きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MAYからのメールで、

二人で歩いているところを、大学の友達にも見られたみたいで・・・

ということを言ってきましたが、

まんざら嫌がっている風でもなく、安心しました。

そして、今度のMAYのバンコク訪問の、

最大のポイントは、

彼女の、初めての、バンコク訪問だ、ということです。

今まで、ウボンを離れて行ったことのある場所は、コーン・ケンだけ。

そんな彼女が、たった一人で、

しかも、年配の日本人の部屋に泊まりにくるのです。

ノーセックス、プロミス!!!???

ノーセックス、OK!!!

とは言っても、彼女と彼女の母親も気持ちとしては、ただ事ではありません。

MAYが最初はピュアーな自分だけの気持ちで、

一人で行く、

というニュアンスの発言をした後、

実際に母親の打ち明けたところ、母親も一緒に行かなければ、

と思い直し、言い直したことも、十分理解できます。

それを、再度こころを翻し、一人で来る、という。

これは、一言で言って、すごいことで、大胆で、勇気のいる、行動です。

僕が、その約束を守る決心をしたのは、当然です。


MAYの予定では、

日曜日の夜に発ち、月曜朝、6:30分にバンコク、モーチット・バス・ステーション到着。

僕は、モーチットまで迎えに行く、と伝えました。


当日、夜の7時ごろ、バスに乗った、という連絡。

あれ、朝の6:30着にしては、早い乗車で、11時間ほどかかる計算になる。

僕の場合はウボンからバンコクで、10時間半ほどかかったから、

彼女に実家のある町からは、そのぐらいなのかな、と思っていました。


ところが、夜の12時半ころに、今、ナコン・ラチャシーマー(コラート)に着いた、

という連絡がはいるではありませんか!

コラートからバンコクまでは、3時間から4時間の間です。

それだと、4時半ごろの到着となり、6時半ではありません。

迎えに行く立場上、時間を確認しなければなりません。

もし、4時半だとすると、僕もおちおち眠っている時間がなくなります。

MAYに到着時間を再度確認すると、

運転手に訊くと、5時半バンコク到着だといっているとの返事。

1時間の繰上げです。

じゃ、5時にはモーチットで待っているようにするから、

とメールを打って、浅い眠りをとり、目覚めたのが3時15分。

3時45分に、マンションの前で、タクシーを待ちますが、数は少ないし、この時間ですから、普段よりタクシー運転手への警戒感が高まります。

やって来たタクシーに、ラットプラオ通りを行って、モーチット・バス・ステーションまで、とはっきり伝えます。

この時間ですから、道路に車は少なく、非常なスピードでモーチットに着いたのが、4時15分。

深夜料金なのか、130バーツ。

今、モーチットに着いたよ、

とメールを送ると、これが送信エラー!

メール・サービス不可、というメッセージ。

これって、クレジット料金のチャージが必要って、こと!!!

いつも肝心なときに何かが起きる携帯電話だなぁ、と思いながら、

コンビに探してカードを買わなくちゃ、と慌ててると、

MAYからのメールを受信。(受信はOKなのです)

今、モーチットに着いた。人が沢山。

4時20分です。

知らされていた時間から、また1時間繰り上がっています。

電話をしましたが、もちろん通じません。

田舎からポッと出てきた娘が、バンコクのエロ事師に騙されて、売春宿に売り飛ばされる危険から、MAYを救い出せねばなりません!

あせっていると、またMAYからメール。

インフォーメーションの前で待っている。

ああ、これで安心、最小限、必要な連絡はつきました。

ここで、また僕の予想もつかない行動をMAYがとっていたら、と思うと冷や汗です。

インフォーメーションの場所を探して行くと、人混みを避けるように、MAYが立っていました。

僕の顔を発見したときの、彼女の顔に表れた満面の笑顔!

安心したのか、

暑い、人がいっぱい、疲れた、眠い、

と矢継ぎ早に話しかけてきます。

どこかで、朝食を食べるかと訊くと、いらない、早くゆっくりしたい、と言います。

そして、バンカピの僕の部屋に着いたのが5時半前。


シャワーを浴びて、着替えて、一眠りしなさい、と僕。

さっぱり服に着替えた彼女、眠ろうとするかと思うと、今は眠くない、と言い出しました。

こうして、長い、彼女との会話が始まりました。

初めてのバンコクはどう?などという雑談の多くありますが、

ここでは要点のみを書きます。


今日は、何をしたい、どこへ行きたい?

