きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
24日から(今日から)、Ko Samet(サメット島)へ、2泊3日の旅行に出ます。
予約も何も無し、行き当たりばったりの、軽い旅行ですが、ブログの更新はお休みになります。

では、ヌイの話です。

ヌイの休みは金曜日である。
だから、木曜日の夕方から、明日のデートのメールがあるかどうか、気にしている。
今、木曜日を過ぎようとしているが、まだ、連絡はなし。

金曜日の朝になっても、音沙汰が無い。

さては、先週の金曜日、映画を観たあと、

僕は「Take Care」という英語を、お互いを「思いやる」という意味に使って、

Take Care する相手を持つことって、すばらしいことだよね、

と言ったのだが、(映画も、そういうことを訴えていたので・・・)

ヌイは、「生活の面倒をみる」 と解釈して、

わたしは、だれにも「Take Care」なんか、されたく無いわ、

と言わせてしまったのである。

それからの気まずい雰囲気が思い起こされて、まだ、その悪しき余韻が残っているのかなぁ、

と心配した。

11時になっても、ヌイからメッセージが入らないので、

どしてる?今日は会えないかな?

とこちらからメッセージを送ってみた。

すると、すぐに、友達が来ることになっていて、待っているので、今日は4時からしか会えない。

それで、いい?

と言う返事。

それで、4時にエスプラナードで会うことにした。


4時になって、ヌイは、先週と同じように、化粧っけの無い、ボサボサの頭でやってきた。

先週より、もっと、小さく見えた。

ちょっと疲れている、ようにも見えた。

日本のカレーチェーン店の最大手のCoCoIchibanが、バンコク第一店目を、エスプラナードにオープンしたばかりで、一度入ってみたかったので、ヌイを誘った。

ヌイは食欲なさそう。

小さな、シチューのようなもので済まそうとするので、大きめの野菜の皿も取ってあげた。

実際には、このサラダの方を食べただけだった。


ヌイは、土曜日から木曜日まで、週6日、働く。
その一日は、ラチャダー以外の店に行って、働くという。
そして、毎日、できれば残業をする。
残業は、沢山したい、のである。
ただ、他のキャッシャーが休んだりしないと、残業が沢山あるわけではない。

今日、会う約束だった友達は、新しい仕事を見つけてくれる、と言っていたのだ、と言う。
待ったが、友達は来なかった。
仕事が見つからなかったようだ、と言う。

仕事って、いまの店を辞めるということ?
今の店は将来が楽しみだから、好きだって、言っていたけど・・・。

ノーノー。
新しい仕事って言うのは、休みの金曜日に働く、仕事のことなの。
毎月の給料は、毎月の必要なお金に足りないの。
だから、残業するんだけれど、残業の少ない月は、赤字なの。
今月は、少なくて、新しい仕事で、足そうと思ってたんだ。。。

話を聞いていて、そんなに沢山働かなくちゃならないんだぁ、とホロリとした。

僕はヌイの給料を知らない。
月に必要な金額も知らない。
(訊くと、どうして知りたがるの?と言われそうだ)

しかし、良い大学を出て、良い会社に入っても、初任給は1万5千バーツと聞いている。
タイに進出している日本の製造業では、大学卒の初任給は1万バーツだという記事を読んだ。

だから、ヌイの給料も、大体は、想像できる。

それでも、ヌイは愚痴を言わないかのようだ。
仕事が見つからなかったことが、残念なだけだ。

食事が終わって、なにか、ゆっくりさせてあげたくなった。
かわいそう、って思うのは、惚れたってことか(夏目漱石)、、、。

また、映画を観ようと切符売り場に行くと、今週から、プリペイド式になったので、みんな600バーツのカードを買わなければならない、と言う。

そのサービスのあり方が気に入らなくて、エスプラナードで映画を観るのは止めにした。
その時、僕と映画館のスタッフの間に、多少感情的な会話があった。
100バーツの映画を観るのに、なんで、600バーツのプレペードを買わなければならないの?
なにか、プリペードになると、デスカウントとか、お徳な点があるの?え~何もないの!

そんなやり取りを聞いていて、ヌイは、自分がキレることは無かった。
しようがないわね、
という顔で、そばで、聞いていた。

そして、他の映画館に行きましょう、
と言った。

バンカピのBIGCのそばの映画館だった。

ニコラス・ケイジの「バンコク・デンジャラス」を観た。

僕は、帰りのタクシーの中で、2000バーツをヌイに差し出した。
当然、これ、なに?という顔をしたが、僕は当然それを無視した。
とにかく、ヌイにそれをつかませた。

ヌイは、僕をアパートの前まで送り、そのままタクシーに乗って、帰った。

また、ちょっと複雑なこころを持ったままに、別れることになってしまった。

しかし、このことが、やはり変化の元になったのだと思う。

さて、来週は、どうなる?




<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/106-82957000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。