きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
バンカピのマンションの部屋から、セリタイ団地通りを見ていると、

なにやら今日は、活気付いています。

木曜日、恒例のナイト・マーケットの日なのです。

これで何度目のマーケットの夜か、数えてみると、

ここに引っ越して、もう一ヶ月がたったことになるんです。

恋人とマーケットのの夜店をからかいながら、

屋台で夕食を食べ、

夜が更けるまで飲んで、

帰る、

そんな日が早く来ることを望んでいるんですが・・・。

なかなか、実現しそうにないまま、

今日はアソークのタイムズ・スクエアまで出かけ、

日本帰国のチケットを購入して来ました。




破局は、実に簡単にやってきました。


MAYの実際の家族構成は、子供二人で、ごく普通であり、

親類がコン・ケーンに多いことは、ウボン近くに住むことが厭な場合、

選択肢が多くなって、良いことだと思いました。

彼女も、大学を卒業するまではウボンに居るが、結婚後は、どこに住んでも構わない、と言います。

タイでは、親と将来一緒に住むのは、妹の方、と聞いたこともあり、うなずけます。

これで、僕の、もっとも大きな疑問符で包まれていた複雑な家族の問題は、解消したわけですが、

なぜこんなことを知るのに、こんなにも時間と労力を要するのか、疲れてしまうなぁ、

という思いも強くなります。

彼女のコン・ケーンの親類、また母親系のウボンの親類、それらの家族との付き合い、まぁ、今はイメージくらいでいいわけですが、とても彼女から聞ける様子ではありません。

どんなことをしている親類が居るのか、多くは農家なのか、付き合いは頻繁なのか、などなど・・・。

ウボンの実家を訪れたときもそうでしたが、

自分から、町のことを僕に教えよう、知ってもらおう、見せてあげよう、

そういう気持ちがまったくなくて、

いつまでも、リビングで、TVを見、取りとめのない会話をしているだけなのでした。


話が一段落したので、もう2時にも近いし、

ランチでも食べに、モール・バンカピに行ってみよう、

と言いますと、

暑いから嫌、

とまた同じことを言います。

お腹が空いたし、何か食べないといけないから、じゃ、前の団地通りに行ってみよう、

とにかく、ちょっと外に出よう。

僕としては、団地通りの屋台食堂で、

軽いタイ料理を一緒に食べて、教えて欲しい、

そういう気持ちがあります。

そうやって、思い出を作り、僕のタイ生活も豊かになっていく、

そういう願いです。

ところが、これにも、

MAYはお腹が空いていないから、外には出たくない、

という返事。

彼女は、朝から、なにも食べていません。

僕は、モーチットへの出掛けにパンと牛乳、

部屋のもどって果物を少し食べていますが、それでも、空腹です。

僕が、お腹が空いた、と言っても、僕の気持ちを考えて、行動しよう、という気があまりない。

親に、大事にされすぎて、わがままなのか・・・。

とにかく、もう少し、夕方近くになれば、いくらなんでも外に出て、食事をしたくなるだろう。。。

じゃ、本当に、少し眠るといいよ、

と言って、彼女を寝室でひとりになります。


3、40分ほどすると、彼女が寝室から出てきます。

眠れたの?

少し、だけ。

少し、でも眠れたんだね?

うん、、、。ねぇ、GOLDを買ってくれると約束して。

GOLD?

だから、どんな時期にどんなGOLDを買ってあげるものか、まだ分かってないから、急に言われても、困るなぁ。
まだ、そんな関係じゃ、ないと思うけれどねぇ。

なんでもいいのよ。

僕は、一人で、初めてのバンコクに来た、というそのことに重要さを認めていたので、何か記念に買ってあげることは、考えていました。

GOLDと言っても、リングとか、腕輪とか、ネックレス、とかあるでしょ。
何が欲しいの?

ネックレス。

それじゃ、何か探してみよう。

ネックレスが一番重量がありそうなもののようにも思えましたが、

細い金の鎖もあるだろう、

という気持ちで、そう言いました。

そう言うと、MAYの顔が、大任を果たした、というか、安心した、というか、

喜びの表情に一変しました。

彼女がウドンを出るときに、親から必ずGOLDをもらってくるようにと、

至上命令でも受けていたのでしょう。。。?


もう3時も過ぎたし、気分も良くなっただろうから、

食事に出ないか?

とまた訊いて見ます。

いや、MAYは食べたくない。あまり太らないように、食べないの。

ウボンの時から、本当に食べない子だ、と思っていました。

それじゃ、これから、どうするの?

せっかくバンコクに来て、どこにも出ないで。。。

今から、明日帰るまで、どんなことしようと、考えてるの?

