きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チェンマイ2日目は、朝ホテルで朝食の後、インターネット・カフェを探しに外へでる。

というのは、ホテルのビジネス・センターのインターネット使用料金が、30分80バーツ、1時間150バーツと高目だたっため。

隣接する、ショッピング・モールに行けば、ネット・カフェがあるだろう、と。

ところが、かなり大きなショッピング・コンプレックスなのに、なかなか見当たらない。

インフォーメーションで訊いて、そこへ行く。

ゲーム機のある一角に、20台ほどインターネットPCが並んでいるので、利用しようと思った。

ところが、事務員が全然積極的じゃないのに、びっくり。

遅いですよう~。

これは、だめだ。

街並にあるネット・カフェを探そうと、モールの外に出てみる。

小さな商店が立ち並ぶ通りではなかった。

CMwalk1
これは、車のプロモーション・ガール。だ~れも顧客の居ない、空き地で、一生懸命マイクに向かって叫んでいる。フォードさん。
チェンマイ美人の美脚に、おもわずパチリとしたが、空しいセールス活動に気の毒になった。

どうも、この近所には、ネット・カフェが見当たらない。

高いけれども、ホテルの方が良いだろう、と判断して、戻る。

(午後、散歩に出て、市街地にはインターネット・カフェが多く、安いことが分かったけれども・・・)



午後早く、ウォーキングのつもりで、旧市街を歩くことにする。


CMwalk2
旧市街地とぶつかる交差点。古びたレンガ色が緑の木になじんでいる。

CMwat1
外壁沿いに東に歩いて、仏象が外にみえるお寺。モーンテーン・テンプルとあった。

CMwat2
その向かいにある、こちらの方が由緒ありそう。ワット・ロークモーリー。


CMwat31
旧市街最大のワット・プラシン。

CMwat32
同じ境内にある建物。僧の修練所であろう、反対側に同じくらいの大きさの建物があった。

CMwat33
お堂の中で、しばし、黙想。。。

ワット・プラシンの正面の通りを、東に直進して歩く。

この終点が、ターベー門となり、先回のチェンマイ訪問の時に泊まったモントリー・ホテルに出る。

この通りをあるいていると、西洋人の旅行者がめだつようになる。

そこそこ若いカップルとか、女性のひとり旅とか、そんな雰囲気。

こぎれいなゲスト・ハウスも目に付く。

一軒寄って、値段を訊くと、1泊、1000バーツ。

ターベー門近くにも、数件のゲスト・ハウスが、「地球の歩き方」で紹介されている。

その辺りをあるいて、外から眺めてみたが、悪くはなさそうだった。

値段は訊いてみなかった。それでも、700バーツはするだろうか。

ターベー門に接してあるモントリー・ホテルは、4月に、750バーツだった。

おっとっと、そのモントリー・ホテルが、無い!

工事中、らしかった。

これで、このホテルも値段があがってしまうのだろうなぁ、と思う。


そこから、ターベー通りに出て、2,3軒の、きれいなゲスト・ハウスを覗いてみたが、やはり、1000バーツだった。

こうして、ゲスト・ハウスを調べているのも、また、来るときのため。。。


散歩を終えて、トクトクで、ホテルに戻る。


7時の約束で、昨日のプログラマーの女性が、仕事を終えてから、迎えにきてくれることになっている。

昨日、最初に会うときは、友達と一緒で良いか?

と訊いてきたので、いいですよ、と応えると、実際には、妹がチェンマイに来ていたので、妹とやってきた。

今日も、友達と一緒に、というのかと思ったら、それはなかった。

雨が降って、30分遅れて、彼女は、モーターサイでやってきた。


僕は、後ろにのっかって、ピン川に沿ってある、レストラン、リバーサイドへ。

ピン川沿いにあるレストランに行きたい、と僕が言うと、彼女がリバーサイドは良い所だ、という。

行ってみると、満席。

そこで、「地球の歩き方」に、ピン川沿いのレストランとして、載っている、グッド・ビューへ入る。

ガイドに書いていない、最大の特徴は・・・。

ライブで、かなり大音響の音楽が、休むことなく繰り広げられること。

店内はほの暗く、料理も、おいしいのか、どうか、見栄えを楽しみながら食事する、という雰囲気ではない。

僕は、ちょっと話もしたかったので、ここは、うるさすぎた。

大声出しても、相手に聞こえない始末。

筆談になってしまった。

1時間で、切り上げ。


街中の、ナイトバザールに寄り、角にあったスターバックスで30分ほど話して、帰る。

気が付いたのは、彼女、かなりお酒が強そうだってこと。

グッド・ビューで、食事と一緒に何の飲もうか、相談したとき、あれこれ言いながら、僕は白ワインにした。

僕は、彼女も白ワインにするのだろうと思っていたら、スミルノフを頼んでいた。

スミルノフって、ウォッカだったはず・・・。

小瓶だったが、バスケットには、4本入っている。

なんだか、プロモーション期間なんだと言う。

1時間の食事中、彼女は2本飲んで、残りは持ち帰りでバッグにしまっていた。


そして、スターバックでは、僕が店内で注文しようとすると、彼女は飲まないので、外のテーブルで待っている、という。

それで、僕が、自分のエスプレッソを持って外に出てみると、彼女は、ハイネケンの大瓶をテーブルにおいて、一人、飲んでいた。

ちょっと心配になった。

30分で切り上げて、正解だったように、思う。



お疲れ様、と思ってくださった方、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/146-3f41d59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。