きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の来タイ日は、例の空港封鎖が解除され、日本からの便が再開された二日目、12月8日だったから、はや一ヶ月になる。

その間、ウドンからコーンケンの旅を1週間、パタヤへ2泊3日、の2回の旅行をした。

考えてみれば、十分ではないか、という気もするが、なにか物足りない。

ちょっとフラスト気味。

きっと、出発前に心に誓った、

・タイ語の勉強
・ジムでのエクササイズ
・ゴルフ場での練習

を、ほとんど実行していないから、ではないかと思う。


気にしていることと言えば、円対バーツの為替率の毎日の動き、となると面白くもなんともない日々である。

昨年末から円高が始まって、年明けには1万円=4000バーツを越える、バーツの暴落がある、などという話も、まんざら嘘とも思えず、

1ヶ月の生活費として、50万円、3ヶ月の滞在で150万円持って来ているのだが、

いつ両替すればいいか。


12月は、小出しに、様子見を含めて、暇もあって、10万円ずつ4回に渡って3800バーツ台で交換。

ところが、暮れも押し詰まって、円高基調は鈍り、4000バーツどころか、3900バーツを越えたのが、たった1日。

今年になると、いよいよ3800バーツ台も崩れてしまう。

あわてて、一昨日30万円を3750バーツで、昨日30万円を3710バーツで交換。

もうこれで、しばらく放っておこう、様子を見よう、と思っていたら、今日は円高に逆転。

おいおいどうすれば、気が済むの?

という感じ。

また、明日、両替に行くのを避けるには、旅行でもするしかない、と考えていたり。

そんなこんなで、銀行にプールしている金額がすでに100万バーツに成ろうとしている。


さて、TVや新聞では、新年のメッセージが社会、政治、経済の観点からどっと届いているが、なによりも今年の特徴は、100年に1度の不況の話題。

年末にかけて、職を失い、住む場所を追われた、経済難民が、日本自国内で、さまよっている。

その精神状況たるや、暗澹たるものがある、

将来に対する安心感が非常に希薄なのである。

日本の特徴とも言える。

日本は、基本的には経済的資源にとぼしく、刻苦勉励につとめ、爪に灯をともして発展してきた国であろう。

この数年間、規制の緩和(例えば、製造業の派遣労働者の受け入れ)や政府の援助(金融機関への多額の援助)で、史上最高の収益・利益を上げ続けてきた大企業や関連企業ー戦後最大の景気拡大期間を享受していたはずーなのに、たかが1年の収益・利益の悪化で、こうもじたばたして、労働者を解雇するのか。

日本人は、不安をあおり、悲観的な見方をすることによって、生きながらえようとする、基本的には貧しい国である、と痛感している。

タイは、(まだ僕は良くはしらないのだけれども)、逆に、どんな状況になろうとも、食料とあたたかな季候に守られて、死ぬことはない、豊かな国であろう。

こうして、バンコクに住んでいて、寒い冬がない、ということはひとつの恵み、だと実感する。

職無く、家ない日本人に、日本の冬の路上や公園は、非常に厳しい。

一歩、となりには、死が待ち構えている、日本では、不況はこたえる。

それにくらべて、タイでは、不況なんてそれほど「怖い」ものではない。

タイに居つづけるかぎり、安心だ。

そんな風に思ってみる。


な~んて、フラストレーション発散のために、はホラをいっぱい、書きなぐってみました!

みなさん、どこがホラだか、分かりますよね?


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
生活費
>1ヶ月の生活費として、50万円、3ヶ月の滞在で150万円持って来ているのだが・・・・

いやあ、管理人様の生活は豪勢ですね!

単身男性が、月1万B程度のアパートに住んで、食費が1万B、雑費が1万Bなら生活費は1か月10万円もかからないはずですが?

バンコク生活で、金がかかるのは、娯楽費です。

カラオケ通い(ビッグエコーなどで歌うだけなら安いですが、そうではないと高いです)やゴルフ代(プレー代は日本より安めですが、ついつい回数が増えて、結局高くなります)です。

タイ国内旅行も、最初のうちは楽しいですが、そのうち飽きてしまいます。

生活費が1か月に50万円と言うのは、愛人を3人程度囲わないと使いきれないかも?
2009/01/10(土) 10:14 | URL | 三嶋 #qbIq4rIg[ 編集]
独身者の生活費
あはは、そうなんです。
始めは、どんな出費にも堪えられるように、
生活に慣れるまではと、
1ヶ月50万くらいの覚悟で乗り込んで来たんですが、始めから家賃1万バーツのアパートを探しましたから、そんなにかからないんですね。
月一回、一週間ほどの旅行をしても、5万円もかからないので、現実的に15万円以内で済んでいるのではないでしょうか?旅行をしなければ、完全に10万円くらいで済みます。
僕は風俗・カラオケは行きませんし、ゴルフもまだタイではしていませんので・・・。
なんだか銀行にバーツが溜まっちゃったので、これからはあまり持ち込まなくて済みそうです。
月50万の生活費は、仮想のホラでした。
スミマセン!!!

でも、それで愛人が3人程囲えるかも、と言うのは、こころ強いお言葉でした。
2009/01/10(土) 18:00 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/193-423e46a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。