きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ワット・アルンで、夜、タイ・ダンスが見れる、というので行ってきました。

・・・・

ブログランキングのクリックを、記事を読む前に!とお願いしています。

なにしろ、拍手とランキングだけが楽しみなものですから・・・。

また、他の豊富なタイ関連ブログを楽しむことが出来ます!

では、お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援してください。読む前に、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タイ・ブログランキング

本文です。


ユイが、1週間前から、次の日曜日は、ワット・アルンに行こう、と僕のスケジュール(なんて、無いのですが・・・)に予約を入れていました。

ラチャダーを5時に出て、夜のタイ・ダンス・ショーとかを見たい、言います。

チャオプラヤー川の向こうだけど、どうやっていくの。

と訊くと、ユイお得意の、「バスで」サパーン・タクシン橋まで行って、それからボート。

先日のトンブリまでのバス3時間の大旅行で、疲労困憊になり、その体力が弱っているときに、食べ物に当って、苦しんだばかりなので、

バスはいやだなぁ、

と一瞬思ったけれども、いつもセントラル・ワールドに行くときに使う73番だ、というので、OKした。

途中、2箇所ばかり、恒常的に渋滞になる通りを、まぁまぁの進行で過ぎていく。

しかし、着いてみると、やはり1時間30分。

ユイは、バスが遅かろうが、一切気にしない様子。

途中で、これだと、7時になっちゃうね、というと、

丁度夜も暗くなって、いいわ、

なんて感じ。

タクシン橋からボートで一駅登って、そこから、渡し船で向こう岸へ。

これは、30分で済んだ。

ワット・アルンで、どんな催しがあるのかなぁ、と興味はあったが、

人ごみを掻き分けて歩いていく様は、なにか地元町内のお祭り、とい感じ。

観光客(特に外人の)は、あまり多くはなく、タイ人の家族連れがほとんど、だった。

入場料とかも、無し。

入り口では、早くも、わた菓子や、キャンデーや、その他縁日に食べるような軽食を買うために、人が並んでいる。

あとで、後悔したのは、ここで何かつまむものを買っておけばよかった、ということ。

場内に入ってからの、同じような物を売ってはいたが、並んで待つ人の多さ、時間のかかることの酷さに、僕たちは30分並んでも、長蛇の列が終わらずに、とうとう買うのを諦めたのだった。


watarun1
ワット・アルンを背景に、タイ・ダンス。

watarun2
日本で言えば、講談調の、音楽、語り、そして役者の、ストーリーのある舞台。

watarun3
僕には、ただ一言のタイ語しか分からなかった・・それは、ミヤノイ、と言っていたとき。
これは、タイ版、蝶々さんのような話なの?

watarun4
全体で30分。わからないままに、なまめかしい雰囲気。
家族連れに見せて、いいのかな。
ここは、タイ・・・、か。


watarun5
こちらのステージはタイ王族の物語、らしい。

watarun6
華麗、アクロバティックな踊りに、思わず拍手!

watarun7
ところで、写真を撮るのは、そんなに簡単ではないんです。二人の動きが重なって、なんじゃ、これって。


2時間ほど、4つほどの舞台を見て、帰途に着きました。


地元の縁日、のような感じですが、

だからこそ、旅行者は、本当の意味では楽しめないのではないか、

そんな気がしました。

ユイもイサーンの出身なので、自分のふるさとのお祭りを思い出しただろうと、想像します。

バンコクは、多くのタイ人にとっても、単なる無記名の大都市にすぎません。

仕事にやってくるところ。

くつろげる、場所ではない。

こころの故郷は、別にある。


なんだか、タイの地方都市の方に、魅かれるこの頃です。


田舎へいったら、

ノンビリし過ぎて(それでなくとも、仕事もなにもして居ないので)、

ボケちゃうかな~。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/218-89a0bedc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。