きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カウンセリングの勉強をしている頃のこと、ある20代後半の敬虔なクリスチャンの女性が、夢の話をしてくれました。

自分の来し方を振り返ると、海辺の砂浜に、とぼとぼと歩んできた足跡を見るようだ、と言います。

それは、二人づれの足跡で、自分にはいつも神様がそばに付いて歩んでくださった、というイメージです。

ところが、その足跡が20歳になって間もなくの頃、たった一人分の足跡になっている。

何故なんだろう。

この頃は、父が他界し、将来をともにと信じた恋人との別れもあり、自分のこれまでの人生に中でも、一番つらい時期だったのに。

何故、神様はその時、自分を見捨ててしまわれたのか。

何故、自分はひとりで、その時期を歩まねばならなかったのか。


何故ですか、という問いに対して、夢で神様が答えてくれました。

「その時はあなたがあまりにも動揺していて歩くことも出来なかったので、私があなたを背負って歩んであげた時期だったのだよ」、

というのが神様の答えでした。

二つ並んだ足跡が、
一時期一つの足跡になり、
やがてまた二つの足跡になり、
えんえんと続いていく中で、
またある時期、ひとつの足跡になるときが来て、
また二つに戻る。

このひとつになっている時期とは、自分が全く神様にすがって生きている時期ではなく、神とともにある状態。

真実の瞬間であり、一体化してしまうほど密な関係となって、自己変革を遂げている時期だ、

とも言えるのではないでしょうか。


おそれ多い言い方ではあるけれど、クライアントとカウンセラーの関係も、こういう面があるのではないか、と思ったものです。

クライアントを支えるように寄り添って歩むカウンセラーとの交流が、
あるとき、ぴったりと重なり合うように一体化して、
クライアントの自己変容の端緒となるような、真実の瞬間が訪れる。。。

そんな、これは、カウンセラーの卵としての、僕の夢のお話でした。


今は、こんな風にも、思います。

恋愛のある瞬間、自分がまったく生まれ変わるような、大きなこころの変化を感じる時があります。

その人が、自分を引き上げてくれる、というか、なにか大きなものに触れ、自ら変わるというか、そんな時があります。

それは、相手がいて、始めて経験できる瞬間です。

相手を思い、苦しい中に、ふいに訪れる高揚感です。

相手が、自分の中に入り込み、自己変容させてくれる、真実の瞬間。


そういうことを、今、考えています。


タイとは関係ないお話でしたが、そんなの関係ない!
笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/154-55243418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。