きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月は、旅行や天候不順で、ゴルフに行くことが極端に少なくなってしまいました。

それで、月最後の金曜日の29日も、前日に続いて、ゴルフ場へ。

タノン・ゴルフでは、見物だけの同伴者は現在無料なのですが、

来月から有料にする、という。


20101029thanontgolf1
18番ホールのセカンド・ショット地点から。
クラブ・ハウスも見え、良い景観です。
フェアウェイやグリーンの状態も良し。


20101029thanontgolf2
来週から大学が始まるので、
一緒にゴルフ場に連れてって、という彼女。
ゴルフ・カートの運転にも慣れたようです。


風が少しありましたが、絶好のゴルフ日和でした。

スコアは、最初のホールで5オーバーも叩いたので、

言うまでもなく、完敗の日、でした。

49+41でトータル、90。

まぁ、彼女と一緒に回れて、バーディも一つあって、

満足なゴルフの一日、となりました。



つい、先日、下記のニュースが目にとまりました。

<孤独死>公営団地で1191人 65歳以上は7割超

全国98自治体が運営する公営団地での、誰にもみとられることなく孤独死した人の数が、

1191人、そのうち65歳以上が、74%。

これが毎日新聞の調査で分かった、ということです。

厚生労働省や警察庁は孤独死の統計を取っていないとのこと。

ということは、経年推移、ということは分からないわかです。

おやおや、と思って、検索してみると、こんな記事が。

遺品整理業者が見るニッポンの「孤独死」

こちらは読売ウィークリーの記事ですが、

「65歳以上の単身世帯が年々増えるなか、東京都内で年間約5000人もが孤独死している。

孤独死は、賃貸住宅に住んでいる人がほとんど。

公団よりも民間の1DK、2Kのマンションや、アパートの住人に多くみられます。」

ということなので、毎日新聞のデータは、ほんの一部分の現実を表しているに

すぎないことが分かります。

都内で5000人なら、

全国では1万人を超える数字になってしまうのではないでしょうか。

自殺する人が年間3万人を超えて10年以上になる現実といい、

孤独死のこの数字といい、

索漠とした日本が透けてみえるようで、悲しい。

「遺品整理業者」というのは、故人の親類縁者が誰一人看取りに来ない場合に、

葬儀社から依頼されて遺品を処理する仕事だそうです。

ついこの間、「おくりびと」で「納棺士」の映画をみましたが、

「遺品整理」という仕事もあるのだな、と知りました。

「納棺」の作業も、もともとは遺族が故人を送る為に行っていた作業を

専門家が行うようになった、ということですが、

この「遺品整理」は、もっとひどい、遺族の故人への無視、

が示されているのではないでしょうか。


いつから、老人が、こうも疎まれ、拒まれ、無視されるような

日本になってしまったのでしょうか。


いつ、神様から、「時間ですよ」と声をかけられても

おかしくない年齢になった僕としては、

死を想うことは、毎日の日課になりつつあります。

死の覚悟が出来たわけではないので、えらそうなことは何も言えませんが、

死を想うことは、なにも消極的なことや、悲観的なことではなく、

むしろ、人生を生き切るために、積極的な意味をもっている、

という風に、感じています。

そういう目から見みて、孤独死とはなんなのか、

考えさせられました。




20101030bangkapibird
置物、ではありません。
今朝、ベランダに止まって、休憩中のハト。
元気そうで、美しい姿。
このハトの眼には、下界の人間模様、
どう映っているのでしょうか。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

スポンサーサイト
久しぶりにゴルフに行ってきました。

なんと3週間ぶり、です。

間に5日間の旅行があったせいでもありますが、

なによりも、雨の天気が影響しています。

タイでは、洪水の被害で、死者が50人を越えているほど。

北部、東北部から、被害が深まり、

バンコクでも、11月8日がチャオプラヤ川決壊の怖れのある日、

とかで大騒動になっています。

バンカピでロングステイをしている分には、なんの影響もないのですが、

ゴルフに行こうとすると、雨、

一番気軽に行けるユニコが、雨にめっぽう弱いコースなので、

行く気が起きない毎日を過ごしていました。

そういいながらも、いよいよ雨季も終わり、2日ほど雨も降らなかったので、

今日、おっとりがたなで、ユニコに行ってきました。

ゴルフ場は空いていて、

フェアウェイは、ぐしょぐしょなところもなく、

雨季の時より、はるかに良い状態でした。

ただ、肝心のグリーンが、手入れが行き届かないのでしょう、

緑がはげて、砂むき出し、というホールが何ヶ所も。

パッテング練習のグリーンされ、砂だらけ、の状態でした。

あと1週間もすれば、グリーンは芝生が生え揃うのではないでしょうか。

まぁ、コース・コンディションは悪くても、

気楽に楽しめるユニコに、あまり不満は感じない、僕です。

今日は、前半9ホールは独りで、

後半9ホールは、韓国航空の機長さんと一緒、でした。

この機長さん、昨日着いて、明日の夜のフライトなのですが、

今日は36ホール回ったそうです(最後の9ホールが僕と一緒)。

元気で、礼儀正しく、気持ちの良いゴルフでした。

スコアは、久しぶりだったわりには、大きく乱れず、

40+44のトータル、84。

後半、ビールを飲んだ後の3ホールが、トリプル、ボギー、ダブル、

と6オーバーだったので、どうなることかと思いましたが、

なんとか、パーが拾えるようになり、スコアがそれなりに

落ち着きました。

ビールが影響しているわけでは無いと思うのですが、

たまたまスコアが乱れたのと一致していたので。

今日の記憶は、J's Professionalという一番古いアイアンを使って、

その打感の良かったこと、

パッテングが、3パット1回で、不安がなかったこと。




最近、映画館にかかる映画が、英語版が少ないので、すぐ観尽してしまいます。

そこで、DVDを買ってきて、自宅で観るこを最近、始めています。

英語音声、タイ語スクリプト、条件です。

古い映画を、デスカウント価格(100バーツ以下)で探します。

条件は、いろんな賞を貰っている作品か、まったくの娯楽作品。

食事用のテーブルに、PCを置いて、椅子を二つ並べて、

見ています。

船上のピアニスト(Legend of 1900)、

戦場のピアニスト(Pianist)、

などを見ました。

そして、昨日は、彼女が「おくりびと(The Departure)」をみつけて、

是非見たいというので、買って、その夜のうちに、みました。

僕は、この映画の、おおもとになっている作品も読み(納棺夫日記)、

映画も観ているので、彼女がどんな感想をもつのか、

楽しみにしていました。

(僕は、この「おくりびと」について、以前ブログで書いたことがあります)

結果は、

最初は笑い転げながら、そして最後には涙ぐむ、という風で、

彼女なりに十分内容を楽しみ、理解したようです。

この映画の中心である、人間主義、ヒューマニズムは、

やはりアカデミー外国作品賞を得るだけあって、

彼女にも、通じたようです。

元の作品の持っている宗教観は、単なるヒューマニズムでは終わらなくて、

その作者は、この映画の原作者である、ことの表記を拒んだ、

というようなことは、彼女に説明はしていません。

もう少し経って、もういちど見直してみよう、

というときに、話してみようかと思っています。


今日は、アル・パチーノの、ギャング者の映画を見る予定です。

僕は、こうしてブログを書き、

彼女は夕食の後かたずけをしています。

外は、木曜日で、

団地通りでは、恒例の「ナイト・マーケット」が真っ最中。


平凡な、一日が、

終わりの数時間、

まだ生き生きして、

過ぎていこうしています。


今日も、

感謝、

を。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
日時感覚のない話になりますが、

浅川マキさんが、今年の1月に亡くなったことを昨日、知りました。

ネットで朝日新聞を読んでいたら、名古屋の公演中に亡くなった、

という記事が出てきたのです。

僕は、すっかり、今月(10月)のニュースかと思ってしまったのですが、

よくよく読むと、すっかり過去のことなのでした。

浅川マキさん急死 公演先ホテルで倒れる


こんな大事なことを今まで、知らないでいたのですから、

僕は、浅川マキさんのファンではないのでしょう。


いや、それは、違っています。

僕は、浅川マキさんのファンでした。

ただ、毎日、彼女の唄を聴く、というようなファンであったことはありません。

なにかの拍子に、ちょっと落ち込んだ時、

そして、なにか悲しいことに出逢ったときなど、

そんなときだけ、

その憂いや悲しみに、ぴったり浸ることが、必要なときだけ、

聴いてきたような気がします。

それが、なぜか、いつも、

僕のこころを、なぐさめ、

少しずつ、蘇らせて、くれたからです。


そんなことですから、浅川マキの唄というものを、

しばらく思い出さない時間も結構あったり・・・。



僕は、歌手の歌を直接舞台に聴きに行く、ということは、

数えるくらいしかありません。

浅川マキさんの唄は、神田公会堂だったか、

一度聴きにいきました。


浅川マキさんの初アルバム「浅川マキの世界」も持っていました。



彼女の逝去を、遅ればせながら知って、驚きましたが、

その最期のありようを聞いて、良かったなぁ、と思いました。

67歳まで、現役で活動されていたんだ。

(すっかり白髪が増えたと聞きましたが、舞台ではどんな姿だったんでしょう)

最後は、公演中だったんだ。

まさに彼女らしく、一人、静かに旅立ったんだ。



昨夜は、彼女を偲びたく、YOUTUBEで、いろんな曲を聴きました。

その中で、これが、一番。







<もし、私が一人の傷心を癒すことができたら、

私は無駄にいきたことにならないだろう>


エミリー・ディッキンソンの詩を思い出しています。


あなたがいて、よかった、

同じ時代に生きて、しあわせだった、

ありがとう、

ござました。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
昨日の記事、REDに関連して、

感じるインタビューがありましたので、紹介します。

朝日新聞の<どらくインタビュー(148回)>、

昭和最大のミステリー「3億円強奪事件」を題材にした映画「ロストクライム -閃光-」

に主演した奥田瑛二さんのインタビューです。

奥田さんも今年60歳になるんですね。

インタビュー記事の一部、引用します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――映画で奥田さんが演じる滝口刑事は、定年間際になり、ある事件をきっかけに、ずっと心にくすぶっていた「3億円事件」の深層に迫っていきます。

彼は40年、始末をつけられずにいた事件に対し、そのまま知らないふりをして定年退職することができなかった。

曲がったことをそのままのみ込めない男で、警察官としての正義を全うし、信念を貫くことが彼にとって正直に生きることでもあったわけです

僕だって酒を飲んだり、女性が好きだったりして、はたから見ればすごく不埒(ふらち)でいい加減に見えるところもある。

でも、本当は何をやりたいのかという志は芯の部分に頑(かたく)なにあって、それに向かってどう人生を生きていくかをすごく考えます。

人としてそれはとても大事なことだと思っているから。


――定年だからと人生までリタイアせず、自分に正直に生きてほしい
そう。

あきらめきれないものがあるなら、ちゃんとそれに向き合いましょうよ」と言いたいですね。

それと、自分に確固たる思いがないとしても、少なくとも老人たちはもっと若い人たちに語るべきだよね、経験してきたことを。

おとぎ話も戦争体験のことも一切話さなくなったというのは本当に残念。

結局、年を取ると社会から離脱し、老人介護というホスピタリティーの中に閉じ込められ、元気をなくしていくしかない。

そういう社会構造になってしまっているのが悲しい。

――社会全体が疲弊し、ゆがんだ構造に


だから、モンスターペアレントが生まれたり、幼児虐待があったりするわけで。

地球から緑が失われているのと同じように、人の心も枯渇してきている。

経済戦略のエコ以上に今大切なのは、人間の心のエコでしょうね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この滝口刑事って、往年の松本清張が描いたような、昔気質、職人気質の

