きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、何故、ネット交際がなかなか始まらないのか、ひとつの現象について、
考えてみたいと思います。

百万本の赤い糸に、登録される方は、現在のところ、40歳以上の方が主流です。
一般的に、パソコンの使用経験が少ない方が、多いと思います。
男性でも、50歳以上になると、個人でパソコンでインターネットを使用、という方は
少ないように思います。

しかし、問題は、パソコンに不慣れ、ということではないのです。
問題は、気力を無くしてしまう、ということではないでしょうか。
不慣れなパソコン、よくわからないインターネット、そして半ば疑問を抱きながら、
出会い系のサイトをいろいろ眺めて、そうしてとにかく、登録してみる、というところ
までは、やっと、なんとか、こぎつける。。。。

本来なら、特に男性の場合、会員登録後、すぐに申し込みをしてみる、という
のが普通のような気がします。
たぶん、登録決心前に、あらかじめ女性会員のプロフィールを見て、お付き合い
してみようか、という方がおられたから、登録しようと思った、と想像します。

ところが、その登録までに、時間と気力を使い果たしてしまうのか、実は、
登録後に、すぐ申し込みを始められる人が、非常に少ないのです。

女性の場合は、申し込みは待つもの、ということを女性の美徳と感じられている
方も、まだ多いかもしれませんから、これはこれで大幅な変化は期待できない
かもしれませんが、男性の場合は、ちょっとヘンだなぁ、と感じます。

男性も、インターネットは申し込みを待つもの、と考えている、とは思えません。
それでは、何故、すぐに申し込みを始めないのか。
1.出会いサイトなんて信用がおけないから、ちょっと様子をみてみょう。
2.自分に自信がないから、自分から働きかけることはしないで、自分でも
  いい、といってくれる申し込みを待とう。
3.実は、積極的に申し込みをしてみたい相手もいて、登録したのだが、
  登録までが大変で、もういっぱいいっぱい、申し込みの方法にしたがって
  リクエストを送る、なんてとてもできない、ひとやすみしよう。

上の仮想理由の3つのうち、3番目が一番多いのではないか、と思っています。
ここまで来たからには、あと一歩なのです。
興味を持ち続ける気力を強くもって欲しいなぁ、と思います。

人間、新しい買い物に、興味がなくなると、老人化が始まる、といわれます。
新しい服なんて、もういらないや、流行なんて、もう関係ないし、いままで
あるものでなんとか、やりくりしていけば、いいんじゃない、、、というのが、
危険なのです。

これまでで、もう、いいや、と引いてしまう考え。
おおげさに言えば、人生という、まだまだ体験したこともない、新鮮な驚きに満ちて
いるはずの舞台から、もう降りてしまう、考えではないでしょうか。
舞台は、一幕が閉じたばかり、なのではないでしょうか。

新しいことを始めることは、すばらしいことだと思うのです。
それが、出会いサイトで、申し込みをしてみる、ということも、新たな経験です。
登録するだけでは、行動が完了していることには、ならないと思うのです。

ぜひ、あと一歩、興味をもって気力を維持、し続けて欲しいと願います。

登録しただけで、休眠状態(ドーマント)に入ってしまう男性会員の方を、
応援したいと思います。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/13-2d9ca9de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。