きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東日本大震災の収拾のめども立たない内に、

日本を後にするのは、なんとなく気が引ける気もしましたが、

国外に出れば一人分の節電にはなるだろう、

などと屁理屈つけて^O^、

帰りの切符の予定通り、今週21日(月)にタイに戻ってきました。

飛行機は、JL707だったのですが、

搭乗率はなんと10%ほど。

放射能汚染の怖れで、国外脱出する人間が多いのか、

という勢いのマスコミ報道もありましたが、

ガラガラです。

日本からの旅行者に対しては、空港到着時に、

特別の放射能検査がある、

健康への問診もある、

などという記事も読んだばかりでしたが、

そんなことも一切なし。

入国審査に並んでいる人も、前に10人程度で、

アッというまに通過しました。

JALの到着予定時刻は23:15分だったのですが、

実際には30分早く到着、

入国管理を過ぎ、委託荷物を手にしたら、

ちょうど23:15分、

という素早さでした。


月曜日に到着し、

バタバタしているうちに、

今日は土曜日になってしまいました。

この時間の流れも、すばやく感じて、驚いてしまいます。

彼女も、ずっとUSTREAMでNHK WORLDを見ていて、心配していたのですが、

戻ってきて、安心したようです。

一人でも、親身に心配してくれる人がいるのは、

ありがたいものです。。。


まだまだ予断を許さない状況が続くこと確かな日本ですが、

こちらに着くと、

ソンクランで故郷に帰る予定の話が中心になってしまいました。


去年は、初めて彼女の故郷の村に行きましたが、

バスで行き、コンケーンで一泊しました。

今回は、自分の車なので、いかに渋滞を避けながら往復するか、

行きを早くして、

ペチャブーンとかルーイで寄り道しながら、ゆっくり出かけ、

帰りは、13日の午後には出発する、

というようなことを考えています。

(実は、ラオスのルアンパバーンに行きたいというので、

そこに寄ってみようかとちょっと考えたのですが、

調べてみると、ラオスもタイを全く同じ、

ソンクラーンの水掛け祭りだそうで、混雑必至なので、

計画は中止しました)


タイでは、ごく普通の、

穏やかな生活が、

また始まりました。


感謝しています。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


スポンサーサイト
予断を許さないながら、

救援物資の運送ルートの確立とか、

原発機冷却作戦とか、

一つひとつ明かりも見え始めた、東日本大震災10日めです。


この危機が収まったとき、菅首相の宰相としての力不足が、

あちこちから、避難され、白日のもとにさらされるのではないか、

と想像します。

このままでは、復興も後手、後手になる、

新しい日本は生まれない、

それだけは、確かだと思われます。


自衛隊、首相の「過度の期待」に困惑

この記事で、こう言われています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自衛隊に加え警察や消防の様々な種類の放水・消防車両が逐次投入される現状に
「『持てる能力』をすべてテーブルに並べたうえで、有効な対処策を講じているとは思えない」
(防衛省幹部)との批判もある。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次の原発冷却作戦に使用されるのは、高層建設用に生コンを注入する機械だそうで、

より遠くへピンポイントで狙いが定めることが出来る、

しかも100メートル以上離れてリモコンが可能だと。

あのチェルノブイリでも使用された機械で、しかも、日本にも大型、中型、

沢山ありそうなのです。

専門家が、誰もこの機械を、直ぐに提案しないとしたら、なんの専門家なのだろう。

あの警察機動隊の放水車や、自衛隊の空からの散水(放水とは言えない)は、

なんだったんだろう。

遂行した、それぞれの担当者は、被曝覚悟で決行したのです。


政治主導空回り…「危機の連鎖」に対応し切れ

この記事はこう書いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
政府内には「政治主導はいいが、結局、官邸は何も決められない」と嘆く声も出ている。

 18日朝。東京電力福島第一原子力発電所(福島県)への地上からの放水方法を巡り、
首相は北沢防衛相、枝野氏らと首相官邸で協議した。
しかし、1時間たっても結論が出ないことにしびれを切らした首相は、
「そんなのはもういい」と議論を打ち切った。

 議論の中心は「高濃度の放射性物質が漏れ出す危険性の高い3号機だけに放水するか、
1号機にも放水するか」だったが、
結局は「現場に任せる」という当たり障りのない結論に落ち着いた
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こうして、決定がどんど遅れ、現場に責任が押し付けられては、

現場の士気も、なえてしまいます。



こうしている中に、僕のタイへ戻る日が近づいてきました。

被災地のためになにかできること、あるかもしれない、と考え、

予定変更してずっと日本に居てみようかとも思ったのですが、

白髪頭の退職者がボランティア活動に参加しようとしても、

きっと、

被災地でうろうろすれば、自分が被災者ではないか、

と疑われそうなのです。

まずは、自分に出来ること、

せめてタイで心配している彼女を安心させること?

たんたんと予定通りの行動をとることにしました。

復興への、道は、すご~く長いので、

見続けいかなければ、なりません。


被災地で、

肉親を失ったひと、

生き延びて抱き合い、泣いて喜ぶひと、

いまも探し続けているひと、

そして、避難所でも死と闘っているひと。

命のドラマが繰り広げられています。



最後に、栗原貞子さんの有名な「生ましめんかな」という詩を

思いだしたいと思います。

広島の詩人で、爆心地の4キロ北の自宅で被爆。

2005年3月、老衰のため、92歳で死去。


主義主張は違っても、この詩は、折に触れ、味わってみるべきだと思っています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「生ましめんかな」


こわれたビルデングの地下室の夜であった。

原子爆弾の負傷者達は

ローソク一本ない暗い地下室を

うずめていっぱいだった。

生ぐさい血の臭い、死臭、汗くさい人いきれ、うめき声。

その中から不思議な声がきこえて来た。

「赤ん坊が生まれる」と云うのだ。

この地獄の底のような地下室で今、若い女が

産気づいているのだ。

マッチ一本ないくらがりでどうしたらいいのだろう。

人々は自分の痛みを忘れて気づかった。

と、「私が産婆です。私が生ませましょう」と云ったのは

さっきまでうめいていた重傷者だ。

かくてくらがりの地獄の底で新しい生命は生まれた。

かくてあかつきを待たず産婆は血まみれのまま死んだ。

生ましめんかな

生ましめんかな

己が命捨つとも


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


◆ 今度の地震放送のなかで、ちょっとびっくりしていることの一つです。

それは、テレびを見ていると、突然、緊急情報で、

地震発生警報がでるのですが、

これがかなりの確度で、当たるのです。

警報は、地域名付きで、

アナウンサーが居れば、

地震警報です、身の安全を確保してください、倒れやすいものに近づかないでください、

机やテーブルの下に隠れてください、地震警報が出ました。。。

と言います。

一昨日、これを聞いて1分もしないうちに、

大きな余震が、なんと僕の住んでいる千葉の東沖X0キロ・メートル・・・

で起きました。

マグニチュード6.0です。

そして、昨日は、その地震警報が出て、

ニュース9ウオッッチのアナウンサーが読み終えると同時に、

グラグラ来ました。

また、千葉の東沖30キロ・メートルが震源地です。

マグニチュード5.8でした。

今回の東北関東大震災の地震の大きさは、

この止まぬ余震の大きさ、広域さ、長さ、

からも、判断できるのではないでしょうか。

津波の発生の有無は、どうやら次のようなことで判断できそうです。

・震源地が内陸の場合は、津波は発生しない(当たり前、ですが)

・揺れが、短時間で終わる場合は、津波は発生しない。

 上の千葉・東沖地震の場合、揺れは10秒以内で終わりました。

 即、この地震で津波の心配はありません、

というメッセージが発信されました。

東北関東の大地震は、揺れが5分も、続きました。

ちなみに阪神淡路の大地震の場合でも、15秒だった、と言います。

だから、20倍も長かった。


僕は、岩手、宮城の各県で、かくも大きな犠牲者がでたのは、

津波の警報、およびそれに従う人びとの行動の遅れがあって、

多くの人が、津波に飲み込まれたのではないか、

知識や訓練が、やはりまだ不十分だったのではないか、

と普通に考えていました。

ところが、生き延びた人の声を聞いて、そうではないことを

知りました。

たとえば、三陸海岸の住民の方たちは、何度も手痛い津波を経験しており、

知識も、判断力も、とるべき行動も、分かっていました。

揺れが収まった瞬間、

これは大きいぞ、大きい津波がくる、逃げろ、

と即、避難行動を起こしているのです。

それでも、その津波は、あまりにも速く、大きすぎた。

20分から30分後には、人びとの街を飲み込んでいました。。。


◆ 病院からの避難者が、死亡、21名。


原発から10キロ圏内にある大熊町、双葉病院で、院長始めスタッフ全員が、

患者を残して、逃亡避難。

原発の避難ガイドが出たときから、この病院の患者さんたちは、

どうするのだろう、と多くの方が心配していたと思いますが、

最悪のことが、まるで悪漢映画のシナリオのような形で

起きてしまいました。

もっとも重篤な、うごけぬ患者の置き去りに、院長始め病院スタッフが

逃げ出した、というのです。

院長は、自衛隊を迎えにいって、戻ろうとしたが、危険区域ということで、

警察に止められて・・・ということを言っているらしいのですが、

そもそも、院長が「自衛隊を迎えに<病院>を出る」ことはない。

迎えるならば、病院にて迎え、最後の一人の患者が避難したことを

確認したうえで、自分も避難する、

「遭難船の船長は、最後まで船に踏みとどまり、船の運命とともに滅する覚悟」

で責任を全うする、

なんて美談は、期待する方が、現代ではオカシイのだろうか。

これは、美談でもなく、命をあずかる組織の長の、責任だとも思う。

ちなみに、死亡した7人が避難した福島市の病院では、

ひきつぎ情報が全く無し、名前もわからず、現在の病気も分からず、

到着したときは、手の施しようが、なかった、

と語っています。

すでに、双葉病院内に居た時から、病院スタッフに見捨てられていた、

のか?