刑事役になっていくようですね。

団塊世代も、そんな色分けがされるようになったのでしょうか。

あるいは、彼は、団塊世代のあこがれるのが、そういう一昔前の、

人間タイプだというのでしょうか。。。

REDの映画とならべて観てみたいような気がしています。


団塊世代の記憶にある大きな事件のひとつが「3億円事件」ですよね。

他にも、もちろん沢山の事件がありますが、この事件は、

死者もでておらず、全くの完全犯罪で、不謹慎ですが、

なにか「愉快な」面を感じさせるものでした。

今、映画として描いて、どういうストーリーになったのでしょう。

興味があります。

あと、われらの時代の大きな事件のひとつに、「ケネディ暗殺事件」があります。

こちらは、2039年に、アメリカ政府がこの暗殺事件の全ての資料を公開し、

最終報告をする、

こちらも非常に興味があります。

あと、20年、それまで、元気に生きているいるつもりです。^O^



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


と公約しています。
映画を観に、モール・バンカピに行ってきました。

Major Cineplexには、12館ぐらいのシアターがあるのですが(正確な数字でなくてすみません)

最近感じるのは、英語で鑑賞できる映画が少なくなってきているのではないか、と。

英語で鑑賞、というのは、普通の音声が英語か、字幕が英語か、

どちらかを指します。

それが、以前は、半分の映画館は、どちらかの映画を提供していたのですが、

今は、3分の1くらいになってしまったかのようです。

先日パラゴンの映画館に行って、英語の映画が多く、全然違う印象を受けたものです。

それは、ラチャダーのEsplanadeでも、英語の映画には困りませんでしたので、

ここバンカピの特徴なのでしょうか。

それは、バンカピに住む、外国人がやはり少ない、

ということなのでしょうか。

バンカピにもどんどん外国人が進出している、

といううわさと逆行しているような、映画館事象です。


それで、観たい、あるいは観れる映画は英語のものなので、

Coming Soonの宣伝の段階から、次は何を観ようか(観れるか)と、

予定を立てています。


今回は、それが「RED」でした。



REDとは、Retired Extremely Dangerousという意味なのですが、

退職した元CIA調査官たちの活躍する映画、です。

これらの元CIA調査官は、ベトナム戦争とか、過酷な冷戦状況を

生き抜いてきた人たちで、飛び切り優秀だと言うように描かれています。

たとえ退職したあとでも・・・。

アメリカでも、団塊世代(彼らはベビー・ブーマー世代と呼ぶ)に対する、

思い入れは、日本と同じなのかなぁ、という想像を掻き立てられました。

団塊世代を応援する見方が一方であり、

もう一方は、彼らと後世代との葛藤、という見方です。

いずれにしても、僕は、定年を迎えた団塊世代への応援歌だという

思いでみていました。


五木寛之さんが、下山の哲学、と言うことを語っています。

(五木寛之さんは、僕は以前、エンターテンメント作家ということで、

あまり読むことは無かったのですが、最近の親鸞を中心に展開する

宗教観やエッセイが好きになり、さかのぼってエンターテンメントの

小説も楽しめるようになりました)

長いですが、引用させてもらいます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「登山」という言葉を聞くと、私はいつも不完全な言葉のような気がします。

なぜなら、登山した人は必ず下山をします。

登ったきりで終わるわけではなく、山登りには必ず山下りというのがあって、登山に成功したなら今度は安全に下界までたどりついてはじめて「登山が成功」したことになるからです。
・・・・・
重い荷物を背負ってひたすら頂上をめざしている最中は、下界をふぃりかえる余裕もなく勢いをつけて必死で登っていく。

そこには、やがてあの峰に登れるのだと思える喜びがあります。

しかしまた下りていくときには、何かを達成してという満足感と心のゆとりが生まれているはずです。

ゆったりと、下界を眺めると、遠くに海が、あるいは北アルプスが、町並みが見えたりもする。

「ああ、あれはあんなところにあったのか」と眼下の世界を俯瞰しながら、自分の足元に目を移すと、高山植物が綺麗な花をつけている。

「よくもこんな高いところで、可愛らしい、美しい花をつけるものだな」と小さな花をめでたり、思いもかけず雷鳥を目にして、うれしくなったりするだろうと思うのです。

山を登ることも大事だけれども、山を下りることも同じように大事。
・・・・・
人生百年という今の時代でいうなら、五十歳くらいまでに山を登りつめたなら、そこで十年ぐらいは頂上にとどまったとしても、それから先は六十歳からの長い下山を始めないといけないわけです。
・・・・・
山を下るには登ることにもまして努力もいりますが、他方では楽しみもまたあるはずです。

登っていくときより、下山の方が危険だという人がいますが、そこで心を落ち着けて山を下っていくということが、登山という行為の中でとても大事な、また中味のある部分なのだと私は思います。

             「人間の覚悟」第三章から 新潮新書

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

最近、若い世代が、高齢者を「ジジイ」と呼ぶ傾向にあるように思います。

そこには、若い、ということにこそ価値がある、という傲慢な思想があるのではないか。

そう言うならば、高齢者からみたら若い世代は「餓鬼」である。

これもまた、傲慢な言い方、だと思います。


みんなが、上の、人生の下山を行っている高齢者にも、

必死に登山に挑んでいる若者と同じような敬意をもって接するような

社会が来ないものかと思います。


僕個人としては、

そういう社会になろうとなるまいと、

人生の下山の過程を、

楽しみ、味わいつくして、

生きていきたい、

と願っています。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


今日がコサメット、最後の日、朝の散歩に出かけました。

なんということでしょう、

この旅行期間中、最良の天気ではありませんか!

朝陽はきらきら、サイケオ・ビーチの白い砂もきらきら、

輝いてみえます。



201016sametmorning1
今朝の気分は、どんなですか?


20101516sametmorning2
そうですね~!?


20101016sametmorning3
こ~んな、感じ!


危険、元気すぎる。

昨日は途中で引き返してしまったのですが、

サイケオ・ビーチを、ずーっとパイ湾の方へ

歩いてみました。

20101016sametmorning4
気分を出して、歩いています。


サイケオ・ビーチの最終点にくると、

像と看板が立っています。


20101016sametmorning5
サイケオ・ビーチの端までくると、
人魚と王子の像がありました。
なにを観察しているのかな。

20101016sametmorning6
そして、いまさらながら、
Welcome to Koh Samed、
の看板。


そして、驚いたのは、サイケオ・ビーチから、

となりのパイ・ビーチまで、

浜辺伝いに歩いていけることの、

発見でした。


20101016sametmorning7
おや、大発見。
看板のある岩を越えて、歩いて先へいけるのです!


20101016sametmorning8
おーっ、昨日あれほど苦労してバイクで行った、
パイ・ビーチが見える、歩いていける!
昨日軽い食事を取ったレストランが見えます。
砂の家の犬も見えます。(ウソ、です)


この朝の海の美しさに、

彼女の心にメラメラと新しい野望が・・・。

恐れてはいたのですが、

チェック・アウトの前に、もう一度シュノーケルがしたい。

と言うのです。

まぁ、この天気だから、

そんな気になるのも、仕方がありません。


さっそくロッジにもどって、

朝食を取ります。




20101016morningmeal1
アメリカン・ブレックファスト。
ビーチに開いたレストランは快適です。


20101016morningmeal2
スペースもゆったり。
タイ人客が多いようです。
外国人は、その朝の食事では、僕だけでした。
タイ人は、ほとんどがタイ・ブレックファスト(おかゆ?・・・)
を取っています。



昨日泊まった、レ・ブランクの裏の、隠れビーチに出かけました。

シュノーケルにもかなり慣れたので、

こちらの岩肌から、あちらの岩肌へ、

いろいろに移動します。

水の透明度も、今までの最高で、

多くの魚も観る事ができました。

それでも、1時間近くも続けて泳いでいると、

さすがにクタクタ、です。

僕は、グロッキー気味で、

コサメットのシュノーケルも

ここで〆、

となりました。


ホテルへもどり、チェックアウトし、

バイクを返して、

ナダン港へ、歩いて行きました。



20101016sametdeparture1
コサメットともお別れです。
来る船もあれば、帰る船もあり。。。

20101016sametdeparture2
おや、雨が。
あれほどの快晴、だったのに、びっくり。


20101016sametdeparture3
だんだん、強くなって。

20101016sametdeparture4
最後はこんな風で。
10分間の、モスリム風衣装体験?
(おっと、不謹慎、過ぎたかな?)
おかげで、無事にバン・ペー到着しました。


予定では、ここからパタヤのジュムステインに向かい、

もう1泊する予定だったのですが、

この雨と、シュノーケルの疲れで、

もうバンコクに戻りたい、

という気持ちが強くなってきて、

予定を変更。


桟橋から、バス・ステーションのある通りに抜ける場所に、

貝の飾りや、魚介類の干物など、

沢山のお土産店が集まった大きなセンターがあります。

彼女が、お土産を買いたい、

というので、しばし、センターの中を歩いて、

バス・ステーションに行くと、

チャードチャン旅行のバンコク行きのVIPバスが

発車寸前の状態で、待っていました。



20101016sametreturnbus1
帰りのバスで、
何を読んでいたんだっけ・・・。


このチャードチャンのバスが、なかなかバンコクに着いてくれなくて(^O^)、

4時間近くもかかってしまいました。

しかし、急ぐ行きの旅程ではないので、

イライラなく、バンコク到着。


今日は(も)、のんびりしたい、ということで、

夕食は、わがバンカピ団地通りの、いつものイサーン料理屋さんへ。

旅のあれこれを思い出しながら、

でも、帰ってくる場所がるから、

旅って、楽しいんだよね、

とかなんとか。


20101016bangkapiisaanrest1
わが、バンカピのイサーン・スキ、で
楽しく、無事だった、旅のお祝い。

20101016bangkapiisaanrest2
ウチャラポーンさんのブログから仕込んだ情報。
イサーン・スキを、雑炊で、閉めてみました。



こうして、4泊5日のチョンブリ・ラヨーンの旅も、

温かなイサーン料理で、無事、終えることが出来ました。

旅行前に、アドバイスをお寄せいただいた方々に、

お礼申し上げます。

ありがとうございました。

そして、

彼女に、

おつかれさま、

でした。




20101016sametsuvenior
これが、彼女が求めた、サメット島のおみやげです。
これが、たったの100バーツ。
彼女は、他のおみやげは要らなかった、ようです。



今日も、おしまいに、今の気持ちを映すような歌を、
と思いながら、サザン・オールスターズのこの歌を。
なんといっても、また美しい海で、シュノーケルを、
という想いが消えないように。。。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

実は昨晩、四日目が雨だったらどうしようか、と

考えていました。

雨のサメット島ではすることが無いから、

ラヨーンに戻って、スパトラランド果樹園にでも行って、

翌日天気であれば、またコ・サメットに戻る、とか。

それもこれも、当日朝の空模様しだい、と決めていました。

さて、その朝の、散歩です。



20101015samet2ndmorning1
この空です。
これから晴れていくのか、雨模様になっていくのか、
あまりはっきり読めない、微妙さ。
しかし、この手の広さに負けました。
今日、一日、サメット島の他のビーチを探検しよう!


