きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
25日から占拠が始まって、収拾の目処がたたない、と言う。

12月1日にバンコク入りの予定で、すでに飛行機の切符も手に入れた後の突発事件なので、まいったマイッタ。

The Nationのニュース動画など、反政府グループのPADの群れを、政治的決起ではなく、なにかお祭りでも行っているような、バックグランド・ミュージック付きで、流している。

参加者なども、政治的理念に燃えて、打倒タクシン派!などと考えているような人間の群れには見えない。

巷間言われているように、金で雇われ、ただ飯を食って遊んでいる輩にしか見えない、のは、被害妄想かな。

今までは、血を流し死人も出るような、8月からの騒ぎにも、市井の営みに影響が出る気配は少なく、
どこ吹く風、という具合にTVなどを見ていたが、いよいよ直接に影響を受ける騒ぎになってしまった。

考えれば、政権をめぐり血潮を流して争っているのに、一般市民が、なんの危機感も感ぜず、のほほん、と過ごしていること自体、タイは、異常なのであった。

今日は、フィリピンの政治家にまで、タイは「政治的に未熟すぎる」国とさげすまされてしまう有様だ。

タイには、デモクラシーは必要ない、と表明している、既得権者のバカの壁が、いかに厚いか、身にしみる出来事。

ああ、ぐちは尽きない。。。


まぁ、タイなんて、そんなものさ、ということか。

それでも、いいさ、

あるいは、

その方が、いいさ、

と思っている人も、多いと思う。

えいっ、これで、20年前のタイに、一気にもどってくれ~。

ナンテ。



今、A.Hicksの「マイ・タイガール&アイ」を読んでいます。

イサーンでの牛の飼い方を、おもしろく話してくれます。

東北部を車やバスで通ったり、あるいは写真やTVなどで、見た人が多いと思いますが、かの地では、牛が群れをなして、あちらこちらに出没し、国道の中央分離帯の緑の上を闊歩している姿などさえ、見受けます。

その牛の群れは、ひもで結ばれ、一人の老人がのんびりと付いてまわっています。

イサーンでは、牛は、牧草地の「柵」の中で飼われません。

「柵」など、どこにもないのです。

牛の持ち主は、誰の土地の上の草でも、ただで自分の牛に食べさせることが許されているのです。

もちろん、他人の穀物を荒らすことは禁止ですから、雨季にはお米の田んぼに入らぬよう、気をつけねばなりませんが、その他の季節はいたって楽ちんで、牛は、どこでも、他人の土地であろうが、好きなところで、おいしそうな草を見つけたら、思う存分、食べていいのです。

Hicks氏は、イギリスの法律家で、アフリカの大学で数年法律を教えたことがあって、

アフリカでは、家畜の草は、生殺与奪の大事なもので、他人が自分の土地に草を求めて侵入してきたら、殺人まで起こる世界だった、そうです。

そのアフリカに比べ、このタイのなんと牧歌的な、豊かな国の、ありように、Hicks氏は、感嘆しています。

イサーンでは、年老いて、農業に疲れてしまった男には、3つの選択肢がある、と言います。

それらはすべて、長い一日の瞑想の時間が与えられるものです。(いいじゃあない)

1.アル中になる。
2.坊さんになる。
3.牛の世話をする。

「町で一目おかれる人間になりたいか」

と問われた老人は、

「うんにゃ~、俺は牛の世話をする方がいいっちゃ」

と応える。

それも、いいかなぁ、と思えるこの頃であります。。。



牛に草を食べられた土地の持主は、おかえしに、牛の糞だけはもらえるそうです・・・
なるほど!

いつものお願い、にっこり笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
最終戦争
反政府組織 PADによる空港占拠ですが、これは、タクシン傀儡政権を壊滅するための最終戦争です。
武器は使いませんが、市民クーデターです。

PADの参加者はテレビで見る限り、中年の女性が多いですが、金で買われているわけではありません。
金で買われているのは、PADに反対するソムチャイ政権側の集会参加者です。

PADの闘争目的は、タクシン一派の一掃です。
タクシンがタイ王国の美徳を破壊したから、と言うのが理由です。

タクシンが好きな、金・金・金や行き過ぎた市場主義、行き過ぎたグローバリズムを追放して、プミポン国王が提唱する「身の丈にあった経済」を実現するのが目的です。

PADの運動には、タクシンが大嫌いな王室、軍部が暗黙に支援してきました。

空港封鎖で被害を受けた外国人の方々にはお気の毒ですが、タイ王国の再建のため、奮闘しているPADに対し、寛容な支援を贈りたいものです。
2008/11/27(木) 23:49 | URL | 三嶋 #qbIq4rIg[ 編集]
困っています
理屈はどうあれ、困っていま~す!
どうやら、12月1日の日本出発は完全に夢となりました。

僕は、タイの政治向きのことはまったく分かりませんが、その詳細を知らない、という自由な立場で言えば、政治グループというものは、常に一方的な物言いをする、という現実です。
タクシンが行ったことは知りませんが、金金金、ということが事実であったとしても、現在のPADなる団体を支えている影の存在も、金金金の大量のゲンナマの供給していることに間違いありません、それなしに、これだけの長期間、これだけの物資や人数の動員ができるわけがありません。
タイ王国の美徳を破壊した、というのが事実なら、困ったものです。
しかし、PADの言っていることも、デモクラシーの潮流に逆らいタイを世界の笑い物にするようなことを言っているように思えます。彼らの言っている、国会議員の7割は任命、3割は公選、というまるで明治時代のようなことを言っているのことは、まったく解せません。。。とにかく、政府側にもPAD側にも、統治能力、というものが、欠けているとしか、思えません。
ああ、また愚痴です。
困った、こまった。
2008/11/28(金) 19:18 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/160-df555191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。