すると、

明日の朝、ショッピングする。

そして、午後1時のバスで、ウボンに帰る。

なんと、そう言うのです。


実は、金曜日には、バンコクに来ることを決め、旅費も送ったのですが、

実際には月曜日に来ることになりました。

そのときに、何故土曜、日曜、月曜、と来ないのか、問いただしたのですが、

日曜は学校に行くから、

ということで、月曜早朝に到着の予定で、帰りは、火曜日の夕方遅く、ということに決着していたのです。

たった一泊で、短すぎる滞在ですが、それでも会いたい、とMAYが言っている、という風に解釈してあげていました。

少しでも時間を共有し、僕にも彼女のことを分かってもらいたいし、彼女も僕のことを知りたいのだろう。

他に目的があったとしても、少しはこの思いがあるだろう・・・と。

ところが、火曜日の夕方遅く帰る、という約束は、すでに変更されて、

昼の1時にバンコク出発したい、と言う。

朝のショッピングで(GOLD買ってもらい)、それでその足でモーチットに向かい、

そそくさと帰りたい、

と言っているのです。

どうして、こんな幼稚な行動をとろうとするのでしょう。

その思惑が、見え見え、ばればれの、こんな話をすれば、

男は、はい、さようなら、おつかれさまでした。

と言うのが、わからないほど、単純なのか、

男を見くびっている誰かの入れ知恵なのか・・・。


僕は、

それはないよ、また約束が違うじゃないか。

今回は短い訪問になるから、来る時間、帰る時間は、最初から重要なことで、

なんども、何度も、確認したでしょ。

それを聞いたうえで、こっちは、あれもしよう、これもしよう、と一所懸命考えていたんだよ。

せっかくのバンコク訪問なんだから、僕が日本に帰るまでもう会えないかもしれないし・・・。

それを、簡単に忘れて、明日1時に帰る、

GOLDショッピングの他はなにもしたくない、

それじゃ、あまりにセルフィッシュだと思わないかい?

それだけ、言いました。


この時間のことだけでなく、さまざまなことを自分から説明しようとしない、

相手の気持ちを察して行動してあげようと思わない、

そういうことも頭をかすめての、セルフィッシュ、という言葉です。


すると、突然、彼女が切れました。

じゃ、もう、今から、帰る!

これも誰かに教わったのか、そう言えば、男は引き止める、と思っているのか。

僕は、朝からの、さまざまな話し合いで、疲れ果てはじめてきていたので、

まぁ、帰っちゃえば?

という気になっていました。

MAYが、あたふた、バッグに荷物をいれ、バス・ルームで顔を整えて、部屋から出て行くときも、なにも言いませんでした。

初めてのバンコク、と言っているので、ちょっと危険かな、とは思いましたが、

レデー・ボーイと連絡とるかもしれないし、

なんと言っても、タイ人なんだし、大学生なんだから、

心配するには及ばない、

と判断して、放っておきました。

それでも、途中から、もどってくるかな、という気持ちは少し残っていたのは、

僕もまだ、甘い、ということでしょうか。

やがて、携帯メールで

今モーチットに着いた。これからチケットを買う。

というメッセージが入りました。

ここで、引きとめがあるか、と思ったのか、どうか。

モーチットに居る、と言うので安心した、気をつけて帰りなさい。

とだけ、返信しました。

朝の4時半にバンコクに到着し、

夕方4時半にバンコクを出発する、

なんとも短い、バンコクのデートでした。


30分ほどして、

もうあなたとは連絡しない。

あなたのことは忘れます。

という短く、強い、メッセージが、

僕に送られてきたのでした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
いつも興味深く読ませていただいています。
私は54歳。同年代として実に羨ましく、そして考えさせられるブログです。
お体に気をつけてお過ごし下さい。
これからも読ませていただきます。
2009/06/05(金) 15:17 | URL | ドラ #-[ 編集]
コレで終わるはずがない?!
彼女の行動に理由をつけるとなれば、
色んな理由をつける事ができます。
誰かの入れ知恵かもしれませんし、
田舎の家族や友人への見栄でゴールドがほしかったのか。
もしくは本当にそういうものだと思い込んでいるのか。
少なくとも言えるのは、彼女のとっている行動は
タイ人同士の普通の恋愛ではありえない事です。
あるとすれば家の為に身を差し出す女性のそれでしょうか。
少し偏見まじっているかもしれませんが、
彼女にはim8pさんは上等すぎます。
放っておいて、おそらくまた連絡がくるかもしれませんが、
今回放っておいたのは正解だと思います。
もっともっと良い恋愛が待ってますよ(^0^)//
これからのMAYちゃんの巻き返しにも期待せずにはいられませんが(笑)
2009/06/05(金) 20:42 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
今日は安心して眠れます
正直なところ、「あ~、罠に嵌らないでよかった」と胸を撫で下ろしています。

ヨメにも金の件を聞いてみましたが、やはりタイの常識からも少し外れているようです。
金はタイ人にとって特別な意味合いがあり、上げるほう、貰う方、プレゼントするときは、それなりの覚悟が必要らしいです。
それから彼女の性格ですが、「これが典型的なタイ女性」という思いが強くします。
うちのヨメも似ている所も多く、折角遊びに行ったのに、歩くのは疲れる、どうせ行っても面白くないと、
何しに行ったか分からなくなることも多いです。
その癖、日本人から見れば、実にくだらない連続テレビドラマばかりを見たがります。
この傾向は、多くのタイ女性が持っているようですから、その他の性格に、何かキラリと光るものがないと、一緒にいてもまず続きません。
今回は仕切りなおしということになりますが、次回に期待します。
ひと事みたいな感想ですいません。