20101015samet2ndmorning2
まずは、サイケーオ・ビーチの隣の、
パイ湾(Ao Phai)ビーチに行って見なければ。
浜辺を伝って歩いていけるかと思いましたが、
どうやら岩壁があるらしくも見え、
歩くのは、断念して、
上の道路を行くことに。
そして、それは当初の予定のレンタル・バイクを
借りることでもありました。

サイケオ・ビーチ入り口、すぐ右手にあるレストランで朝食。

さっそく、今日の行動の実行です。

ホテルを変えて、バイクを借りて・・・。


20101015sandsearesort1
まずは、ホテルの変更。
朝食帰りに寄った、サイケオ・ビーチ入り口にある、サンド・シー・リゾート。
あまりに便利なところにあって、見落とし気味なのでは
なかったかなぁ。



20101015sandsearesort2
建物は新しく、きれいに管理されている様子です。
朝食付きで2000バーツ(朝食無しで、1800バーツ)の部屋。
これは、カップル用ですが、家族用の大きめの部屋もあるとのこと。
僕達が泊まったのはA10号室、です。
入り口に、足洗い(砂落とし)の水桶があるのがうれしい。


20101015sandsearesort3
この小道を通ってビーチへ出ます。
一番の部屋は、A1号室かB1号室、でしょう。
ビーチに面して、椅子つきベランダが張り出した、眺めの良い部屋。
朝から夜まで、ベランダで、ビールを飲み食事をしながら、
海と人の表情を眺めているだけで、くつろげるかもしれません。



20101015sametbikek1
これが借りたバイクです。
実は、最初、バギーっていうのか、4輪バイクの方が、
すべって転ぶこともないから安全だろうと考えたですが、
彼女に試乗させたところ、ハンドルが重くて、切れない、
というので断念。
タイヤがすこしマウンテン・バイク風のこれに、決めました。
一日、300バーツ。


20101015sametaophaiboard
公園入り口にある標識です。
まっすぐが、直ぐのサイケーオ湾。
パイ湾、
ウオン・ドゥアン湾、
みな右へ。


20101015sametmap1
サメット島の全体図です。
右上のサイケーオ湾から、
一番下の、カラン湾まで行ってみたい、
と思っていました。
南端に行くほどに、シュノーケルに良い湾がある、
と聞いていたからです。


20101015sametmapsaikaew
これがサイケーオ湾。


20101015sametmapwongduan
これはウオンドゥアン湾。
地球の歩き方では、「人気があるため、最も騒がしく物価も高い」、
と書いてありましたが、どうでしょうか。
僕がナダン港から乗ったソンテオの乗客は、若いグループで、
サイケーオ湾では降りませんでしたから、多くはこの湾に
来たのではないかと想像します。
僕がこの湾に降りた感想でいうと、意外に小さな湾でした。
しかし、大きなホテルも大きなレストランもありません。
最も物価が高い、ということは無さそうです。
たぶん、若い人たちが多く、騒がしい、というのは
あたっているかもしれません。

20101015sametmapkarang
そして、最終ゴールのカラン湾です。
右下のくびれたところ。



20101015sametroad2
ところが、その道路が、
始まりから、こんな状況です。


20101015sametroad1
かなり、酷いではありませんか。



20101015sametroad4
いや、酷すぎる。



20101015sametroad5
道路の良い状態で、こんな風です。


悪路の連続がこれから続くのですが、

つくづく写真を撮っておけば良かったなぁ、と思っています。

とにかく、洪水で何度も、何度も削り取られた果てのような、

ボコボコ、穴だらけ、段差だらけの道路が、

50メートル登れば、次は50メートル下る、

と続くのです。


写真に残しておけば、きっと、良い思い出になったでしょう。



いずれにしろ、勇気りんりんで、走り出した彼女だったのですが、

あまりの悪路の連続に、

パイ湾を越えて(徒歩で10分、といわれている距離です)、

次のタプティム湾を越えたところで、ギブ・アップ。

50メートルほど続く悪路の下り坂を見て、

危険を感じたらしく、

戻りたい、と。


それで、走り出して、30分も経っていなかったのですが、

パイ湾にもどって、そこでシュノーケルを楽しむだけに

しようと、合意。

ガタン、ガタンと揺られ、泥水を避けながら、

ほうほうの体で、戻ってきました。



20101015aophaiflower
パイ・ビーチの一部です。
白い砂浜は、変わりません。
きれいな昼顔の花が、いっぱい咲いていました。


20101015aophaidog
野良犬が、
砂のお家で、
お昼寝です。
2、3匹、こうして寝ていました。
のどか。。。


パイ湾にあるレストランで、軽い食事をして、

いざ、シュノーケル、です。

水が、昨日の海よりきれいで、

色とりどりの魚を観ることも、出来ました。

僕としては、

これで満足、

という思いだったのでした。


ところが、

昨日より美しい魚が見れたことが、刺激したのでしょうか。

彼女に、また、ムラムラと、

南端の湾に行って、サンゴ礁を見たい、

という思いが湧き上がってきたようなのです。

「だって、バイクが危ないからって、あきらめたんでしょ」

「だから、あなたが運転したらどうか、と思うのよ」

「エ~ッ」

今まで、僕は一度もタイでバイクに乗ったこともなければ、

彼女を後ろに乗せて走る、なんて考えたこともないのです。

日本で、50CCのスクーターで走っているだけです。

つい一昨日も、二人乗り自転車でさえ、僕が前に乗ってこぎだすと、

ハンドルがふらふらして、まっすぐに進めない、

と彼女がこぼしていたのです。


まぁ、しょうがない、っか。


ということで、それから、語る言葉もないほどの

苦労と努力、

そして道に迷いながらの、

悪戦苦闘が始まったのでした。

節目ふしめに、

「もう、ここらで戻ろう、右へ曲がろう」、

と言っても、

「いやあよ、左に行って、

左はこっちですよ~、

ああ、

すごい、

うわぁ~、できるんだぁ、

ますます、シャープになってきた、

プロみたい、

大丈夫、大丈夫」

と言って聞き入れてくれません。


そして、とうとう、


20101015sametsunsetview1
島の西側の、
サンセット・ビュー・ポイントまで
やってきました。
パイ湾で、シュノーケルをしたまんまの格好で、
来たのです。
僕も、海水パンツにTシャツです。


20101015sametsunsetview2
なんともみすぼらしい、というか、
寒々しい、というか。
いえ、サンセット・ビューポイントのことではなく、
僕達の格好が、です。
ここには、他にも、何人も人が来ていましたが、
僕達を多少変な目で見ていたような・・・。


あと3キロだ、という標示があり、

ここまで来たら、戻っても危険は同じ、

行きたい、というところまで、

行ってやろう、としか考えられません。

そして、バイクで行ける最終点らしき所に、

10台ほどのバイクが停車してあります。

急な坂の下に、リゾート・ホテルがあり、

そこで働いている人が駐車しているらしい。

僕達も、バイクをそこに置いて、その坂道を下りました。

ホテルの若い従業員が、出入り口にいて、

カラン湾はどっちですか、

と訊くと、

この道を通って、1キロですよ、

と親切に教えてくれます。

遠いから、やめたほうがいいですよ、

とでもその従業員さんに、言って欲しかったのですが、

そのような注意はありません、

きっと、多くの人が、ここから歩いて行くのでしょう。

もちろん、彼女が、1キロ歩く、なんてことにへこむわけがありません。

逆に、眼がキラキラしているではありませんか。


それは、500メートル登り、

500メートル下る、

という、正確に1キロの距離でした。

蚊の多い、山道で、

僕のご機嫌をとりたいのでしょう、

「モスキートー、ゴー・アウェイ、

モスキートー、ゴー・アウェイ」

とタオルで僕の肩や足を叩きながら、

歩いて・・・。



20101015sametparakangbeach1
ついに、パカラン・ビーチです。


20101015parakangbeach2
静かな湾。



20101015parakangbeach3
岸から50メートルほどの所に、木製の浮きハシケが見えます。



海岸に面してあるただ一軒の喫茶・レストランで休憩。

他に学生グループと見える6名の男女が、食事をしていました。

レストランにつながるロッジ宿泊している様子です。

湾の方を見ると、

なにやら10名ほどの客を乗せたボートがやって来て、

シュノーケルを始めだしたではないですか!

そして、彼女がめざとく、ロッジの庭に干してある、

ライフ・ジャケットを見つけて、

(フローティング・ベストとか、シュノーケリング・ベストと言うのですか)

レストランの管理者に、

「ここでシュノーケルをするときは、ライフ・ジャケットを

着なければいけないの?」

と訊きます。

「そうです、それをお勧めしています、

1着、120バーツでお貸ししています。

あのハシケのあたりが見所ですよ」


僕は、財布をバイクのポケットに残してきたので、

現金は250バーツしか持っていなくて、

すでに、ココナッツ・ジュースと、スプライトとスナックを、

そこで使っているので、残りは120バーツしかありません。

しめしめ、と思って、

「君だけ泳いで来ていいからね」、

というと、

いっしょに泳ぐのでなければ嫌だ、

と言って、


二人分で(有り金全部の)120バーツに値切ってしまいました。


しょうがないなぁ。

まぁ、いま3時だし、最後の1時間。


生まれて初めて、ライフ・ジャケットを着て、

泳ぎました。

しかし、かなり、良いものですね。

シュノーケルの使い方が悪くて、

水が入ってきても、

安心してぷかぷか浮きながら、

装着しなおすことが出来ます。

これなら、長時間、かなりの距離を、

岸から離れても、泳いで行けます。


そのハシケの傍や、

シュノーケル・ツアーで来ているのでしょう、

そのボートの人たちの近くまで泳いでいって、

水中を眺めました。

非常にクリアーな水の状態、

ではない日だったと思いますが、

サンゴ礁も見えて、

(近視なので、僕にはボンヤリ、でしたが)

彼女は大満足のようです。

これで、やっと、戻れます。

ちょうど1時間、カラン湾で過ごしました。



そして、また、

僕にとっては、死に物狂いの、

悪路との闘いに打ち勝ち、

無事にロッジに戻って来てみると、

5時近くになってました。



それから、1時間ほど休憩して、

コ・サメット、2夜目の夕食へ。

昨日は、ただでファイヤー・ショーを楽しませてもらったので、

今夜はそのレストランへ。


20101015sametnight1
夕方始めは、雨もなく、
昨日は見られなかった、コーム・ファイもちらほら
上っています。
今日は、足の長いテーブルと椅子、ではなく、
ビーチにゴザ、その上に低い、やわらか布団の座椅子。


20101015sametnight2
こ方式のビーチ・テーブルは、
より一層、リラックスできて、
恋人達も、濡れる浜辺、の夜です。


20101015sametnight4
僕たちカップルも、
注目を浴びる、なにかをしたのでしょうか。
ちなみに、後ろのテーブルの右端の人は、
男性です。
関係、ないっか。。。


20101015sametnight5
7時半を過ぎて、そろそろファイアー・ショーの準備かな、
と思っていると、
予想に反して、バンド演奏が始まりました。


20101015sametnight7
この女性歌手が、呼び込んだのか、
歌いだしたときから、雨が降り始めました。
昨日とは逆で、
だんだん天気が悪くなっていく様子。


20101015sametnight6
他のお客さんも、ファイヤー・ショーをあきらめて、
どんどん帰り始めました。
今日は、なにがあっても、彼女はニコニコです。

そして、僕達も、ファイヤー・ショーを見ずに、

ロッジへと戻りました。

なんだか、

今日は、

冒険したなぁ。

そんな一日でしたが、

これも、

彼女がいたから、

新しい思いを、

感じました。


ありがとう。



旅の雰囲気を自分自身に残しておくために、
歌を添えることにしました。
今日は、なんだか、はちゃめちゃな一日だったようにも思います。
そこで、そんなサザン・オールスターズの、一番好きな歌。






↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

3日目の朝。

旅に出てから、一度も泳いでいないので、サメット島へと気がはやります。

朝食は、オーキッド・ホテルまで出かけました。


20101013rayongorchidhotel
部屋代を訊ねると、900バーツから。
KRパレスは690バーツですから、まぁ、大差はありません。
朝食が、アメリカン・ブレックファストだけで、ブッフェ式ではありませんでした。
しかし、一人、120バーツで、安かったです。

