きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は、ユイのお休みの日です。

明日日本に帰るので、今日は、近くも無く遠くも無く、という場所へ出かけよう。

チャオパヤー川を走る水上バス(エキスプレス・ボート)で、ノンタブリーに行って、ランチを食べて帰ってこよう、ということで、話がまとまリました。

といっても、ユイはバンコクに来て、5年以上なるのに、まだ水上バスには乗ったことがないそうです。

僕は、以前に、ディナー・クルーズで、夜、一回乗ったきりです。

と言うことで、それなりに、楽しみに。

地下鉄、BTSスカイ・トレインと乗り継いで、サターン・タクシン駅へ。

BTSの駅を出ると、すぐ、水上バス乗り場です。

ノンタブリーまで、ほぼ1時間の旅、一人、14バーツ。

エエッー、という安さ。

エアコン・バスの初乗りの値段と同じです。

こんな感じで出発しました。

写真が、うまく撮れてなくて、こころ苦しいのですが、記念ですので、載せます。


CPriver1
水上バス駅・ベンチ 外人旅行者など多くみかけました。
ツアーのチケットは、乗り放題で150バーツ。乗り放題っていっても、そんなあちこち行くわけでもない、と思うのですが・・・。

CPriver2
こんな感じです。お年寄り、赤ん坊を抱いた人などがくると、席を替わってくれます。

CPriver3
やがて、ワット・アルン(暁の寺)。これを見たい人は、進行方向左の席へ座っておくこと。

CPriver51
そして、反対側に、ワット・プラケオ。これを見たい人は、進行方向右側の席へ座っておくこと。
おいおい、どっちへ座れとすすめているの?

CPriver4
僕の好きな、ラーマ8世橋。

夜のディナー・クルーズでは、この辺りまで、北上して、戻っていったような記憶があります。



そこまでが、丁度中間地点くらいで、そこからノンタブリー終点へ。

ノンタブリー、戦前の昭和のような感じの古い町。


CPriver5
水上バス駅前。メーター・タクシーは走っていました。

CPriver6
駅前繁華街の商店です。



ノンタブリーで降りて、ランチでも、と考えていたんですが、レストランらしきものが見当たりません。

古い以外、な~にも無い。

これはきっとノンタブリーにとっては、心外な印象でしょう。

僕が、まだ、知らないだけで、いっぱ良いところがあるのでしょう。

しかし、

5,6分歩きましたが、早々と諦めて、帰ることに決めました。


これから、下り。

CPriver8
瀟洒な水辺の住まい、、、まだ建築中で、途中でストップしているのではないか、とユイが言う。

CPriver9
これも、左は居住者いっぱいのコンドミニアム、右は建築半ば、放擲されたままの建物。

CPriver10
王様のボート置き場。 ボートは金色の模様が配されていました。

CPriver11
やがて、また好きな、ラーマ8世橋。

CPriver12
その下をくぐる。。。。。くどい。

CPriver13
そして、ワット・アルンが遠望され・・・。

CPriver14
近づいて、これを越えると、やがてサトーン・タクシン乗り場。ここが終点ではないので、ご用心。


BKKSTbuiiding
船中からみた、建築途中で放り出されている建物が気になっていたが、サパーン・タクシンのBTSの駅から近くにも、そのような、巨大なビルがあった。
建築完了前に、廃墟と化してしまっていることをなんと言えばいいのだろう。
膨大なる、無駄。

部屋で一休みしてから、夕食は、ホイ・クワン駅のそばのソンブーンに行くことにする。

外をみると、夕焼けを押して、あやしげな雲。。。

BKKnight20081107

この見慣れた風景にも、しばしのお別れです。

ソンブーンは改築中でしたが、3階だけはオープンしていました。

ランチがうまく当らなかっただけに、ここでは、なにを食べてもおいしかったです。

もちろん、プー・パッ・ポン・カリーに、生牡蠣もよかった。

では、バンコクさん、また来ます!


いつものお願い、またか、と思われた方も笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/147-c0ba7256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。