きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日、大使館に「居住証明」を取りに行ってきました。

車の登録に、大使館の「居住証明」のオリジナルが必要だ、ということで。

昨年の暮れに、タイ運転免許を取得するときに、1通とったのです。

実は、そのとき、僕は申請書に「2通」と記入したのですが、

2通もとる人が少ないのか、大使館員が、1通しか作成せず、

料金を請求してきました。

その料金が760バーツと、結構高かったので、

取得するタイ運転免許証で、居住住所の証明になるかもしれない、

という考えも湧き、

大使館員の行為は、神のお告げで1通でいいのだ、と言っているのだ、

と(いつも都合の良いときに神のお告げを持ち出して)、

その時は、1通しか取らなかったのでした。

それが、やはり、車両登録のオフィスから、どうしてもオリジナルが

必要だ、ただ見せてくれるだけで、オリジナルは持ち帰ってもいいから、

と言われていると、ホンダのデーラー担当者から聞いて、

すこし腑に落ちないところもあるのすが、

ここは、オリジナルを提出することに決めたのでした。


バンカピからセン・セーブ・ボートで、アソック・ペチャブリまで出て、

MRTに乗り換え、ルンピニ公園まで。



20110126Dog1
セン・セーブ・ボートを降りた桟橋でくつろぐお犬様。
自堕落この上ない姿ですが、これがタイのお犬様。
暑くなったので、思いっきり地べたの腹を広げて
涼をとっているのだとか。
もう、乾季も終わりなのかな、と思わせます。



20110126Dog2
こういうお犬様が一匹ならず、
人の歩く狭い道の堂々ころがって目寝ほうけています。
人が、上を跨いで通ろうが、起きるものではありません。
お見事、です。


20110126embassey1
大使館です。
ひっそり。

20110126embassey2
内部です。
ここもひっそり。
タイ人へのビザ発行処理が民間サービスに委託され、
すっかり人がすくなくなりました。


20110126embassey3
館内のガーデンで。
ただ、座ってみただけですが。


この後、セントラル・ワールドの伊勢丹で、食料品を買い、

戻りました。


20110126centralworld1
セントラル・ワールドでは、オートバイのビジネス・ショーが
行われていたようです。
これは、SUZUKIのコーナーでした。



上の、犬の姿からも、いよいよ乾季も終わり、

だんだん暑い季節に移ろうとするのかなぁ、

という思いが湧いてくるこの頃ですが、

それはすなわち、

2011年も早々と時間が過ぎて、

1月も終わろうとしていることを意味しています。


この一月、何をしてきたか、と思うと心もとないことばかり、

なのですが、

僕の今の生活には二つの側面があり、

ひとつは、彼女の大学の1年2学期目が、無事に過ごせていくこと、

あとは、自分自身が、健康で充実した時間を持てていること、

この二つを重点に考えるだけです。

幸い、一つ目は、僕の努力は大して必要もなく、順調なようで安心。

二つ目は、健康につき、日々に脅かされながら、

アルコールを極力控えるようにすべきときではないか、

(いまでも、飲んでいる、という言葉も恥ずかしいほどの

少量なのですが・・・)

と考え始めて、落ち着きません。

特に1月は、好きな読書も手につかないほど、

ゴルフの取り組み方への反省に明け暮れました。

練習場へ通うことを決心、実行に写したばかりですが、

突然の、フォームを変える猛練習で、

今現在は、どうやら、ガタガタのようです。。。

まぁ、それでも、

ゴルフは健康のためにやるのだ、ということ。

一打一打を大切に、愉しむことを信条とすること。

この二つを原点に、

ゴルフは相変わらず続けられそうです。

平均スコアから見ると、

ハンディキャップ13ぐらいまで行ったかな、と思っていたレベルが、

1月は落ちて、どうやら15あたりまでに落ち込んでいます。

これも、あがったり、さがったりして、

変化していくのだ、と思うようにしています。

エイジ・シュートへの道は、まだまだ遠く、

果たせるかどうかも怪しいけれども、

遠いからこそ、意味があります。



1月は、ゴルフ場で、日本からの旅行ゴルファーにお会いすること、

多い月でした。

その度に、

ゴルフが出来る、

ということだけで、

幸せなんだ、

と思えました。


とにもかくにも、健康だ、

ということなので。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


スポンサーサイト
世界で唯一の「富と幸福」の査定機関として認知されている

LEGATUMが、2010年のインデックスを発表しました

それを受けてForbesとかの経済誌などが記事を書いてます。

その評価によると、世界幸福の国ランキングの上位は、

1.ノルウェー
2.デンマーク
3.フィンランド
4.オーストラリア
5.ニュージーランド
6.スェーデン
7.カナダ
8.スイス
9.オランダ
10.アメリカ

アジアでの順位は、

17.シンガポール
18.日本
20.ホンコン
22.台湾
27.韓国
43.マレーシア
52.タイランド
58.中国
59.スリランカ
61.ベトナム
64.フィリピン
70.インドネシア
88.インド
95.カンボジア

といったところです。

110ヶ国中ですから、タイの52位は、決して高くはありません。


1月21日付けのフォーブスの記事は、これを解説しているのですが、

一読の価値はありそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トップクラスの「幸福の国」は、民主主義が発達していて、

友好的な経済国であり、社会のセーフティ・ネットが誇るほどに強度な国々である。

あなたにとって、幸福とは何か?

多くの人には、まず、好きなことをし、買いたいもの買えるお金であり、

素敵な、家、食べもの、衣類、車やレジャーといったところだろうか。

しかし、幸福とは、お金よりももっと大事なものがある。

健康であること、痛みから解放され、自分自身のケアが出来ること、

友人や家族と愉快な時間を過ごすこと、などである。

さらに、怖れることなく自分の信条が語れることであり、

自分の信ずる神をあがめることができること、

家庭が安全、安心であること、

十分な教育を受け新事業開拓者になれること、

働くほどにきちんと報われる社会であること、

などなど。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



実は、幸福の国、についての調査には、ギャロップが、2005-2009年にかけて

行った世界調査
があります。

そのランキングでは、155ヶ国中、上位陣には大きな変化はありませんが、

興味深いのは、アジアは押しなべて順位が低く、

52.韓国
70.台湾
79.タイランド
81.ホンコン
81.シンガポール
81.日本
85.インドネシア
91.ミャンマー
115.インド
125.中国



もちろん、指標がちがっているのですが、

(ギャロップの方は、あなたの幸福度はどれくらい?、という

アンケートに近いのです)、

日本の程度の低さにがっかりしてしまいますが、

案外、こちらの順位の方が、正解かもしれない、

と感じる、自分もおります。

(タイが日本より、上位!

でも世界からみると、低いですね~)

高度成長し、また低成長時代に入ってもなお、

人々の努力で、経済が発展し続けているときは、

日本の将来を、北欧を手本にし、それに負けない、

人に優しい福祉国家になる、

と夢見ていたのがなつかしい。。。


日本には本当のデモクラシーも、福祉の理念も、幸福の価値意識も、

育たないまま、

没落のスパイラルに入ろうとしているように、

思えます。

朝日新聞の「弧族」の第二部がスタートしたようですが、

こんな記事を読むたびに、

(ちなみに、親孝行請負ます、家族代行サービスが、

第二部のスタートを切る、記事です)

荒廃した日本人の心象風景にさらされるようで、

つらいものがあります。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

どうやら、僕の1番好きなドライビング・レンジが、

シーナカリン・パー3になりそうです。

ちらりと先日書きましたが、

ウイークデイの午前10時から午後5時まで、打ち放題、

なのです。

先日は、金曜日だけなのかな、とか、

使う打席に決まりがある(端っこだけ)、とか、

の制限付きかなと思っていたのですが、

どうやらそうではなく、どの打席でも、良いのでした。

ここは、入り口のカウンターでまず打席を決め、

お金を払うのですが、

(プロモーションの)バフェットで、と言えば、

200バーツで打ち放題、となります。

SG CARD(SRINAKARIN GOLF)というプリペイド・カードを買えば、

10%の割引になりますので、

180バーツで、6時間打ち放題、です。



実は、昨日の19日、水曜日、ここで練習をして、

その姿を彼女のカメラで録画してもらったのです。

そのビデオを見て、

ああ、やっぱり、こんなスイングなんだなぁ、

と、がくぜんと、確然に、認識しました。

アイアン・ショットが右に左に、曲がるわけも分かりました。

(と思います)