◆ 原発3号機に、空から、陸から、放水。

作業にあたった自衛隊員、警察の機動部隊員は、使命に燃え、生命の危険を賭して、

任務を遂行されたので、敬意と感謝の気持ちを抑えずにいられません。

しかし、この計画を検討し、決定している「統合対策本部」、

なかでどんな議論をしているのか、不明ですが、

なんか、心配ではありませんか。

どうにも、対策案がでるまでに時間がかり、決定に時間がかかり、

行動にも時間がかかり過ぎるのでは、と感じるのは僕だけでしょうか?

ただ言えるのは、東電だけで対策を練っていたのでは、ほとんど東電内部の

頭脳で思いつくことしか、解決案がでてきませんから、

政府を入れた「合同対策本部」を設定したのは正解でしょう。

ただ、これにも原発事故発生数日後で、判断が遅い、と言えます。

その、合同の会議が、どのように行われているものやら、興味深々なのです。

プールに水をなんとか入れる案として、最初に出たのが、自衛隊の

山火事消火などにつかう、ヘリコプターからの放水。

ターゲットは、容量2000トンの水の入る建屋上層部にあるプールですが、

一日の冷却に必要な水は50トン、だと言います。

ここに、1回、7トンの水を上空80メートルから、放水する。

2機で、可能であれば、2度ずつ実行。

放射線が強いので、ホーバー作業(一停位置にとどまって作業)はできず、

飛行中の放水、いや、はっきり言えば、散水、となる。

これって、どういう根拠のもとで、効果があると判断されたのでしょう?

テレビで見た感じでは、1機めは80メートル以下に飛び、ターゲットに

多くの水を真上から「落とした」ように見え、

あとの3回は、ほとんどどこを狙って放水しようとしているのか、

まさに、空中散水した、感じで、

プールに入った水は?

焼け石に水。。。落胆感を植え付けるだけの効果しか無かった。

もう一度、いいますが、この任務を遂行した自衛官を責めてはいません。

ああしかできなかった、でしょうし、ああすることが任務であり、

それぞれ、放射線の濃度を調べて2度目の放水も可能だと英断し、

計、4回の放水に成功したのですから。

しかし、これが効果的な方法だと、シュミレーションし、決定したのは誰?

僕が見ているだけで、もし、1機めように、低めに飛んで、もっと多くの水を、

垂直に落下するような形になったとしたら、

そう考えると、さらに恐い、気がします。

50メートル(仮定の高さです)の上空から、7トンの水を、直下させたら、

プールとか、使用後燃料棒をか、壊れてしまうほどの、衝撃なのではないでしょうか?

何せ、もともとの強度も分からず、水素爆発もしている建物なのでしょう?

これは、散水で、結果なにも起こらなかったのでOK。。。

しかし、「今日が限界である」と発言し、取り組んだ防衛大臣の、

頭のなかは、どうなっているのか。。。

次のアイデアは、警視庁機動隊による、デモ隊封じのための放水車。

自衛隊が空からの案をだしたから、警察も頭をしぼったらこれがあった、

放水力も80メートル、

50メートル以内なら、ターゲットに命中させる確率高し。。。

という風に聞いていました。

最初の空からの放水案も、機動隊の陸からの放水案も、

実際の実施の前日からプランが発表され(自衛隊のケースは一日めは途中中止)、

準備に十分の時間をかけて、実行に移された行動です。

ところが、この機動隊の放水、届かない!

え~っ、なんだぁ、これは。

警察の、恥っさらし、ではありませんか?

再度言いますが、担当された機動隊員を責めているのではありません。

警察幹部の中では、(放射線が危険だから)、止めた方がいいのでは、

という意見もあったそうですが、(放水しても届かないかもしれないぞ、

という懸念からではない)、勇断した幹部の指示を、使命感に燃えて

遂行されたわけですから。

しかし、結果は放水開始後、10分も経たずに、退散してしまいます。

不思議なお話は、ここで終わりません。

ここで、自衛隊が、事前発表のない(と僕は思うのですが)、

自衛隊の、航空機事故の消火のための、特殊な消防車を持ち出して

きたのです。

いかにも、重大災害時に使用されそうな、しっかり防護された消防車です。

放水力もあり、

なにより、数台、あるのです。

結局、この自衛隊の特殊消防車による放水が、

どうやら原発3号機の建屋まで届き、希望をつなぐことになりました。

なんで、最初から、この自衛隊消防車の案が、出てこないの?

というのが、僕の疑問。

そして、さらに言えば、

そうやら次に、冷却プールへ放水するときは、

東京消防局の、高層ビルの消火に使いそうな、

放水力も、コントロール性も高い、消防車が使われる、

というのです。

写真でみるほどに、いかにも、この消防車が一番目的にふさわしい、

ように見えます。

それでは、なぜ、今これが出て来るの?

出てくるのは良いのですから、なぜもっと前に、

たとえば、機動隊の放水車の案が出た時に、即対論として、

消防局のこの案が出てこないのか。

なんだか、叡知をしぼる方法が、わかっていないようなのです。

民主党は、孤立して、そういうネットワークが無い、

積極的に、ベストな案を、幅広くもとめる、チャネルが無い、

ということなのでしょうか。

ひとつの案がでて、試して、失敗すると、次の案がでる、

まるで、シロウトの経営スクールのようではありませんか?

ぐずぐず、実行対策が全滅する中で、

日本人の体たらくを世界にさらした後で、

GEの援助によって、電気経路の再構築によってのみ

救われた!

なんてニュースにならないように、ガンバって欲しいと、

切に願います。

アメリカからの神風は吹くのか? 製造元の米GE 発電機輸送へ


復興にだって、この原発事故の対策の成功いかんが、

大きく影響することだと思うから。

日本人の底力を、見せて欲しい。。。


◆ 政府筋「東電が米支援は不要と」…判断遅れ批判

なんだぁ、これ。

自衛隊の空中放水も、アメリカ向けの空ジェスチャーか。

今さら、東電に責任を押し付けるなど、もってのほかだぞぉ。

急に、米軍の消防車が参加してきたわけも分かった。

菅はどこまでダメさ加減を見せるのか、そしてこんな発表をゆるす、

官房長官も、閣僚も、全員、ダメだぁ。


◆ 節電に、こうもあけすけに、非協力を表す団体がいるとは。プロ野球!


プロ野球のセ・リーグが3月25日の開幕を、決断しました。

この時機にどうか、という議論を踏まえて、この時機にこそ、

国民に少しでも明るいニュースを伝えていくことが、復興にむけて、

プロ野球人としてすべきことであると、決断した。

これは、その通りだと思うし、他の社会分野においても、

今、自分達がかかわっている仕事を、さらなる熱意と努力で拡大することが、

被災に逢わなかった者の務めである、とも思います。

しかし、それが東京でのナイター開始も含めるのであれば、

大反対でしょう。

上に言った建前の前提が大崩れ、でしょう。

なんでナイターでやらなきゃ、ならないの。

昼、やれば良い。

中部や関西で、やれば良い。

他に方法、考えりゃ、あるでしょう。

そして、文科省が、東京電力・東北電力管轄内の球場での

ナイターの禁止を、強く求めたのに、

蓮舫節電啓発担当相は、ナイター開催に反対するどころか、

理解を示した、という!

蓮舫氏「可能な限り節電を」と開幕に理解

この短いキャプション文自体に、すでに矛盾が表れている。

こんな節電啓発担当相のいう「節電の願い」など、どの国民が従うと思うか。。。

今の民主党のなかに、どうして、下記のような考えを実行しようとする

政治家がいないのか・・・。

政治主導、と言いながら、この電力量危機対策においても、東電に丸投げ。

下記のような、提案がなぜに、民主党から出てこないのか。

石原都知事がネオン禁止令提案

オイル・ショックのときの、エネルギー節減への取り組みは、

政治家主導だったことを思い出します。

それにつけても、プロ野球からのニュース、

気に入りません。

外国人選手が帰国希望…西武認めず、横浜は許可

まぁ、福島の原発から生じている放射能に関する、政府の発表内容、には

国民を十分に納得させてはくれない不満が、僕自身にもありますが、

このアメリカ人選手たち、

放射能が怖いなどと、広島・長崎に原爆を落とした国民が、

なにを言うか!って。

この機に、昔の過ちの償いをさせる意味で、彼らを原発救助の最先端へ、

放り込めばいいのだ!