暑いから、どこへも行きたくない。

セントラル・ワールドとかプラトゥナムとか、一緒に行ってみようと思っていたんだけれど。

人の多いところ嫌い、あまり行きたくない。

となんだか、張り合いがありません。

ショッピングもしたくないの?

これには、堅く決心してきた言葉のように、

ゴールドを買って欲しい、

とすらりと出てきました。

おぉ、来たか、という思い。

二人が親密になれば、その証に、ゴールドを男が買う、ということは知っている。

ただ、今は、どれぐらいの段階で、どれぐらいのゴールドを買うのか、まだ分かっていない。

それより、まだ、二人は話し合って知るべきことがある。

私はお母さんとお父さんのことを考えている。

今回、一人でバンコクに来ることは、大変な決心だった。

その家族のことで、話し合わなくちゃ、と僕は思っている。

MAYの複雑な家庭を説明して欲しい。

?  複雑って?

シンプルな家庭じゃないと、思った。

ウボンに迎えにきてくれたのが、お母さんだよね、顔が似ているから、分かる。

そうよ。

実家の町で、2軒目に行った家で、紹介してくれた女性を、MAYは「私のお母さん」と言ったよね。

そう、言った。

MAYは二人のお母さんを持っている。

ということは、お父さんは、二人の妻をもっている、ということ?

オー、ノー、ノー!



2軒目の家は、お父さんの弟の家。

おじさん、ってこと?

そう。

何故、私のお母さん、と言ったの?

いつも親しくして、そう呼んでるのよ。

何故、レデー・ボーイを、私の弟、と呼んでいたの?

レデー・ボーイはおばさんの子供でしょ。

そうだけど、私のお母さんが彼が好きで、彼もうちのことなんでも手伝ってくれる、車を運転するとか、だから弟、と呼んでいるの。



じゃあ、MAYの家族は、お父さん、お母さん、MAY、12歳の妹。

叔父さんの家族が、叔父さん、おばさん、兄、レデー・ボーイ、8歳の妹。

そう。

なんだ、それじゃ、複雑じゃない。

MAYの、他の親類は居るの?

お父さんの兄弟姉妹が4人、コン・ケーンに居る。

お父さんは、仕事の関係で、こっちに来て、お母さんと結婚した。

お母さんの系統の親類は、こちらに居る。


こういう話を引き出すまで、なんと時間がかかったことか。

彼女は、いつもの日常生活をしているときと、まったく同じ頭の中での表現で、

土地柄も習慣も知らない、外国人に、自分の家族を紹介したのでした。

それが、どんな解釈を相手に与えるか、

まったく、想像も、気にかけることも、ないのです。

僕が、気をもんでいるのも、まったく理解しがたいようでした。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
タイ人の女性が初めてバンコクに行くのに一人だなんてことは、臆病なタイ人の性格上、
あり得ないことだと思います。
多分彼女は、一人で何度かバンコクに行った経験がありますね。
男性経験のない清楚な処女が、いきなり商売女みたいに「金を買ってください」なんて
どう間違っても、商売女以外絶対言わないですよ。
金を買うタイミングは親密な関係になり婚約が見えた時とか結納のときに限ります。
それ以外は、売春婦にお世話になったお礼をする時ぐらいです。
彼女の言うこと、全て鵜呑みにしているようにも感じられますが随所に男経験が豊富な
情況が観察されます。

>>インフォーメーションの前で待っている。

あの大きなモーチットについて、いきなりインフォーメーションで待てるというのは、
かなりのベテランです。

私がタイに嵌りはじめた時期と行動がソックリなので、人事とは思えずつい余計な
お世話を書き込んでしまいますが、彼女は男に掛けては「かなりの達人です」と言い
切ってよいと思います。
在タイ10年以上、多方面のタイ女性と付き合った経験からの話です。
彼女は例外だと言われれば、それまでですが。