ちょっと恥ずかしくて、動画をアップできません!^O^



今から、フォームを変えるなんて、(それもより良い、と思える)

出来るかどうかわからないのですが、

いずれ加齢によるフォームの変化も含めて、

ゴルフをやっているかぎりフォームの改善・改悪の連続なのだろう、

という認識もとで、

もうちょっと縦振りのスイングに挑戦してみようと、

思いました。

そう思えたのも、このシーナカリン・パー3のバフェットのおかげかもしれません。

というのも、スイングの改善なんて、たやすく出来るとは思えないからです。

かなりの練習が必要になると思います。

練習だけなら、シーナカリン・パー3で出来る、

と踏んだのでです。

主にアイアンなのですが、

華麗なるスイング、ではなく、

加齢なるスイングに挑戦して、まっすぐ飛ばしたい、

という計画です。




話は変わりますが、スイングの改造、というのは並大抵のことではありません。

あのタイガー・ウッズでさえも、スイングノ改造に時間がかかっています。

しかし、ウッズはコーチを変え、スイングを変えるたびに、

結果を残しています。

1998年からブッチ・ハーモンをコーチにやとって、

2000年にメジャー3勝。

2003年にハンク・ヘイニーに変え、

2005年にメジャー2勝。

そして、2005年から281週、世界ランキング1位に座り続けました。

メジャーの優勝は2008年全米オープンが最後です。

スイング改造し、実の結果を出すまで、2年くらいかかっている、

ということでしょうか。

そのウッズが、昨年、2010年11月に、ショーン・フォーリーに、

コーチを変え、新しいスイングに取り組み始めました。

今までの例でいくと、

まだまだ今年は大きく望めない、ということでしょうが、

そのウッズが、いよいよ2011年、1月27日から始まる、

ファーマーズ・インシュアランス・オープンニ出場します。


「ここまでハードに練習してきた。さあ、やってやるぞ」

とツイッターで宣言したと言うことです。

また、楽しみが、もどって来ましたね。



さて、また戻って、僕自身のフォームの改善についてですが、

今日から、長い長い?練習の開始。

そのつもりで、シーナカリン・パー3に行ってきました。

ここは、座席についている椅子とテーブルがしっかり立派で、

長時間でも過ごせる感じです。

また、料理も、美味しいのではないでしょうか。

(イチャイさんと一緒に練習に来た去年、何度か

ここのレストランで食事をしたことがあり、

その時に彼が、良いレストランだよ、と言っていたような気がします)


スイングに疲れたら、

パッテングやチップ・ショットの練習が出来ます。


今日は、打ったボールを、14箱までは数えましたが、

全て数え切れませんでした。

16箱だとすると、640球です。

もちろん、フル・ショットは数が少なく、

サンドウェッジとかピッチングウェッジでの

アプローチ・ショットも含めてです。

10年前は、1000球打ってたこともありますから、

まだまだ大丈夫ですね。


座席のテーブルに、コンパクト・カメラをちょこんと置くだけで、

画像が自分で簡単にとれることも分かりました。

何ヶ月かかるか、

そして達成できるのか、

実は、分からないのですが、

もし可能となれば、

コントロール性の高い、アイアン・ショットが身に付き、

スコアが、5つくらいアップする、

そんなことをイメージしています。


今日は、ニュースで知った、

自動車保険料が、今年各社から値上げされる、

それも高齢者ほど、値上げが高額になる、

ということについて、グチを言いたかったのでした。

それが、また、ゴルフの話なってしまいました。

まぁ、それが、今の僕の健康の元なので、

仕方がありません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


自動車保険料、年代別に 60歳以上は負担大 損保大手


20110120carhoken1


20110120carhoken2


統計によると、中高年者の事故が多くなり、

保険料収入より支払い金額の方が、大きくなったので、

修正したい、簡単に言うと、そのようです。

中高年者は、優良ドライバーが多く、無事故なために、

保険料割り引きが多大になって収入を圧迫している、

という実情がある、と聞かされて、

なんだか、変だなぁ。という気持ちがしています。

誰かが巧妙な屁理屈を考えて、

なんか、白々しく騙そうとしているのでは、という疑い。


優良ドライバーが多くて困る、というのは、

事故を起こしていない、ということではないか。

図で、60歳以上の高齢者の事故、というのは、

総数であって、年齢に対する事故比率、ではない様子。

だとすると、60歳以上の年齢者がどんどん増えて行っている

わけで、総数としては増える。

とくに、元気で車も持っている60歳以上、という人間が

10年前より、比率として高まっている可能性がある。

一方で、年齢が若くなるほどに、車を持たない(持てない)

人たちが増えている、という現象。

こちらは事故総数が減る。


いままでの収入見積もりロジックが成り立たなくなったので、

取れるところから取ろう、という保険業界のワナ、のような

気がするのは、僕だけでしょうか?



(だけど、上の図で、現行35歳以上、8万8670円、と書かれていますが、

そんなに任意保険を払っている人が、多いのでしょうか。

僕は、確か、3万円台だったと思います)



いずれにしても、自賠責保険も上がる、と言い、

日本で車を持ち続ける、ということ、

再考しなければならないかもしれません。

今のペースで行くと、

一年に3回日本へ帰るとして、

一回につき、2週間から3週間、

一年トータルで6週間から9週間のために、

車を維持する価値があるか、どうか。。。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


先日、植杉乾蔵さんのゴルフ観に触れて、

リフレッシュされ、

新たな気持ちでゴルフに取り組めそうな気がして、

一躍、ユニコに乗りこんでみたのが、月曜日。


それがなんと、前半9Hで4個の3パット、

後半9Hで池ポチャ5個、という小荒れ、大荒れで、トータル91。

意気込みが、完全にくじかれました。


中部銀次郎さんの「新編 もっと深く、もっと楽しく」

という本の最初の方のページに、こういう記述があります。


”パーがほとんど取れず、ボギー・ゴルフの合間に、ダブル・ボギーが出てくる。

いったんリズムに乗れば、40そこそこのスコアも出る代わりに、

あまり調子のよくないときはこうなるのが、

典型的なアベレージ・ゴルファーのゴルフなのだ。”


今の僕は、まったくこの様で、典型的なアバレージ・ゴルファーです。

スパイダー・パターにも慣れ始め、

前日での練習で、フェアウェイ・ウッドの打ち方にひらめきを得、

アイアン・セットもJ'sモデルからミズノMP-37に変え、

新鮮な気持ちで臨んだわりには、

あまりの変化の無さに、ちょっと気持ちがなえました。


しかし、ここからが大事なのでしょうね。



中部銀次郎さんの「新編 もっと深く もっと楽しく」は、

先日、プロンポンのワールド・ブックセンターで60バーツで買ったものです。

この「新編」の前の、「もっと深く、もっと楽しく」は、

10年以上も前に読んだことがありました。

その中で記憶に残っている箇所があります。

それは、中部銀次郎さんが、トップ・アマの栄光の頂点にあったとき、

多くの人にプロ入りを当然のように勧められたのだけれども、

たまたま杉原輝夫プロの練習を見て、その気持ちを断念した、という話です。

遠くのフェアウェイにキャデイさんを立たせて、杉原プロがフェアウェイ・ウッドの

練習をしていた。

そのボールが、何発打っても、キャディさんの近く、2メートルの範囲に、

収まっていくのだそうです。

この杉原プロの練習ぶりから、プロの恐ろしさを知って、プロ入りを断念した、

ということでした。


その他のところは、全部読みましたが、あまり記憶に残っていません。

何か、技術的なヒントでも得ようと読んだのでしょうが、

そういう点でのありがた味は、感じなかったように思います。


ところが、今回、この新編を読んでいるところですが、

これがなかなか面白い、と感じています。


”ハンディキャップが9だとすると、7番アイアンのショットでは、

確実に半分以上は芯に当たらない。目論見どおりの距離が打てるのは、

十のうちの一か二であろう。アバレージ・ゴルファーの目から見ると、

いわゆるシングル・プレーヤーならもっと正確なショットをすると

思うであろうが、実情はこの程度でしかない。スクラッチ・プレーヤー、

つまりハンディ0でも、7番アイアンで芯で打てるのは十のうち三から

四、狙ったグリーンに乗せられるのは、半分くらいのものなのだ。

信じがたいであろうが、事実である。

考えても欲しい、プロ・ツアーのパー・オン率のトップが - アマチュア

とは比較にならない長いコースでのプレーではあるが - 7割程度なのである。”