なんて。


朝から、気分をすっきりさせてくれない事柄を、

「余震」として、一人で愚痴ってきたのですが、

とても書ききれないほど多くて、

なかなか気分が全然晴れませんのが、

もう止めます。

僕自身の独り言です。

ず~っと後で、こんなことにイライラしていたのか、

精神的なバランスを取るための、自衛手段だったんだな、

と思うのでしょう。


しかし、この危機管理の出来不出来で、

将来の日本が決まるようなことだと思うので、

なにか書き記しておきたい、のでした。

ついこの間に認定された、日本のエネルギー基本計画、

2020年までに、全エネルギーの2割、

電力に関しては、5割、

原子力にてまかなう、

という戦略も、見直しになるでしょう。。。


嬉しいニュースは、

イチロー選手が、1億円の義援金を送った、

という知らせ。

そして、あの人から。

ミスターが被災地へメッセージ


みんな、続け。

感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

体育館などに集められ、他の、多くの家族の人びとと、

同じフロアーで、プライバシーもなく、

不便で、不安で、心細い日夜を過ごす、

避難生活を、一度も経験したことのない人は、

不幸かもしれません。

他人の痛みが、(想像力に欠けると)、分からないだろうから・・・。

僕は、小学生の頃、

秋田の住んでいたのですが、

大きな台風で、

雄物川という、秋田平野に流れ込む大きな川が氾濫し、

堤が決壊して、

下流に住む家々を襲ったことがありました。

その時、(多分)小学校の体育館で、近所の、多くの家族とともに、

避難生活を送ったことがあります。

いろいろな災害で、避難生活をしている人びとの様子を

テレビなどで見ると、

いつもあの日の、なんというか、避難生活の肌触り、のような感覚が

蘇ってきて、

それをベースに、それらの人びとの状態を、

想像します。

ああ、これは僕が経験したときと同じだな、

ああ、これはもっとひどいな、つらいな、

という風に。。。

しかし、今回の、何十か所もの地にまたがる、

何万人もの避難者のあり様は、

ちょっとケタ外れに、

実感的な想像が出来ないほどに、

悲惨だという感じがします。

避難場所に居ても、まだ「避難」したとはいえない、状態。

水無い、食料無い、オイル無い、薬無い、安否が分からない、、、。


しかし、道路や、港が、整ってきつつあるようです。

なんとか、この寒い、1日か2日、ガンバッテ欲しい。


この被災者たちの避難所における窮乏を聞けば、

被災していない人間たちが、

大きな節電に協力し、

被災者優先物品の購入の制限に従う、

それが当然の責任かと思います。


いまごろ、それを今頃、騒いでいる。

今夕大規模停電の恐れ、節電を。


枝野長官、買いだめに「法的、強制的な対応を検討」

しかし、なんだか、変。

こういう時に、こういう事は、

もっと早く、より具体的な言葉で、

メッセージを発信しなければならない、

とも思うのです。

あとで、責められる、市民が悪いばかりではない。

なぜ、もっと前に、

被災者優先にないといけないから、

これと、これと、これと、これ・・・・は、

普段より購買を控えるように、国民に告げ、

産業界を通じて、それぞれの卸・小売りに、

一人当たり・一家当たりの販売制限を指示するとか、

そういうガイドが無かったのか。

節電にしろ、

マンションはエレベーターを止めること、街灯は点けないこと、

冷凍庫は使わないようにすること、電気暖房は半減すること、

食事時間をずらすこと、お風呂は夜遅くに入ること、

^O^・・・

とにかく、いろいろアイデアあるでしょう・・・、
それを大々的に、宣伝すること。。。

思えば、震災後、3日めでしたか、

二人の特別な震災担当の役割が政府により、任命されたと記憶します。

・蓮舫行政刷新担当相を節電啓発担当相に、

・辻元清美衆院議員を災害ボランティア担当の首相補佐官に任命。


おやおや、と思ったのは、僕だけではないのではないでしょうか。

この期に及んでも、菅首相の、上っ面な、人事です。

13日に任命されたあと、この二人、なにをしているのでしょう?

そもそも、蓮舫大臣は、「しわけ」で、将来に備える重要なプロジェクトを、

ばっさばっさ切った人です。

石原都知事、蓮舫氏に「スーパー堤防はいりますよ」と痛烈な一撃 会談は5分で打ち切り

そういう人が、この未曾有の災害時に、こういう任務は無理でしょう?

菅首相にしてみれば、「しわけ」も「節電」も一緒や~、

というわけでしょうか。


辻本議員の災害ボランティア担当は、もっとオカシイ。

菅首相は、彼女が、阪神淡路の大震災の時に、ボランティア集団に入って、

活動していた、という皮相てきな事実のみで、今回の役に指名したのか。


僕の、記憶に残っているのは、

当時社会党だった辻本女史は、自衛隊の存在そのものに反対で、

震災の援助活動を自衛隊に依頼する決定を遅延させることに、

奔走していた。

そして、現場で行ったボランティア活動とは、

被災者にビラを配って、自衛隊員からの援助は断るように、

と触れまわっていただけ。

100%正しくはない情報かもしれませんが(いえ、多分正しい)、

こういう風に言われていたことは(噂であったとして)、

事実で、僕は、そう思っていました。

その彼女が、この東北関東大震災の、ボランティア活動を、

どうまとめてけるのか、

誰が、彼女の言うことを信じるものか。

案の定、彼女も、この任命のあと、なにをしているのか、

まったく分かりません。

今回の大震災は、東北4県という、広域にわたる被災地で、

それぞれの被災地により、ボランティアが参加するタイミングも、

形態も違うのではないか。

被災地の報道をみれば、直ぐにでもボランティアの援助が必要で、

そして実際小さなボランティが始まっていたりしています。

しかし、一方で、地元のボランティア・センターが立ちあがり、

そこからの招聘が無い限り、

早く来てもらっては、逆に困るから、

来ないで欲しい、

という被災地が多いようです。

東日本大震災:「ボランティア入る段階にない」無念の帰宅
同じNHKでも、両方の形の報道が行われていて、

少なくても僕は、混乱してしまいます。

そして、諸外国から、ボランティア参加の人びとも、

これまでの震災とはケタ違いの多さで、

やってくるのではないでしょうか。

全体の被災地の状態を見、まんべん無く、的確なボランティア活動が、

実施されるように、ガイド、サポートする、

という役割は、実に大事なことで、

そういう役割を任命したのは、時機を得ていると思います。

ただ、人が間違っている、のではないか。

被災地で、困っている多くの人たちを見るにつけ、

自衛官とは一緒に仕事の出来ない人間がそこにいて、

また邪魔をするのではないか、

と邪推してしまう人物では。

だから、彼女は、なんにも出来ていないでしょう。

あの出しゃばりが、全然、報道に表れないですから・・・。


今日もまた、

愚痴になってしまいましたが、

ほんと、菅政権、って、

最悪かもしれません。

ミス・キャスト、能力無しは、この大震災対応でも、変わらないのです。

後手、後手、

してます。


この危機に、ガンバって!

欲しいと願うのですが。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals



原子力発電所の危機は、6日になっても、エンデングに向けての兆しが見えず、

じわじわ悪いシナリオに押されているところを、必死に踏ん張っている感じです。

ただ、冷却装置を稼働させるに必要な電源設備の準備が進み、やがて使えそうなので、

明日の17日には、好転の兆しが見えてくるかもしれないという期待。

とにかく、今は、1号機から4号機、(そして5と6の点検)、

全方位で、原子力所員および自衛隊のみなさんが闘っているので、

なんとか頑張り通して欲しい、そしてみな無事に帰還して欲しい、

と願うばかりです。


一方の、被災者の救助と支援の方ですが、

2400の避難所に、44万人の避難者、という状況のようです。

食料なし、水なし、暖房なし、野原にさらされているような、避難者もいる。

そして、今日は雪、真冬のような天候。

今夜にかけて、零下の状態になる地域もあるそうです。

避難所にいながら、死者がでる、などどいうことのないように、

こちらも祈るばかりです。


今日、街を歩くと、

ガソリン・スタンドには、ロープが張られ、売り切れ、の文字。

今朝から、テレビでは、

食料、ガソリンは買い占めないようにしてください、

被災地の人たち、支援の人たちに、振り分けてください、

と絶叫していますが、

遅すぎました。


街の、ある不動産会社が、救援物資を集めて送る、

という案内が町内会から回ってきました。

昨夜、何枚かのセーターとスラックス、そして皮ジャンパーを

探しておいて、

今日は、その会社に行ってきました。

今まで、知りませんでしたが、

この会社は、地域への貢献とボランテァ活動に、

ながらく、

本気で取り組んできているところでした。

ここに来る前にジャスコに寄ったのですが、

そこでも、

救援募金を募っていて、

3月31日までに顧客から集まった総額と、

それに同じ額をジャスコが追加し、

送るという。

まぁ、地元の不動産屋さんの方が、

なにか身近な気がしましたし、

物資を含めての活動だったので、

こちらを通して、

ささやかな志ばかりでしたが、

救援活動に参加しました。

支援金も1万円。


タイでこんな募金活動に参加して、お金を出すと、

どこかでピンはね、というか抜かれるのではないか、

という不安に必ず陥りますが、

その心配の無い、

日本という国は良いですね。

(もちろん、日本にもあやしげなものがあることは、知っています・・・。

蛇足、でした)



実は、ボランティアで、なにか出来ることはないかなぁ、

ということも考えたのですが、

・ 神戸のボランティア団体のリーダーが、すでに福島に出かけてきた

  ことをもとに、他のボランティア志願の人へメッセージを伝えていました。

  すなわち、今は、ボランティアで行かない方が、地元にためである、と。
  
  車で行って、ガソリンが無くなって地元で給油したり、避難所の限りある

  食料や水を、ボランティアが消費することは、被災者から奪うことになる。。。

  とにかく、今は、受け入れ側の準備が整い、声がかかるまで、押しかけ

  ボランティアはしないように。

  (同様のことを、NHKの二つの番組で、述べていました)