ソンテオでバス・ステーションに行き、バン・ペー行きのソンテオに乗り換え。

バン・ペー行きは、ソンテオだけでバスは無し、一人30バーツ。


バン・ペーまでの道は、昨日バイクで通った道で、かなり遠くまできていたんだ、われながら感心。

30分ほどでバン・ペーに着くと、コメット島行きの桟橋がいくつかあります。

どこで降りようか迷っていると、コメット島行きは、ここで降りて、との案内。

降りると、先回バンコクからバスで直接やってきた桟橋ではなく、

なにやら小さめです。

そして、さっそく客引きが来て、もうそこを使うしかない、という気配。

こういう、ソンテオ運転手とつるんだような客引きが、気に入らず、

その周りに居たタイ人に、ここではない、バンコクからの旅行者が一般に使う

桟橋を教えて欲しい、と頼むと、左へ戻れ、と言います。

ここで、もうちょっと気をつければ良かったのですが、

そのタイ人の言葉を鵜呑みに信じて、歩き出しましたが、

いくつかの桟橋は通過するものの、僕の記憶にある桟橋ではありません。

1キロ以上歩いたあと、もう一度、タイ人に訊くと、

それはムアン・テップ桟橋だろう、と。

今来た道を戻れ、という。

バイク・タクシーで15バーツだと、教えてくれた人が言うので、

バイタクに乗ろうと値段を確認すると、彼は、20バーツだと言う、

なんだか気分が悪くて、強引に15バーツに値切って、

ムアン・テップ桟橋に着くと、なんとそこは、

ソンテオで下ろされた桟橋から30メートるほど先の、

終点桟橋なのでした。

あ~あ、タイ人の嫌がらせに合ってしまった~、

って感じですね。




20101014banphaepier1
これが桟橋。
見えてる船で、渡ることになります。


バン・ペーに着いてから、いらぬ時間を食ってしまったので、

チケットを買ったのが11時過ぎてしまいました。

往復の船賃が一人100バーツで、帰りの日時は自由。

次の船は、お昼ごろ、だと言います。

スナックとビールを買って、桟橋の待合場で待っていると、

女子大生のグループがやって来て、その中の中国人らしい女性が、

「あの船は、20人以上集まらないと出発しない、

しかし、1000バーツ出せば、出発してくれるので、

その分をシェアーしてくれないか」

と言う相談です。

女子大生グループは6人、僕達と合わせて8人です。

11時20分ころでしたから、僕はお昼までには、バンコクからのバスも到着し、

20人以上になるのは確実だろうと判断して、

「もう少し待ってみるよ、あと30分たっても人が来ないようだったら、

また、相談しよう」

と答えました。

それにしても、感心したのは、二人以外はアメリカ人か欧州人と思うのですが、

英語で堂々と交渉してきたのが、中国人女性だったことです。

アマリカ人もおとなしくなったもんだ、というか、

恐るべし、中国人、というか、

なにか、自信に溢れているようでした。





20101014banphaeship1
予想通りに12時前には、20人以上の旅行者が集まって、
船上へ。
なにやら資料を確認しています。


20101014banphaeship2
行ってきま~す、
バン・ペー桟橋を後しにします。



20101014banphaeship3
これで、いよいよサメット島だと、
くつろぐ彼女。
波も高くなく、雨も降らず、船酔いに心配もない、
40分程の、工程です。


20101014sametpier
とうとう到着。
サメット島の入り口、ナダン港です。

ここから、ソンテオに乗り、サイケーオ・ビーチへ。

一人、20バーツで、10人ほどいた乗客のなか、サイケーオで降りたのは、

僕達二人だけでした。

ソンテオを降りる前に、公園管理員が来て、入場料の支払い。

タイ人が40バーツ、外国人は200バーツです。

(1時、外国人は400バーツになったことがあったそうですが、

不評の声高く?今は200バーツすぐ値下げになった、とか)



0101014sametparkentrance
公園管理事務所前の、
サメット島の看板、です。


20101014sametbeachentry
サイケオ・ビーチへの通路。
ここを通りぬければ、真っ白な砂浜の、始まりです。


宿泊場所は、実際に見てから決めたい、ということで、

浜辺を歩き始めます。


先来たときとは(1年ほど前)、大分様子が違ってみえます。

多くのホテルやロッジが、改装や新築されている様子。

ビーチに直に向き合ったバンガロー風建物が殆ど無くなっていました。

1軒目は、1200バーツ。

他になかったら、最悪ここでもいいかっ、というロッジ。


20101014samet5stars
2軒目は、5つ星という新築ホテル。
空いているのは、4000バーツの部屋のみ、だと言う。
一応、(内心は、直ぐに却下)、検討してみるか、と。
韓国人のツアー客で一杯のようでした。


201014sametleblanc1
そのホテルの隣、ちょっと奥まったレ・ブランク(Le BLANC)から声がかかって。
3500バーツ(朝食無しなら3000バーツ)の部屋と、
2500バーツ(朝食無しなら2000バーツ)の部屋を見せてもらい。


20101014sametleblanc2
2000バーツで決着、
です。
エア・コン、温水シャワー、タオル、石鹸、シャンプー、TVあり。



20101014sametleblanc3
ビーチへも直ぐです。
そして、奥に行くと、裏庭のようなビーチがあります。
シュノーケルには、もってこいのようなビーチなので、
簡単に決断できました。


チェック・インを済ました後、

近くのレストランで簡単にお昼ご飯を食べて、

いざ、シュノーケルを!

と、ホテルの裏側海岸でトライしてみましたが、

水が十分に澄んでいないためか、

岩伝いに泳いでいっても、

やっと数匹のお魚と出逢えただけ。


ちょっと、がっかりしながら、

ホテル正面のビーチに移動して、


ここでも、少しの魚が見えただけ、でした。

しかし、時間はたっぷり、2時間ほども、

足ヒレをつけて泳ぎましたので、

身体には満足な運動量で、

達成感はありました。

シュノーケルをつけての泳ぎ方にも、

大分慣れて、うまくなったようです。


ロッジに戻り、一休みして、

最後のお楽しみの、夕食です。



20101014sametnight1
ところが、夕方から、ごらんの通り雨になってしまいました。
バンコクから、傘を持って来ていましたが、
あまりに準備が良かったから、雨になってしまったのか?


20101014sametnight2
それでも、たっぷりシーフード。
蟹は、キロ600バーツというので、
どれくらいの蟹になるのか試しに計りに乗せてもらうと、
2匹乗せても600グラム位です。
それなら、600バーツ以下だ、安い、ここにしようと、
決めたあと、実際に食べる蟹を選択段になると、
大きめのを乗っけて、2匹で1キロ・・・。
うまい、商売です。^O^
それでも、あれこれ食べて、合計1200バーツなので、
満足でした。




20101014sametnight3
見ると、小雨になっていて、となりのレストランでは、
有名なファイヤー・ショーが始まるらしい様子。
これは、見て帰りましょう。


20101014sametfire0
これが、そのフャイヤー・ショーを見せてくれるレストラン。
僕が食事したレストランはその隣です。
シーフード・レストランとしては、僕の食べた所の方が、
良いと思います。


20101014sametfire2
しかし、フャイヤー・ショーは、
楽しめます。


20101014sametfire3
ダイナミック。



20101014sametfire1
ナイス・ショット。



20101014sametfire4
>
演技者の皆さんへ、
わたしから。


20101014sametfire5
ありがとう!


こうして、コ・サメット、

第一日目が、

終わりました。


旅の雰囲気を自分自身に残しておくために、
歌を添えることにしました。
海の旅ですので、今日もサザン・オールスターズの歌で・・・。
今日は、十分に海とたわむれることができ、
海に愛されたかなぁ、という気持ちが残りました。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
昨日はシラチャー到着後、ほとんどバンセーンに行くことに

明け暮れたので、シラチャーのことがなんにも分かっていません。

せめて、海岸通りだけでも見ておこう思い、朝の散歩がわりに出かけました。

APコートを出て、スクムビット通りに出るところに、トクトク・タクシーが

止っています。



20101013srirachasonteo
これで出かけました。
一人、30バーツです。
僕が、タイの乗り物で嫌いなのは、座ると、
ほとんど外の景色が見えなくなることです。
視線の高さが、たとえばトクトクの屋根にあたって、
よほど体勢を低くしないと外の様子が見えません。
これでは、乗り物は、ただA地点からB地点への移動手段にしかならず、
トクトクを使って市街見物、などできません。
今日も、どこをどう通ったのか、よくわからないまま、
海岸へ到着しました。



20101013srirachaclocktower
クロック・タワーのある所で降りました。
シラチャーとしてはスペース感のある場所が、
ここから続きます。



20101013srirachajoggingcourse
海岸沿いにある、ジョギング・コースですね。
気持ちが良さそう。
でも、運動している人は、居ませんでした。


20101013bridgetokholoy
ロイ島に架かる橋を歩いて渡ります。
車の通りも無く、人通りも無く、静かです。
9時前、ではありましたが・・・。


20101013kholoyentrance
ロイ島、到着!
という感激はありません。^O^
歩いて5分もかかりません、ので。


20101013kholoyturtlestatue
島になにがあるのかなぁ。
亀の公園だと聞いていたから亀はいるはず・・・
と探して、亀の像を見つけて喜んで写真を撮ろうとすると、
彼女が「アッチに何かあるよ~」と、
叫びます。



20101013kholoyturtlepark
そう、タートル・パークはこちらでした。
でかい亀がうようよ、居ます。


20101013turtlefishstatue
亀の上にお魚が乗っています。
なにか、メッセージがあるのでしょうか。
分かりません。



20101013kholoychinesedragontemple
そして、ドラゴンで装飾された中国式お寺、です。
ロイ島のシンボル・マークのようです。
ロイ島全体が約3ライの広さ、ということで、
僕としては、ライの広さの感覚を感じ取ろうと
してみました。


20101013srirachamap
シラチャーの地図です。
左手、下方に、ロイ島が、橋を渡って、示されていますね。


ロイ島内に待機していたトクトクで、ホテルに戻りました。

ロイ島滞在、30分、の旅でした。


これから、ラヨーンに移動です。

バスはどこから乗るのか、そのトクトク・ドライバーに訊いてみます。

すると、僕達が昨日、バンコクから来たときに降りた、

ロビンソンの前で、待っていて、

ラヨーン行きのバスを見つければ良い、とのこと。

そのアドバイスに従って、待っていると、

2台目のバスが、ラヨーン行きの1等バス。

一人、70バーツ。

パタヤ、ジュムステイン通りを右手に見ながら、走って、

ラヨーンまで2時間あまり。

ラヨーンのバス・ステーション到着です。

近くにレンタル・バイクがあれば借りようと探したのですが、

ありません。

教えてもらったKR パレスに電話して、部屋があるかどうか確認し、

ソンテオでの行き方を訊きます。

セブン・イレブンの前のむらさき色のソンテオに乗って、

と言うので、乗ってみたものの、

どこで降りたら良いのか、そこまでアドバイスを貰っていなくて、

ヒヤヒヤしながらでしたが、幸い、そのホテルの屋根を見つけることができ、

無事、到着です。


1室490バーーツの部屋を希望したのですが、

空いているのは、1室690バーツの部屋だけだ、といいます。

大した差ではないので、ここに決めましたが、

あとで、駐車場の車の数などからみると、

確かに、満室のようでした。



20101013KRpalace1
これがKR palaceです。
5階の左隅、L字型のベランダのある部屋が、割り当てられました。
ひろい部屋のようです。


20101013KRpalace3
合わせて80平方メートルくらいありそうな、広い部屋でしたが、
ソファなどもポツンとあるだけ、の感じで、広すぎです。



20101013KRpalace2
寝室です。
キング・ベッド。


20101013KRpalace4
バス・ルームです。
バス・タブも大きく、きれいです。
ゆったりできることに、間違いはありません。


20101013rayongcityhotel
スクムビット通りにあるラヨン・シティ・ホテル。


20101013rayongorchidhotel
その隣にある、ラヨン・オーキッド・ホテル。



20101013KRlotusview
KRパレスの正面ベランダから、
ロータスが見えます。(中央木の上)