”飛ばし屋なのに、ハンディ10が切れないのは、

それだけショットが乱れる証拠でもある。”


などなど、腑に落ちる言葉が多く出てきます。

「もっと深く、もっと楽しく」

というタイトルの意味もなんとなく分かってくるようです。


さて、今日、火曜日は、

タイ人ゴルフ友人の、イチャイさんたちとパインでプレー。

やはり、まだパッティングに問題があり、

バーディ・チャンス(2メートル内外、とします)を3回外しましたが、

スコアは前半41、後半43(どうしてもビールを断れません・・・)

トータル84で、

僕としては満足の、一日でした。



今日も、

ゴルフの神様に、

感謝、

です。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


と言っても、週末に限らず、

いつもバンカピ周辺でうろうろしているだけなのです。

土曜日は、昼からモール・バンカピで食事とスーパーでの買い物。

モールの隣にあるマクロに車で行ってみようか、

という考えもありましたが、

マクロで買うほどの量のショッピングの予定は無いので、

断念。

モールで食事をすれば、ビールを飲むことになるので、

車は出さず、歩いて行きました。


夕方から、NIDA交差点から入った、Siburapha road沿いにある、

例の名無しのジョギング公園(僕は、ポンド・パークと呼ぶことにしました)へ、

第1回目の、ジョギングをしに出かけました。

4時半に出て、帰ってきたのが6時、

早足で歩いたり、ゆっくり歩いたりでしたので(ジョギングじゃないですね)、

結構な時間がかかります。


日曜日になり、

朝はゴルフ・チャネルで、ソニー・ハワイ・オープンを。

ゴルフ・チャネルで、イースタン・タイム午後7時からの放送は、

タイでは翌日の午前7時になります。

ハワイでのトーナメント放送は、こんな時間帯になるんですね。

丸山秀樹選手が、二日間連続の5アンダーで、トータル10アンダー、

1位タイです。

2日めは、ボギーが3個にバーディ8個、・・・

ロング・パットがいくつも決まって救われていますが、

なんとか決勝ラウンド、勝って欲しい、

と願って。


今日も、シーナカリン・パー3へ練習に行きました。

タイ人ゴルフ友達の、ダナイさん会って、あいさつ。

彼女を初めて紹介することになりました。

(ダナイさんが、僕を見つけて、打席にやってきて、

ということなので、きっと彼の方が、僕の彼女に

興味をもっていたのでしょう。)

金曜日に、ナコンナーヨックのカオチャゴーク・ゴルフに

行ってきた、と言います。

初めて聞く名前でしたが、100Kmくらいあるところ

らしく・・・ワンロップさんの、運転手付きの大きな車で

出かけたのではないかと思われました。

いつか、行く機会のあるゴルフ場かもしれません。


最近(ずっと言い続けているような気がしますが)、

パソコン動画での、映画視聴に凝っています。

最近で見たのは、


「山桜」:藤沢周平の短編を映画化したもの。
     これまで、藤沢周平原作の映画は、
     「たそがれ清兵衛」
     「隠し剣 鬼の爪」
     「武士の一分」
     「花のあと」
      と見ましたが(全部パソコン動画で)
      この「山桜」が一番好きな映画でした。
     

「絶唱」:山口百恵と三浦友和バージョン。


「座頭市」:たけしバージョン


「幸せのちから」:アメリカ映画です。

そして、今日は、

「マイケル・ジョーダン・ドキュメント」。


いっぱい、

楽しんでいます。


感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

当ブログのコメントで、小島さんから、植杉乾蔵(うえすぎ けんぞう)さんが、

昨年12月31日の朝日新聞「ひと」欄で、87歳、エージシュート700回の

達人として掲載されている、と教えてもらいました。

驚いて、その後で、インターネットで調べてみました。


植杉さんは、すでに知るひとぞ知る、有名な方だったようですが、

特に最近では、週刊ゴルフ・ダイジェストの12月25日発売、

2011新年特大号(1月4日・11日版)、と次号の1月25日版で、

2度続けて取り上げられていましたので、

朝日新聞の「ひと」と合わせて、超有名人になっているようです。

インターネットで知りえた情報だけを下に、

植杉さんについて、思ったことを書いてみます。


55歳で自動車会社を退社するまでは、月2度プレーの、

普通のサラリーマン・ゴルファーだったようです。

退職の後、外車販売の会社を起こしてから、ゴルフをする機会が増え、

60歳には本格的にゴルフに取り組み、ゴルフ中心の生活になり、

67歳でハンディキャプ5の腕前になります。

71歳の時に、71で回り、初めてのエージシュート。

ベスト・スコアは、78歳の時に出した70。

80歳以降は、年に50回以上、エージシュートを達成し続けている。

現在も年に150回ほどラウンド。

最近の飛距離は:200ヤード(朝日新聞)、230ヤード(ゴルフ・ダイジェスト)

「細かいことは考えない。

パットも”入らんのが当たり前”と思えばいらいらせんよ」

とい自然体のゴルフだといいます。

ちなみに、エージシュートが認められるのは、6000ヤード以上の

コースでのプレーであること、が条件のようです。

ということは、今でも、ホワイト・ティでプレーしている、ということですね。

そして、今でも参加する月例では、バックから打っていると、言います。


僕は、始めに思ったのは、きっとアプローチの得意な、

いわゆる堅実な「枯れたゴルフ」をする方なんだろうな、

ということでした。

ところが、ゴルフ・ダイジェストの新春特別号(1月25日版)で、

ファンである馬場ゆかりプロと対談しているのですが、

そこでは、自分はアプローチが苦手なんです、と告白しています。

どんな状況でも、ピンをデッドに狙っていってしまう、と。

植杉さんとしては、もっとコース・マネジメントしたいらしく、

そのことを馬場プロに聞いて、

彼女から教科書的な答えの、

難しい状況ならグリーン手前に置く、とかのアドバイスを受けたりしています。

このアドバイス、つまらない、ですね。

そもそも、植杉さんは、こんな質問をする必要もないし、

常識的な答えはすでに分かっている、と思います。

今まで、若々しい、挑戦的なゴルフを続けてきたかたこそ、

80代になっても、次々にエージシュートを達成できている、

体力、気力、技術が作られてきているのだ、

ということだと思うのですね。

ひとたび、枯れたゴルフを目指したり、

「細かいことを考える」コースマネジメント重視のゴルフになったら、

上の3つのことが、全てが失われていくのではないか、

とすら思うのです。

20110115uesugikenzou
植杉さんのフォームです。
どっしりと地に生えたような足腰。
クラブを振り下ろす力強さ、ボディ・ターンに入ろうという瞬間。
クラブのしなりがすごい、です。


