きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本に戻ったら買おうと思っていた、「老いて男はアジアをめざす」をアマゾンで買いました。

354ページの内容は、期待を持たせてくれます。

広告文などを読んだ段階では、失敗談ばかりかと思いましたが、そうでもありません。

序章でのエピソードが、A老人の話で、始まる。

現役時代にタイに観光できて、食堂の10代のタイ娘に出会い、何度かタイに通って、男女関係になり、将来を約束する。

55歳の彼は、定年退職後のタイ娘との暮らしを夢見て、過酷なほどに仕事をし、残業代はすべてタイに送り、バンコク市内にアパートも買った。

5年後、定年を迎え、冷え切っていた妻とは協議離婚、Aさんはタイにやってくる。

年金までも1時金として受取り、受取人を彼女名義の金融商品に換えたAさんには、アパートを含め資産は数千万円あったという。

ところが、タイに来てみると、彼女はすでにタイ人男性と結婚していて、Aさんは資産のすべてを失ってしまった。

こういう、なんとも甘い、バカな話で始まるので、この本には、失敗談ばかりか、と始めは思いました。

しかし、実際に取り上げられるエピソードは、成功、失敗、勝ち・負け、半々程度で、読者の参考になるように配慮されているようです。

ただ、

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」

という楽天野村監督の本のタイトルのように、

失敗の理由は、明確に指摘され、誰もが納得できると思いますが、

成功談は、くつかの苦労(失敗や繊細な用心)を重ねた上、であっても、結局はは、それぞれの成功者は、<たまたま運が良かった>、<偶然に良いタイ女性に巡り合えた>、という印象を持たされます。

まぁ、それでも、運が良い、人もいることは事実で、そういう夢を抱かせてくれる国、タイであることにかわりはありません。

大体は、人間、自分の運をかけることには、潜在的にプラス思考で、それが<夢>というものなのでしょう。

しかし、こうすれば、成功する、ということをもっと書けるのではないか、という気はします。

ただ、そういう実例が、実際にはあまりなくて、こういう本の取材には当たらないのかもしれません。

たとえば、簡単に、

・風俗の女性を将来の伴侶としてはいけない。

とか、、、。

しかし、実際に日本の男子がタイ女性と出会う90%以上は、風俗店を通してなのでしょう。

だから、実例に乏しい。


自分の資産を守る、というために、参考になるような方法についても、この本には、書かれていません。

日本人は、皆、赤子の手をひねられるように、タイ人女とその家族に財産をむしり取られるお話ばかり、です。

ただひとつ、家をまるごと乗っ取られるのを防ぐ方法として、

購入と同時に、売買承諾書を作り、妻にサインさせる、

という方法が書かれています。

関係がこじれたときに、家を売却し、少なくても売却代金の半額は手に戻る、

という方法です。

これは、僕が別に読んだ「愛のアントレプレナーたち」という本には書いていない、資産を失うことを回避する方法でです。

タイの法律家が必要になりますが、どれだけ容易く、法律家にアクセスできるか。

これが、キー・ポイントかもしれません。

わかっているけど、そんな法律家なんて、どこを探せばいいのよ、

あれあれ、言ってる間に、話はどんどん進んでしまう・・・。

肝心なのは、自分のペースで事を進めること。

楽天家で、相手を信じきってしまいたい人には、相手のペースでどんどん話が進むのは、快適であるでしょうが・・・。


いつものお願い、にっこり笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
お金はタイにくれてやる
タイ女性に入れあげて、家を買ったり、車を買ったりしたものの、関係が拗れたら、返してくれ、って言うような度量が小さい日本人は、そもそもタイで遊ぶ資格がありません。

買ってやったものは、タイにくれてやる、くらいの度量がなければ、日本でチマチマ暮らすしかないんです。

関係が拗れた時の対策が書いてありますが、そんなことをしても、タイ女性が勝手に売買してしまえば、何の効果もありません。
売買承諾書を登記しておく方法なんか無いでしょうから。

タイ女性に家をくれてやる度量が無い方は、レンタルか、ローンで買ってやればいいんです。
もっとも、タイ女性に住宅ローンを受けられる資格がなければ駄目ですが・・・・・
2008/11/20(木) 09:12 | URL | 三嶋 #qbIq4rIg[ 編集]
お金はタイにくれてやる
いつも貴重なコメントをありがとうございます。とても興味深い内容でしたので、僕の返信を、1月20日の本文として掲載させていただきました。ご参照ください。
2008/11/20(木) 13:55 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/156-85edd516
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。