20101013KRcityhotelview
KRパレスの西向きベランダから、
シティ・ホテルと、その先にオーキッド・ホテルが遠望できます。
(金色の三角屋根を乗っけたのがオーキッド)


ホテルで、レンタル・バイク屋さんが、オーキッド・ホテルの前にある、

と聞いて、

そこまで、5、6分歩きました。

1時間30バーツ、1日300バーツです。

1日借りることにして、さっそく出発です。

まず、地球の歩き方の小さなラヨーン地図で、

唯一、緑の公園として描かれているシー・ムアン公園に行き、

それから、ラヨーンの海岸を見てみたい、と思いました。

今回の旅は、海岸めぐりの旅です。




20101013srimuangpark
このバイクで、
彼女の運転です。
シー・ムアン公園です。


20101013srimuangpark2
実は、緑はあるのですが、あまり大きな公園には見えず、
本当にシー・ムアン公園なのかと、近くを走って、
他に公園があるかどうか、探してしまいました。
野外のサッカー場、フットサル場、テニス・コートなど。
図書館も公園内にありました。

さて、ここから、ラヨーンの地図上は、市街に対して南下したところが

海岸です。

なんとなく、繁華なイメージを抱いていたのですが、

完全に裏切られました。

それは、漁師のための海岸でした。

小型の漁船が沢山繋留されている港があり、

海岸は、浸食を防ぐブロックで囲まれた小さな浜の連続です。


20101013rayongseaside1
ここは、ちょっと大きめの浜ですが、
なんにもありません。


20101013rayongseaside2
漁師の子どもが遊ぶ以外、
市民の泳ぐ海ではまったくないようです。
魚つりは、できそうですね。


改めて、地球の歩きかたのラヨーンのページを見ると、

郊外にあるメー・ランプーン・ビーチが、

タイ人に人気のある雄大なビーチだそうです。

ここまで来たら、その郊外とやらがどれほど遠いかわかりませんが、

行ってみるしかありません。

実際のところ、バイクの二人乗りでは、かなり乗り応えのある

距離でした。

片道、1時間は走ったでしょう。

二人とも、お尻が痛くなって、帰りは大変な思いをしました。


20101013maerumpuengmap
長さ12キロメートルはある、というメー・ランプーン・ビーチの地図です。


20101013maerumpueng1
お客さんは、ぽち、ぽち、しかいませんでした。


20101013maerumpueng2
海水着は用意していったのですが、
ちょっと泳ぐ気にはならない気分。
まぁ、浜辺には立ってみた、ということで。


20101013maerumpueng3
別の場所からのスナップです。


そんなバイクの長距離ランをして、

ホテルで一休みしてから、

夕食です。



KR パレスのあるのは、ラバムルン通りで、結構飲食店の多い通りです。

その中に日本食屋さんが2軒ありました。

バンコクにチャンコ鍋で有名な本店があるという、

「初瀬」という居酒屋さんふうのお店で夕食をとることに。



20101013rayonghatsuse1
このお店では、チャンコ鍋はありませんでした。



20101013rayonghatsuse2
その日のお勧めの海鮮どんぶり、すき焼き鍋、
レバーニラ炒め、特性ぎょうざなどを注文。
ビールを含んで、800バーツほど。
値段のやすく、食欲を誘うメニューが目白押し、でした。



20101013rayonghatsuse3
写真写りが悪くて、申し訳ありません。
1階には、3つのテーブル席に、長いカウンタ席。
そのカウンター席にも、4組、5組。
また2階には、宴会のできるスペースでもあるのでしょうか、
日本人グループと、もう一つタイ人グループが、
続々、2階に上がっていきます。
とにかく、すごく繁盛しているお店のようでした。
周りのお店では、人の気配が薄い日でしたが、
元気なお店は、うれしいものですね。

20101013KRhotelgoodnight
忙しい一日も終わり、
無事、KRパレスに帰還。
駐車場には車が一杯。
このホテルは、企業の出張者の利用が多い感じですね。



ラヨーンは、のどかなハーブとか果樹園などの、

農業中心の街かと思っていたのですが、

海外地帯など、大きな煙突が立ち並ぶ工場の多い、

工業都市、という印象を強くしました。



今日は、ぐっすり眠れそうです。



旅の雰囲気を自分自身に残しておくために、
歌を添えることにしました。
海の旅ですので、サザン・オールスターズの歌で・・・。
今日のラヨーンの海は、ちょっと淋しげ。
だからこそ、海への慈しみが高まる一日でした。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
さて、岬のあたりには、中・小規模のホテルが点在しているのですが、

これは、かなり大きめで、屋根に御船を乗っけていて、

かなり面白いですね。



20101012bansaentophotel
ビルの屋上に船、なんて、
シンガポールのスカイパークを思い起こしました。
^O^。ちょっと規模が違いすぎますが・・・、
これも彼女と一緒だから思い出しだのでしょう。


ドルフィン・シンボルから岬を上に行くと、大きめのレストランも

ちらほら見えてきます。

昨年来たときに、夕食をとったのは、ここらあたりにある、

音楽演奏付きのレストランで、すぐ分かりました。



やがて、そうした観光施設が途絶え、静かなプライベート・エリアに入る感じ。

大きな、リゾート・マンションらしき建物が見えてきて、

ガードマンも居ますので、完成したマンションだと思いますが、

入居者が多い、という雰囲気が全然ありません。

売れ残って、いるのでしょうか?

投資で買ってみたものの、自分で使うでも無し、

借り手もおらず・・・なんて、勝手に不景気なことを考えてしまいました。



おや?

先頭の彼女が頭上の木を指さして、

「見て、見て」、と言います。

20101012bansaenmonkey1
おサルさんです。


20101012bansaenmonkey2
そして、道端にも。


20101012bansaenmonkey3
車の交通を見ながら、散歩でしょうか。

ここから、マンキー・マウンテンが始まるらしい。

Sam Muk Mountainは、小高い丘になっていて、

二人乗り自転車では途中から歩かねばなりません。

見上げると、丘の上の展望台らしきところに人影が見えるので、

彼女は登りたい、

と言います。

ところが、


20101012bansaenmonkey4
僕達を追い越して行った、高校生らしき二人組みが、
坂の中腹まで来ると、
突然数匹のサルに追い、襲われる、
ということが起こってしまいました。
高校生二人は面白がって、サルをからかいながら、
走って逃げ、登っていきました。

なんだか、やばい・・・。

ちょっと足元がおぼつかなくなってきます。


20101012bansaenmonkey5
それでも登って行ったのですが、
案の定、ふと眼が合ってしまった、やせたサルが、
猛然と金切り声をあげて、
僕に向かってくるではありませんか!
狂犬病を恐れる僕は、
狂猿病もあるだろうと、
ほうほうの体で、逃げ帰りました。


もう、それから先に行くのは中止。

もと来た道にもどって、夕食をとる場所探し、

です。



20101012bansaensunset2
日暮れ具合も良し。
大き目のレストランで、音楽を聴きながら・・・、
というより、もっと雰囲気のある、
あの方法で。


20101012bansaendinner1
そうです、僕達も、岸壁ゴザマットレス・レストラン スタイルで。
そばにいるウェイトレスさんに頼むと、
直ぐマットレスとテーブルが運ばれてきます。
大きめのシーフード・セットとビールを注文。
あとは、リラックス、するのみ、
です。


20101012bansaenjellyfish
彼女が、足元の海に、巨大なクラゲを発見。
写真写りが悪いですが、かなりの大きさ、でした。
こんな大きなの、見たこと無い、と彼女。
クラゲって、jellyfish、って言うんだったっけ。
食べれないよなぁ~。


20101012bansaendinner2
料理が運ばれてくると、今度は、
なに、この海老の足の長さは!
と彼女。


20101012bansaendinner3
あはは、こんなにも違うんだぁ。
周りを見ると、僕達のように、岸壁ゴザマットレス&テーブル組みが、
増えてきています。
みんな、この感じを楽しんでいるんですね。


ビールを飲んで、

マットレスに寝転んだ僕は、

ちょっと眠ってしまったようです。


20101012bansaendinner4
ふと気が付くと、彼女が立っています。
背景は、もうだいぶ暗くなって。


20101012ansaensunset3
帰り時間を、ちょっと名り残惜しんでいる様子。
しかし、ソンテオの帰り時間もあり、
そろそろ打ち止め、です。


20101012banseansunset4
今日の、夜空です。
お月さんも、見えました。
夕焼けは見れませんでしたが、
これはこれで、美しい、夜だったと思います。



下の2枚の写真は、昨年僕がバンセーンに来たときのサンセットです。

とても美しくて、感動しました。

2009bansaebsunset1


2009bansaensunset5


この感動を、今年、彼女と共有できなかったので、

また、近いうちにバンセーンに来なくちゃ、

と思いました。

彼女に、すばらしいものを、経験させたい、

って思うだけなんですが。


今日は、サンセットには出逢えなかったけれど、

君への想いは、

この寄せ来る海の波のようなんだよ、

昨日も、

今日も、

あさっても、ね。


(夕陽の代わりに、言葉で美しいことを

言ってあげました・・・)



パート1では、バンセーンの雰囲気を伝えるために、

サザン・オールスターズの歌を使いました。

くどいかもしれませんが、パート2もまた、

サザンの「夏をあきらめて」でクロージングします。

今、こんな雰囲気、なんです。






良いでしょう?



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
予定していた旅とはいえ、前の晩に急に出発日を決定したので、

ばたばたと荷作りをして、寝たのは深夜をまわっていました。

さて、12日(火曜日)の朝です。

ラッシュが終わる9時過ぎにコンドミニアムを出て、タクシーでエカマイ東バス・ターミナルへ。

小雨だったためか、渋滞があり、思いのほか時間がかかりました。

タクシーを降りるとすぐに

どこへ行くの、シラチャ?じゃ、こっちのバスで、

と呼び込みがくるのですが、こういうのは相手にしない方が無難。

シラチャに行くにはいくけれども、どこか行きのバスに便乗することになり、

けっして一番便利なバスというわけではないことが多いのです。

ふつうに、窓口まで行って、そこでシラチャ行きのバスは?

