きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
真実は、常に厳しい、ものなんだよ。
だから、甘い考えは、捨てなさい

歯を食いしばって、がんばるんだ、
歩いてはいけない、前を向いて走れ、
他人より一歩でも速く、先に行け、走れ、走れ、
人生の真実は、厳しいんだから。

と、そう言って、育ってきたのではないですか?

周りに、そうあからさまに言う人間が、幸いにいない場合でも、
自分自身で、なぜかそう思うように、生きてきている。

学校で。
新聞、雑誌で。
TVで。

そんな話を沢山聞き、目にするから。

僕も、なんとなく、そんな風に感じていました。
真実は、厳しい。
それが、常識、だと。

それで、
真実は、常に優しい
という言葉を、目にした時、
驚きました。

誰の言葉、かって?
それは、どうでもいいことで、多分、昔から、多くの賢者が、こう言っているはずです。

目からうろこが落ちる、(魚でもないのに、目にうろこがあるかなぁ)
というか、
頭をガツンと殴られる、(これは、ちょっと過激すぎ)
というか、
脳みそが洗われる、
というか、
顔を冷たいタオルで拭いてもらう、
というか、
耳が2倍にふくらむ、

ような、新鮮な響きをもって、僕のこころを撃ちました。

そうなんだ、人生の真実は、優しいものなんだ。

そう、思う、ってことで、
救われるなぁ、
と感じました。

今、あるままで、
この努力が、成功しようが、失敗に帰してしまおうが、
それは、また、受容れられて、
それは、一歩前進することに、つながって、
いつか、優しい真実の実が、自分に訪れてくる、
そういう風に、
信じる力を、与えてくれる。

今まで、とても、難しいことかなぁ、僕に出来るかしら、
と思っていたことも、
真実は、厳しいぞ、という言葉の前では、
萎縮してしまっていたことも、
真実は、常に優しい、君の味方だ、
と言ってもらえれば、
なんとなく、やってみよう、やれるさ、やるんだ、
って、気になってくる。

今日も元気に、アイ・エム・ハッピー。
と言う、
気になってくる。
不思議。。。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/29-0199dcd3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。