87歳になって、こういうゴルフをしている方で、

3度に1度はエージシュートというプレイヤーに、

この上は、何を望むのでしょうか。。。

自然体でありながら、今でも石川遼選手のスィングのリズムを

研究している、と言います。

望むのは、そういう若々しい心を保ち続け、

100歳、1000回のエージシュート、になるのでしょう。

アマチュア・ゴルファーの、究極の理想のモデル、

ではないでしょうか。

少なくても、僕にとっては、そういう存在になりそうです。

とにかく、強く、影響されました。



さて、今週は3度、ゴルフ場に行きましたので、

金曜日は、練習日にしました。

シーナカリン・パー3のドライビング・レンジに行きました。


20110112srinakarinpar3-1
ここは、やはり人気があるのでしょうか、ほぼ満席です。
もっとも、ウィーク・デイなので、2階席は使用していないようです。
1時半から2時間、200バーツ、3時半に終了予定で出かけました。
渋滞になる前に、帰宅したかったからです。
ところが、打席の前にかけられた札をみると、
どうやら5時まで練習できるようです。
よく分かりませんでしたが、金曜日は、打席の端の数席は、
午前中から5時まで打ち放題、らしいのでした。


20110112srinakarinpar3-2
ちなみにこれは僕ではありません。
今日は、今使っているJ'sモデルのアイアンと、
ミズノMP-37を持って、打ち比べもしてみました。
J'sモデルは、シャフトの堅さが6.5、
MP-37はX-100で、こちらの方が1段柔らかです。
J'sモデルはキャビティで、MP-37はマッスルバックなので、
MP-37の方が、難しいと思っていたのですが、
どうも逆かもしれない、と気づかされました。
悪い癖で、すこし慣れると、クラブを変えてみたくなる
ことが多いので、用心しなければなりません。
今日は、フェアウェイ・ウッドに目を見張る気づきが
ありました。今まで、フラットに振っていて、
当たり損ねたり、方向がくるったりしていたのですが、
すこしだけ、気持ちダウンに叩くように打つと、
なんと真っ直ぐ、良い弾道に上がって、飛んでいくのです。
ドライバーは、当たって、奥のネットにワン・バウンドで
届く飛距離です。直接、ネットまで飛ばすのが、目標です。


練習しながら、考えていました。

エージシュートを達成する前提条件は、

まずシングル・プレイヤーになることなんじゃないのか?

シングル9で、スコアが81、それがやっと81歳で達成可能。

シングルになってない腕前なら、85歳くらいまで、

可能性はない、というくらいの話なのかな。


そんな年齢まで、はたしてゴルフをプレーできるのか、

それが第一の課題ではあるし。。。

もっとも、ホールイン・ワンのように、

完全なる運で、出来すぎたエージシュートも有るとは思うけれど、

それを望んでいるわけでは、無い。

そもそも、シングルになる人は、無数にいるけれど、

エージシュートって、ごく少数の人だけに可能なわけで、、、。

などと考えていると、

シングルを目指さないといけないのかな、

なんて真面目に思えてきました。


健康のためにゴルフがテーマで、

スコアにこだわらない、

楽しいゴルフをすることと、

矛盾しないと、いいのだけれど。


さて・・・?



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


楽天証券からのニュースの中に、掲題のレポートが掲載されていました。

興味のある方が多いのではないかと思いましたので、

ここに紹介します。


「これまでは日本企業が生産拠点を海外に移転する場合、

中国が真っ先にその候補にあがりました。

しかしこの常識が最近少し崩れつつあります。」

という書き出しで始まる、データ付きの興味あるレポートでした。

タイに深く理解している人にとっては、

目新しいことは無いかもしれませんが。


第237回 タイの成長可能性についてー広瀬隆雄「新興国投資情報レポート」



また、

フィリピンの成長可能性、というレポートも僕にとっては興味あるものでした。


1.昔、フィリピンは東南アジアで最も豊かな国のひとつだった
2.ビジネスのやりにくい国、投資のしにくい国という評判が定着してしまった
3.金融危機の影響は軽微だった
4.経済のファンダメンタルズはそれほど悪くなく、ホットマネーも介在していない


これも紹介しておきます。

第235回 フィリピンの成長可能性について



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


まずは、またNIDA大学の話から。

大学構内の庭が魅力的だと、前に書いたのですが、

そこには、卒業式典の日とかの特別な日にしか、

一般人は入れない、と思っていたのです。


ところが、彼女は、そんなことはない、

入りたければいつでも入れるはずよ、と。

試しに入ってみよう、と早速出かけてみました。

入り口には、ガードマンが居ます。

ところが、彼女が言うように、

大学関係者かなどの誰何はなく、難なく入れるのでした。



20110112NIDAinside1
庭の一角の、東屋のようなものが5、6棟あります。
そこからの眺めですが、だれも庭には居ません。。。
水曜日の、午後4時ごろです。


20110112NIDAinside2
噴水のデコレーションなどもあり、
本と、軽食を持ってきて、ここで時間を過ごすのも、
良いんじゃぁ、ないかな。
とくかく、気に入りました。


20110112NIDAinside3
NIDA大学を正面の通りから眺めた様子です。
大きな建物が2棟、建築中です。
さらに大きくなっていくようです。


さて、これまでは、散歩といえば、僕がバンカピ公園と名づけた、

セリタイ、ソイ5を入ったところにある公園に行くのが常でした。

木々が茂り、大きな池に、1Kmのジョギング・コースに囲まれて、

運動をしたり、ただ寝そべったり、いろいろな楽しみ方の出来る、

公園です。


ところで、NIDA交差点のところに大きな池があり、

どうやら釣りをしている人もいる様子が、

以前から気になっていて、

一度あの池の周りを見てみよう、と言っていました。

そして、今日、彼女が、最近運動不足だから、

ウオーキングに行こう、

あの池の周りを歩いてみたい、

と言い出して、

大発見につながることとなりました。



20110112pondpark1
NIDAの交差点から眺めた景観。
大きな池です。
両岸に、魚釣りが、あちらこちら。
もちろん、魚釣り禁止、という看板が池の中に立っています。


20110112pondpark2
なんとなく、雰囲気が良いです。
もうちょっと先まで歩いてみたくなります。



20110112pondpark3
そして、100メートルほども歩くと、
なんと本格的な公園が造成されていたのです。
開園して、まだ1、2年という印象です。
本格的に、ジョギングしている人々です。



20110112pondpark4-nida
この本核的な公園から、NIDA大学・NIDA交差点の方を
眺めた様子。
こちらの池も大きいですが、自然のままです。


20110112pondpark5-nawamin
その反対側、公園内の池です。
巨大で、細長いですが、ナワミン通りまで届いています。
池の中には、噴水の柱が数本立ちあがって。


20110112pondpark6-flowerroad
花や、
木に、
囲まれ。



20110112pondpark7-swing
運動用具を要した場所もあちこちに。
つい、はしゃぎたく、なった?



