きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヌイは金曜日が休みである。
一週間に一度の休み。
日本では、週休2日が一般的だから、いかにもタイに来ている、という感じもする。

いつ頃、日本では、週休2日になったか。
昭和46年、1971年から、週休2日が、大企業を中心に広まった。
それは僕が社会人になった年だから、覚えているのである。
入社早々は、土曜日が半ドンだった。
つまり、お昼まで勤務して、午後は休みなのだ。
考えてみると、無駄なようで、実は、その午後はいろんな愉しみ方があった。
都心に出るので、帰りは、映画を観たり、コンサートに行ったり、神田の古本街を巡り歩いたり。。。

ヌイは、地下鉄の駅で2つ先の、近くに住んでいるらしい。
どこで会おうか?
と訊くと、
本屋さんが良い、
と言う。
買いたい本があるのだ。

本屋に先に行って待っていると、約束の時間に5分遅れて、彼女はやってきた。
洗いさらして色あせたTシャツに、ジーンズ。
髪はばさばさで、お化粧っけ無しである。
小さくて、やせているので、まるで中学生のようだ。
(もうちょっと、女っぽく、化粧して欲しい・・・)

買いたいと言っていた本は、英語の本だった。
199バーツは、僕が払ってあげた。

食事はステーキ屋に入った。
僕は牛肉の厚いステーキを食べたいと内心思っていたが、
ヌイが、ポークを頼んだので、僕も同じものにした。

家族の話をする。
母親のことは語らなかった。
小さい時から、祖父母に預けられて育った、と言う。
父親は、祖父母のそばに住んでいる。
小さい頃から、自立心強く、育てられたのだろうか。
いやおう無しに、自立心が芽生えるのであろうか。
ヌイは堅実で、ぜいたくをせず、無駄な考えを嫌う。

例えば、本屋で、僕は言った。
日本語も勉強したいって、言ってたよね。
日本語の本も買おうよ。
そうして、いろいろ見た結果、「読み書き、CD付き、4冊セット」の学習書が、いろんな観点から見て、良さそうだった。900バーツである。
僕は、それを買ってあげようとした。
すると、ヌイは、
よ~く考えたけど、、、、今は、英語が先で、日本語を勉強する時間がないから、それはいらない、
と言った。

映画を観た。
デイズニー映画の「WALL E」。
言葉が通じなくても、こころは通じる、という単純だが和む良い映画だ。
WALL E(ウォーリー)、EVA(イーヴァ)と、お互いの名前の呼び方の、音色の変化だけで、愛情の深まりが感じ取れていく。。。
映画をみながら、手を握ってみると、そっとかわされてしまった。

映画を観終わって、スターバックでコーヒーを飲みながら、
映画のことを思いながら、
Take Careする相手、Take Careされる相手を持つことって、良い事だよね、
と、話してみると、

わたしは、誰にもTake Care(面倒みてもらう)されたくはない。
と、強く言い返してきた。

僕は、ちょっとびっくりした。
狭い意味で、面倒を見てもらう、と解釈したのだろうか?

お金をあげる、生活の面倒をみるから、愛人になれ。

その言葉を、そう解釈したのではないだろうか。

そういう話の流れではなく、僕にそんな意識もまったく無い。

この言葉に反応するトラウマでもあるのだろうか。。。

だんだんに、ヌイのことも分かっていくだろう。

今日は、強いヌイを見た。

そして、良い笑顔があまり無いままに、2回目のデートは終わった。

それでも、これで終わり、ということはまったく感じなかった。


僕はヌイの年齢を知らない。

彼女もぼくの年をまったく聞いてこない。


高校生の、デートのように、二人は別れた。

3回目のデートのとき、ちょっと違うヌイを見ることになるのだが、

この時は、まったく知らなかった。。。



<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/104-80a8ba38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。