きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事に書きましたが、思い立って小さな旅に行ってきました。

昨日の11時に出発して、今日午後3時に帰ってきました。

パタヤです。

その海岸の夕陽があまりにもすばらしかったので、勝手に、パタヤ・サンセット・ビーチと名付けました。

知っている方は多いでしょうが、ガイド・ブックで読んだことの無い場所でした。

ビーチにチェアー、ではないところです、マットです。

うるさい売り子もやってきません。

これ以上、にぎやかには、なって欲しくないところ。

だから、隠しておきたい内緒の場所。


ptsunset3
これほどまでに夕陽が美しいのだから

ptsunset2
人生は美しい

ptsunsetbeach1
おお、こどもたち

ptsunsetbeach2
語られなかった言葉

ptsunsetbeach3
そして夜は更けていく


ココナツの林のしたで

寝そべって太陽が沈んでいくのを

みた

はまべにには、釣りをする若者

かけまわる子供たち

風は、気持ちよく、彼女の髪をなでていく

太陽を、見つめていられるのは

今このとき

やがて遠くの山の端まで

夕陽が落ちてくると

スピードがいっきょに増して

みるみるうちに沈んでいく

語られなかった多くの言葉や

果たせなかったいろんな夢を

すべてを飲み込むように、

どんどん沈む

僕が愛したひとや

僕を愛してくれたひと

みんなあの夕陽の向こうで

わらいながら

待っていてくれるような

気がすると

涙がぼうとあふれて

最後の夕陽の輝きが

にじんでしまった・・・



ちょっと詩人の気持ちになりました。 (誰も言わないだろうから、自分で、お見事!)


夕陽がこんなに美しいのだから、

ひとの人生も、最後の最後まで、美しいはずだ、

誰もがみすぼらしく年をとる、

なんて信じないぞ!

と思ったのでした。



最後に、ここを紹介してくれた女性です。

ptsunset4

タイ・ラブリンクで知ったパタヤニ住む、ビューティ・サロン勤務の女性。

フィットネスが趣味だとか、バツグンにスタイルがよく、足がほれぼれするぐらいきれい。

妹さんが、日本人と結婚していて、大阪に住んでもう5年以上になる。

その日本人夫は、どうやら印刷業の人らしい。

妹さんも、日本の企業で働いて、何社目かだと。

日本の会社に勤めるためにも、年に一度はタイに戻ってこなくてはならない、とかで、よく行き来しているらしい。

プロフィールでは、ビューティ・サロン勤務、と理解したが、話をしていると、これから講習を沢山受けなければならない、という。

スタッフだったけれど、これからはヘヤーを自分でやる、とか。

義理の弟が、昨日、バンコクから来て、飲みほうけて、女連れでアパートに戻り、まだ彼女の部屋起きれないでいる。

僕に会うために、車で来てくれたのだが、この車は、在住年ほどになる日本人の、友達のものだと言う。

なんだか、いろいろ激しい生活、そう。


今日は、どうするの、パタヤに泊まるの?

と最初に聞くので、

わからない、日帰りで帰るかも、

と言っていたのだが、この夕陽をみて、1泊すると、言ってしまう。


では、部屋は、私の知り合いがやっているホテルか、私のアパートのそばのホテルか、

見てみましょう、

ということで、彼女も友達のホテルヘ。


ホテルの前が、カンター・バーになっていて(ファランが5人飲んでいた)、ソファ・テーブルもあり(女の子が2,3人、こちらもビールを飲んでいた)、3回建てのこじんまりした、アパートメント・ホテルだった。

ソファで飲んでいた一人が、彼女の友達で、オーナーだという。

まだ、20歳代なので、実際はその夫の経営なのだろう。

新しく、リビング・ルームとベッド・ルームは、オープンだが別別で、冷蔵庫、TV、ホットシャワー、室内金庫、などなど、、、朝食込みで、1泊800バーツ。

結局、ここにして欲しそうだったので、そこに泊まる。


彼女の語る友達は、大体がフィットネス・センターで知り合った間柄、という話だったが、ほんとうのところどうなのだろう。

彼女は、一体、生計をどうやって立てているのか?

あまりはっきり現在の職業について語っていない。

このホテルの前でたむろしていた女性たちとも、気心知れている感じなので、彼女の前身も(あるいは現在のビューティ・サロンの仕事もーーー髪を直接扱わないスタッフ、というのは?)、この手の仕事かも、と想像したりした。


妹さんのこともあり、日本人に好意をもって、日本人の恋人を持ちたい、というのは本気だと思われる。

タイ・ラブリンクで、こころ良い返事がある女性は、親類とか、町の知り合いとかに、日本人との関係をもった経験者を知っているケースが多いと感じている。

それらは、大体が良いイメージで(甘いかもねぎ、だと思っている女性も含めて)、日本人には有利な点かなと、思う。


僕の場合、この女性とは、一歩置いた、できるのならば、友達ではいたい、という気持ち。

まぁ、そういうあいまいな関係は、ありえないことなんだけれど。

夜見た夢に、自分の家がなにやら冬の嵐に巻き込まれていて、静かになった朝、窓を開けて外をみてみると、なんと雪崩が家の1メートル前まで、押し寄せてきていて、必死に止まっている感じなのだあった。

この夢に暗示を受けて、次の日、どうするの、という電話には、朝帰る、と返答したのでした。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、投票を!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/194-c10fc66b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。