20110112pondpark8-nawamin
これが、ナワミン通りの方からの景観です。


20110112pondpark9-kinderplayground
子どもの遊び場も、あります。
朽ちた大木と、遊園地の取り合わせに、妙がありますね。


20110112pondpark10-sunset
そして、サンセット。


この公園の入り口に立って、僕は、

すごいな、今まで知らなかったなんて、勿体ない、

などと言いながら、今日はそれで帰ろうとしたのです。

ところが、彼女は、全部歩いてみよう、と。

正確には分かりませんが、

この公園の周囲、最低3Kmから5Kmの距離です。

コンドミニアムを、4時に出て、NIDA大学で寄り道をしましたが、

部屋に戻ったのが、6時でした。

十分な、

散歩に、

なりました。

感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

「トイレの神様」という歌が、昨年大ヒットしたらしく、

一度聞いたことがありますが、

あまり感心しませんでした。

この歌で、家族の大切さや、家族のぬくもりを感じ、

癒される、という感想をきくと、

何か嘘っぱち、というか

皮相な、というか、

ムードだけでその気になっているような気がするのでした。

そもそも、この歌は、すでに亡くなったオバぁさんの親切を

思い出すだけの歌で、

オバぁさんが生きている間に、自分がオバぁさんを大事にしたとか、

少なくとも、オバぁさんの親切にやさしく応えた、

とかいう歌では無いのです。

無くなったものが、大事に思えるのは、人間の常で、

この歌も、

そうした老人との交流は、もはや、思い出の中でしか

存在しなくなったのだ、

失われてしまったノスタルジーなのだ、

ということを表しているだけのような気がしています。

こんな甘い歌がもてはやされている虚構の下で、

「弧族の国」と呼ばれる現実が、

ちゃくちゃくと進行しています。


先回のブログに書いた「友川かずき」という人は、

ギャンブルが好きで、競輪狂なのですが、

競馬でも、競艇でもなく、

競輪なのは、人間に興味があり、人間に感動するから、だと。

馬や、機械の競走なんて、面白味が全く無いではないか、

と言います。

その彼が、また別の場所では、

「私は人間が嫌いです。

10人来たら、8人は殺してしまいたくなるような人間ばかり」

という迷言を吐いています。

なんだか、分かるような気が、

することもありますね。



さて、今日は、久しぶりに、

タイ人ゴルフ仲間のイチャイさんと、パイン・ゴルフでプレーをしました。

いつもの仲間で、ベットをしながらのプレーは久しぶり。

自分が賭け事がスキではないのが、分かります。

途中までで、400バーツも勝ってしまったので、

同伴者とキャディさん達に、ビールやおやつを買う役を果たしたのですが、

その後また、400バーツも勝ってしまう、

という日でした。


(今日の、キャディさんに感謝、です。

グリーンの読みが抜群でした。
 
おかげで久しぶりにバーディも取れたり・・・)


プレー中は、極力ビールを飲まないように、心がけましたが、

やはり3缶ほど(一缶が自分持ち)、回ってきました。

そして、プレーが終わって、1番ホールの茶店まで

戻ってくると、イチャイさんの知り合いが二人、

売店の女の子をからかいながら、ビールを空けています。

みると、ひとり3缶ずつ空にしているのですが、

僕が、日本人だと分かると、

飲んでくれ、といってハイネケンを注文してしまいます。

車で来ていますから、

サッと帰りたかったのですが、

イチャイさんが、まぁちょっとだけ、といいながら

座り込んでしまいます。

そして、そこで、小一時間。。。

2缶目を固辞するのが、一大事でした。


今日は、プレーが終わったら、

イチャイさん達と食事はできません、

彼女がタイ料理の「ミャン パー トゥ ミー」というのを

作ってくれることになっているから、

というを説明してあり、

いつもの長時間の夕食は逃げる手当てをしておいたのに・・・。

意外なところから、新たな敵があらわれるものです。


そういいながらも、そういう親切は、

本当に嬉しいものでした。



20110111myapahtoome
これが、その、ミャン パー トゥ ミー。
ミンブリ・マーケットで仕入れた品々。
ちょっと写真がまずいですが、右下に見えるのはソーメンのようなヌードル。
大きなボールに、種々の野菜が一杯にあります。
野菜の葉に、ヌードル、魚、にんにくなどの小さな野菜を包んで、
食べます。
この魚、アジですが、良いアジを出していました。^O^



今日のキャディさん、

勝たしてくれたタイ人ゴルフ仲間たち、

初対面の気の良いタイ人の方、

そして、

僕の彼女さん、

今日も一日楽しく過ごしました。


ありがとう。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
1. 少子高齢化の社会をさらに明確にえぐってみせた連載を

朝日新聞が「弧族の国」というタイトルで、昨年暮れから始めています。

.....................................................................

社会のかたちが変わっている。恐るべき勢いで。

単身世帯の急増と同時に、日本は超高齢化と多死の時代を迎えます。

kozokudata1
「2020年問題・2030年問題」

20年代、団塊世代は後期高齢者になる。
毎年の死亡数は150万人台に達し、出生数の2倍になる。
高齢化率は30%を超す。

30年代、未婚や離別、死別による単身世帯の急増。
特に単身化が進むのは、その時期に中高年となる団塊ジュニア前後の男性だ。
60代で見ると、05年に10%だった一人暮らしの割合は30年に25%に。
女性も50、60代で単身化が進む。
男女合わせた全世帯で一人暮らしは4割に迫る。

背景にあるのは未婚率の上昇だ。
30年の時点で生涯未婚率は男性は3割に、女性で2割を超えるとされる。

......................................................................

男の三分の一が、生涯未婚、だと。。。

この「家族」ならぬ「弧族」の時代に、自分はどう生きて行くか。

その選択肢のひとつとして、タイにやって来ているわけですが・・・。


2.なぜか、昨日見た夢です。

昨日、こんな夢をみました。
夢としては鮮明なので、書いておきます。

年末に近づいての一大エベントで、ある企業に、翌年全体につながる
大きな戦略プレゼンテーションの日です。研究所も入れた全社の総力
をあげて、1時間にわたるプレゼンが準備されます。僕はどうやら、
ほぼ完成間じかになって、このプレゼンの作成責任者命ぜられ、形だけ
監督の立場にいる様子です。(ちなみに現実の僕の企業経験では
基本的にエンジニア系ですが、10年ほど営業系に居て、ある事業本部の
営業企画や営業推進課長を勤めた経験はあります。
ビジネス・ショーや顧客エグゼキュテイブ・セミナーなどは実施監督しましたが、
実際に個別顧客コールをしてプレゼンする、といったことは行ったことはありません)。
どうやら来年の営業部長に僕が推薦されている、とかのうわさもあるのです。
現在の営業部長やセールスマンが顧客プレゼンをした結果を、
会社の営業部で、皆で待っています。そして、そのプレゼンが全く箸にも棒にも
かからず、ケチョンケチャンにけなされた、という速報を聞きます。
最終時点で僕がそのプレゼン・パッケージの作成責任者になっていた
けれど、その作成の実質責任者は僕じゃないのは、誰もが知ってること
だから、どうしようか、、、プレゼン・チームが帰ってきていろいろやっかい
なことがおきるかなぁ、などと考え始めていると、同僚が、帰っちゃえよ、
と言います。お前に責任はないんだから、俺ならここに残っていないよ、
と言います。そして、彼と一緒に帰ることになります。彼と別れ、
家に着いてから、いやどんなことがあろうと、その場に居なけりゃ
ならないだろう、という気になり、ラフな開襟シャツに着替えて
会社にもどります。営業部では、あちことに人が小グループで集まり、
仕事をしています。今日のプレゼン・チームも戻ってきています。
そこに、突然社長が、大きな声で話しながら、やって来て。。。

夢のストーリーはここで終わり、僕は、とにかく戻ってよかった、
責任はまっとうしなくては、という気持ちがいっぱいになって、
目が覚めます。(あるいは目が覚める直前、この思いを
意識的に確認した、感じがします)