   これは各地の公共のホーム・ページでその需要が知らされるので、

   それを待つ方が良い、ということになります。

・ 今まで、ボランティアをした経験が無い。

・ ボランティアと言っても、年齢のこともあるので、

  足手まといになりそう・・・。^O^

  出来ることに、制限があり過ぎ、そう。

  多くの人が、「対象喪失」の状態になっているでしょうから、

  そのカウンセリングの一助にはなれると思うのですが。


などなど、今は、あまりふさわしい時期ではない,

という結論になってしまいました。


それで、当初の予定通り、

来週には、またタイへ戻ることになりました。



20110309ume1
日本に帰国した当初。

20110309ume2
すこしずつ、花びらの数も増えていき。

20110316ume3
いよいよ、春間近を、感じそう・・・

20110316ume4
と、ある一日、一挙に満開。

20110316ume5
実は、今日も、まだ肌寒いのですが、
梅は、元気を出せ、もう春だ、
と告げてくれているようです。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

今日、東京の株式市場が、日経平均でマイナス1015円の大暴落。

日本の復興が長期化するとの予測と、

原子力発電所の危機を通して日本の技術への信頼が失われたこと、

などが主な背景だそうです。


僕は、実に、投資活動には、不向きなようです。

昨日、今日で、あっと言う間に、百万円、持ち株価格が落ちてしまいました!


そもそも、地震が起きたのは、千葉銀行の投資セミナーに参加している時です。

そのセミナーは、投資信託だったのですが、

そのファンド・マネジャーから、

今年は、世界の景気が上向きで、その投資信託の戦略も、

守りから、攻めの年、

つまり守りの「債券」の投資比率を落とし、

攻めの「株」の投資比率を、上げる。

その割合を、株を6割、債券を4割とする、

という話を聞いたばかりでした。

事実、米国の株式市場は、バブルではないか、と思うほどの

高値の続伸で、

日本も鈍いながら、上昇傾向が続いており、

僕の持ち株もそれにつれて上昇していたのです。

ところが、直前の中東の政変、

特にリビアの(ほとんど)内乱状態によって、

日本の株式市場は、下落のよそおいが濃くなってきました。

それでも、そのセミナーの話を聞いて、

まぁ、このまま持ち続けてみようか、と決めたのでした。


ところが、金曜日に震災・津波が発生。

土曜日、日曜日と、状況がまったく改善すず、

それが、月曜日の株式市場に、即、表れました。

マイナス4百円台?だったでしょうか。

僕が、取るべき行動は、

土曜日、日曜日の動きを、知恵熱がでるくらいに検討し、

月曜日に、すべて売りに出る、

ことだったのです。。。



が、またそのチャンスを逃してしまいました。

なにしろ、

JALの経営危機に関し、政府の支援を予測して、

持っているスカイマークの株を売って、JALに乗り換えた人間です。

(にっくき、民主党!なんて、八つ当たり)

なんにも、読めない、のです。

JALの株券は紙くずとなり、

300円で売ったスカイマークの株価は、1000円を越えてしまいました。^O^


まぁ、しょうがありません。


今日取った行動は、午前中、まだ下落幅が500円台だったときに、

一部の株を売りました。

それで、株の口座に現金が少し入りました。

これで、安値になったどこかの株を、購入できます。

よし、今度こそ!

なんて、止めておけば、良いかも、ですねぇ。



散歩を兼ねて、近くの大型スーパーによってみました。

15時で、閉店していました。

東電の、計画停電が3時からあると、発表されたからです。

ところが、この地域は、実際の停電は起きませんでした。

店内は、消灯されていましたが、

広い駐車場を照らすいくつもの電気は点きっぱなし、でした。


日本人の悪いクセ、買いだめ・買占めが、行われているだろうなぁ、

と思ったのでした。

ガソリン・スタンドなど、昨日から、長蛇の列で、

みな満タンにしているようです。

(僕は、一昨日、急きょ必要で、ハイオクを入れましたが、

他に求める人もあろうかと、最低限の20リッターしか入れませんでした)


被災地では、救援活動のためのガソリン、灯油が、不足し始めたという。


散歩していると、

町での救援活動が始まっていました。

3月23日までに、救援物資を、XXX(不動産会社)まで持って行くと、

その会社が車で福島まで運搬してくれる、

という手順です。

毛布、シーツ、衣類、タオル、卓上コンロ、ボンベ、インスタント食品、

支援金、、、

要するに、生活必需品であれば、なんでも。

特に、防寒用の衣類が不足している、とか。


僕に、今出来ることは、こうした支援しかないので、

明日、持っていくことに、決めました。



家にいて、震災のニュースを聞くだけで、

なにか遊びにいくなんてことは、不謹慎な気がして、

できないので、

自宅にある、ゴルフのクラブなどを磨いていました。

これも、余波、といえばいえないこともない、

でしょうか。

(関係ない、か^O^)


僕の、過去に求めたアイアン・セットが、ほとんど残っています。

・マグレガー Jack Niclous Golden Bear

       (最初のクラブで、近くのなんでもデスカウント・ショップで買いました)

・LYNX Prowler

      (アメリカで。今は無いですが、ウィルソンのクラブと併用で使用)

・マグレガー トミー・アーマー シルバースコット(観賞用で、アメリカで購入)

・ベン・ホーガン Edge (世界初の軟鉄キャビティ、だった)

・ピン アイ2 (赤、ステンレス)

・ピン アイ2 (オレンジ、ベリリウム・カッパー)

・コブラ キャビティ (グレッグ・ノーマンがコブラでした)

・ミズノ T-ZOID Pro (ニック・ファルドがT-ZOIDでした)

・ブリジストン J’s Professional weapon (スチール)

・ブリジストン J’s Professional weapon (カーボン)

・ジャンボ WO.1 O’ja フレックス S (2セット)

・ジャンボ WO.1 O’ja フレックス X

・タイトリスト マッスルバック フレックス X

・ブリジストン ジャンボ MTN III (観賞用、です)

・ミズノ MP37 シャフト DGS400

・ミズノ MP37 シャフト DGX100

・ミズノ MP62 シャフト プロジェクトX (今回オークションで購入)

ここに、あげただけでも、17セットありますね。

我ながら、呆れてしまいます。

ゴルフを始めたのが、30歳ころからですから、

30年間ちょっとで、20セットは買いそろえた、

ということです。

中には、観賞用のクラブもありますし、

上の4セットは、今、タイにあります。


僕は、なぜか、ゴルフは、

技術が3割、道具が3割、頭が3割、

だと思ってきました。

技術は、なかなか向上しないし、

ゴルフ場でのプレーが月一では、頭も発達しない、

残りで楽しめるのは、クラブを変えること、

なんて、やってきたような気がします。。。


それが、技術の向上を妨げていることは、承知、

なんですが。^O^


ところで、先週、

金曜日の午前中に(午後の投資セミナーの前)、

これらの、

懐かしのクラブを何セットか持っていき、

練習場で打ってみました。


20110311golf1
車で15分ほどの、ゴルフ・パートナー経営の練習場です。



20110311golf2
2階で、レッスン・プロから指導を受ける人たちが見えます。


20110311golf3
1階。
入場した時は、いっぱいの人だったのですが、
12時ではこの状況。
なんでかなぁ、と思ったら、
朝の10時までに入場すると、2時間打ち放題で1000円、
なのでした。


20110311golf4
バンカー練習場。


20110311golf5
パッティング練習場。
パー3コースも併設しているので、その練習グリーンです。


20110311golf6
さてさて、これが打ってみた、クラブです。
左から、マグレガー ゴールデン・ベア、
J’s professional weapon (カーボン)
MP37 (タイで使用中。しかしこちらはDGS400)
MP62 (新規購入。ルーク・ドナルド、世界マッチ・プレー制覇)
なんと、驚いたことに、
最初のクラブ、ゴールデン・ベアが、良い球、打てるのです。
そして、次のJ’s モデルも、非常に感触良し。
MP37は申し分ありません。これを基準に比較しました。
MP62、まだ慣れません。ライ角がちょっと合わない感じ。
でも一番距離がでます。Xシャフト、だから?


