きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日の記事で、これからウドンの街に夕食に出かけます、と書きました。

・・・・

ブログランキングのクリックを、記事を読む前に!とお願いしています。

なにしろ、拍手とランキングだけが楽しみなものですから・・・。

また、他の豊富なタイ関連ブログを楽しむことが出来ます!

では、お願いします。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援してください。読む前に、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
タイ・ブログランキング

本文です。


泊まったトップ・マンションの外へ出ると、7時をもう過ぎていました。

ここは、僕がファラン通りと名付けているソイ・サンパン・タミットです。

通りのレストランやバーには、ファランの数があっちにもこっちにも、です。

プラジャック通りに出て、ナイト・マーケットで食事することにします。

そこは、先回訪問したときに、メルトモに教えられて、一緒に食事したところです。



udonudbazaar
鉄道駅前のUD Bazaarというスペースです。
この向いが、ナイト・マーケットの屋台エリアとなります。

udonnightmarket
後ろに引いたショットです。右にバザール、左にナイトマーケットの屋台スペース。


udonnightmarket2
屋台テーブルの一部。
にぎわっています。

udonnightmarket3
いろいろ見て回りましたが、やはり自分ひとりでは、食べられそうなものが限定されます。
焼き鳥ふう焼き肉、いか焼き、焼き魚、から選んで、ビールでごまかそう、と思いました。
ふなのでかそうな焼き魚(イサーン料理の定番)の小さめのものが、120バーツ。
そこに出来ているのに、準備に5分くれ、と言います。
僕は、その焼かれた魚だけをお皿にもらって、どこか空いてるテーブルでビールのおつまみに魚を食べようとしたのです。
5分待ってくれ、という意味がわかりました。
写真のような、野菜や、ヌードルやの、一式セット料理なのでした。
僕の、物を知らないにも程がある、とわれながらあきれましたが、うれしい驚きではあります。
これで、ちゃんと夕食になるではありませんか。
120バーツ。安い。満足まんぞく。。。
向かうのテーブルに居た西洋人が一人で、ハイネケンを飲んでいます。
タイ人じゃあるまいし、外国人はシンビールを飲めよ、などと空元気もでて、僕はシンビールです。

udonnightmarket4
これが、屋台部分ではない、プラジャック通りのナイト・マーケットの全容です。
衣料品の小売ショップが沢山たくさん。

udonnightmarket5
角にセブン。僕は牛乳を買いました。

udonnightmarket6
ナイト・マーケットの前を通って、ホテルの方へ向かいます。

udonprajackroad1
左に一軒。

udonprajackroad2
右に一軒。生音楽演奏付きの、食事どころがあります。

udonprajackroad3
日本食屋、SUMOもオープンしていました。
これは、以前「KITARO」のあったところですが、規模は全く小さくなってしまったようです。
一度だけ「KITARO]に入ったことがあるのですが、こんな立派な構えの日本食屋がウドンにあるのか、と喜んだものだったのですが・・・。
訂正:この記述、間違っているようです。地球の歩き方のガイド・ブックには、KITAROという店がここにあることになっています。ところが、今朝、散歩でガリン・ホテルの方へ歩いていると、なんとKITAROがまだあるではありませんか!それも、僕が一度だけ入ったことのあるKITAROは、まさに、そこでした。
なつかしいので、入って、みましたが、11時過ぎ、客は一人もいません。
しょうゆラーメンを頼みました。しばらくしてから、しょうゆラーメンはできません、みそラーメンなら出来ます、という。なに、それって。みそラーメンの、昨日の残りがあるから、それを食べてよ、新しいしょうゆラーメンの出し汁をつくるのはいやなので、っていってるの~。
じゃ、食べないから、と言って出てきちゃいました。

udonprajackroad4
SUMOの前から、ロビンソンを眺めている様子です。
この右側のスペースに大きな建物がたち、景色が変わろうととしています。
どうなるのだろう。
これが完成すると、ウドンの面目ももっとあがるだろうと、思います。

udonprajackroad5
ちょっと視線をずらすと、そのプラジャック通りの場所には、屋台が出ています。
これらも無くなる風景になるのか・・・。

udonfarranroad1
ファラン通りに戻ると、Irish Clockでは西洋人が静かに楽しんでいます。

udonfarranroad2
華の「Day&Night」も今は、閑散としています。
タイ人のあつまるナイト・マーケットは不況を感じさせない賑わいだったのに。

udonfarranroad3
これが泊まっているトップ・マンション。
夜の写真で見にくいですが。
先回来たときに調査していたところです。
1泊、350バーツ。 インターネットは、Wifi無線が24時間100バーツ。1時間単位では、50バーツ。

udontopmansion
部屋の中です。こじんまりしていて、小冷蔵庫あり、エア・コン、温水シャワー、右に見えるクローセットは、鍵がかけられますので、簡易セキュリティはあります。
ベッドは固めで、問題なし。


なんだか、今まで、パヤオとかルーイに居たので、ウドンがやたら大きな街に見えます。

活気・活力が、違う。

程よい、大きさの街だなぁ、とまた思ってしまいます。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/235-4d9b19c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。