2009/06/03(水) 18:32 | URL | お節介 #k4p9tOO6[ 編集]
おせっかい大歓迎です
お節介さん、
お節介大歓迎です。ふふふ。
ありがとうございました。
彼女のそばにアドバイザーがいたり、両親の思いを最大限に考えたりしていることが分かります。
モーチットのバス到着場所は、そんなに広くはなく、待ち合わとしては、誰もがインフォーメーションで、と言うと思いますよ。ほとんどの人が、そこで待ってます。
清楚な処女、というのは僕も信じていませんが、男にかけてはかなりの達人、というのも言いいすぎかもしれません、アドバイザーなどの影響でそう見えるかもしれないだけで・・・そんなに年齢、行ってないですから・・・まぁタイのことですから、年齢に関係なく「達人」にはなれるかもしれませんが・・・でも、風俗ではないことは確かです。
それも、わからないぞ、と言われるかもしれませんね、あはは。
2009/06/03(水) 19:01 | URL | im8p #-[ 編集]
とうとうプチ同棲ですね
↑お節介さん、なかなか厳しい所つきますね。
到着ターミナルの方は小さいので
インフォメーション前は簡単かもしれませんが、
徐々に話しが香ばしくなってきたのは
事実ですね。
でも何事にも例外があり、
またim8pさんの人柄から、大体の想像はつくような気がします。
ほんとコメントに困ります(笑)
私もブログをやっているのでわかりますが、
文章にするのって本当に難しいですよね。
一行で書いた事の裏には、彼女の表情や雰囲気など色々な裏付けがあります。
im8pさんの青春ストーリー、わくわくしながら拝見してますよ(^0^)/
さてさてとうとうバンコクにきちゃいましたね。
これからが楽しみで仕方ありません(*^0^*)
2009/06/03(水) 19:11 | URL | ウチャラポーン #-[ 編集]
私もちょっと書き過ぎたことを、ここで、お詫びいたします。

つい人事とは思えず強い口調で書いてしまいました。
私の失敗を繰り返すほど、あなたは愚かでないようなので、少し安心しました。

私は最初に、金を与えすぎ失敗しました。
相手にケチと思われながらも、ついてきてくれるようなタイ女性が理想ですが、タイの現実では難しいものです。
現在のヨメは少し理想に近いですが、う~~ん、やはりタイ人ですね。
理想の相手が見つかるよう応援します。
2009/06/03(水) 19:54 | URL | お節介 #k4p9tOO6[ 編集]
コメントの力
ウチャラポーンさん、
今日もコメントをありがとうござす。
ウチャラポーンさんは、毎日ブログを更新され、多くのコメントに返信を書き、そして次は僕のようなブログにまでコメントを書いてくださる、広いこころの持ち主さんです、そのパワーに感心すると同時に、感謝、してます。
コメントも集まると、かなりの力をそのブログに与えてくれると思います。
管理人の励みになる、というばかりでなく、読んでくれてる方も、コメントを楽しみにしてアクセスされることをあると思いますので。
ところでこの青春ストーリー、なかなかうまくいかないようで、四苦八苦。。。四苦八苦するのが、青春、なのでしょうが・・・。
続く。
2009/06/04(木) 09:02 | URL | im8p #-[ 編集]
ホロリ
お節介さん、
前にも言いましたが、お節介、大歓迎です。
でも、「人事とは思えず」というほど、親身になって書いてくださっていたんだと知って、ホロリとしました。
感謝しています。
なかなか難しいことばかりに出会っていますが、多くの人々がたどった道を(それらの方々のご意見をちょうだいしながら)自分もまた、とぼとぼと歩いている、それで良いとも思っています。
婚活、始まったばかりです。
2009/06/04(木) 09:11 | URL | im8p #-[ 編集]
よかったです!
不安で緊張しながら読み始めました。
会えたところで、ホットしました。「よかったよかった!」
「渡る世間は鬼ばかり」のように、次から次へと展開していくんですね。
タイってスゴイ!
コメントを書かれている諸先輩方々のお話も役に立ちます。
2009/06/04(木) 09:49 | URL | カメちゃん #-[ 編集]
質問
毎回楽しく読まさせてもらっております。ここで疑問に思ったことがあるのですが。質問してもいいですか?彼女のどこに惹かれておられるのかがわからないのですが、やはり容姿ですか?性格ですか?

2009/06/04(木) 22:36 | URL | F #-[ 編集]
コメント
カメちゃん、
先人達のコメント、いろんな思いが込められていて、大変ためになりますね。
なんのかんのといっても、みなさん、タイに惹かれてやってこられているので・・・。
僕の記述さけでなく、コメントも十分お楽しみください。
2009/06/05(金) 12:15 | URL | im8p #-[ 編集]
疑問
Fさん、
沢山のことを省いて記述しているので、読まれている方には、さまざまな疑問が沸いてくると思います。
でも、それにすべて答えたいとは思いません。
プロファイルを読んで(写真もみて)興味を抱いた、会って、もっと話したいと思っている、そういうことは記述で読めると思いますが、それ以上に知りたい、と気になりますか?
だれでも、容姿だけは好きだ、性格だけは好きだ、みたいにはならないと思いますが・・・。
2009/06/05(金) 12:24 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/290-8965d77b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。