20110311golf7
そして、ドライバーは、キャロウェイ・グレート・ビッグバーサー。
今使用中のレガシーから比べると、ヘッドも小さいし、
頼りない感じ、なのですが、それでも、打てました。
これで、プレーシしても良い、と思いました。
最後に、なつかしの「タラコ」3番。これもまだ使える、感じです。


20110311golf8
この日は、打ちませんでしたが、
ベン・ホーガン、ピンアイ2、コブラ、
それぞれのキャビティに思い出があります。


古いクラブでも、

結構うまく打てたのは、

最近心がけてる、新しいスィングのおかげかもしれない、

のかなぁ。


もう、新しいタイプの、より易しい、と言われているクラブは、

必要ないな、

と考えてよさそうです。

要は、クラブをいかに自分の身体に、なじませるか。。。

あとは、ゴルフの愉しみというものの、

考え方、次第であろうと思いました。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


地震発生後、5日め、

震災・津波の救助と支援の危機と、原子力発電所の危機、

この二つの危機がますます混迷を深め、

まだ終わりが見えません。

生存率が急激に落ちる72時間、というタイム・リミットを越えましたが、

ときどき入る救命のニュースに喜ぶとともに、

いまだ行方不明者が1万人以上。。。

妻を、夫を、子供を、両親を、探し求めてあるく人びとの姿に、

涙を禁じ得ません。

もう、み~んな、無くしてしまった~ぁ、

これからどうしたらいいか、な~んにもかんがえられねぇ、

ものはなくなっても、ひとが生きてさえいれば・・・。




そして、同様に、世界の注目的になっている、原子力発電所の危機。

安全神話が消えた、

という表現がマスコミのあちこちに見えますが、

そんな「神話」があったとは、知りません。

原子力発電は、危険である、完全な安全はない、

というところから、始まっていると、思っていました。


今回の対応では、想定外に大きな地震、だったと。

原子力発電所の安全確保の、3大要素は、

止める、冷やす、閉じ込める、

だそうです。

発電機能の核融合を止める、

そして原子炉を冷やす、

原子炉に異常があった場合、被害を格納装置に閉じ込める。

発電機能の止める、ことは(たやすいのかどうか分かりませんが)、

今回、どの発電機でもうまく行われています。

問題は、冷やす、こと。

冷却水を送る、ということなんでしょうが、

電気を使う方法と、

電気を使わない方法(蒸気による)、

2段構えだそうです。

その第一弾が、(多分)発電に必要なディーゼル機関が故障で動かない、

第二段の蒸気による方法は、それ自体、十分でなかった、とか。

それで、今は、外からポンプ車で、海水を流し込む、という作業をしている。

そのポンプ車も、1号機、3号機、2号機と、

冷却に必要な場所が増えるほどに、足りなくなって、

今日になって、アメリカ横須賀基地に緊急援助を依頼する、という状況。

そして、今朝、2号機の格納庫の圧力を抜く作業中に、それに関連した弁の部分が損傷し、

爆発した、とのニュース。

政府は、今日、この危機処理には、政府と東電が一体となって応じなければならないとし、

統合対策本部を発し、菅首相が本部長となった、と。

これも、遅すぎる。

政府も、東京電力や日本の原子力発電研究者のレベルに、初めて疑問を抱きはじめたのか、

アメリカ政府に、原子炉の冷却方法に関して、援助の依頼を正式に出した、とか、


そもそも、今回の地震が未曾有の大きさで、想定外だった、

ということで、もともとの原因追究が、なされようとしていないのですが、

これは、おかしい。

大体、「想定外」という言葉自体、あのニセエモン(何という名でしたっけ)以来

流行語になって、安易すぎて、嫌いなのですが、

東京電力に対しては、何が、想定外なものか、と言いたいのです。

どういう規模の、地震を想定して、原理力発電所を建設しているのか。

M9.0という大きさは、何も過去の一度も起きたことのない大きさでは

ないのではないですか?

日本でも、1000年前には起きている。

そして、1900年以降をみても、今回の地震の大きさは、世界で5番目の大きさ、

だと言います。

原子力発電所、というものを建設するときは、日本や世界で過去に起きた最大の地震を

ベースにすることはもちろん、それの1.2倍~1.5倍くらいに目安を置く、

ということは、当然なのではないのだろうか。

東電の、想定マグニチュード、というものを聞いてみたいものです。

僕が、会社員だった時代、品質管理に関して、シックス・シグマ、というコンセプトが、

世界を駆け巡ったことがあります。

信頼度、99.9999パーセント、6つの9を達成する、という取り組です。

せめて、東京電力には、この気概で原子力発電所建設と運用に取り組んで欲しい、

と思うのですが、

実態は、どうなのでしょうか?

こちらの危機も、

終わりが、まだ見えません。




長い愚痴になってしまいますが、

昨日書いた、「計画停電」について、もうひと言。


昨夜、ようやく温かな日が訪れてきたので、夜の散歩に出かけました。

道すがら、見ると、XX歯科医院とか、YY倉庫とかのネオン・サイン、

高層マンションの廊下の電気、

煌々と電気を消費していました。

また、僕の行った、夜の公園も、まるで昼かと見紛うばかりの明るさ、

(とまでは言いませんが)、

ゴルフのクラブの素振りや、

サッカーなどのボール・ゲームが出来る明るさの、

大きな照明灯が、6つ点いていました。

この緊急時に、お役所レベルで、節電が、実施・徹底されていません。


東電による、「計画停電」の、無計画な発表により、

(前日、夜8時の発表で、翌朝6時からの実施、伝達方法もホーム・ページ、

記載内容に不備、、、などなど)、

関東の住民の、ほとんどが翻弄されてしまいました。

当然のごとく、電車の多くが止まりました。

東電側では、供給が満たせることが分かれば、計画は実施しない、

実施しないで済んだ地域が多いのだから、良いでしょう、

とでも思っているんでしょうが、

(官業企業の発想、ふんぷん、、、)

世の中は、そうは動いていません。

どうやら危機管理においては、そうとう上を行っている、

交通関係の各社では、短い時間の不充分な情報ながら、

夜っぴての運行予定を組み、それを実施しました。

朝の6時になって、今日は、ここの停電はありません、と言われても、

なんの価値もありません。

電車の足が奪われて、多くのサラリーマン、学生たちが、被害にあいました。

あるサラリーマンは、こういう状況下でも、出社しようと、必死でした。

さいたま市から、自転車、それもママチャリで、出勤途中なのです。

これから、虎ノ門まで、行くのだと。

僕は、笑いながら、目がしらが熱くなってしまいました。

なんで、日本人は、こうも真面目なのだろうか、と。

サラリーマンを低く見る人たちは、

あくまでも出勤しようとする、こういう人たちを、

サラリーマンの悲しさ、つまらなさ、卑小さ、

と思い、

自分はサラリーマンにだけはなりたくない、

などと言うのでしょうが、

こういうサラリーマンが、

あるいは、こういう類のまじめな農業や漁業に携わる人々が、

日本を支えているんだ、と、

深く感じ入っってしまったのです。


それにつけても、思うのは、

なぜ東電は、この停電を「計画的」に行えないのか、

ということです。

計画的に、ということは、電気を断つ側と、電気を受けられない側が、

ともに情報を共有したうえで、可能な限りの、合理的な相互行動を実行する、

ということです。

東電がやったことは、「計画停電」などではなく、

「緊急停電」「非常事態停電」です。

さすがに、今日になって、鉄道会社などからのクレームが相次ぎ、

今日からは、鉄道会社は、停電の対象からは外す、という合意が

なされたと言います。

社会のインフラを支えているのは、自分達だけではない、

と初めて気がついたのでしょうか。


計画的に、というのなら、

まず、まやるべきことが、

あるのです。

それもやらないで、即、強制「計画停電」というのは、

まるで、民主党が、

まず国の無駄を徹底的に洗い出し、削減し、

ともに、経済成長の促進を計って、のちに、

必要な増税を見極める、

と言っていた政策を、

なにを血迷ったかか、

いきなり増税推進党に早変わりした、

その姿をほうふつと、させます。^O^


そもそも、なんで、どれほどの供給電力不足で、一方的停電が必要なのか、

数字的に、知らされていません。

家庭への節電を求める声はあっても、

ではどれくらい家庭では節電を考えればいいのでしょうか、

という素朴で、節電に協力しようという真摯な声にも、

「出来るだけ」節電してください、

というマネジメントとしては落第、と答えしか返ってきません。

福島原理力発電所は、東電の30%の供給を提供しているので、

ここが運転不能により、

全需要電力の30%を削減する必要が、あります。

そのためには、大企業、中小企業、公的機関、病院、その他には、その目標を設定し、

そして、家庭にも、30%の消費削減を、依頼する。

家庭における30%削減実現については、50%削減を期待するガイドを出して、

実質、30%削減を達成できるだろう、とは思います。

かくかく、かような、緊急事態だから、

協力して、電力消費削減を実行して欲しい、

さしあたりは、緊急なので、「緊急停電」を実施し、

その経過をみながら、将来の停電計画を調整していく、

というような、アプローチが必要だったのでは、ないか。


きっと、これは、東京電力の責任ではなく、

政府の任務、なのだとも考えます。

ところが、今回は、この電力消費の危機管理を、

すべて東電に、丸投げしてしまった政府です・・・。


こうする中で、

停電地域のグループから、除かれている、東京23区に対する、

(そもそも第一番の電気食いのエリアではありませんか。

ここに対するなんら規制もない、というのが、計画的でない、

と指摘するポイントでもあります)

強制的、節電の指示を出す。

一部、良心的に自主節電をし始めた商店街や、デパートなども

もちろんありますが、もっと、強制的に管理する必要があります。


各家庭においては、50%の節電、の方法をガイドする。

一家にある複数のテレビは、1台しか使わない、

部屋が4LDKだったら、2LDKの生活モードにする、

暖房に電気は使わない、

使う場合は2分の1の時間にする、

(寒かったら、厚着をする、当然!)