と訊いたほうが安心です。

バスは10時40分発、シラチャー行き、1級バス、一人88バーツ。

出発が15分ほど遅れて、シラチャーに着いたのは、12時を過ぎていました。

ロビンソンの前で下車。




各地に生活環境を少しでも知ること、が旅の目標のひとつでもあるので、

まずは、ロビンソンのフード・コートでの昼食、です。



20101012sriracha
フード・コートの料理は、どこも大体おんなじ味。
安心感がある反面、驚きもなく・・・。
まぁ、タイでは安心の方が先行します。


(特注:下のパラグラフは、10月25日に、書き改めた文章です。

オリジナルでは、僕が個人名を使うという勇み足をしてしまい、

削除の依頼が来たのです。勇み足には、それにいたった複線もあるのですが、

今や、せんないことなので申しません。ご本人には謝罪しました。

コメントには、貴重なシラチャ情報が多く、これはそのまま残しておあります。

本文とコメント欄と、多少ずれが感じるのは、後日の書き直しのためです)





バスで着いたシラチャ・ロビンソンの前から、APコートに電話すると、

一部屋だけ空きがある、とのこと。

非常に便利なところで、早速でかけ、部屋をみせてもらい、決定。

「シラチャは初めてで、どんな町か知りたくて来たんですよ」

と僕がいうと、応対に出た担当の方がいろいろ説明してくれました。

非常に気さくな方で、安心してホテルの泊まることが出来ると思わせてくれる人です。

「シラチャには2番目の日本人学校も出来るくらいですから、環境はいいんですね」

というと、面白い感想が返ってきました。

「シラチャは他の町にくらべてマフィアの力が強く、市内の中心地はピンクのネオンが激しいので、

いわば、シラチャに日本人学校を建てるのは、歌舞伎町に小学校を建てるようなもののように思います」

あらら、そんなものかな。

ちょっと意外な新鮮な見方だったので、特に印象に残りました。






その担当の方から、バンセーン海岸への行き方をお聞きし、

出来ればレンタル・バイクを借りたいので、と言うと、

シラチャは観光地でないので、レンタ・カーやレンタル・バイクの店は無い、と言う。

バイク・ショップに行って相談すれば、

そこの従業員が小遣い稼ぎに貸してくれる、というかもしれないけれど、

そのときは、どこが故障しているかあらかじめ確認・合意しておかないと、

返すときに故障したろ難癖をつけられ、お金を取られる可能性がある、

と言います。


最初からトラブルは嫌なので、ソンテオで乗り継いで行くことに決定。


20101012srirachaapcourt1
これが600バーツで借りた部屋です。
ほとんどの部屋は1年契約のサービス・アパートメント。
この部屋も、清潔で、生活設備はすべて整っていました。
台所、台所用品、電子レンジ、コーヒーメーカー、食器、
TV(NHKプレミアム、NHK Worldあり、冷蔵庫、タンス、金庫まで。。。
トイレ、バス・タブも大きめで、きれいです。
来月1日から日常生活をするすべての備品がそろっており、
それを使えるのは、短期旅行者にとってもラッキーです。
この写真は、僕達の荷物をひろげてしまった後なので、
雑然としていますが、スタジオ・タイプで広さも十分でした。
(APコートには、他に家族滞在用に大きな部屋もあるようです)

さて、バンセーン行きは、ロビンソンの前のソンテオに乗り、

チョンブリのノンモン市場まで一人15バーツ、

そこからバンセーン海岸行きのソンテオに乗り換えて15バーツです。

シラチャからバンセーンまで、近い、と思っていたのですが、

どっこい、かなりの遠さにびっくり、でした。

ソンテオで、乗り換えを含めると、1時間はかかってしまう、

感じです。

バンセーン海岸からの最終ソンテオは8時くらい、

シラチャ帰りの最終ソンテオは9時、ということを確認。

そして、バンセーン海岸へ到着です。

20101012bansaen1
バンセーン海岸に沿って走るやしの並木道。
左手には椅子がず~っと続いています。
彼女の手にしているのは、水泳の道具です。


20101012bansaen2
水曜日、ですが、そこそこの人出、でした。
家族連れが多い感じですね。
外国人は、あまり見かけないようです。
3時に近い時間であったこともあり、
水泳はしないことしにて、
しばし海岸の雰囲気だけを楽しむことに。
ボリュームたっぷりのシー・フード料理をしきりに売りたいようでしたが、
ここでは、ビールとチキンだけで、済ませることに。
それで、280バーツ。


20101012bansaen3
そして、もちろんあの岬の先まで行こう!
ということに。
あそこでサンセットを見ながら、夕食を楽しもう!




20101012bansaenbycle
岬の先まで行くのに、借りたのが、この二人乗り自転車。
彼女は先頭、僕が後ろ。
彼女は、身体は小さいのですが、たぶん運動神経がいいのでしょう、
かなりうまく乗ってくれます。
思えば、昔、元妻と、軽井沢でこの手の自転車に乗って走ったこともありました。
あの頃は、僕がいつも先頭で、元妻は後ろ。元妻はあまり熱心にこぐことも無く、
いつも僕が汗だくの思いをしていたものです。
それが、今は、逆の関係。
今から思えば、それは思いやりがどちらにあったかの問題かもしれませんし、
どれだけ楽しんでいたかの差かもしれません。
歳を取るのも、いいものです。^O^



20101012bansaentop1
この岬はリームターン(Leamtaen)と呼ばれる場所で、
そのシンボルの一つである、ドルフィン・モニュメントに到着。


20101012bansaentop2
岬の石の突堤、です。


20101012bansaentop3
ちょっと雰囲気を出していたので、パチリと一枚。



20101012bansaentop4
タイ様式のパビリオンがあるところでは、
沢山の人がつりを楽しんでいました。


20101012bansaenfisherman
この女性の、左手の下先に、釣れたちいさな魚が見えています。
見えて、いますか?
^O^

20101012bansaentop5couple1
さて、岬沿いに、もっと北に行くことに。
あれ、こんなところで・・・。


20101012bansaentop6couple2
左奥に見える、カップル。
この岸壁に、ゴザ・マット、テーブルを出して、
なかなか良い感じで、食事中。
奥まで行って、良いレストランが無ければ、
僕達も、あのスタイルで食事してみたいなぁ。



20101012bansaensun1
この夕暮れの空模様、です。
まだ、夕陽が完全に期待できない、
というわけでもなさそうです。
これは。これで、鑑賞に堪える夕暮れ風景ではありませんか?
じっと見つめていると、美しい。


バンセーンは、ひとことで言うと、

日本の、鎌倉の海岸、

という感じでしょうか。

バンコクからの近さ、カジュアルさ、

などからそう言えるような気ます。

と言うことで、説明を補完するために、

サザン・オールスターズの名曲を。

(自転車も出てきます)





この続きは、次回のブログで・・・。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
突然ですが、

冷蔵庫の食べ物がきれいに無くなった様子なので、

これからチョンブリ県へ、旅行してこようと思います。

Tossyさん、ウチャラポーンさん、ウータンさん、

Honmaさん、appleさん、

チョンブリ情報、ありがとうございました。


また、コメントをくださっている方々、

返信が送れているまま、出発してしまいます。

(返信ナマケモノ、なので反省してます)


3日の旅になるか、5日になるか、

気ままに、なんの予約も無しにでかけます。


先日、シュノーケルを新調しました。

現場で買うと、高いだろうと、

インペリアル・ワールドの、スポーツ・ワールドで、

デスカウント中のものを入手しました。

彼女の分と、僕の分。

それぞれ、1100バーツ。

チャーン島へ行ったとき、

足につけるフィンを2組買いましたので、

それももっていきます。

シュノーケルだけで、結構な荷物になりますが、

他の物を削って、

なるべく身軽なバス旅行です。

(スキューバ・ダイビングに挑戦、なんて言わないところが、

かわいいでしょ?)


では、行ってまいります!





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
ごく普通の日々を過ごしています。


モール・バンカピのプールです。

20101007mallpool
前にも書きましたが、彼女がMカードを持っているので、
入り口で申請すると、2、と書いた紙をもらって、
2名、無料で入場できます。
日本から買ってきた”近視度入り”の水泳メガネが、
非常に具合が良いです。
縦25メートルくらいのプールを、往復10本、
25分ほどで、グロッキー。
正味1時間ほどで、終わりにしました。


次は、映画。

英語の映画でまだ見ていないのが2本あります。

今日は、3Dムービーにしました。

20101007movie
映画館の入り口にあったパネルです。
Legend of The Guardians: The Owls of Ga'Hoole
このサイトに行って、関連ビデオを見ていただければ、
雰囲気がわかるかな、と思います。
3冊シリーズ本の、第一作物語。
日本ですでに公開なのかどうか、分かりません。
3Dムービーの値段は、一人240バーツ。
普通の映画は140バーツですから、100バーツ高いんですね。


以前観た、How to Train Dragon、と同様、

3Dムービーの良さを楽しめた映画でした。


そして、モールのスーパーで買い物。

彼女が、タイ料理を作るというので、

そのための野菜をあれこれ買い求めました。


その完成品がこれです。

20101007cooking1
なんだか、おんなじ緑色の料理になってしまいましが、
野菜は違っていて、
上の方は、スープです。
料理本をあらかじめ読んで、
買い物リストをメモして、仕入れて、
料理本を見ながらのクッキングです。


20101007cooking2
こういうのを使って料理してくれて、
うれしい、、、ですね。


今日は、ちょっと面白い発見。

それは、ガンバレ、という言葉に関してのものです。

ついついガンバレ、ガンバリマス、ということを言ってしまうのですが、

その漢字は、「頑張れ」で、

いつもちょっと感じが違うと感じるのでした。

「眼張る」から「一定の場所から動かない」

という意味だったり、

「我を張る」から「自分の考えを押し通す」

だったりするのですが、

どちらにしろ、

「かたくな」に「はりつめる」、

というニュアンスが、ちょっと違うと。


発見のひとつは・・・。

日本では、たとえばマラソン選手を応援するとき、

「がんばれ~」と言います。

ところが英語では、

「Good Looking!(かっこいいぞ~)

と言うようなのです。

かっこいいぞ~っ、

と言われた方が、元気になるような気がします。



ふたつめは、これです。

「顔晴る」

顔は晴れ晴れ、ニコニコと、積極的に取り組んでいる様子です。

元気のもとは笑顔だと思います。

そういう風に、毎日を、

「顔晴りたい」

と思うのです。


いつも、自分に、

顔晴れ~、

と言いましょう。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
そもそも僕が初めてタイでゴルフが出来たのは、

このブログで何度も登場するウチャラポーンさんが

2009年6月にプレジデント・ゴルフ場に誘ってくださった

からでした。

その時、ウチャラポーンさんは、相方さんを連れてこられて、

相方さんが電動カートに乗って18ホール回るという、

僕にとって、初めての、ウーンとうなるような光景を

示してくれました。

ゴルフのスコアなどどうでもよくなるような、なかなかな

ゴルフの楽しみ方を見たような気がしました。


その後、タイ人ゴルフ仲間とプレーするようになって、

そういう光景をときどき見かけるようになりました。

と言っても、そんなにひんぱんではなく、

一緒にまわったケースで言えば、

アメリカ人が彼女を連れてきたことが一度あるきりです。

そのときも、良い感じだなぁ、と。


それで、ついに僕自身も、彼女同伴プレーというのを

体験することになりました。

彼女が、期末試験も終わり、ロング・バケーションに入ったので、

一度連れて行ってと、せがまれていたためです。

8日の金曜日、そのつもりで、さっそうとタノン・ゴルフへ。

ところが、この日は、どこかのトーナメントでゴルフ場貸切、閉鎖。

プレーが出来ません。

思えば、この経験、2度目です。

タノンは、全ゴルフ場一日貸切、ということがある、

ということを思い知らされました。

(毎回、電話で確認するのも、嫌なもので・・・)

なんとなくムッとしながらも、仕方ありません、

そのままのタクシーで、ユニコに行くことに。

ユニコよりタノンの方が、景観が良いだろうと、

まずタノンに行ったのですが、

彼女にしてみれば、ゴルフ場は初めてなので、

そんなことはどうでもいいことでしょう。

雨の心配がまったく無く、

それが一番の贈り物でした。


20101008unicok1
最後の18番ホールです。
どうやら、飽きずのついてきたようです。


20101008unicotwo
せっかくですから、18番ホールのティ・グランウドでツー・ショット。


電動カートの運転も初めてで、最初はあちこち回りこんでいましたが、

すぐに慣れたところをみると、運動神経はまぁまぁのようです。

僕がプレー中は、ティ・グランドとグリーンには、一緒に立って、

ボールの行方を見たがります。

この日は、バンカーに入ること、6,7回あったのですが、

その度に、

「左体重、左体重!」

と、テレビのチチ・ロドリゲスのアドバイスを復唱して、

僕がうまく打てると、そうそう左体重、と喜びます。


この日のスコアは、さすがに通常通りの心境では行かず、

1番ホール、パー5でトリプル・ボギーの8、

2番ホール、パー4でダブル・ボギーの6、

3番ホール、117ヤード・パー3でボギーの4、

と最悪のスタートになってしましました。

後半9ホールも、合計4個も池ポチャがあったり・・・。

それでも、谷あり、山ありで、

バーディ1個、パー8個の、トータル88で上がり、

なんとか面目を保つことが出来たようです。




ネット・サーフィンをしていて、ふと出会った言葉です。


・「息を抜くコトは 生き抜く力なり」

                 あるお寺に掲げられていた言葉

・「ナンバー・ワンよりオンリー・ワン」 はスマップの歌。
 
 「オンリー・ワンよりただの人」 は養老孟司の<超バカの壁>


・夕映えが美しいように、

 老人の場所から見た世界も美しいのです。



息を抜いて、

脱力して、

強くなる。


君がいてくれて、

ありがとう。



追記:先日のチョンブリ旅行の問い合わせ記事に対して、

   沢山のコメント・フィードバックを頂きました。
 
   それぞれ示唆に富む内容で、ご協力感謝いたします。   

   本当にありがとうございました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
共産主義の一党独裁国家が、経済面のみ自由主義の仮面をかぶって、