この夢が一体なにを物語っているのか、分かりません。

僕は、夢分析について実際に行ったことはありません。

フロイトの夢分析は眉唾ものですが、ユングの夢分析は

学んでみたいと思ったことがあります。

最近、ときどき、自分が仕事をしている夢をみることが

あります。退職者は、みな、そうなのでしょうか。

まだ、働いてみたい、という思いがあるのか、

あるいは、現役で働いていた頃のバイタリティで

今も生きなさいよ、と語っているのか。

とても興味があります。


3.還暦を迎えた歌手で詩人の友川カズキが華やかに咲いている

友川かずき、といっても知らない人がほとんどだと思います。

もし、知っているなら相当人生狂っている人かも。

70年代から(全然活躍していない)、大酒のみのフォーク・シンガーで、

画家でもあり、俳優(僕は映画を観たことなし)、詩人なのですが、

なによりも競輪ギャンブラーです。

競輪を止めるか、人生を止めるか、どちらかを選べと言われたら、

人生を止める、と言ったとか、迷言多し。

彼の出身が、僕と同郷の秋田県、ということだけで、ずーと興味を

持ち続けているのですが、

今日は、元気付けの意味をこめて、3曲ばかり、聴いてみたいと思います。

1曲目は、彼の最大のヒット曲。

2曲目は、中原中也の「汚れてしまった悲しみに」を唄ったもの。

昔の詩人は自分の詩を多く朗読したもののようで、どこかで、

実際に中也の朗読を聞いたことがある、というエッセイを読んだことが

ありました。彼は、まるで叫ぶように朗読していたそうです。

「汚れてしまった悲しみに」は中也のもっとも有名な詩のひとつで、

多くの俳優などが朗読しているのですが、そのほとんどが、静かに

語りかけるように読んでいて、中也とは違うように思います。

この友川一樹の唄は、かなり中也の想いに近いのではないか、

と感じています。

3曲目は、もう愉快で、笑うしかない唄です。狂わないでください。












4.さて最後の話題。今朝の朝食です。


20110109breakfast1
軽い朝食ですが、サラダをいつも食べています。
トマト、日本型のきゅうり、レタスなど。
スーパーで買ったものを水にしばらくつけたあと、
冷蔵庫にしまうようにしています。
今日の食事の目玉は、言葉どおり、中央の目玉焼き、ですね。
なんでも、鴨の卵だとか。
味は濃くて、ばつぐんに美味しかった。



20110109breakfast2
南部に住む、彼女の友達が正月帰省のおみやげにくれたものです。
なんだか、外側が、炭のように真っ黒。


20110109breakfast3
料理中。
卵がプリプリしています。




今日は、記事を午前中に書いています。

午後から、どこへ出かけようか、

思案中。。。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
今日は、タイの子どもの日、だそうです。

イチャイさんのセキュリティの会社(警備会社)では、

社員のための「子どもの日パーティ」を行うようで、

暇だったら覗いてみないか、

と誘われていました。

最初は、彼女と一緒に行こうかな、と思っていたのですが、

彼の会社は、いわゆる家族経営の会社で、行けば家族の面々と

会うことになり、

彼女のことの説明がすこし面倒だな、と感じてきました。

彼女も最初は、その子どもパーティに行ってみたい、と言って

いましたが、僕の気持ちが弱くなっているのに呼応するように、

行っても子どもパーティじゃあねぇ、

という感じに変わってきて、

ついに今日は、子どもパーティより、スケートに行きたい、

と言い出しました。

きっかけは二つあって、

一つは、先日ラップラオのスポーツワールドで、シュノーケル・ベストを

買ったときに、そこにアイス・スケート・リンクがあることを知ったのです。

二つ目は、最近一緒にジョギングしたり、バドミントンしたり、

ということが無く、運動不足で体調が悪い、

運動したい、

と話をしていたことでした。


聞けば、アイス・スケートをするのは初めてだ、ということで、

(陸上のローラー・スケートはしたことがある、とのこと)

初物に弱い僕としては、一緒に行ってあげないわけには行きません。


ということで、車もあることだし、

運転慣らしの意味もこめて、出かけることにしました。


ラップラオのインペララル・ワールド(BigC)では、

子どもの日のショーや、この日のために商品が目白押し、

という感じでした。

スケート・リンクは5階にあり、

靴代込みで、一人200バーツ。

(土日は割高で、平日なら、180バーツ)

11時半に着いて、15時まで、ということでしたから、

4時間、200バーツなのでしょうか。

いずれにしろ、2時間も滑れば、十分過ぎるほどなので、

時間のことを気にする必要はありません。


子どもの日でしたが、リンクはそれほど混んでいる風でもなく、

2、3のジュニアのスケート選手が、

コーチつきで、練習している姿もありました。



20110108latphraoiceskating1
最初は、もちろん手すりを伝っての、
そろそろ歩き、からです。
ジーンズに長袖のジャケット、厳重警戒の服装ですね。


20110108ltphraoiceskating2
運動神経が、まぁまぁ良いのか、
はたまた僕のコーチングが良いのか、
1時間もしないうちに、格好がついてきました。
僕の方は、昔とったなにやらを思い出すのが精一杯で、
ふらふらしながら滑れる程度にしか回復しません。
この写真の、後ろのカップルのように、滑りたいと、
彼女に催促されましたが、
今日のところは、僕の方がとても危なくて、
却下。
いつか、このカップルのように一緒に滑れるようにと、
練習するのか、
はたまた、そのような**はしない方が良いよ、
という耳に声を傾けるのか・・・?


家に帰ってみると、

彼女は、転んで打った後の青あざを、

両膝に作っているのでした。



まぁ、今日は、子どもの日なので、

ということで、

童心に返って、

一日を楽しみました。


感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


5日に書いたNIDA大学の卒業祝賀式典が、

実は2日間に渡って行われるらしく、

翌日の6日の方が、さらに大々的な様子でした。

ゴルフから帰ってみると、コンドミニアムの前の道路にも、

お祝いの花や、人形などを売る店で活況を呈しています。

そこで、せっかくの機会なので、お隣のよしみ、

NIDA大学の構内を覗いて見ることにしました。


20110106NIDA1
芝生の校庭にむかってこれが正面の校舎です。
NIDA(National Insititute of Development Administation)
offers masters and doctorate degree programs in Business Administration,
Social Development, Applied Statistics, and more.


20110106NIDA2
これが、右側。


20110106NIDA3
そして、左側。


20110106NIDA4
もういちど、右側の、Bookstoreがある建物から
校庭の景観。


20110106NIDAgardenTV1
卒業生の家族たちが、三々五々、校庭のベンチにも座っています。


20110106NIDAgardenTV2
構内のあちらこちらに、スクリーンが置かれています。


20110106NIDAgardenTV3
そうです、式典の中継を流しているのです。
この方、有名な王女さま、でしょ?


20110106NIDAinhouseTV1
校舎内のあちこちにも、中継テレビがあります。


20110106NIDAinhouseTV2
晴れがましく。


20110106NIDAinhouseTV3
壮大です。



20110106NIDAshop1
これぞチャンスと、校庭にも祝賀用の人形や花々。



20110106NIDAshop2
大学院卒業生が手にするのも恥ずかしげな、
はではでしいものですが、こういう日は、
童心に返るのでしょうか。


20110106NIDAshop3
おや、新車のナンバー・プレート。
卒業おめでとう!


20110106NIDAshop4
花を買わずに、
花の前で、写真撮影です。
かしこい!


20110106NIDAcouple1
ところが、このお二人さん、
かしこい、だけではなく、
しつこい!


20110106NIDApicture1
こういう撮影場所が、たくさん用意されています。



20110106NIDAwaitingprince
異常な人垣がありましたので、
寄っていってみました。
正門の入り口の両側が人垣になっています。
誰を待っているの?と訊くと、
プリンスを待っているのだ、と。
(式典を行っているプリンセスなのかもしれません。
ご両名が式典に来られるとは思えない・・・ので)


とにかく、

幸せムード一杯の構内でした。

タイでは、大学の卒業式典というのは、

卒業生とその家族にとって、

大きな大きな、

記念日なんですね。


僕の彼女も、その日を、

楽しみにして勉強しているみたい、

です。

まだ、1年生なのに。


彼女は、ラムカムヘン大学で一度挫折しているので、

今度は、必ず、卒業させてあげたいなぁ、と

思っているのです。


願晴れ!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
LEONAナビゲーション/システムと、タイの運転に慣れるために、

今日は、フュチャー・パーク・ランシットに行くことに。

その途中にある、ムアンエーク・ゴルフ場にも寄ってみることにしました。

(本当のところ、どちらに重点があるかは、彼女には、お見通しでしょう)