白熱電球を、この際、蛍光灯やLEDに変える、

などなど、

そして、そのモニターの方法も知らせる。

(モニターは大事です、数字を見れば、日本人は頑張ります^O^)


いろいろ、細かい点まで、アイデアを提供する。

エネルギー節電対策担当相とか、決まったと2日前に聞いた気がしますが、

(確か、 蓮舫大臣?)、

もう、上のような事は、やっているのかなぁ。


ああ、今日も、

テレビを時々ながめながら、

グチを言っている自分になってしまいました。


下に、スマトラ沖の津波にタイで巻き込まれ、一命をとりとめた、

アメリカのスーパー・モデル、YYYさんのインタビュー・ビデオが

あります。

彼女は、日本に対する同情と、

彼女の生き延びた経験からの被災者へのアドバイス、

そして、災害後、直ぐの支援の大切さはもちろん大切だが、

そのあと、3年、5年あとへと継続する支援が、もっとも大切だと、

訴えています。

(彼女は、タイの津波で、当時一緒に旅行していた、恋人を

失いました)


Supermodel on Surviving a Tsunami



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


昨夜8時ごろ、東京電力会社から、「計画停電」なるものが発表になり、

その第一グループに、僕の住んでいる町が含まれていました。

午前中に、政府に「計画停電」の必要性を説明し、

管首相も承諾・許可した、という短いニュースは見ていました。

それが、その日の午後には詳細予定が発表され、

翌日早朝からの実施、という素早さに、驚かされました。


一国の一大事ゆえ、やむを得ない、と覚悟を決めました。

第一グループは、朝の6時20分から10時までなので、

深夜のうちに、朝食の準備を済ませたり、お湯をつくっておいたりして、

さぁ、朝6時半に目覚めると、

電気が点くではありませんか!

さっそくテレビをみると、なんと、実施ぎりぎりになって、

東電が第一グループの「計画停電」をキャンセルした、と。

それも、こともあろうに、需要電力を精査したところ、

供給に余裕があると判断したためだ、ということです。

NHKは、官報放送局ですから、非難めいた報道表現を避けていましたが、

これはきっと、これから、大きく叩かれるでしょう。


東電の企業体質を見る、思いがします。

官営企業、という印象です。

自分達が、どれほど重大な社会のインフラを担って、そして商売をさせてもらっているのか、

実際には分かって、いないようです。

原子力発電所が、現在機能不能だ、ということは分かったとして、

それは東電の供給量の最大でも30%を担っているに過ぎないはずです。

その30%を、どう調達するか、穴埋めするか、の見通しをどうみたのか。

関西電力始めとする他の電力会社からの補助、

大手企業への大幅な節電の依頼、

そして各家庭への最大限の節電のお願い、

その上でも、その30%の不足が補えないのか、

それを見積もる、危機管理のシュミレーションを事前に行っていないのか?

重大、いや最大の社会インフラを支える企業でありながら、

危機管理がまったくといっていいほど、お寒いのではないか。


(それが、直接的には、福島電子力発電所の、地震後の処置にも、

随所に見られます。

多くの住民が、「『原子力発電は安全だ』と聞いていたのに、

どうしてこんなことが起こるのか」と言うのを聞きますが、

東電の管理者まで、、『原子力発電は安全だ』と信じて、

甘~い危機管理しかしていない、と見えます)

ひと言でいえば、原子力発電所の地震後の対策は、予測が外れ、

数値の把握があいまいで、判断が遅く、後手、後手、という感じです。

自分達が直接実施する作業は、甘い期待がまず先にあって、

行動が後ろについてくる、言い訳を準備してから、

行動する、という有様、です。


それに比べて、この「計画停電」は、迅速なこと、

まるで疾風のごとく、でした。

自分達は、指示をだせば、あと実行するのは、他の組織体であり、

国民一人ひとり、であるからです。


どうやら、その指示が、どのような甚大な影響を及ぼすのか、

想像していなかったらしい、と見えます。


電気が止まれば、交通がとまる、

(会社員に、学生に通勤・通学をひかえるように、というガイドが

政府機関から出されました。

また街の信号機には自家発電機能はなく、すべて消えてしまうので、

交通渋滞、事故の多発が懸念される)、

水が止まる、

(マンションなど・・・給水支援が計画されました)、

病院・家庭治療中の患者の命にかかわる、

(自家発電やバッテリーでの駆動が必要で、

特別支援に乗り出す、とは言うが、それがどの程度の量で

必要なのか、見積もってはいない。

家庭治療の患者に対しては、夜発表して明日の朝から実施、

というのは、相手(顧客)を無視するにのほどがある)


また、停電の解除の時、電源が一斉にオンになったときの

事故・火災の発生危険のために、事前にブレーカーを落とすとか、

すべてのコンセントを抜いておかなければならない、

とか。

とにかく、東電にとっては、「計画停電」でも、

その影響は、簡単には「計画」できないほどの、

甚大な影響をもたらす行為なのです。

社会がマヒする、

企業活動が止まる、

いのちの危険にさらされる、

まさに、(原発問題を地震・津波による2次災害、とするならば)

3次災害を、東電が引き起こそうとしている。


計画停電で、通勤・通学の主なる電車は、一日全休を発表しました。

東海道線、横須賀泉・・・わが外房線・・・・。

サラリーマンは出勤できません。

経済活動がストップします。


「計画停電」は、これから毎日、4月まで続けてたい、と東電言っているようです。


甘い、政治家集団の政府は認可しても、

法律的に問題はないのか。

大きな経済活動の阻害をもたらし、

人命を失うような事象が起きれば、

東電・経営者の、法律的責任というのも、

発生するのではないか。

そんな怖れを、今さらに気がついて、

「計画停電」実施の見直しを、

決めたのではないか。

とにかく、自らの専門である、

「需要見込み」というものが、

長い、長い経験と、実データがあるにも拘わらず、

この危急の時に、出来ない、当てにならないカンである、

というのは、いかにも、情けない。

第一に、

東電の管轄域を5つのグループに分け、

節電の痛みを共有してもらいたい、

などと言いながら、

東京23区は、基本的に「計画停電」に入れない、

という不公平・不思議さ。

と言いながら、「荒川区」は、計画停電区域に入っている、

という不公平・不思議さ。

緊急作成の、そのリストなるものも、不正確であり、

伝達手段も考慮していない、

(東電のホーム・ページを見てください、って!)

無責任・不思議さ。

とにかく、マネジメントは、頭が高いだけで、

やっていることは、ずさん。

自分達の影響を、供給電力量、という点だけでしか押さえることができなく、

それが、

線になり、

面になる、

影響度が読めていない、

そういう経営にしか思えないのは、

僕だけでしょうか?

計画停電第一グループに割り振られた、

一国民の、

大いなる嘆き、

でした。

(その後のテレビ放送を見ていないので、

第2グループが実施されたかどうか、

今は、分かっていません。

多分、実施はしないでしょう。

だったら、最初から一遍に発表しろよ!

と言いたい。


こうしていても、また、大きな揺れを感知しました。

震源地では震度4か5の大きさではないか。

いつ終わるとも分からない、

それが今回の地震の大きさを表しています)



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals



3日目になっても、

40数か所に及ぶ孤立した被災者への救援活動は端緒についたばかり、

死者・行方不明者の数はとどまることなく、宮城県では1万人超、

原子力発電所は、危機的状況を深め、

今になっても、各地でコンビナートが新たに炎上・・・。

日経電子版夕刊 3・13(PDF版)です。
1面.M9.0に修正 東日本地震 世界最大級
2面.地盤500キロ 連続破壊
3面.原発6機 緊急事態
4面.被曝 190人超す可能性
5面.米、原発専門家を派遣 GEも支援へ
6面.宮城死者、万単位に 県警が見通し
7面.自衛隊10万人 派遣
8面.統一選 被災地は延期へ

今日も、テレビのどのチャネルも、24時間、大震災の報道一本です。

(と思いきや、12チャネルだけが、娯楽番組を始めていました)


被災地から遠く離れ、親類縁者も被災地にいないのですが、

テレビを通して入ってくる情報に、

いかに甚大な災害であるか、

被災者が痛ましく、こころ重くなるばかりです。


今日、近くのガソリン・スタンドに行くと、

レギュラーは売り切れです、ハイオクが少しあるだけですが、

と言われました。

タンク・ローリーが来ないのだそうです。

何かの時に、移動しようとして、ガソリンが無い!

なんてことは避けなければ、と思い、

リッター145円のハイオクを入れました。


まだ、人命救助に必死になっている段階、

(これだけ広域で、道路などのアクセスが粉砕され、

いまだ余震、津波の危険を背後にしながらの活動は、

その困難度が察せられます)

これから緊急生活支援(阪神淡路地震でおなじみの仮設住宅など・・)が始まり、

そして本格的復興へ。。。


どれだけ、長い、時間がかかることか。

ふと、小沢一郎さん、どうしてる?

とか、

復興にかけて岩手・宮城・福島をまとめて一つの州にしちゃったら?

などと、考えてみたり、

って、ちょっと不謹慎かな。


そういうことでなくても、

阪神淡路地震で、日本にボランティアの芽が咲いたように、

何か、

新しい日本!

がここから生まれてくることを、祈りたいです。


マケナイデ、

マケナイゾ!