急激に世界第二の経済大国になった今、

いよいよその大国主義がよろいの陰から姿を現し始めました。

日本は、まず第一にその標的になって、最近、なぶられるように、

中国に翻弄されてしまっています。

それに対する日本の政治状況は、小粒の政治家が、

入れ替わり立ち代わり、政権を担当し、混乱する一方で、

ただでさえ弱い外交力が、危険なほど、ひ弱に見えます。

ああ、こんなことではこの先、日本はどんなことになってしまうんだろう。

そう危惧するのは、僕一人ではないはずですね。


しかし、ただ、ひとつの救いを僕は感じています。

それは、今年6月に、丹羽宇一郎さん(当時伊藤忠相談役)が、

中国大使に就任したことです。

その時の、鳩山政権の意外人事については、多くのことが語られ、

インターネットで知ることができます。


僕は、丹羽宇一郎さんに期待しています。

それは、ただ単に、財界の大物が、外務省の貴重な「中国大使」ポストを

受け、霞ヶ関を震撼させている、

というような、ごく国内的な、ジャーナリスト種の興味からではありません。


初めて、丹羽さんの言葉に接したのは、新聞の囲み記事でした。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋の人たちは助け合うという思想が強いんです。

地域は自然に恵まれ、米もとれ、土地の開発ができて資産が生まれる豊かさがある。

人口や大きさもちょうど良い。

こんなに居心地の良い所はない。

半面、閉鎖的といわれる。

リスクを取らず、冒険せずに暮らせるなら、他の地域に出て行く必要はないから、田舎者になる。

そこに欠陥がある。

悪いところに気づかないと、良いところまで悪いところになってしまう。

地方分権の時代。名古屋という枠にとらわれず、グローバルな視点でローカルを育てることが大事です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

名古屋のことを語りながら、

僕には、閉塞しているニッポンについて、語っているように聞こえたものです。

それから、「人は仕事で磨かれる」という本を読みました。


社長、会長になっても、電車通勤をした人です。

伊藤忠の社長になったとき、6年で退任すると宣言し、

会社を立て直したあと、その約束どおり、会長に退きました。

リーダーとしての指針は、「クリーン、オネスト、ビューティフル」

(清く、正しく、美しく)であると言って、

実行が非常に難しい、シンプルな3箇条、です。

人は人の背中をみて育つ。

背中は飾れない。

スッピンの自分がでる所だ。

おのれが人間としてどう生きているか、

それをもって率いるのがリーダーの姿。


「汗出せ、知恵だせ、もっと働け!」という言葉も、

一見、社員の血を絞り出そうとするのかと思いきや、

これは企業の経営者に向けた言葉なのです。


大企業の社長でありながら、

株式会社という組織が、未来においても、

もっとも有効な組織体なのか、どうか、ということに関して、

素朴に白紙としています。

これからは、NPOとかの組織が最大の勢力をもつ、

もっとも中心的な役割を果たすのではないか、

と期待している風でもあります。


「金融無極化時代を乗り切れ!」(2009年3月刊)から、

いくつかの言葉をかいつまんで紹介してみます。


・(この激変する時代に)日本をどう舵とっていくか、

  じつは日本は舵を取る以前の問題で、

  日本という船そのものがボロボロで、

  沈没寸前だ、ということです。

・ 政府やお役所はなにかほころびがでると、
  
  対症療法的に対処します。

  もはやそれでは立ち行かない時期に来ています。

  そもそも生地が傷んでいるのに、パッチワークで直しても、

  生地そのものが強くなるわけではない。

  国の構造そのものを変えていかなくてはならないのです。


・ なぜ、これらが今まで改善されてこなかったか。

  ひとつは、官僚の組織が独占企業体おおなじだからです。

  まったく新しい風が入らない閉鎖組織が何十年も続いて、

  年功序列、上司は絶対、前例は法律よりも重い、

  国益より省益で動く、

  改革していこうという意識など皆無な組織、

  になっている。

・ 第二次世界大戦後、日本の社会は大きく変わってきました。

  戦前・戦後を含めた20世紀の変化を見れば一目瞭然です。

  しかし、そうした中で唯一変わっていないものがある。

  それが行政と役人の心です。

・ この際、全部ぶち壊してゼロからスタートさせたほうが、

  日本は元気になるんじゃないか。

  官僚のトップに「あなたがたは省のことばかり言っているけど、

  本当に国のことを考えたことがあるのか」と言ったことがあるのですが、

  彼らは黙ったままです。

  もう少し教養というものがあってもいいのではないか。

・ たとえば改革をして「五年間で5パーセントの経費をカットする」

  と彼らはいいます。年間で1パーセントです。

  こんな話は民間企業では通じません。

  民間企業の多くは、経費節減といえば年間10パーセントです。

・ わたしは定年を七十歳まで延ばしたらいい、と考えています。

・ 小泉政権後、格差問題が大きくとりあげられるようになったのは、

  労働者派遣法の改正のためです。

  格差そのものが悪いことだとは思いません。

  努力したものが報われる、結果が平等ではないのは当然のことです。

  しかし、今は、結果ではなく、チャンスの平等失われつつある。

  すなわち、格差の固定化です。

  中間層のクオリティの高さで技術的優位を維持してきた日本にとって、

  これ以上格差が広がることは問題です。

・ 過度の不平等は、将来に対する人々の希望や期待を失わせ、

  協調性を奪っていきます。

  
・ 経済成長は、労働人口と資本投入(生産設備)、そしてTFP
  
  (Total Factors Productivity

   = 全要素生産性)という3つの伸び率で決まります。

  日本はすでに労働人口は減り始めているのですから、

  生産設備と全要素生産性の高めることが必要です。

  それにはどうしたらいいのか。

  上質な生活、上質な製品、上質な社会をめざすということ、

  それは日本が一番実現しやすい国だと思います。

  日本の中間層、クオリティの高い層が厚く広く存在しているからです。

  だから、格差の問題で、かって中間層だった人々が貧困層に落ちて

  しまうことを食い止めなければなりません。

  この中間層を再興しなくてはならないのです。


・ 冷酷に聞こえますが、経済は勝つか負けるかしかありません。

  日本の企業はこれまで「純血主義」でやってきました。

  それではもはや世界と闘っていくことはできません。

  「混血主義」でいかなければならない。

  私は、「中国は日本の市場だと思え」と言っています。

・ 中国人と日本人とは、文化も習慣も異なります。

  たとえば中国人は、日本人よりはるかにお金に敏感です。

  彼らは基本的に性悪説で商売をしています。

  正式に売買契約を結んでも、自分が損をしそうだと思えば、

  なんだかんだと屁理屈をつけて契約を破棄しようとします。

  日本人の感覚からはかけ離れています。

  アメリカ型のデモクラシーが通用する国ばかりではないのです。

  世界で勝負するということはそういうことだと思ってやっていくほか

  ありません。



70歳になったら、公的なサービス関係以外、

すべての要職から身を引く、と宣言していました。

そして、引き受けたのが、中国大使という、

重責この上ない、

未来の日本に計り知れない影響をもたらすであろう

役割なのでした。

中国の政財界への人脈も深い、といいます。

氏の基本スタンスが、アンチ官僚なので、

(僕の言葉で言えば、「財閥解体」ならぬ「官僚解体」を

示唆しているように受け取れます)、

どれほど官僚を使いきれるか、

はたまた、官僚お得意のサボタージュ戦略に負けて、

討ち死にしてしまうのか、

(そんなことになれば、本当に日本も「お仕舞い」、ですが)

非常に興味をもって、

見つめています。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
まず、昨日のブログを通しての「問い合わせ」のお応えくださった、

tossyさん、ウチャラポーンさん、ウータンさん、

大変ありがとうございました。

参考にさせていただきます。

うれしかった、です。





大杉漣さんといえば、悪役から善良な父親役までこなす、

個性的な俳優さんですね。

彼が、最近号泣したこと。

それは、出演する映画の役がタクシー運転手、というので、

57歳にして運転免許証を取得したときのこと。

「実地の仮免許試験で2度落ちました(笑)。
本免許試験が8月末で、これで合格できなかったら、

映画に出られない可能性もありました。

本試験は女性教官だったのですが、その方から「合格ですよ」と言われた瞬間、

涙がポロポロこぼれちゃってね。

57歳のコワモテのおじさんが泣くもんだから教官もびっくりして、

ポケットティッシュを差し出してくれたんです。

その優しさがうれしくてまた号泣しちゃって(笑)。

監督に連絡して、その電話口でまた号泣。

8月27日に教習所で免許を交付してもらった時も教官たちの前でまた泣いて。

泣き疲れました(笑)。」



僕にも、誰にも、覚えがあると思いますが、

運転免許の受験に受かったとき、って

本当にうれしいですよね。

僕の場合は、教習所で習ったのですが、

仮免許直前に、夏休みが終わりになってしまって、

警察の試験場で受験し、免許を取りました。

それまでに合格したどの試験よりもうれしい感じがした記憶があって、

上の大杉漣さんは、57歳ですから、

そのうれしさ、想像するに余りあります。

なんだか、この俳優さんが好きになってしまいました。



「僕は自分を「現場者」だと思っているんです。

そこでいろんな人と交わりながら生き方や俳優としての人生、演技、

どうあるべきかなどを感じたいし、考えたい。

僕は20代の頃からさまよいたいっていう気持ちが強くて、

それは60歳近くになった今も変わらずさまよっていたいし、

右往左往していたい。

僕らの仕事ってある程度キャリアを積むと「プリーズ」と迎え入れてもらえる。

でも、それじゃあつまらない。

いつも「レッツ・ゴー」の精神でいたいわけです。

これからの自分がどうなるかまだまだ楽しみですし。

「いい俳優」の定義はまだわからないけれど、

「いい俳優になりたい」っていう思いを常に胸に抱いて現場に行く、

そんな感じでありたいですね。」



57歳になって、さらに、これからの自分がどうなるか楽しみで、

「いい俳優になりたい」という思いで現場に行く、

{レッツ・ゴー」の精神でいたい、

というところに、襟を正す思いをいだきました。



ところで、大杉漣さんは下記の映画に出演したところだそうです。

映画「おにいちゃんのハナビ」

movie-oniichan-hanabi

1年に一度、花火に思いを託す雪国の小さな町がある。
そこに生きた少女と、彼女のために花火を打ち上げた兄との真実から生まれた物語。
余命わずかな妹から生きる勇気をもらい、
引きこもりから再生する兄と家族の絆(きずな)が描かれている。



そして、このドラマの舞台が、

三尺玉花火発祥の地として知られる新潟県小千谷市片貝町。

「毎年9月に開かれる「片貝まつり」は400年の伝統を誇り、

そこで打ち上げられる直径800メートルの大輪を咲かせる四尺玉は、

世界一の花火としても有名だ。

しかし、それ以上に片貝の花火が魅力的なのは、

子供の誕生や成人、還暦祝い、先祖供養、家内安全などを

町民らが花火に願いを込め、

自ら身銭を切って神社に奉納する形で打ち上げることだ。

「この花火は亡くなったおじいちゃんの供養のため、

家族の気持ちをこめて打ち上げます」、など、町民の方々の願いが

小千谷なまりの素朴なアナウンスによって伝えられてから、

一つひとつ打ち上げられる」

ということのようです。

本当に、世の中、知らないことばっかりで、

この年齢になっても、新しい事を知って、

喜ばしい、限りです。

そして、最後に大杉漣さんのこの映画に対するメッセージ。

「少し顔を上げると世界が変わることを、

太郎を通じて感じてほしい。」



9月25日公開の映画「おにいちゃんのハナビ」へ出演の大杉漣さん



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
20101002WCP1
再開したセントラル・ワールドに行ってきました。

