きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パヤオ 第ニ日目です。

・・・・

ブログランキングのクリックを、記事を読む前に!とお願いしています。

なにしろ、拍手とランキングだけが楽しみなものですから・・・。

また、他の豊富なタイ関連ブログを楽しむことが出来ます!

では、お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援してください。読む前に、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タイ・ブログランキング

本文です。


パヤオの二日目はのんびりと過ぎていきます。


朝、窓の外からの鳥の声で目覚めました。

昨晩は、湖からの風も良く、ベランダ側ともう一方の壁の窓を網戸のまま開けっぱなしにしておくと、いつまでも気持ちの良い風が部屋の中に入ってくるのでした。

昨夜の宿泊客は、多分、6部屋あるうちで、僕だけのようでした。

朝食を作ってくれるように頼んでおきましたので、遅めにロビーに下りていきました。

こども達が学校へ行く世話が終わったあと、僕の食事を作ってくれればいい、そう思っていたからです。

ロビーの机にPCを持ち込んでインターネットをしていると(これは無料です)、おかみさんが、朝食を持ってきました。

オレンジ・ジュース、ハム、卵焼き、手のこんだトースト、コーヒー、ティーで80バーツ。

食事のあと、散歩しました。

湖畔から、バス駅に向かって、遠くにちらちら見え隠れするゲートウェイ・ホテルのピンクの建物を目印に、広めの通りを歩いたり、細道に入ってマーケットをみたり・・・バス駅にも歩いて20分ほどの距離です。

phayaowelcome
パヤオ湖畔にWelcomeボードがあり、和ませてくれます。

phayaomarket
マーケットの朝、10時ころの風景。

phayaogatewayhotel
これが、ベスト1でオンリー1のホテル、GATEWAY。

phayaobusterminal
Gatewayホテルに近く、パヤオ・バス・ステーション。

phayaodepartment
これが、パヤオの最大のデパートメント。駅前にあります。
2階には、ゲームセンターや、カラオケ・ボックス。
映画館はありません。

パヤオは小さな町です。

バイクの販売店をのぞくと、YAMAHAが150ccクラスのバイク、HONDAが110ccのバイクが、4万バーツ内外で置いてありました。

バイクの値段は、タイの方が、日本より安いのではないでしょうか。

湖畔を散歩する外人客の姿が何組も見えます。

老若、皆、西洋人のカップルです。

ファランとタイ女性のカップルの姿はありませんでした。

phayaowatanalayo1
後ろ姿から、女性はタイ女性か、と思って、急ぎ足で追いついてみると、西洋人の女性でした。
僕も、もの好きです。

昼頃に迎えに来る、と言っていたメルトモが、1時半過ぎて、息せききってやってきます。


昨日の姪といっしょです。


ランチの後、Wat Analayo にまず連れていってくれます。


次は、仕事場もある、パヤオからランパング方向へ15Kmほど言った、大学のある街へ。


その途中で、学生達の遊び場でもあるという、大きなダム湖に行って、小ピクニック。

アイスクリーム、つまみ、ビールなどで、30分。

釣りをしている人がちらほら。

phayaodamlake1
のんびり、はいいなぁ。

若いカップルで、釣り・・・。

phayaodamlake2
ロマンチックな風景。

phayaodamlake3
良いですね。
でも、この女性、僕たちのことが気になるようで、何度も何度も、振り向いていました。
なんだろう?
メルトモを知っているのだろうか。


この人造湖にいく途中に、大きな学校らしきものが建設中で、お坊さんの大学のようなもの、
と言っていました。


さて、その大学街は、そこだけ急に発達したと思われる、にぎやかな場所でした。

パヤオ大学(正式な名前は、知りません・・・)は、なんでも、ピッサヌロークとここだけに冠が許されている、公立大学で、タイ全土から学生が集まってくる、といいます。

phayaocampus1


学生相手のアパート、デパート、食堂、各種サービス業が、大学の入り口の迎えに面した国道沿いにひしめきあうように、建っています。



大学のキャンパスにちょっと足を踏み入れてみましたが、奥行き2,3Kmもある、ということで、木々に囲まれた道路のほかには、なにも見えません。

phayaocampus2
ほんと、長い道には、何も見えないので、その先歩くきになりませんでした。

学生達は、キャンパス内を、むらさき色の構内バスで移動しています。

phayaocampus3
出口のバイクの駐輪場が何列も並んでいます。
バスが着くたびに、どっと出口に向かう、男女の学生たち。

phayaocampus4
キャンパス側から、道路向こうの、学生街の風景を見たところ。


メルトモの店に行きましたが、学生達がひっきりなしに来て、コピーだけ頼むもの、4台置いてあるPCを15分程操作して、プリント・アウトを出しているもの、などで大忙しです。

phayaocampus5
正面少し右より、緑の壁の、となりの奥まった店がメルトモさんのお店。


4人のスタッフが働いていました。



その仕事も終わりきらないまま、8時半になって、近くのバーベキューに行って、僕のパヤオ二日目の夜も終わりました。

このムーガタ・レストランは、噴水をあげる小さな池に面して、なかなか雰囲気の良いお店でした。

ビールの大瓶を2本も飲んで、これはかなり、気持ちの良かった証です。

食べ切れないほどで、400バーツ以内でした。


phayaomugata2
右に、メルトモさんです。
手だけ見えてるのは、彼女のお母さん。

phayaomugata1
池に張り出した、一番奥のテーブルで食べました。

ムーガタですが、料理人の女性二人の腕が良くて、美味しい料理となったのでした。

そう、気持ちの良い、パヤオ訪問でした・・・。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
タイの大学
パヤオ大学???
たぶん、ピサヌロークにあるナレースワン大学のパヤオ・キャンパスのことではないでしょうか?