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

一夜明けて、より多くの情報が収集されるようになり、

悲惨、甚大な被害の状況が明らかになってきています。

毎日新聞では、死者800名、行方不明者を含むと、

1500名超の被害者が明らかになってきた、と。

残念ながらこの数字は、今後さらに増えてしまいそうです。

地震の命名は、東北地方太平洋沿岸地震、ですが、

被害は東北地方だけではなく、関東でも37人の死者をだす、規模の大きさです。


外国人によるニュース、

クルマがおもちゃのように流される画像、

そして町全体が燎原の炎につつまれる気仙沼。












そして、今、さらに気になるのは、福島原子力発電所。

ついに、原子炉本体にある炉心から核燃料が溶けだした可能性が高くなり、

一方では、住民の避難が完了していない、という。

より大きな2次災害にならぬよう、祈るばかりです。

福島第一原発 燃料溶け出たか


昨日の夕方から、どのテレビのチャネルを回しても、

(当たり前、、ですが)徹頭徹尾、この地震の報道です。

自分の人生全体が、津波にあって、一瞬にして、流失してしまう、

こんな過酷な運命を目の当たりにしています。


ニュヨークでは、株価が上昇。

日本の復興需要を見越して、だそうです。

また円高、円を確保しておきたいので、円買い、なのだそうです。

世の中は、止まること知らず、

ですが、

この多くの人の不幸を目にして、なにも手につきません。。。





なので、僕のブログ・タイトルの由来、などを書いてみたいと思います。

最近、ちょっとしたエピソードのあったりしましたので・・・。


今回の1時帰国からタイに戻るときは、本を持っていく予定がありません。

大きくて、重いものを持っていくつもりなので、

いつものパターンの本は諦めざるを得ないのです。

そうだったら、帰国中、本屋・古本屋さんになど、行かなくてもよさそうなのですが・・・。

ところが、やっぱり、見るだけでも、本屋さんには寄ってしまうのです。

そこに、思いがけない出会いがあるからです。

今回も、ブックオフに出かけました。

「逆境をバネにする方法」 本田有明著、

というごく普通の本をちょいと手にしてみました。

腰巻宣伝文句に、

「失敗の経験によって、

知恵がはぐくまれる。

その知恵が、

やがて、

あなたの財産になる」

そうです、あのボビー・ジョーンズも、

失敗からいかに多くのことを学ぶか、それが肝心、

と言っている。

「つらい体験をしたら、

それを励みにすること。

強くなるとは、

そういうことだ」

つらい体験を乗り越えることが、

人をより強くしてくれるのだ、

ピンチをチャンスと思って、

ふんばろう、

君には出来る!

と、こういう、ありふれた本だと思うので、

買わないのです、普通は。。。

ところが、ふと、目次を見たら、中ほどに、

「25 いつもおいしい朝食を」

とあるではありませんか!

僕と、同じことを言っている。

そして買ってしまいました。^O^


そこには、こう書かれています。

・いつもおいしい朝食を

太古の昔から行われてきた健康法のひとつ、

それはしっかり朝食をとること。

かって、「今日も元気だ、タバコがうまい」という広告コピーがありました。

なぞらえていえば、

「今日も元気だ、朝食がうまい」

一日の始まりに、こう言ってみよう。

古くは戦国武将の家訓にも、「朝食はうまく食うべし」との

一条がある。


僕の思いもこんなところでしょうか。

いつも元気でいたい。

元気は朝の食事から。

それが、一番のゼイタクかもしれません。


そして、今度の地震で、

これまでの人生が流失したかのごとく感じている人にも、

逆境に、どうか負けないで、

朝食を、どうかおいしく食べてほしい、

と切に祈って、

みるのです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
現時点で、すでに死者27名、さらにさらに犠牲者の数は増えていきます。

(その後のニュースで、死者の数、行方不明者の数は急増しています。

仙台市からは溺死したと思える遺体が200から300発見されている、と。。。。

大災害、です)


まず、亡くなられた方々に、ご冥福をお祈りします。


今日は、一時帰国後、一番ゆったりした時間を過ごそうとしている日でした。

午前中は、オークションで買ったアイアンMP62の試し打ちに行き、

午後は、千葉銀行主催の、投資信託の運用報告会に2時から参加。

地震は、この運用報告セミナーの最中に、起きました。

千葉県のあるほてるの2階、宴会用の大広間でセミナーは行われていたのですが、

最初のセッション、「GW7つの卵ー運用報告」が終わって休憩に入った、2時40分過ぎ、

その大広間の、天井からぶら下がっている、巨大なシャンデリヤが大きく揺れ始めたのです。

年寄りの方が、地震に気付くのが早いのはどうしたわけでしょう。

「おや、地震だぞ」

「大きいぞ」

「長いぞ」

1分過ぎても、揺れが収まらず、

僕も、本当に久しぶりに、机の下にもぐってしまいました。


携帯電話を使って家と連絡しようとした人がいましたが、

もう携帯はつながらなくなっている、と。

なんだか、携帯ってもろいなぁ、と思いましたが、

後で聞くと、

携帯電話会社の交換機が故障する怖れが大なので、

このような突発災害が起きたときには、即、制限モードに入るのだ、そうです。


今まで経験した地震とは、ちょっと違う規模だな、思いながら、

セミナー開催者が情報を集め、震源地は、三陸海岸だ、とのこと。

直接の被害は、千葉には少ないだろう、と感じながらも、

150名ほどいる参加者は、落ち着かず、

セミナーは継続するのか、

中止にしないのか、

と主催者に訊ねます。

心配で、家に帰りたかったら、

主催者がセミナーを続けようが、終了しようが、

自分の判断で、帰れば良いのに、

日本人は、やはり誰かに決定してもらいたがるのだな、

そして、集団行動をとりたがるのだな、

と変なところで感心させられました。


結局、主催者が得た情報は、大きな地震で、

大災害になりつつある、という見方で、

セミナーは基本的にそこまでで終了、

希望者だけ、第2セッションの「今後の投資環境見通し」に参加してください、

という決定。


僕は、せっかく出てきたので、

あと50分ほどの、第2セッションも聞いて帰ることにしました。


ところが、その説明が半分ほど進行したところで、

また大きく、長い揺れが始まりました。

それで、とうとう主催者側も、セミナー終了を宣言。

振り返ってみると(僕は、前から2列目に座っていましたので)、

なんと第2セッションを聞こうと残っているのは、

ほぼ15名ほどに、減っているのでした。

これには、びっくり。


車で、帰宅するうちに、ある地域では、

信号機が消えています。

道路わきにある、大きなお店も、閉店し始めているようです。

幸い、渋滞もなく、家に着き、テレビの前に座りました。

大災害、です。

身近の千葉では、市原にあるコスモ石油の千葉湾製油所のタンク群が、

大炎上しています。

(その後のニュースー午後11時ー消火はできず、近接するチッソ化学の

ガス管に延焼しているようです。被害が拡大しています)


また震源地近くからは、津波が町を襲っていく映像が送られてきます。

あの、28万人の犠牲者を出した、スマトラの地震、津波を思い出させます。

実際、あとで発表されたところによると、マグネチュード8.8というのは、

スマトラ地震を同じ数値だということでした。


東京・首都圏では、バス以外の交通機関が、本日中の運行を中止。

多くの人が、駅や街の歩道で、立ちんぼうをしています。

内閣官房からは、夜に、無理に帰宅しようとすると、2次災害に合う危険大なので、

できるだけ会社などに留まるように、というメッセージ。

会社などにも戻れない人は、どうするのだろう。

この寒空に、大変です。



テレビにかじりついて、見ていますが、

午後8時過ぎに、また大きな余震を感じました。




今日は、僕が、暴落直前に購入し、

その後のサブプライム、そしてリーマン・ショックで、

3割5分まで価値が下がってしまった投資信託にまつわる現状を

書いておこうと思っていた日なのでした。

結論をかいつまんで書いておきますと、

2008年が大暴落の年で、

2009年は、暴落しすぎ、という観点もあったり、

各国政府のの不退転の回復への取り組みもあって、

幾分持ち直し、

しかし、昨年、2010年は、ギリシャに端を発した、ユーロの失墜と、

年間にわたる円高の影響で、

その持ち直しの勢いが減速、幾分下降してしまった。

今年の見通しは、

株は堅調に高めに推移するだろう、

円安傾向に変化するだろう、

ということで、僕がもっている「七つの卵」は、

上向きの見通しである、

ということでした。

そもそも、7つの卵とは、危険分散を売りとしていて、

(7つの卵、というのは、

国内の大型株、小型株、日本債権、

国外の北米株、欧州株、アジア太平洋株、海外債権、

とに投資配分しているものです)

安定的成長を達成する、という点を買って、

購入したのですが、この危険分散も、もろくも破れるほどの、

大きなサブプライムとリーマン・ショックなのでした。

基準価格が、一時3割5分まで下落したものが、

3年、4年経って、

どこまで回復するか、

購入時以上になることは、期待できそうにないので、

どこまで回復したら、売るか、

そのタイミングを知りたくて、

こうしてセミナーに参加しているのです。

その時期は、どうやら、今年ではなさそう、です。


1時は、3割5分まで下落した投資信託、

実は、この「7つの卵」だけではなく、他に3つの銘柄を購入しているのですが、

それらすべて、同様な状態、全滅でした。

そのために、僕の退職後の生活プランも大幅な変更を余儀なくされたのでした。

それがなければ、僕は、ボストンにでも行って、

勉強でもするか、

ハワイでロングステイを、しようと思っていたのです。

ボストンには、下見旅行に行き、部屋代とか、授業料など、

研究したり・・・。

そのころちょうど、松坂選手のレッドソックス入りが決まって、

大ニュースになっていました。。。

それが、僕の現金資産の大幅な目減りで、

計画も大幅変更、

アジアでのロングステイ、に変わったのでした。


しかし、禍福はあざなえるなんとか、で、

アジアのタイに来たから、

彼女に出会えた、

ということでもありますね。

あの道行けば、ああいう夢があった、

しかし、

この道も、負けず劣らず、

良い夢を追いかけているではないか、

そんな心境、

であります。


しかし、基準価額、なんとか取り戻せたら、

うれしい!

