きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コーンケン2日目、今夜8時に、チャンマイに発とうとしています。

・・・・

ブログランキングのクリックを、記事を読む前に!とお願いしています。

なにしろ、拍手とランキングだけが楽しみなものですから・・・。

また、他の豊富なタイ関連ブログを楽しむことが出来ます!

では、お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援してください。読む前に、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タイ・ブログランキング

本文です。

14日の朝8時半にバンコク、ラチャダーの部屋を出て、MRT地下鉄でカン・ペーン・ペッまで出る。

Exit1の出たところにいるモタサイで、バス・ステーションまで、30バーツ。

着いたところが、チャトチャック・バス・ターミナル。

おお。。でかい!

これまで、2度、コーン・ケンからの帰りのバスで降りた、あの北バス・ターミナルじゃ、ないじゃない。。。あれはなんだったんだ?

出発のチャトチャックは、列車のファラン・ポーン駅よりも更に大きく、立派な建物に見える。

(写真がなくて、申し訳ないです。デジカメからPCに取り込むケーブルを忘れて旅先に持ってきていません。後で、編集して、写真はアップします)

コーンケン行きのチケットを買おうとするも、1階はどの窓口もチェンマイ行き。

コーンケンは3階。

VIPバスの窓口を探すのに、さらに一苦労あったけれど(英語表記がほとんどないので)、やっとチャン・ツアーのチケットが入手できる。

1列3席(1+2)、11列の、33人乗りで329バーツ。

シートは1A。最前列左。

最前列角は、事故ったとき1番やばい席かもしれない。

乗って、すぐ、シートベルトを確認したが、ベルトを伸ばしきっても、短すぎてかけられない。

誰もシートベルトなど気にしてない。

9時半出発予定が、実際には、9時45分に出発。

途中で、コラートで15分の途中休憩、それ以外にも何度か、2号線道端で停まった。

水、軽食、クラッカー、ジュースが出る。

6時間半ほどかかって、16時15分頃にコーンケンに到着。

今回のホテルは、到着したエアコン・バス ステーションに近い、ケーン・イン・ホテルにチェック・イン。

以前2回コーンケンに泊まったときも、ここを確認しているが何だか古過ぎるような気がして避けていたのだが、今回は、1日後にチェンマイに行くにもバスを使うことから、駅に近い、ここに決めた。

それが正解だった。

朝食付き、600バーツの部屋は、古いが清潔で、明るい。

インターネットも、先回は使えなかったが、Wifi無線サービスが導入されていて、自分のノートブックがあれば、良い。

2時間100バーツのカードを買って、部屋の中で、使用できることが分かった。

一休みした後で、明日のバスのチェックと、ネットカフェでインターネットしようと、外に出た。

ホテルのフロントで、ネットカフェの場所を訊ねて、その方向に行ってみたが無かった。

そこで、近くに立っていた制服姿の女学生(世の中パッツン制服、というらしい)に、ネットカフェの場所を訊くと、しばらく考えてから、バス駅を左に入ったところにある、という。

行ってみたが、なにも無い。

もう一度、旅行代理店で人が働いていたので、ネットカフェはどこにありますか、と訊くと、また教えてくれて、その角の交差点から、50メートル先だ、という。
最初のホテルからの情報に、方角は一致している。

これは有望だと思って、行ってみる。

50メートルから100メートル行って行ってみたが、これも無かった。

ここまで来て、考えられることは2つ。

一つは、土曜日は閉まっている、ということ。

あるいは、タイ人は物事を知らないことは恥ずかしいことなので、とにかく、うろ覚えなことでも、あそこだ、ここだ、と言い切ってしまう。

そして、訊かれて、何も応えてあげないのは、その人を無視したようになり、失礼になるので、とにかく何かを応えて親切心だけは、返す。

僕からすると、あいまいなことを言われるより、知らないことは知らない、と言ってもらったほうが、よほど親切なのに、などと思いながら、今日ネットカフェを探すのは、諦める。

さて、次の目的のバスの確認。

コーンケンからチェンマイ行きは、VIPバスは無い、ということが分かった。

チャン・ツアーも、もう1社も、VIPバスは、バンコク行きのみ。

チャン・ツアーの隣のツアー会社が良いバスでチャンマイ行きがありそうなので行ってみると、明日(日曜日)は無い、明日のバスは窓口2番でしか販売していない、という。

そこで、2番窓口に行って確認すると、夜8時のバスがある。

どうやら、コーンケンからチェンマイ行きは、全て夜行のみらしい。
(昼間は渋滞場所があるからか?)

それでも、かかる時間は12時間内外。

それしかないの、と訊くと、これしかない、と言う。

チケットはどこで買うの?

明日、ここで販売している。

チケットは必ず買える?混んでいることは無い?

無い、必ず買える。

全然、今、予約しなさい、とも、今買いなさい、とも言わないし、今売ろうともしないので、そうなのか、と思って、ホテルに帰った。

コーンケンからチェンマイなんて、そんなに人の移動がないのか~、という理解をしたつもりだった。


ところが、である!

今日、3時にその2番窓口に行ってみると(昨日は8時直前でも、チケットは買える、と言っていたのに)、もう今日のチケットは無い、と言う。

8時発も、9時発も、無い。

え~っ、え~っ、何、これ~。

明日の8時のバスでなければ、無い、という。

食い下がると、もう一つのバス・ステーション(こちらは、地球の歩き方では「普通バス・ステーション」と書かれている)に行けば、今日、5時発のバスはある、と言う。

ウドン・ターニーからくると、到着するバス駅で、長距離バスは走っているとは思えないのだったが(地球の歩き方のー一方はエアコンバス駅、一方は普通バス駅、という表示が、後者にはエアコン・バスが無い、すなわち、長距離バスもない、と思わせがちではないだろうか)、もう、しかたがないので、そこへ行く。

チケットは買えた。

ところが、5時発ではなく、6時半発。

しかも、普通バス駅を6時半に出発し、エアコンバス駅に寄って、そこを8時に出発するのだ、と言う。

再度、エ~ッ?