僕のコンドミニアムがあるセリタイ・ロードを北上し、

アウターリンクに乗って、ドンムアン空港の方へ出よう、

というのがまず最初の大きな行程プランだったのですが、

なんと、ナビ・システムがガイドするのは、

アウターリンクを右に行け、(スワンナプーム空港の方)、

というものです。

そこは、最も簡単な選択で、左へ曲がって道なりに、

アウターリンクに乗れるはずなのです。

右か左で迷っているうちに、まっすぐ通り抜けて、

Uターンするはめになりました。

Uターンした後は、ガイドはアウターリンクに乗って、

(最初に想定したように)、セリタイ・ロードを左に曲がる

方向を指示します。

なんで、こんな単純なルート指示を間違えるのだろう・・・、

もし僕が少しでも道路知識がなかったら、あのまま、

スワンナプーム空港の方へ走って行ってました。


最初がこうですから、この後も、タイの道路と、ナビの指示に

翻弄されるような、一日でした。

基本的にタイの道路のデザインは、

十字路交差点が、嫌いなようです。

十字路交差点で、右折をさせる、ということをなるべく避けようと

しているみたいです。

右折させないために、まず左へ曲がって、その先をUターンさせる、

というパターン非常に多い。

そして、4車線はあるノン・ストップの高速道路と、

2車線はある側道が並行して走るところでは、

ナビ・システムのガイドが大変怪しくなるのです。

左車線に入ってください、

と言われても、それが高速道路側の左車線なのか、

側道の左車線なのか、明確でなく、

また指示が遅くて、

どこでUターンすべきなのか、非常に間違いやすいのです。

そのため、もっと先へ行って、Uターンすることになり、

そのときは、もう180度反対向きのUターンでは無くなっていたりして、

Uターンを2度、3度繰り返して、やっと思っていた道へ出ることが

できる、といった目に会ってしまいました。


ナビがあって混乱した今日一日でしたが、

ナビが無くて、入り組んだ所へ行く道を覚えるのは、

タイでは、大変なことだなぁ、と思ってしまいました。

他の日本人のドライバーの方は、どうやってタイの道路を

運転をマスターしたのだろう、と感心してしまいました。


とにかく、僕にとっては、かなり難しいことのように思えて

なりませんでした。。。




20110105Muangake1
まぁ、まずは、なんとかムアンエーク・ゴルフ場へ着きました。
古びているのが安心感を与えてくれますね。


20110105Muangake2
さっそく入り口にプロモーションの宣伝幕が。
月曜、火曜がスポーツ・デイで、
ゴルフ・フィ+キャデイ・フィで730バーツ。
かなり手頃な値段で、うれしいです。


20110105Muangake3
チケット売り場。
ここも古びています。


20110105Muangake4
これが通常プライスでしょうか。
ウィークデイであれば、GFが800バーツなので、
キャデイ・フィと合わせて1050バーツだとすると、
ユニコより安いですね。


20100105Muangake5
レストランから見た全景です。
9番ホールと18番ホールなのでしょうか。
それぞれ池に突き出たグリーンで、面白そうですね。


20110105Muangake6
向かって左側のコースの景観。


20110105Muangake7
こちらは右側です。
池が美しく配置されています。
プレーすると、どんな感じなのでしょうか。


20110105Muangake8
出入り口。
ここに着いたのは、11時半ごろでしたが、
水曜日(スポーツ・デイではない)で、
お客が混んでいる、という風ではありませんでした。
駐車スペースも空きがありました。



ムアンエークのゴルフ場で、軽いランチを食べてから、

次は、

ランシットのフューチャー・パークです。

ここには、過去、ミニバンを使って2度、来た事があります。




20100105futurepark1
ショッピング・モール・コンプレックスの中です。
2階に上げて、下からパチリ。


20110105futurepark2
その気になって、
タイタニック?


20110105futurepark3
実は、フュチャー・パーク、
建物の外に、本当にパークがあるのでした。


20110105futurepark4
公園の噴水の前の喫茶店で、
一休み。


20110105futurepark5
僕も、ひさびさの登場です。
どうでもいいか。


と、そういうわけで、

往復100KMの旅程を無事に終えて、

バンカピまで戻ってきました。



20110105NIDA1
コンドミニアムに着くと、なにやら駐車場のまわりが
人だかりです。
大学を象徴する、ガウン?らしきものを羽織ったひとが、
混じっています。


20110105NIDA2
ああ、そうだ、
今日はお隣の、NIDA大学の卒業記念式典の日、
なのでした。
それで、コンドミニアムの駐車場の3階、4階を
開放するのだ、と聞いていました。
NIDA大学は大学院で、すでに職業を持っている人の
卒業も多く、それも役人という高位の職業で、
それ誇示するような、白い制服を着ている人も
多く見かけました。


20110105NIDA3
ガウンを手にして、普通の女子学生のような服装もあれば(右の人)、
この暑いのに、晴れやかにガウンを着たままあるいている人(中央、奥)



20110105NIDA4
駐車場から車が下りてくるのを待っている人の中に、
異常に髪の長い女性を発見。
先を切りそろえて、見事な髪ですね。
(と、彼女が見つけました)


20110105NIDA5
僕は、それより、左の学生の方が・・・?
正面に、ぞくぞく出てくる、車が見えます。
これで、セリタイ・ロード、一時的な渋滞に
なってしまっていました。



今日も、

いろいろな経験をし、

程よい疲労感に包まれ、

良い眠りに付けそうです。


感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


今日は、車を買ってから、初めて一人で運転しました。

もちろん、行く道は知っているタノン・ゴルフでしたが、

一応、ナビゲーション・システムをセットしました。

ナビゲーションの音声に慣れる必要が、あると思ったからです。

たとえば、「この先右の車線に移動してください」

という音声案内があった場合、

それはその後で、右折があるとか、Uターンがあるとかを示唆しているのではなく、

単純に、左車線にいることが(左折になるとかで)、不都合ですよ、

ということを示している。

そういうことに慣れたいと思っている状態です。


最近、ゴルフに行きました、スコアはいくつでした、

という記事を書いていないような気がしますが、

(いやいや、沢山書いてますよ、かな?)、

まぁ、年末・年始の休日なので、回数が減っているのは

事実です。

昨年の打ち止めが、27日、ユニコ、28日、タノンでした。

ユニコでは、日本からの旅行者、神戸の60歳の方、

札幌に69歳の方と、一緒でした。

お二人とも、陽気で外向的な方だったんですが、

驚いたことにお二方とも、心臓の大手術をしているんです。

お互い、シャツをめくりあって、手術の後を見せ合っていました。

神戸の方は、2010年の5月に、大手術をされたんですが、

待ちの患者さんが多くて、術後1週間で、退院を強制されたとか。。。

あれも大変だった、これも大変だった、

と言いながら、12月には、こうしてタイでゴルフを出来ているわけですから、

すごいもんだな、って感心しました。

この方は、2010年一杯で、60歳退職。

将来はタイランドに来たい、と思っているけれども、

退職後はさしあたり6ヶ月間、

失業保険などで日本に居なければならない、と。

だから、この12月、時間を作ってバンコクに来たのだそうです。

今回は、2週間ほどの滞在。

69歳の方は、北海道の、会社オーナー。

1年に何度か、タイにゴルフに来るようです。

来年2月には、社員20名ばかりと一緒に、何かのお祝いエベントで、

タイへ、ゴルフ旅行だとか。

お二人とも、命の修羅場を潜り抜けて来られているためか、

澄んだような明るさで、他人に話しかけてくる様子、

共通していました。

28日は、タノンで、今度は30代と20代の駐在社員と一緒でした。

仕事あるんじゃないの?と訊くと、

日本時間で、28日から休暇です、とのこと。

普段は、やはり、土・日しか、プレー出来ないそうです。

20代の方は、毎月一週間ほど、インドに出張に行かなければならない、

そうです。

そのインドの現状の酷さを言い、ほとんどホテル内でしか暮らせない、

だから、すべてが高くついてしまって困る、という事を言っていました。

僕が、自分の海外赴任の時代のことを思い返しながら、

一昔前は、海外駐在の場合、駐在手当てだけで十分暮らせて、

本国でもらう給料は手付かずに貯金できた時代もあったけれど、

今では、米国や欧州への駐在者は、そんな厚い手当ては受けてない、

という事を聞いているけれども、タイではどう?

