きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
April4(3).jpg

バンコク到着と同時に本契約して入居する予定だったコンドミニアムが、
期待していた条件が満たされそうも無いので、仮契約をキャンセルし、
同時に引っ越す新しいコンドミニアムに移る、といういわば離れ業を、
たった3日間で僕が出来た背景には、手助けがあったのです。

それは、タイ・ラブ・リンクで、3週間前からメールを数通、チャットを2回
交わしていた女性Aさん。
今回のタイ訪問で、一番に会いたいと思っていた女性です。
予定では、15日の到着後、落ち着いているはずの16日に、会うことに
なっていました。
会ったのは16日、ではありますが、状況は落ち着いた、どころではなく、
混乱のまっただなかで、僕は、コンドミミアムの事務所のスタッフと、
インターネットのIT テクニシャンとで、相談やテストを何度も繰り返している、
という状態。

一方、彼女とは、前日夜に電話で会話して、午後2時に会う、という
約束。
いろいろ交渉している中で、2時近くになり、そろそろかな、と思っていると、
彼女からメッセージ、袈裟11時に卸の業者から商品納入の電話が入り、
遅くなる、4時にして、と言ってきた。
彼女はお店を持っていて、緊急の事態も当然起こるだろう、と思いはしても、
こちらも、大変な状況なので、
そんなに簡単に約束を変えるなよ~、
マイ・ペン・ライなんだろうか~
という感情を抑えることができなくて、
Are you sure to make 4:00pm this time?
という、ややいやみがこもった携帯メールを返してしまった。
どうにか、今度は変更なく、4時に待ち合わせ。
ラチャダのジャスコまで、ライトバンを運転して、彼女はやって来た。

まず、ESPLANADEのFujiで日本食を食べる。

その後で、予定だった部屋を見てもらい、どう感じるか、感想を
聞きます。
すっきり、きれいで、ソファや、冷蔵庫、TV、クローゼットなども新品で、
いいところだと思う、というコメント。
そして、その日の午前中に、僕が見つけておいたコンドに移動して、
その部屋の感想を聞く。
こちらの部屋の方が、断然良い、というのが、ひと目見た彼女の感想。

部屋以外の、周りの環境や、事務所のスタッフの対応、プールなどの
ファシリティーの状況は、前者の方が良さそうなんだが、と僕が言うと、
周りの環境なんて変わらないじゃないの(と彼女には見える。僕には、ちょっと住民の
レベルが違うように思えたのだが、見る目によって、そんな差は、無いのも
同然なのか、と後で思った)、
ファシリティーはどう本気で使う気なのかによるけど、大差があるようには全然見えない、
要は、ほとんどの時間は、部屋の中にいるわけだから、部屋が気に入るか、どうか、
それが一番よ。

そういうコメントを、自分でも納得していた感想なのだけれども、再確認
して、考えを後押ししてくれ、前者をキャンセルする決心をつけさせて
くれたのです。

前者のキャンセルには、仮契約をキャンセルする、ということで心情的に
相手に申し訳ない気持ちと、10,000バーツのデポジットを失う、
というペナルティがあるので、誰かが背中を押してくれることが、とても
大事なのでした。
デポジットを諦めるのだから、それ以上に、相手に申し訳け無いと思うことは
ない、あなたはカストマーじゃないの、と言ってくれた。

そして、翌日、キャンセルを告げ、2日間滞在した部屋を引き払って、
移動する日です。
結構な荷物があるので、彼女はまた、朝の11時、ライトバンで来てくれました。

新しいコンドの契約を、即、しなければなりません。
家賃2ヶ月分のデポジット(2万B)、1ヶ月分の家賃と管理費(1万680B),
ここまでは、前のコンドミミアムと同じ、なのですが、
新しく管理費、電話、水道、電気の使用デポジットも必要、ということで、
トータルで、3万8千バーツが必要になりました。

前のコンドに入るための現金しか持ち合わせていなかったので、内の2万を
まず収めて、後は、昼食後、バンコク銀行で、円を交換して、支払い、
部屋への荷物の車からの引越しは、その後で行う、ということになる。

彼女は、その間、ずっと付き合ってくれた。
選択の決断、荷物の引越し、など、彼女がいなければ、もっともっと大変な
目にあっていたところ。

感謝、感謝、感謝。


Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/14-03168418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。