きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
警察庁の発表で、昨年の自殺者は3万3093人で、10年連続で3万人を超えている。

そのうち60歳以上は1万2107人(全体の36.6%)と、過去最多だった。

60歳以上の自殺者が1万人を超えるのも10年連続、だそうだ。

やりきれないのは、この傾向が今後も続くであろうとは予測できても、改善されるだろうとは、とても思えないことである。

もともと日本は先進国のなかではダントツに自殺率の高い国である。

自殺率の国際比較http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/2770.html

しかも、若者の自殺より、中高年がはるかに高く、歳をとるほどに高くなっていく、ということだ。

若者の自殺http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=he07-5&RG=1

中高年の自殺http://dataranking.com/table.cgi?LG=j&TP=he07-6&RG=1



高齢者の自殺の多さは、端的にいって、社会が見放しているからだ、と言えるではないか。

日本という国は、いつから年寄りを大事にしない国になってしまったのか。

高齢者は、社会のお荷物、なのである。

または、年寄りの冷や水で、表にしゃしゃりでるな、という風潮がますます強い。

家族内でも、こども達は自分の生活に目一杯で、年寄りの面倒など見切れない。

例の後期高齢者医療制度なども、どうして切り離すのか。

保険や福祉などというものは、強いものが弱いものを助けるという相互扶助の考えが基本だと思う。

それを、若いものを含めて支えるのではなく、年寄りは年寄りでやっていけるだけやってみろ、という姿勢はどうしたものだろう。

そもそも、うわさでは、年寄り連中は、大した病気でもないのに病院に来て、社交場のように暇をつぶし、保険の金を食う、これを取り締まるために、厳しくしよう、という発想があったとか。

年寄りにムチ打つ、考えではないか。

とにかく高齢者には、自分の存在を認められ、何か価値あることをし、楽しく生きる居場所が、日本にはないのではないか。


実は、「老いて男はアジアをめざす」の著者のテーマは、これなのである。

「高齢者問題」という。

高齢者の存在を問題視する、日本という社会に、著者は疑問をいだく。

高度成長を成し遂げ、世界に冠たる経済大国になる間に、なにを切り捨ててきたのか。

なにが、今、残されてしまったのか。

このことを見つめるために、人生の第4コーナーを回って最後の直線を走るとき、
その場をアジアに求めた人達に会って、なぜ日本ではなく、タイなのか、カンボジアなのか、
を見つめたのである。

もちろん、タイは、高齢者の誰でもが手放しで、生活を、人生をエンジョイできる場所ではない。

ここで、語られているエピソードの多くは、失敗談である。

しかし、たとえ自分の描いた夢の生活が得られず、失敗したと自認する人でも、
後悔の念は薄く、
日本で暮らすことを考えたら、こっちがマシ、と考える人がいる。

ということが、何を意味するか。。。


いつものお願い、にっこり笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/158-509b9cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。