20101002WCP2
BTS駅を結ぶ通路側から。

20101002WCP3
セントラル・ワールド全面再開ではないので、
人出はまだまだ、といったところです。



彼女の大学の第一セメスターの試験が、

月曜日の4日に終了しました。

すべての学科で、まぁ、合格点は取ったようです。

試験前日になっても、準備が出来ているからと、

ねじり鉢巻で勉強するでもなく、

普通に過ごしていました。

もっと勉強して、Aを取る、なんて発想は無いようです。


まぁ、年嵩なのに大学入学して、

(あだ名が、オバサン、だそうです)

会話も興味も違う同級生だちと一緒にやっていくことは、

それなりにストレスだと思うのですが、

無事にやり通せて、安心しているのでしょう。


ロング・バケーションに入るわけですが、

ご褒美に、また旅行でもしようかと思い、

実は、アンコール・ワット行きを計画したのですが、

調べているうちに、

プノンペンとも離れているし、

結構アブナイこともあるらしく、

危険を冒しててでも行きたい、

というところでもないなぁ、

という思いに至ってしまいました。


それでは、

といことで考えたのが、

チョンブリー県の、

チョンブリ、シラチャ、パタヤ、コ・サメットを、

4泊5日で、ぶらぶらして来ようか、

というものです。


まぁ、海に行きたい、ということが一番の動機なのですが、

将来、長く住むかもしれない場所の候補地として、

バンコクから近くて、

海のある土地、

ということで、希望の視野に入っている土地なので、

少しでも、見聞・体験を深めておこう、

という2次的な意味もあります。


彼女と二人で、

デイ・バッグを背負って、

バス旅行です。

その土地、その土地で、レンタル・バイクを借りて、

彼女の運転、

僕は、後ろに抱きついて、

あちこち、生活の場などを、見て回りたい、

と思っています。

ホテルは、行き当たりばったりで、

探す予定です。


ところで、

もし読者の方の中で、

上記場所にて、

ここを見てみたら?

ここで食事してみたら?

ここに泊まってみたら(格安ホテル限定)?

というお勧めがありましたら、

ぜひ、お教えください。


なにがあっても、ぶらぶら旅行なので驚きませんが、

もし、ここは危険だから気をつけて!

という場所があったら、それも教えてください。

旅行は、

今週末か、来週早々、に予定しています。

では、よろしくお願いします。

(こんな勝手な記事で、レスポンスがあるものしょうか。

不安ですが、

不遜になっているわけではありませんので、

レスポンスが無くても、がっかりはしません。

法外な喜びだと、思います)



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
「羽生とイチロー、共通する強さの秘密」と題した記事を、

日経電子版(10月2日)でよみました。

将棋王座戦で19連覇、200本安打連続10年、その二人の共通項はなにか。


羽生王座は、弱冠21歳で王座を奪取して以来、この座に君臨してきた。

この間、ライバル不在で「一人横綱」だったわけではない。

天才中の天才がひしめく現在の将棋界の中での記録である。

そこに見えるのは、驚嘆すべき“心”の強さ。

既に盤石な第一人者としての地位に満足し、目標を見失ってしまいそうなものだが、

羽生王座は一貫して「モチベーションを高く」保ち続ける。


そして、「モチベーションを高く」持ち続ける人、と言えばイチロー選手なのだ。

かつて国民栄誉賞の授与を打診された時、

「今の段階で国家から表彰を受けるとモチベーションが低下する」

といって辞退した人だ。


羽生王座の言葉。

「長い棋士生活の中で、何年、何十年も同じモチベーションを持ち続けることが

とても重要だと思っています。

将棋界にかかわった多くの人たちをみてきましたが、

一つの場面ですごいひらめきを見せる人よりも、

将棋に対する情熱を長期間継続して持っている人の方が成功している例が多い気がするし、

それこそが才能だと思います」


では、モチベーションはどのようにしたら、維持できるのか。

10年連続200本安打を達成した翌日、イチロー選手は、いつも通りの緊張感で

普段通りの入念な準備をして試合に入り、さらに安打を積み重ねたという。


羽生王座の言葉。

「数字は意識しない。一つ一つ(の対局を)積み重ねて、その結果として

そういうこと(記録の樹立)になるのがいい」。


イチロー選手のことを「天声人語」氏も伝えていました。

▼日頃から、階段とスロープのある所なら必ずスロープを歩くと聞いた。
万が一にせよ階段は足をひねる恐れがある。ひざや腰に負担もかかる。
一事が万事のプロ意識が、36歳の体を20代に引き締める
▼スポーツ選手の円熟は、衰退を内に秘めてもいる。
だが2632試合連続出場の大リーグ記録を持つリプケン氏は
「永遠にプレーできるのでは、と思える」と感嘆したそうだ。
鉄人は鉄人を知る、というべきか▼〈



何年、何十年も同じモチベーションを持ち続けること、

毎日の小さなことにもプロ意識を張り詰めて行動し続けること、

それが、天才の才能の基本なのだ。



天才ではない我々の、ささやかな人生においても、

このモチベーションを持ち続けるという挑戦に、

耐えなければならないことがあるようです。


それは、好きになり、一緒になった伴侶を、

一生愛し続ける、

という一大事です。

このモチベーションをどう維持するのか、

できるのか。

日々の、繰り返す行為をおそろかにせず、

ささやかな思いやりと小さな感謝を、

維持し、発見し続けていくことで、

成し遂げるしか、ないのだと、

理解しました。


「好き」になる、「恋しく思う」ことは、

情熱さえあれば、誰にもできるけれど、

「愛する」ことは、

強い意志と忍耐を必要とし、

その努力によって創り出していく行為、

だということ。

誰にでも、簡単に、できることではないけれど、

だからこそ、

成し遂げる意味もあり、

やがて二人が老いたときに、

他の人にはつかみかねた、

朝陽さんさん、風そよぐ小庭に、小鳥さえずりわたる、

そんな深い喜びが、

訪れてくれるのではないか、

と。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
昨日、待ちに待っていたライダー・カップが、TV放映開始から

1時間ほどで、悪天候のために中断。

(6時間くらい後にに再開されたようなのですが)放送はそれっきり

ありませんでしたので、時間をTV観戦に当てていた僕は、時間がたっぷり。


タイトルの本を一気に読んでしまいました。

これは、作曲家の遠藤実さんが、日本経済新聞の「私の履歴書」に

書いたものを、補充して一冊の本にまとめた本です。

流行歌の作曲家といえば、生まれが貧しく、苦労して育った、

ということがよくある話ですが、

遠藤実さんの場合は、かなり度を越した貧しさだった、ようです。

その住まいの様子だけ見てみても、

5歳:6畳一間のあばら家に、父母、兄、自分、妹の家族5人。

10歳:母の姉の新潟に疎開。4畳半一間に、新たに生まれた弟を含んで、6人。

傑作なのは、18歳で21歳の姉さん女房と結婚するときの新居。

流しの仲間のAさんの家に住むのだが、それがバラックで、

台所とトイレと6畳一間があるだけの家。

その家の、玄関と台所の間の畳一枚分が、二人の新居、だったと言います。

そして、Aさんの家にはもう一人の下宿人がいて、

Aさん自身には子供が5人居る、というすさまじさです。


こうした極貧のなかで、作曲家になる、という夢はますます育まれます。

そして、22歳で、歌手藤島桓夫の曲をレコーディングするわけですから、

早い成功、と言えるのではないでしょうか。

それでも、作曲家になれても、まだ売れっ子ではなく、流しの仕事が続きますが、

25歳の時、初めてのヒット曲「お月さん今晩は」、

26歳の時、島倉千代子のカムバック曲「からたちの花」の大成功で、

押しも押されぬ作曲家になって行きます。

その後も紆余曲折がありますが、

それは大家になってからの浮き沈みで、

やはり成功するまでの生き様が、

その多くの歌の命の源泉になっていることが、

美しく、感銘をうけます。


姉さん女房の節子さんが、

1993年(平成5年)、64歳、肝臓ガンで先立ってしまいます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

息が止まる直前に私の腕の中で「幸せでした」と言い、

私も「しあわせだった」と答えたら「そう」と言い、

「苦労もしたけどきれいな花がいくつも咲いたね」と言ったら

「うん」と言い、

「おまえのおかげで沢山歌がつくれたよ、ありがとう」と私が言うと、

首を振りおまえは、

「違います。それは世間の、皆さんのおかげです」

と言った。
         「涙の川を渉るときー遠藤実自伝」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕は、彼女に、日本にこういう作曲家がいるんだよ、と

無学、極貧の苦難の道を乗り越えて、

5000曲もの歌をつくり、

日本作曲家協会会長にまでなった遠藤実のことを説明しました。


節子夫人との、今生の別れの会話を話して聞かせていると、

不覚にも、僕自身、うるうるになって、

言葉につまってしまいました。

彼女は僕に抱きついてきましたが、

みると、

彼女も、タイ人なのに、

涙をこらえて、

いるのでした。


この歌は、もちろん、知っていました。
この歌の作曲家、なの・・・。
北国の春 北国之春 邓丽君 テしサ·テン TERESA TENG 中日双语版

節子さんとのなれそめ、などは下のブログで。
この本の抜粋を書き込んでくださっています。
遠藤実さん死去 - 七五白書 (白けないために)




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


今、バンコク・バンカピで、ゴルフ・チャネルを見ています。

現地(ウェールズ)時間で、午前8時15分前だと言っています。

(バンコクでは、午後2時15分前です)

昨日の、大会開催セレモニーで、

第一日目午前中のフォアボール組み合わせは発表されています。

一組目:

アメリカ: ミケルソン、 ジョンソン

欧州  : ウェストウッド、 カイマー

(2組目: 米ーシンク、クーチャー:欧州ーマッキロイ、マクダル
 
 3組目: 米ーストリッカー、ウッズ:欧州ーポールター、フィッシャー

 4組目: 米ーワトソン、オーバートン:欧州ードナルド、ハリントン)


今、ティー・ショットを打ったところですが、

なんだか、めっぽう寒そうで、雨も降っています。

冬支度で、ゴルフをしている感じです。

これでは、下馬評通り、欧州組みに有利なような気がしてしまう・・・。

初日、二日目は、午前ファオボールで4組、午後フォアサムで4組。

最終日、三日目がシングルで12組の闘いです。

今日は、今から夜まで、TVの前に居ることになりそうです。


昨日のセレモニーも見ましたが、

各選手は夫人連れで、ステージにあがっています。

両チームのキャプテンの挨拶の、ごく始めのほうで、

彼らの妻に対する感謝の言葉が出てきます。

それも、感謝の言葉、というより、もっとあけすけで、

マイ・ラブリー ○○○、

アイ・ラブ・ユー、 □□□、

とか直接です。

また、セレモニーが終わり、ステージから降りて、

会場外へ出るときは、

各選手とも、夫人と手をつないで歩き、

観衆に手を振って応えます。

ただ、一人の選手を除いて。

そうです。

タイガー・ウッズだけは、

ひとり、しょんぼり、

という感じで、さびしげ、はずかしげに、

歩いていました。


だから、

思いました。

ガンバレ、

タイガー!


意地でも、良い闘いを見せて欲しい、

と。

ライダー・カップでは賞金は出ません。

選手は、ただ、名誉のためにだけ、

参加しているのです、

から。


ライダーカップ(Ryder Cup)





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。