きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2日目は、ケイと、二人で一日を過ごす予定である。

何時のホテルに来ればいいかと、昨晩、訊くので、
いつでもOKだよ。
たぶん、朝食は、8時までには済ませているだろうと思う。
と応えていた。

そういう話から、なんとなく僕は9時頃には、来てくれるのではないか、という予想をしていた。

当日、朝起きて、食事を済ませて、7時半、だった。

実は、ホテルを変えたい、と思っていた。
部屋は清潔で、むしろ豪華だったが、ベッドは少し柔らかすぎたのと、照明が暗くて部屋での読書がつらかった、からである。

それで、ケイにはなるべく早く来てもらって、新しいホテルを一緒に探して欲しいと、思っていた。
ところが、
9時になっても、連絡がない。
だんだん、時間を持て余す感じに、なってきた。

ようやく、電話が入ったのは、9時30分を過ぎていた。

ホテルの裏の駐車場で待っている、という。

さっそく、そこで会い、ホテルを変えたい事情を話して、一緒に新しいホテルを探して欲しいと頼んだ。

ところが、これがなかなか通じない。

予想外のことだったらしい。

新しいホテルを探す、といっても、昨日ホテルを探す話をしたときに、2番目の候補にあがっていた、トン・クーン・ホテルに行って、空き室があるかどうか、訊くだけである。
部屋が空いていれば、そこに決めるつもりだ。
だから、そこへ、連れて行ってくれればいいだけだ、と説明した。

ところが、ケイは、何か予定外のことが起きたと、職場にいる姉に電話で話しだした。
そして、電話を変わって、僕と姉が話すことになった。
僕は、彼女に、今の状況を伝え、して欲しいことは、ただ、トン・クーン・ホテルに連れていってくれることだけだ、と伝えた。
何故、ホテルを変わりたくなったのかの理由も告げると、姉はよく分かった。
もう一度電話をケイに戻して、二人で話し、理解したようだった。

トン・クーン・ホテルは、幸い空き部屋があり、値段も800バーツで、すぐここに決めた。
10時ちょっと過ぎだった。

バーン・チアン・ホテルのチェックアウト・タイムは12時なので、まだ時間があるから、ちょっとショッピングをしよう、と言って、ロビンソンへ向かった。

ケイも、ショッピングは今日行うことの目玉のひとつなので、張り切って、ロビンソンの売り場に入っていった。

ところが、どうやら、ケイは、僕のものを何か物色しているのである。
僕のために何かいい物を探そうとしている。
僕は、もちろん、ケイに何かを買ってやるために来たので、
この彼女の姿勢には、びっくりもし、うれしく感じた。

しかし、やはり、ここでは僕のものは要らないので、彼女に伝えた。

僕のものを買うつもりはないんだよ、
帰りの荷物にもなってしまうし、
今日は、ケイの欲しいものを買うだけで、いいんだ、
なにか自分のために、好きなものを探してちょうだい。

それでもケイは、僕に何かしたくて、探そうとしたが、
僕が繰り返し言うので、折れて、
分かった、と言った。

それから、自分の欲しいもの、と考えを変えてから、なにか、途方にくれてしまったようなのだった。

なにを、探していいものやら、おぼつかない様子なのである。


ケイは、自分自身の携帯電話を持っていない。
今日も、父親の携帯を借りてきて、姉との連絡をとっている。
それで、僕は、携帯を買ってあげようと、IT売り場へ行こう、と言った。

2、3軒の携帯ショップを覗くと、大体2000バーツから6000バーツの範囲に、品揃えがされている。

それで、ケイには、この値段の範囲を説明し、
TVを見たりする豊富な機能を望めば6000バーツになってしまう、
僕には、そういう最新鋭の高い電話機は買ってあげれないが、
最低、電話とカメラの機能付きで、ケイがデザイン・色が好きなものが、3000バーツ台であったら、買ってあげる。
だから、一軒の店では決めないで、ノキアとか、サムソンとか、NECとか、3,4軒のお店を見て回って、その値段の範囲で一番好きなものを、決めてちょうだい。

言っていること、分かった?

ケイは、ずっと耳をそばだてて聞いていて、いわゆる英語の、了解のアイヅチである、

ンフッ、ンフッ、、

と繰り返していた。
だから、分かったもの、と想像した。

ところが、ケイは、座ってるベンチを立とうとしないのである。
携帯ショップを見に行こう、としないのである。

そこで、僕は、おんなじことを、メモ手帳に、図入りで書いて説明した。

分かった?と訊くと、

分かった。

しかし、動こうとしないのである。


僕が不審な顔でいると、ケイは、電話を取り出して、姉に話かけ始めた。

そして、また、電話を変わって、僕と姉が話すことになる。

姉は、僕が何を言い、なにをケイに求めているか、知って、それをケイに伝えようとしていた。

しかし、今回は、僕は拒否した。

今、ケイと僕は、二人っきりで、
コミュニケーションをいかにとるか、
それがどれほど難しいのか、
なにか良い方法がみつかるのか、
今後のことも考えながら、試しているところだ。

