きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、前回の「小さな赤いめんどり」の続きです。

この童話はタイではこうなります。 (A.Hicks 「マイ・タイガール&アイ」 37章)

赤いめんどりは小麦の種を買い、畑に植えようとします。

ともだちの犬、猫、ネズミに、手伝ってくれないか、と頼むと、
3匹とも、
いいよ!もちろん!よろこんで!
と答えます。

ところが当日、犬はおなかが痛くて来られず、ねこは来ても二日酔い、ネズミは遅れてほとんど作業が終わった頃にやってきて、結局仕事をしたのは赤いめんどりだけです。

次に、小麦を刈り取る時期がきて、赤いめんどりは、また3匹の友だちに手伝ってくれるように頼みます。
いいよ!もちろん!よろこんで!
と3匹は答えますが、結果は種まきのときと同じ。

また小麦の粉をひくときに、赤いめんどりは手伝ってくれるように頼みます。
いいよ!もちろん!よろこんで!
しかし、これも結局は赤いめんどりの一人仕事で終わります。

さて、最後にケーキを作る日がやってきます。
これに招待すると、3匹は、なんと3匹ともにやってきます。
そして、出来上がったケーキをペロリと食べてしまうのでした。
お坊さんにも喜捨した赤いめんどりに残った分は、ほんのちょっぴり。

それでも、赤いめんどりは、怒ることなく、笑っています。
赤いめんどりは、しなければいけないことを、したまでのことなのだ、と思っているのです。

そして、翌日、赤いめんどりは、荷物をバッグに詰め、南に向かうバスに乗ります。
若くてセクシーな赤いめんどりちゃんは、もっと働くために、パタヤに向かったのでした。



たぶん、タイに住む西洋人にとって、一方通行の形で、自分のもつ資産が他人にわたっていくことを許容することは、難しい文化的差異の大きな問題のひとつであろう。

Hicks氏の友人が言うには、

タイの彼女が、彼のお金を彼女の家族や友だちにくれてやるとき、ありがとうの感謝はすべて彼女にいって、自分にはなんの言葉も返ってこない、

そうです。

そして、彼が彼女のお金の使い方をすこしでも注意しようものなら、彼らはこぞって「ケチッ」と呼ぶのです。

しかし、彼は彼女と結婚し、そしてそれが彼の家族なので、彼のできることはお金を払い続けるけて、なお笑顔を絶やさないこと。



西洋では、こどもの教育は、独立・自立するこころを育てることにあります。

一方、アジアでは、共存・共立の精神が植え込まれ、永久的に家族に貢献することを教えられる。

この違いは現実的なもので、大人になった子供達は、両親と、うまく行っていない身内の人間に、お金を送ることは当然のことなのです。

アジアでは、西洋の個人主義をではなく、共同体中心の考えが基本であり、「家族」の意識の外で、働いたり、楽しんだりする、ということは、考えられないのです。

タイ人が、グループでどこか小旅行をする、なんて時を想像すると、また、西洋人との違いを感じる、と言います。

皆で合意した「計画」なるものは、全然重みをもちません。

あなたは十分に柔軟にならなければならない。

彼らは、最終目的地に着くまでに、なんども、なんども、タクシーに新しい目的地を告げ、ぐるぐるまわって、やがてたどり着く、というわけです。

あなたが、みんなと一緒に何かをやることに決定したとしても、それが実際に実行されるまでは、何が起こるのかまったく予想できない、のです。


これらのこと、僕にもだんだん実感として、わかって来つつあることがらですが、おもしろいと感じました。

こうしてみると、日本人がアジアの中でも、もっとも西洋化、しているんだなぁ、とつくづく思いますね。

江戸時代、鎖国していた日本より、1612年にはイギリスの商館が開かれたアユタヤ王朝時代など、よほど国際的であったタイだと思います。

この両国が、近代国家として、西洋に国を開いたのは、ほぼ同時期でした。

タイ・英友好通商条約ー1855年。
日・米修好通商条約ー1858年。

「一外交官の見た明治維新」で有名なアーネスト・サトウは、日本に来る前の任地がタイだった。

彼は、ほぼ同時期に開国したタイと日本を比べて、

「タイの方が先に近代化するであろう」

と言ったといいますが、これは見事に外れました。


今、タイで起こっているPADの騒乱などを見ていると、タイの近代化レベルは100年前と同じレベル、
とすら言えそうです。

ついに12月1日のバンコク行きフライトがキャンセルになった、ぼ・や・き、で〆ます。


いつものお願い、にっこり笑って、ポチっとクリック↓↓↓

<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>


タイ・ブログランキングにクリック1回お願いします!!!
タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
空港閉鎖は大迷惑、しかし
いつも楽しく読んでいます。

空港の閉鎖は多くの人に、損害を与えています。
タイ旅行を計画していた人などは、怒りやいらだちがいっぱいだと思います。



そういえば、成田空港の開港が反対派のために何年も遅れたときに、ほかの国から非難を受けたことを新聞で読んだ記憶があります。

日本政府は開港の努力を怠っている。そんな反対派は強制的排除すればいい。

日本に就航を希望している側としては、日本政府に怒りやいらだちがいっぱいだったと思います。

そこでタイの現状。
タイはクーデターなどを繰り返してながら、歴史の荒波を乗り切った国。
この騒動も、結果としていい解決方法を見つけるのではと、私は思っています。

2008/12/01(月) 19:40 | URL | タイブログランキング #A8WrCrNE[ 編集]
PADの姿勢
拙い文章、読んでくださってありがとうございます。
コメントへの感想らしきものを、12月1日の記事に書きましたので、お読みいただけますか?
今後ともよろしく、教えてください。
2008/12/01(月) 23:29 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/162-bd6a82f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。