頭が老化している暇が、

ありません。


これも、感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


4日に帰国のとき、JALの到着案内の機内アナウンスで、

成田の地上気温は、5℃とあり、

これは予想以上の寒さだと、心配になりました。

その怖れのとおり、日本着後7日間、

ずーっと、寒い日が続いています。

3日前は、雪。

その時のテレビの気象放送では、

2月の雪の日は、(関東で)7日間あったとか。

今日も、お日様は上がっているものの、

空気が冷たく、寒い、日に変わりはありません。


地球温暖化、なんて話はどこへ?

南極、北極では、変わらず、温暖度があがっているのか。

こんな寒い冬が何回か続けば、温暖化の話題もどっかへ行ってしまうかも・・・。


そのくらい、寒い、日本です。

その寒さの中にも、

日本はいいですね。

春の芽吹きがあちらこちらに。

そして、僕の庭にも。

20110309ume1
梅の木に、つぼみがほころび始めていました。


20110309ume2
それが、3日後には、こうです。
やはり、ちょっと進行速度が遅いようですが・・・。
他の家の梅の木は、種類が違うのでしょうか、
もう満開になっているところもあります。



さて、日本に帰国後、いつものパターンの、

日本生活の「ちょっと良いところ」を楽しんでいます。

それは、本当に、ささやかなもので、

熱いお風呂とか、お蕎麦屋さんとか、通い慣れたお店だとか、

ただ、それだけなんですが。

ロングステイしている人の中には、

日本に帰ってくると、また日本の中で旅行をして楽しんでいるという話しを、

ブログでよく読むのですが、

ぼくの場合は、日本を旅行したい、という気にはなりません。

さっさと日本でしなければならないことを済ませて、

早くタイに戻りたい、という気になります。

その束の間の、日本滞在で、あくせくせずに、

近場の生活圏で、楽しめればそれで満足になっています。


今回の帰国の一番の目的であった確定申告の書類も、ほぼ書き終わったので、

特にのんびり感があります。

他にやるべきことは、家のメインテナンス、とでも呼ぶべきこと。

過去2回にわたって、訪タイの前に、家の庭・裏庭に除草剤をまいたのですが、

これが利いています。

去年までは、帰国の度に、庭の草刈りに3~5日はかかっていたのでですが、

これが今回はまったく必要無しです。

うれしい、

という思いと、

なぜ今まで、除草剤を使わなかったのかなぁ、

という気持ち。

経験しないことは、知らないことと一緒で、

まだまだ知らないことだらけだ、と。


帰国前から、オークションで、ゴルフのアイアンを物色していたのですが、

日本に到着後、郵送してもらえる状態になったので、

その気持ちが加速してしまいました。

最初は、最近のゴルフ・テクノロジーを活かした、より易しいクラブが欲しい、

キャロウェイのX22ツアーを、

と思っていたのですが、

オークションを見たり、試打のブログを見たりしているうちに、

だんだん気持ちが変わってしまいます。

そのタイミングで、ドンピシャっとオークションに売りが出ると、

手を止めることはできません。^O^

ということで、

なにを落札したかというと、ミズノMP62、41000円。

なにをタイミング、と言うかといえば、

先の世界マッチプレーで、圧倒的な堅実さと強さで優勝し、

世界ランキング3位に浮上した、

ルーク・ドナルドの使用アイアン、なのです。

いかにも、ミーハー的ですが、

調べると、MPシリーズの中でのハーフキャビティ、ということで、

それほど難しいクラブでは無さそう(ミズノのMPの中では!)なので、

購入に踏み切りました。

今、使用中のMP37、

これもいろいろ考えてみると、もうしばらくつき合っていく必要のある、

すごく良いアイアンだ、という思いが強くなっています。

こちらは、シングル・マッスルバックです。


これから、ますます楽しみになりました。


今、読んでいる本に、「贅沢のすすめ」(山崎武也著)があります。

第2章: 思い切ったところに金を使う贅沢

というのは、ごく常識的なことだと思いますが、

第3章:金をかけない贅沢

・質素な食事という贅沢

・家族団欒の贅沢

・人の相談に乗るという贅沢

とか、

第4章:時間をたっぷりと使う贅沢

・何もしないという贅沢

・昼寝の贅沢

・時間をかける贅沢

など、など、

面白い、と思います。


贅沢、

ラグジュアリー、

豊かさ、

洗練、

真の価値、

幸福、


お金が無くても得られるもの、

という発想ではなくて、

お金が無いからこそ得られるもの、

というポジティブな発想。

(お金が必要な生活、を得るために、

人間はいかに多くのものを代償として、

支払わされるか、

ということに気付いても、

止められない業が人間にはありそうです)



わが道を、行く。

感謝。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

明日の朝8時15分のJALで、2週間の日本帰国します。

今回は、初めてバンコク発のJALで、マイレージを使います。

今まで、日本出発では使ったことがあるのですが、

バンコク発でも使えるのかどうか、はっきりしませんでしたので、

使おうとしてみませんでした。

ところが、たまったマイルの期限切れが、毎月発生するようになり、

重い腰をあげて、調べてみると、

インターネットから、まったく同様にチケットが取れました。


これで、1回分の飛行機代が浮くことになり、うれしい限りです。

(全ての料金が、マイレージでカバーされるかと思っていましたが、

燃料代・その他は、現金支払いとのことで、14500円は

かかりました)


帰国の時は、たいしたお土産も買わないので、

結構気楽に、出発の日を迎えることになります。


それで、今日は、久しぶりにゴルフで、気楽なユニコに出かけました。

ゴルフのプレーは、先月のプレジデントでのコンペ以来になります。

アンパワへの旅行などがあり、あまりフォーム造りの練習も進んでいない

状態ですが、

日本に帰ると、結構忙しい日々が待っているので、

ゴルフは出来ません。

それなら、今日、行っておこう、

ということに。


彼女も、ゴルフ場にまた行きたい、ということで、

意気投合。

ゴルフ場が好きなようで、

カートを運転して気晴らしになるのだろうと思います。

10時半に家を出て、

プレーの開始は、11時半。

前半9ホールは、タイ人男性2人に女性1人、

後半9ホールは、アメリカ人3人と、一緒。


結果のスコアは、前半42、後半39で、トータル81でした。

パーが9つ、バーディ1つ。

ダボも3パットも複数回ありましたが、

スコアも満足な一日になりました。


実は、このところ、インターネット・オークションを眺めては、

買おうかな、

というクラブを物色して、楽しんでいます。

昨年は、中長尺パターを含め、パターを買った年でしたので、

ことしは、クラブです。

今、使っているアイアンは、ミズノのMP37で、

MB(マッスル・バック)なので、平均点以上の難しいクラブかと思います。

もっと易しい、最近のクラブを試してみたい気持ちが高まっています。

キャロウェイのX22ツアーを、オークションで落とそうかなぁ、

と何日も見ているうちに、

なんと、レガシー・ドランバーのシャフト硬さの違うもの、

フェアウェイ・ウッドを、今5番だけで使っている、キャロウェイ Xで

揃えてみよう、と3Wと7Wを落札したりで、

余計なものに手を出してしまっていました。


そして、今日のスコアの81を振り返れば、

今のアイアンMP37で、だんだん良いスコアになってきているので、

別に新しいアイアンは必要ないなぁ、

とも思うのです。。。


どうした、

ものやら。

ですね。




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals



今週の金曜日に、日本に一時帰国するので、

試験の終わった彼女と、今はベタベタ一緒に時を過ごしています。

どこへ行くにも彼女が付いてきたがるので、

ゴルフ練習場で3~4時間の打ちっぱなしも出来ません。。。


今日は、久しぶりに、バンカピ団地公園に出かけました。

ゴザとブランケット、パンとりんごに飲み物、そして本、

という持ち物です。


20110301park1
この静かな池のたたずまいが、好きなんです。
水、って人のこころを落ち着かせてくれます。
こんなところで、何かを考えると、
結構思考が深まる気がします。


20110301park2
公園の中の木々には、
食べられる実をつけるものも現れる時期らしく、
歩いていると、食べないかい?
と差し出されたりしました。



20110301park3
ちょっと見えにくいかもしれませんが、
写真中央に、カップルが、芝生の上に座っています。
そんな中へ、仲間入り!


20110301park6
ちょっと行儀が悪いかもしれませんが、
パンを食べ、
リンゴを食べた後は、
彼女は目的の昼寝、
僕は、「イチローの流儀」の読了を目指して読書。



20110301park4
寝転がって、見上げた空、です。
なかなか、神々しい、感じです。
こんな日の下で、
1時間ほど寝転がって、いました。



20110301flower1
この時期、この花が目立ちます。
遠くからみると、桜か、と見間違えます。


20110301flower2
こんな感じ、です。
はなびらが、落ちる様も、桜のようで、
もう、足元に、どっさり。


ゆっくりと、

時間が過ぎていくのを、

楽しんでいます。

感謝。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。