなりそうです。

どなかた、参加しませんか?



さて、トーナメントも終わって、今日(9月1日)は、

ゆっくり休養です。

というわけで、

近所の風景と、バンカピ日常の一端の紹介です。




20100901watsribunruang1
いつも書いてるセン・セーブ運河ボートの、僕の乗り場、です。
ワット・シーブンルアン桟橋で、始発点です。
うしろに見えるオレンジ色の屋根が、お寺の一部で、
結構大きなお寺です。
若い修業僧がたくさん居ます。


20100901khlonchanplace
僕のコンドミニアムの入り口です。



20100901khlongchanplace2
おや、中学生たちが・・・。
どこの国でも、子供達の笑顔や、元気な姿をみると、
うれしくなります。



20100901outdoorj1
今日は、こんな典型的なオジン・スタイルで、近くへ外出です。



20100901loyucineplex1
バンカピ・マーケットや、ITビルなどを見ながら、
歩いて15分ほどで、ロータス・スーパーマーケットに着きます。
2階のシネプレックスの風景。



20100901lotuscineplex2
おやおや、地元の女子大生が、
映画「ピラニア」の看板の前で、
写真を写し合っています。
将来、自分たちが、ピラニアみたいになってやるぞ、
と怖ろしいことを考えているのでしょうね。。。
そんなこと、ないか。



20100901lotus2
こちらは、安物売りのスタンド・ショップです。
ショートのジーンズ69バーツ、ミディアム80バーツで、
安いでしょう?
かなり美形のタイ女性がお客に・・・。



20100901lotus3
彼女につられて、ではないのですが、
ここで仕入れた短パンです。
それぞれ80バーツ(220円くらい)ですから、
安いですね。


今日も、

一日、

無事に過ぎて、

感謝。。。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。