<タイ ビジネスコラム>からの転載です。

タイの大学の良し悪しについてはそれほど詳しくありませんが、多くのタイ人求職者を面接した観想により個人的な意見としてまとめました。

人間を出身大学でひとくくりに評価することは適切ではありませんが、目安として参考になるかと思います。

★チュラロンコン大学

タイで一番レベルが高い大学です。この大学の出身者は英語力も高く、頭が良いです。面接をしていても質問しようと思っている内容を先に話す求職者が多く、状況判断が的確で優秀です。

高学歴者は昇給のために転職が多いように思われがちですが、チュラ大卒の求職者の職歴を見る限り、頻繁な転職をしているわけではありません。

★タマサート大学

チュラロンコーン大学と並んでトップレベルの大学です。この大学出身の公務員が優遇されるのか、役人・官僚になる学生の多い大学です。語学力の平均レベルもトップレベルです。

弊社に登録する候補者が他の大学出身者に比べて少ないのでなんとも言えません。

★カセサート大学

この大学を含め上位3校と言われています。チュラロンコン大学卒に比べて「目から鼻に抜ける」といった頭の回転の速さが見られる求職者は少ないですが、優秀で実直な印象を受けます。

能力・定着性・気質など個人的な総合評価ではこの大学出身者が一番です。

★キンモングット工科大学

工学系の大学で日本の東京工大と言われていますが、レベルは東京工大に及ばずともタイでは屈指の工学系の大学かと思います。

ただ英語が出来る学生が上記の3大学に比べて少ないことと、「おたく系」な学生の率が多い印象があります。

★アサンプション大学

インターナショナル大学なので授業は国語を除けばすべて英語のようです。日本語学科では英語で日本語を教えるといったことをしているようです。

この大学出身者という時点で英語力がかなりあります。ただ本来の選考科目について英語で本当に理解しているかどうかは疑問に思います。

★地方有名国立大学

チェンマイ大学、ナレースワン大学(中北部ピサヌローク)、コンケン大学(東北部)、スラナリ大学(東北部コラート)、プリンスオブソンクラー(南部)が地方の有名国立大学です。

地方の工業団地のエンジニア・幹部クラスにこれらの大学の出身者が多く、優秀な地方出身者です。

★近郊の優秀な大学

シーナカリン大、ブラパ大、マヒドン大などが近郊の優秀な大学です。ここまでで列記した13大学については大学を卒業した時点でそこそこ優秀だと判断出来ます。(個人的な見解ですが)

人材紹介で企業に推薦するときも、良い大学の出身者ですと言ってます。

★ラムカムヘン大学

オープン大学と言われ、入試がありません。高校卒だと誰でも入学できます。働きながら週末や夜間に通う学生も多く、この大学の出身者は努力家だといえます。

本当にピンキリで、かなり優秀な候補者から会話が成立しづらい人までバラエティーに富んでいます。

またこの大学で日本語を副専攻にしている候補者の日本語レベルが高いので侮れません。

その他特徴のある大学

★タイ商工会議所大学

日本語学科が有名なのか、日本語を話す求職者の多くがこの大学の出身者です。ただチュラロンコン大学の日本語学科の学生が3年生在学中に日本語検定2級に合格するのに比べ、4年生でも日本語検定3級に合格しない候補者が多いのでレベルは高いとはいえませんが、そこそこのレベルでリーズナブルなの日本語通訳スタッフの最大供給大学です。

★バンコク大学

バンコクにいるお金持ちの子弟が多く通う大学です。校内には高級車で通う学生が多く、タイのお金持ちの子弟にありがちな「わがまま・自己中心」を面接で感じることが多いです。

ただお金持ちの子弟同士の交流や人脈を持ち、両親の経済基盤がしっかりしていて安心できる人材といったメリットがあります。

●ひとこと

有名大学出身だから優秀、それ以外は優秀でないという意味ではありません。

日本でも東京大学を始めとする有名大学出身者は頭が良いか努力家のどちらかもしくは両方であることに違いないように、タイでもある程度上位の大学出身者は優秀である目安です。

間違いなく断言できるのは、
「あなたはどこに住んでいますか?」 という面接での質問に 「家です」
と答えた求職者は上位13大学の出身者には一人もおらず、バンコク近辺の私立大学出身者に多いことです。

ついでに「あなたはどこで生まれましたか?(出身地を尋ねたつもり)」という質問については「病院です」と答えた有名大学出身者もほとんどいません。
2009/02/21(土) 13:21 | URL | 弥生 #qbIq4rIg[ 編集]
ナレースワン大学パラオ・キャンパス
弥生さん、追加の情報をありがとうございました。
ナレースワン大学だと思います。
地方の国立大学で、良い大学なのですね。
このパラオ・キャンパスは、まだ新しい街、という感じですが、いきいき活気があり、いかにも学生の街、というところです。
といっても、映画館などはなく(あのデパートという中にあるのかな?)、ちいさな集落、という感じは否めないですが・・・。
あとで、インターネットで検索してみると、1年単位で、日本語講師を募集したりしていました。
2009/02/21(土) 19:39 | URL | im8p #-[ 編集]
2004年に街から歩いて行けるくらいの所にLotusが出来たよ。パヤオ最大のデパートなんて間違った事を書かないように。
2011/02/06(日) 22:16 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/230-d579da2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。