きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイの恋愛 カルチャーの違い、2回目です。

loveentrepreneurs



● 真意の読み取り

アジア人は間接的なコミュニケーションをし勝ちである。

だから、異文化間の関係では、「read between the lines」(行間を読む)ことが必要だ。

タイ人と交際するときは、相手のこころを読む、技術を拡げなければならない。

例えば、タイ人の彼女が、

わたしの金の指輪がこわれちゃったの、直してくれない?

と言ったならば、それは、

新しい金のリングを買ってくれない?

と言っているのだ。

あるいは、

結婚してくれる?

壊れたハートを癒してくれる?

と言っているのだ。

時には、「read the lies」(嘘を読む)、ことも要求される。

<これは、僕も、いつも経験、、感じますね。

タイ人は、その場のがれの、嘘をついて、話が窮地に陥ることを避けます。

あるとき、3時ごろ電話でデートの約束をして、夜の7時にホテルのロビーで会う、ことになる。

70キロ離れている場所に彼女は居るのだが、バスでやってくる、と言う。

ところが、7時20分を過ぎても来ない。

電話が鳴って、出ると彼女である。

行けなくなっちゃった。

何故?

雨が降って、バス・ステーションに行ったら、乗り遅れちゃったの。

そうなの・・・でも、もしそうなら、もっと早く電話してくれれば良いのに。

7時半過ぎて、こっちはお腹ペコペコだよ。

彼女・・・沈黙。

それで、会いたくないかというと、そうでもなく、明日会いたい、と言う。

翌日、彼女がやって来る。

なんだ、本当に会いたい気持ちはあるんじゃないか、それならどうして昨日じゃないんだ。

と思って、その話を僕がぶり返すと、彼女は、

昨日は妹が他の町から彼氏と来ていて、ボートショーを見に行こう、と言うことになって・・・。

それじゃ、なんで、そのことを昨日言わなかった?

そういう理由だったら、僕も、聞いてすっきりするよ。


今、思うに、これは両方、嘘、なのです。

本音は、夜の7時に、ホテルのロビーで会う、ということが嫌だったのだろう、と想像しています。

田舎の都市では、ホテルのロビーはパブリックな場所、と思っていましたが、「ホテル」というところに、「こだわり」がありそうです。

デパートとか、レストランとか、駅とかの方が、初対面のとき会い易い、ようです。 >


アサンプション大学でのアンケートの結果は、こうである。

82%のタイ人が、機会を失うよりは、嘘をつく、と。

ある評論家が、残りの18%は、たぶん嘘の答えだろう、100%、タイ人は、みすみす良い機会を逃すくらいなら、嘘をつくさ、とコメントしたとか。


● 依存

タイでは、誰もが、何かを誰かに依存している。

とくに経済的な面で。

男子は親から遺産をもらうことに必死だ。

自分の力で、たたきあげて、財をなす、ということはタイでは、まれ、である。

親の金を使う、親から車を買ってもらう、などがクールとされる。


だから、タイ女性が、金持ちの夫を求め、彼女の家族の面倒をみてもらいたい、と思うのは自然である。

一方、西洋流では、自立し、独力で百万長者に成ることが、奨励される。

西洋人は、自分の人生・運命のマスター(主人公)になるのを望む。

タイ女性は、そのマスターの女主人になりたい、と思う。

タイ女性たちは言う。

金持ちの夫が欲しい。

仕事は止めたい。

わたしのTake Careしてくれる(面倒をみてくれる)男が欲しい。


ここで、Take Care というのは、彼にLoveして欲しい(愛して欲しい)、と必ずしも言っているのではない。

彼女は、ただ、お金が欲しい、それで好きなことをしたい、そう思っているだけなのだ。

彼女たちは、気楽な生活への近道を求めてる、

そのためには男の依存者になりたがっている、

そういうことなのである。



タイでは、男も女も、依存心が強いということ。

それが家族主義のひとつの現われなのだろうし、

依存し、依存される関係にあやしい和やかさがあるのも、また確か、ではないだろうか。



この項、続く。


次回も読もう、と思ってくださった方、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
Thailove
タイの地方都市について調べていて、このHPを見つけました。

実は僕もThailoveに2ヶ月前に登録していたので、とても興味深くimhappyさんのタイの日常を拝読させて頂きました。僕はまだそんなにThailoveに時間をかけていないのですが、綺麗な女性は殆どメールアドレスの収集が目的のスキャマーのような気がしますが、本当にまともな女性も登録しているのでしょうか?

話は変わりますが、このLoveEnterprenuerという本は面白そうですね。早速、このHPから購入させて頂きました!
2010/09/09(木) 10:43 | URL | rick #-[ 編集]
Re: Thailove
rickさん、
ブログ訪問、コメントありがとうございます。
Thailovelinksへの登録から、
タイ地方都市の情報探しなど、
rickさんと私との間には、一部同様の思いがあるのかも
しれませんね。
このサイトの女性登録者で、美形の中に、おっしゃる様な会員も
きっと居ることだと思います。またお金だけが目当てで、
外国人のカモを探している女性もいるでしょう。
特にバンコク在住者にその傾向が強いかもしれません。
こうしたサイトが、そういう目的で使われ、うまくカモを
見つけた、というウワサ話も多いでしょうから。
しかし、会員数も多く、中には普通の出会いの機会を得るために、
登録者も居る、というふうにも思っています。
今まで、自分が合った女性のなかに、そういう人が一人ならず、
複数おりました。言葉の問題などで、私の場合は、うまくつながり
ませんでしたが・・・。
特に、地方都市の女性は、(バンコク在住者と違い)外国人と
簡単に出会う機会が少ないので、
その分、まじめな交際を求めている女性の率が高いと感じています。
がんばってみてください。^O^
またのコメント、お待ちしております。



> タイの地方都市について調べていて、このHPを見つけました。
>
> 実は僕もThailoveに2ヶ月前に登録していたので、とても興味深くimhappyさんのタイの日常を拝読させて頂きました。僕はまだそんなにThailoveに時間をかけていないのですが、綺麗な女性は殆どメールアドレスの収集が目的のスキャマーのような気がしますが、本当にまともな女性も登録しているのでしょうか?
>
> 話は変わりますが、このLoveEnterprenuerという本は面白そうですね。早速、このHPから購入させて頂きました!
2010/09/09(木) 19:26 | URL | imhappy #-[ 編集]
ご回答ありがとうございました
地方都市の情報を探しているのは、タイのマイナー都市を旅行するのが目的で、残念ながらGF探しとは全く別です。日本で働いているために、とても、そこまではできませんねえ(笑)。

僕の場合、年に3回タイの地方旅行ができればいい方なので、Imhappyさんのように掛け持ちでデートではできませんが、良い方とデートができるようにもう少しがんばってみます!

今後もブログ楽しみにしています。また、コメントさせていただきますね!
2010/09/09(木) 20:54 | URL | rick #-[ 編集]
Re: ご回答ありがとうございました
rickさん、
Thailovelinksに登録していたり、
LoveEnterprenuerという本に関心を持っていたりするので、
私と同様な思いがあるかと、思ってしまいました。



> 地方都市の情報を探しているのは、タイのマイナー都市を旅行するのが目的で、残念ながらGF探しとは全く別です。日本で働いているために、とても、そこまではできませんねえ(笑)。
>
> 僕の場合、年に3回タイの地方旅行ができればいい方なので、Imhappyさんのように掛け持ちでデートではできませんが、良い方とデートができるようにもう少しがんばってみます!
>
> 今後もブログ楽しみにしています。また、コメントさせていただきますね!
2010/09/11(土) 18:33 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/140-9ba930c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。