きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は、自分自身、「百万本の赤い糸」のサイト運営の経験があります。

最近になるほどに、よく思ったことがありました。


男性会員で、登録はするけれども、そこで止まって、

申し込みを行わないでしまう方が、多くなってきたことです。

以前は、男性会員は、登録と同時に、申し込みをするのが、普通でした。

ところが、今は、登録の後、女性と同様、待ち、の状態に入ってしまうのです。

会員登録する前に、このサイトを覗いて、気に入った女性会員がいることを確認して、

登録していると、思うのです。

それでも、会員登録するのが精一杯で、そこで止まってしまう。

何故なんでしょう?

男性も、この時代、(いままでの多くの女性のように)、積極的に行動するのではなく、受身的に「待つ」ことに慣れてしまったのでしょうか?

あるいは、プロフィールを書いてみたけれど、あまり魅力的でもない自分自身に嫌気でもさすのでしょうか?

または、申し込みをしても、断られるときの不愉快さに、恐れをなして、そこで止まってしまうのでしょうか?

はっきりしているのは、登録するだけでは、何事も起こらない、ということです。

登録したじゃないか、だけでは、何事も起こらないのです。

登録することだけでは、積極的な行動、までに至っていないのです。


ここで、先日見た、タイ映画で出会った言葉を思い出します。

さえないタイ青年が、あこがれの日本女性に会って、好きだと言い出せないでいるとき、タイの大人が彼に言って聞かせる言葉です。

Try to fail is better than Fail to try.

行動して、失敗しても、行動することに失敗する(行動しない)ことより、良いことだ。

やって失敗する方が、なにもしないでいるより、よっぽどましだ。

この精神。


そして、僕は思うのですが、ネットのサイトを通してのやり取りでも、

伴侶を求めようと思うのなら、自分を表現し、それで相手の関心を引き、

そのこころを捕らえる、ということは、なま半かな事ではなく、

真剣勝負だ、ということです。


登録はしたけれど、 申し込みのあまり来ない、女性会員の方。

申し込みはするけれど、さっぱりOKの返事がもらえない、男性会員の方。

自分のプロフィールが、魅力に欠けるのではないだろうか?

自分の申し込み文が、なぜ訴求力にとぼしいのか?

一見、同じように、短いプロフィールの書きかたでも、沢山の申し込みをうける女性と、

なかなか目立たない女性がいます。

何故だろう?

そう、自分を振り返る、という風に、考えないのか?

自分からの申し込み、数打てばあたる式で、沢山だして、OKをもらったとしても、

その先メール交換が、1,2度で終わってしまう、男性会員、何故だろう?

と考えないのか。


けっきょく、真剣に取り組む、その気持ちが足りないのでは、ないでしょうか。

いろいろ考える、真剣に取り組む、それは時間がかかるようでいて、結局は近道なのです。

この場で、本気で、交際相手を、生涯の伴侶をもとめる、取り組みをして欲しい。

大それたことを言うようですが、それは、自分をより良くするという、

修養の場にもなるのではないでしょうか。


ここで、ある男性会員の方のことを思い出します。

その方は、シニアの方で、インターネットにもあまり慣れていない様子でした。

入会前に、管理人に何度か、メールで質問を寄せてきました。

このサイトは信用できるだろうか、

サクラとか、そういうインチキな仕組みになっていないだろうか、

本当にネットで出会いなんか、できるのだろうか。

僕は、あまり懇切丁寧な応対はしなかったように思います。

すべて、ご自分の判断で行ってください。

こんなちっぽけなサイトで、サクラを置く必要なあるでしょうか。

実際にネットで出会った方は沢山います。

要は、いかに真剣に取り組むか、だと思います。

という、ごくあっさりした返事だけお返ししました。


しばらくして、その方が登録されました。

何通か、申し込まれましたが、OKの返事がありません。

すると、管理人に抗議のメールが届きました。

やっぱりインチキじゃないか、返事がちっとも来ないぞ。


僕は、前のやり取りを記憶していたので、返事を書きました。

その方のプロフィールと、申し込み文の実例を示して、2、3アドバイスしたのです。

基本的に、自分自身の視点でのみ書かれ、相手の視点、相手に読んでもらうんだ、

という意識が非常に低い文章なのでした。

その方は、その返事に対して怒ることなく、やがてプロフィールを書き直しました。

その後で、2度ほど、書き直しておられます。

そして、申し込み文のなかにも、相手の立場に立って話す、と言う言葉が見られるようになりました。

何通か申し込みをしているうちに、ついに、OKの返事がくるようになったのです!

ある申し込み文は、管理人もほれぼれするような、文章になっていました。


僕は、この方は、ある意味、変身されたのではないか、と思います。

自分を振り返り、人への自分の見せ方、人への接し方が、変わった。

まぁ、以前から持っていたけれども、忘れていたもの、それが復活しただけなのだ、とも思います。


中高年になって、他人の意見、他人の気づかいをうるさく感じ、

自分勝手に生き易い年代になっても、

真剣に、男女交際をもとめるプロセスを通して、人はまだまだ変身できるんだ、

と思いました。


始めることに、遅すぎることはない、と言います。


いつまでも、

Try to Fail is better than Fail to Try.

の精神で生きたいものです。



タイの映画の言葉を引用したので、今日も、ポチっとクリック↓↓↓  

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
同感
一つ前の記事に書き込みをしている間、この記事が入っていて、今拝見しました。
なかなかの名文ですね。
シニアになっても、インターネット上のやりとりで、人の心が通じて考え方が変われるとは、すばらしいことですね。
2008/10/28(火) 22:45 | URL | alterathaus #USufH/tE[ 編集]
感銘
いつも、丁寧に読んでくださり、ありがとうございます。
この方には、正直、僕も感銘をうけました。
小さなサイトでも、運営していると、面白いこと、楽しいことに出会います。
2008/10/30(木) 15:46 | URL | im8p #-[ 編集]
再度感想
その方の件ですが、おそらく、もともとは性善説の方だったのでしょう。一旦、疑うことをしたかもしれないが、その後心を開かれ、人を信じるということの大切さを分かっていただけたのでしょう。
2008/10/31(金) 00:05 | URL | alterathaus #USufH/tE[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/137-59a27a43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。