今、僕が話していることは、全然難しい事柄では、無い。
理解しようと努めれば、理解できるはずことだ。

理解できない、とするならば、それは、なにかちょっとした、考えをじゃまするなにかが、あるのだろう。
それを、ケイ自身が発見し、僕も理解するために、ここは第3者の手助けは、絶対なしで、話し合いたいのだ。
時間はたっぷりあるし、急ぐことはないので。。。

というようなことを、姉に話すと、彼女は理解してくれた。

そうこうしているうちに、11時30分近くになってきたので、いったんこの携帯を買う話は、中断して、午後にゆっくり取り組もう、と考えた。

そして、ケイに、今泊まっているバーン・チアン・ホテルをチェックアウトして、さっき予約したトン・クーン・ホテルに移動しなければならないから、戻ろう。
そして、ホテルを移って、そうだな、ランチを食べてから、またショッピングをしよう、と言った。

ケイはOKと言って、デパートの駐車場に向かった。

それでも、なにか不安らしく、また姉に電話をかけていた。

ところで、この日は、モーターサイクルで移動していた。
ケイが運転して、僕が後ろに乗る。
9月の、初めての時は、僕はケイの身体には触れないように気づかいながら、うしろに乗った。
しかし、今日は、朝から、大胆、不敵に、ケイの腰に両手でつかまって乗っていた。

ケイの運転はうまいので、うしろに乗って、ほとんど目をつぶっている間に、ホテルに着いた。

おっと、
ところが、なんと、そのホテルは、僕が9月に来たときに泊まった、チャルーン・ホテルではないか!

何故?
なぜ、チャルーン・ホテルに来ることになったの~?
今日、チャルーンなんて名前、全然出してないのに!

ここではないよ、ケイ。

というと、ケイはまた、姉に電話。
今度も、僕に変わって、僕が、なにをしようとしているか、説明。
今のホテルをチェックアウトし、新しいトン・クーン・ホテルへチェックインすること。

姉が、ケイと話して、やっと分かった。。。?

それで、ホテルをチェックアウトできたのが、丁度時間ぎりぎりの12時でした。


19歳の大学生で、英語のメールやチャットは出来ても、実際の会話によるコミュニケーションは、想像以上に難しいかもしれないぞ・・・・

と感じ始めた、午前中の出来事でした。

なに、それもいいさ、1から築き上げていければ、結構なことではないか、

と、僕は、全然くじけることなく、

19歳のぷりぷりした腰にしっかりつかまって、新しいホテルに向かったのでした。。。



なぜ9月に泊まったチャルーン・ホテルに行ったのだろう?
と僕と同様<謎>と思われた方、ポチッとクリック  ↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング



わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
タイの携帯電話
いつもお世話になっております。
本筋とずれるコメントと質問になりますが、タイの携帯電話の販売方法は、本文に記載された価格からしますと、本体価格はそのままで、日本の形式のように通話料収入をあてにした割引はしないで販売されるような印象ですか。
すると、通話料の方はどんなものでしょうか。
ところで、日本でいえばPHSの範疇になるものもあるようですが、それははやっていますか。当方の使っているWillcomのPHSのローミングができる国にタイがあるので、どんなものかと思いました。
2008/10/12(日) 08:13 | URL | alterathaus #USufH/tE[ 編集]
タイの携帯電話とGPRS
携帯電話のことはあまり知りません。通信社が販売する形ではないので、通話料収入前提の割引、は無いのではないでしょうか。本体を買って、後は通信社が販売するプリペイドのカードを(100バーツとか300バーツ分)買い、電話をかけて電話器にチャージすれば、使えるようになります。
携帯電話の電波の届くところならどこからでもインターネットにつなげるGPRSというものがあって、結構流行っているようです。
私はまだ、使っていません。だから、タイで旅行するときは、ブログの更新がストップしてしまいます。

このブログを読まれている方で、良く知っている方のコメントがあれば、助かりますが・・・。
2008/10/13(月) 07:53 | URL | im8p #-[ 編集]
携帯電話
コメントありがとうございます。
プリペイド方式の携帯電話が主流なのですね。
日本だとプリペイド方式は通話料が高いのが玉にきずの感じで、その一方、ふつうの契約なら一定の範囲で通話料定額みたいなものもあって、そのような場合、同じ電話会社間など通話料定額の範囲内の通話ではとてもお得感がありますが、タイでは通話料はどんなものなのかと思いました。
結構、タイでは携帯電話を使用される頻度が高いようですし。
2008/10/13(月) 09:55 | URL | alterathaus #USufH/tE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/118-54f39677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。