と訊いてみました。

彼らの会社では、まだ駐在者に厚い手当てを出してくれるそうです。

単身赴任者であれば、本国の給料に手をつける必要はなく、

家族一緒に赴任の場合、個人の生活レベルによるけれども、

楽に暮らしていけている、ということでした。

二人とも、礼儀正しく、

いかにも、現役で仕事にも邁進している様子があり、

一緒にプレーしていて、良い気持ちがしました。


ユニコでの僕のスコアは42・45の87。

タノンは、41・40の81。


さて、今日の初打ちは、タイ人とのプレーでした。

75歳、堂々とゴールド・ティで打ちます。

もう一人は、昨年早期退職したばかり、51歳の元銀行員。

新年にふさわしく、のんびりプレーできました。


彼らから、ムアンエークでのプレーを勧められました。

土日は混むし、ショットガン・スタートで、誰かグループで

行く方が良いけれど、ウイークデイであれば、

一人で、予約もなしで行って、誰かとジョインして回れる、

とのことでした。


そこが知りたかった点なので、助かりました。

今日は、42・40の82。

タノンのグリーンには、まだまだ慣れていませんが、

なんとか大叩きをせずに済ませることが出来ました。


そして、帰りは、タクシーを待つことなく、

無事に自分の車で戻りました。

行動の流れがスムーズで、気持ちが良いですね。



もう一度、

感謝。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
車を買って、二日前、早速行ったのがシーナカリンPar3 ドライビング・レンジでした。

そこは、時間制で、以前は3時間140バーツだったんですが、

リニューワル後、2時間200バーツ、3時間250バーツに値上がっていました。

もっとも、2階席は、2時間180バーツです。


近場のラムカムヘン VIVAゴルフは、

3トレイ(40球 X 3 =120球)、100バーツです。

2時間で、休み無く打てば、

10秒に1球打つとすると、1分間6級、1時間360球、9トレイになります。

クラブを取り替えたり、考えたりする時間を入れると、

7トレイ、トレイというところでしょうか。

そうすると、1時間で200バーツ以上。

シーナカリン パー3のは、2時間で200バーツですから、

シーナカリンの方が、はるかに格安、ということになります。

リニューワルの後、ちょっと商売っ気が強く出ているようで、

(食べ物などを一所懸命に売りに来たり・・・)

あまり気に入らないのですが、

ボールは新しいし、

座席の椅子やテーブルもくつろぎやすく、

ここに来ることにしようと、と思っています。


もう一箇所、タイ人ゴルフ友達のイチャイさんに教わった、

すごいな、タイのゴルフ練習場は、と思った場所があります。

それが、今日、行った、バンプリ パー3&ドライビング・レンジです。

なにが、すごいかと言うと・・・。




20110102Bangphlipar3DR1
これが、バンプリ パー3&ドライビング・レンジです。
まぁ、普通のドライビング・レンジですね。


20110112Bngphlipar3DR2
奥に塀や網はなく、250ヤード、300ヤード、350ヤードなんて、
表示もあります。


20110102Bangphlipar3DR3
設備は別に新しくはありません。
奥は、スクール専用の座席のようです。
ボール代は、3トレイ(120球)、120バーツ。
今まで紹介した中で、一番割高です。



何故、すごいかは、以下の記述です。

パッティング・グリーン、

アプローチ・ショット、

そして、バンカー・ショットの練習場が、

すべて無料なのです。


20110102BPpar3-1
パッティング・グリーンはかなりの広さです。
こちらは半分。


20110102BPpar3-2
もう半分は、このように。
いろいろなアンジュレーションもあります。


20110102BPpar3-3
これは、グリーンの表面を見て欲しいと思って
掲載しました。
もちろん、刈り込みは本物のコース・グリーンほど短くはなく、
速さは遅めですが、
芝はきれいにそろっています。
ここでなら、1時間でも、飽きずにパッティングの練習が
出来そうです。



20110102BPpar3-4
そして、これがアプローチ練習の場所。
見えにくいかもしれませんが、赤い旗の立っている
小さなターゲット砲台グリーンが4箇所あります。
自分のボールを20球も持っていって、
ポーン、ポーンと練習できます。


20110102BPpar3-5
これもちと見にくいですが、
左の小さな立ち木の下に赤いシャツを着たプレーヤーは、
大きなグリーンに向かって、チップ・ショットの練習を
していました。
日本で言えば、研修生のような選手に見えました。


20110102BPpar3-6
そして、これがバンカー・ショットの練習場所。
手前から奥にぐるっと回って、15メートルほどの砂。
アゴの高さをいろいろ変えて、練習できます。



この、パッティング、アプローチ、バンカーショットの練習場が、

すべて無料なので、驚いているわけです。

車で来て、駐車場に乗りつけ、

この3箇所で練習して、帰っていく人も多く見かけました。

ここへは、自分の車が無ければ、簡単に来れない所ですが、

ナビゲーション・システムを使って、どうにか、

通うことが出来そうです。



車を手に入れた今、ここが自分の主たる練習場になるかもしれません。

もし、そうなれば、僕のハンディキャップも、あと5つくらい、

上がるかもしれない、

そんなことを思わせてくれる、

お気に入りの場所です。


タイ在住の日本人ゴルファーは、

どんなところで練習しているのでしょうか?


今年も、ゴルフは大きな楽しみの一つなので、

幸先の良い、2011年のスタートになって

くれました。


今年も、やるぞっ、

てね。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
元旦のバンカピは、気温も穏やかで、さわやかに明けました。

1月1日をタイで迎えるのは、これで3回目になります。

昨年は、すでにバンカピに引っ越していましたが、

独りで正月を迎えていました。

これからタイ彼女を探すぞーという希望に燃えながらも、

どこか寂しい思いを感じていたことを思い出します。

そんなことは、やはり、無理かもしれない・・・と。


まぁ、今年は、幸運にも彼女と新年を迎えております。


20101231CentralWorld




さて、今年の抱負、をちょっと記しておきたいと、思います。

12月に、1年を振り返って、どんな思いがするか、

楽しみですので。


・心理学をもう少し続けて学ぶこと。

・日本の戦争・外交について学ぶこと。

・彼女の英語学習に付き合いながら自分も学ぶこと。

・車を利用してタイをもっと旅行すること。

・ゴルフを楽しみ、もうちょっと上手くなること。

あと、目的としてセットする類のものではないので、

ここには掲げませんが、

もっとタイを関して、友達が増えれば良いなぁ、と思っています。



ここで、するどい方は気が付いたかもしれませんが、

なにか、抱負に欠けているもの、あるんじゃないか?

って。


いえいえ、彼女との関係がもっと進化すること、

ではありません。。。

これはもう、自然の流れなので・・・。


それが何かというと、

タイ語をもっと学ぶこと。

それを、今年も抱負にあげることができない、僕なのです。

タイ語を身につければ、

もっともっと、タイの生活が、容易で、楽しくなることが

分かっているのに、

どうしても、強く、その気にならないのですね。


自分の能力の限界を感じているのは、事実ですが、

その気になれないのは、

心底、僕が、タイに惚れ込んでいないから、

かもしれません。


現在の王制や、

微笑みの国、といったまやかしに、

どうしても心底、惚れきれないものがあるのかもしれません。

僕って、

ひねくれているのかもしれませんが、

能天気に、タイは微笑みの国、それだけで癒される、

などという人の言葉を聞くだけで、

嫌気がさしてしまいます。



だから、本当に今年に望むことは、

心底からタイが好きになり、

タイ語を地道に学ぼう、

という気持ちが醸成すること、

なのかもしれません。


今年も、良いことが、

沢山ありますように!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。