さっき、8時のバスは無い、と言った、あれはなんなの?

ここまで、来ると、何がなんだか、タイのバスのシステムはわからない、と感じいってしまった。

その8時の、エイコン駅を出発するのバスは、まったく違うバスかもしれない。

それならば、結構、コーンケンからチェンマイの人の移動は少なからずある、ということで、

それならば、昨日の窓口2番さんは、今買っておいたらどうかと、親切に、売る気になって欲しかった。

明日にならなければ、チェンマイに行くかどうか明確にはいえないのだから、前日に買うのは、無駄かもしれない、だから親切に、今買え、と言わなかった、
とも考えられる。

とにかく、普通バス駅を出たバスが、(ホテル近くの)エアコン・バス駅に来て、8時に出発するのか、これも心配だったので、ホテルに戻ってから、フロントの人に質問する。

おばちゃんが出てきて、バス会社に電話をしてくれて、どうやらそうらしい。

7時半にはバス駅に行って、9番で待て、そういわれた。

(前の2番窓口、とは違うので、信憑性は高い)

心配なことをこのおばちゃんが言う。

こっちのバスは安いので、車内にトイレもないし、サービスも悪い、とか・・・。

え~っ?買ったときは、エアコン1級バスだと言うので、トイレくらいはあると思ったのに・・・。

(3時にチケットを買おうとしたとき、僕のそばにはそれを手伝ってくれる人がいました。昨日の話と違うではないか、と僕は頭の芯に怒りの炎がメラメラしだしていたのですが、そのようなことはいっさい言っても無駄、と察しているのでしょうか、あるいは、その場で力を持っているものがAといったら、それに反抗的態度をとることは一切避ける、権威に従順なタイ人性格なのでしょうか、そのタイ人はただ、相手が言うことに、不満を示すことなく、ただただ、従っていました)

とにかく、タイでは、何がおきるか分からない、何が起きても怒らない、ということを徹底的に教え込まれているような、気分になってきた。

今日、出発できなくても、怒らないことにしよう、

一応、そう決めて、おきます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
ご苦労様です。
コンケーンからチェンマイへの旅行なんかバス手配が大変そうですね。ご苦労様です。
私は国内も近隣諸国もほとんど飛行機エアーアジアにしてますので、寝ながら注文してます。タイ人をかいすると疲れるから。
さて話は飛びますがIM8Pさんと私って案外共通点がありそうなのでびっくりしてます。
この間その話をコメントしたんですが多分届かなかったみたいですからもう一度します。届いてたらごめんなさい。
まず年齢が昭和24年同士ですね。
早期定年も一緒ですね、私は11年前にしましたが、、、。
学生時代私は心理学を専攻してました。森脇要の臨床心理と豊原恒夫の産業心理でした。
また私の母方は秋田の角館の出です。
そうしてふらりは今バンコクと、、、。
まあ似てますね。
ただそれだけですが。
コンド時間ありましたら飯でもご一緒に願います。
ラッチャダーはタラートホワイクワーンのノイシーフードとソンブーンにはよくいきます。

ではご旅行楽しんでください。
2009/02/16(月) 01:11 | URL | すーちゃん #TYqpnwkE[ 編集]
「共通点」驚きました。
すーちゃん、
コメントありがとうございます。

「共通点」と題した前回のコメントが無くなったのは、私のオペレーション・ミスで、削除を押してしまったからです。
不愉快な思いをさせてしまい、申し訳ありません。

あのコメントをもらったときは、その「共通点」をどうやって、このインターネットの中から探し出されたのか、(このブログのプロフィールには記載していな事柄ばかりでしたので)、まず驚きました。

そのあとで、すーちゃんも指摘しているお互いの「共通点」に関して、まったく違った場所で、違った人生を歩んできたのにもかかわらず、そのいくつかの共通点が、最後にはタイで生活を始めていること、という点で絡み合いだして、新しい知己ができようとしていることに、驚きました。
共通に臨床心理学をかじっていることはうれしい発見でした。

すーちゃんのタイの10年間の、これまでの生活の変遷も、前のコメントから、経済・投資関係に強く、ゲスト・ハウスを経営したり、今また新しいビジネスを展開されているという話を聞いて、感心しきりです。

同じ早期退職でも、11年前(早期退職が本格化した初期)に実行された人と、5年前(初期に実行された人のうしろ姿をみながら)に実行した僕とでは、足場の置き方がちがうなぁ、とかんじていたり。

それでも、いくつかの共通点が、人を絡み合わせていく、それもこのネットの世界では、もっと大きな可能性がある、ということを実感した次第です。
なんだか、この昂奮を、読者の方にも、味わってもらいたい気分がします。
ネットを通して、中高年以降になっても、新たな、貴重な知己を得る可能性がある、という事実です。
今後とも、よろしくお願いします。
2009/02/17(火) 00:15 | URL | im8p #-[ 編集]
すーちゃん、ヤフーメール
すーちゃん、ヤフーメール見てますか?
最初の「共通点」コメントの文章は、共通点の発見にすーちゃんの驚きの感情もこもっていて、
こちらも強く共振したのですが、今回のコメントは少しクールに感じました。
それで、コメント消失に少し不愉快な思いをされたのかな、という記述を昨日のコメントでした次第です。
経緯はヤフーのメールですーちゃんに伝えたのですが、もしかするとヤフーメールを読んでいないかもしれないと思い、
今日の追加のコメントです。
2009/02/17(火) 11:57 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/224-f2a43099
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。