2009/06/05(金) 21:28 | URL | お節介 #9CO3W8zk[ 編集]
いつも拝見しています、
だいたい結婚なんて無理ですよ、
年の違い、文化の違い、相手は金が目当てですよ、誰が俺らの年代に惹かれますか?それを言ったら・・・これからもロマンを見つけて下さい
2009/06/05(金) 21:34 | URL | 団塊のオヤジ #-[ 編集]
闇の子供たち・・を読んで気が滅入りました。貴方のような方が現れるのを、あと10年待っていたら、9~10歳で死ぬ事は無かったと思いました。
田舎の若い女性を相手にする事は、援助交際にとどまる事はできませんか?
最高の70歳として生きる。ことが目的とコメントされていましたが、相手の人が30歳になった時その方は 最高の気持ちになれるのでしょうか?
容姿体力とも衰えた時に、そこには破局が・・と思うのは私だけでしょうか?
勝手にブログを読んで、このようなコメントお許しください。
年相応の方とお幸せになられる事を祈っています。
2009/06/06(土) 10:48 | URL | h #KZ.MiT.M[ 編集]
食事をしたがらない理由
若いタイ女性が、空腹にも拘わらず、部屋から出たがらない理由は、年齢不相応の外国人男性と一緒に外に出て、タイ人からジロジロ見られるのが嫌だからです。
20代前半のタイ女性には良く見られる現象です。
それなら、部屋の中にいて冷蔵庫の中のものでも食べたらいいのに、と思いますが、食べてしまうと、「空腹ではない」という当初の説明が崩れてしまうので我慢しているわけです。

年齢相応のタイ女性と交際・結婚するのは容易ですが、管理人様のライフワークは、あくまで、ヤングレディとの交際・結婚ですから、成就するまでご健闘お祈り申し上げます。
2009/06/06(土) 12:15 | URL | 水無月 #qbIq4rIg[ 編集]
遠慮は無用だと思います。
タイでの嫁さん探しに、日本の常識はあまり通じないと思います。
何しろ相手は、生まれも育ちも異次元の生物です。
この未知の生物を相手に、日本古来の正攻法で挑んだら即玉砕だと思
います。

これまでのお相手はMAYさんを始め、男性の希望年齢をを60歳
以上に指定されていると思います。
相手が65歳でも良いと言うんですから、50代だったら、何も遠慮すること
はありません。
何故20歳前後の娘が、65歳でも伴侶として否定しないかは、お国柄
や習慣、風土の違いがあり、お金目的だから悪いこととだと決め付けるわけ
には行きません。

ある程度の常識と、相手への思いやり、そして、お金さえあれば、歳の差は
努力しだいで克服できると思います。
私の周りにも50歳の歳の差を頂点に、30歳、40歳はザラです。
30歳以上の歳の差カップルを6組ほど知っていますが、ここ10年で破綻
した例はなく、かえって20代のカップルの方が金銭的な問題を起こしています。
ここは異国のタイです、日本の常識や一般的な道徳観に囚われることなく
自分の思い通りに生きてください。

尚タイ女性なんですが、文中にもあるとおり、相手の気持ちを読み取り
行動することは、殆どの女性は欠落していると思います。
これがあれば、うちの嫁さんも世界一なんですけど、なんちゃって。

2009/06/06(土) 16:19 | URL | お節介 #9CO3W8zk[ 編集]
悲しい結末に「拍手」はできませんでした・・・「ウウウっ(泣)」
これも、タイなんですね。
2009/06/07(日) 09:04 | URL | カメちゃん #-[ 編集]
これからですね
ドラさん、
いつも読んで頂いて、ありがとうございます。
54歳、いよいよ、これからですね。
2009/06/07(日) 19:40 | URL | im8p #-[ 編集]
コレでは終わらない?
ウチャラポーンさんの読みに、脱帽!
今回は、正解だった、と言っていただいて、うれしいです。
ただ、MAYちゃん、なかなか、です。

「そして、MAYがウボンに到着したであろうと思う朝が明けると、ケ携帯メールの着信を告げるポーンという音が、鳴ったのでした。。。」

という出だしで、第3部を始める予定でしたが、ストーリーが長くなりすぎましたので、ここで休憩としました。
2009/06/07(日) 19:50 | URL | im8p #-[ 編集]
典型的なタイ人女性
お節介さん、
温かな応援ありがとうございます。
タイ女性には、そういうところが共通にあるんですね。。。
お節介さんのオヨメさんには、他に沢山キラリとしたものがあるので、続いているんですね。
また、心配でゆっくり眠れない、ことになるやもしれませんが、見守っていただければ幸いです。
僕が、結婚できるようになったら、一度お会いしに行って、その後のアドバイスを受けようかな。。。
その日が、早くくれば良いのですが。
ありがとうございました。
2009/06/08(月) 01:14 | URL | im8p #-[ 編集]
ロマン
団塊のオヤジさん、
無理だと思うことを、やってみようとするところにロマンがあるのかもいしれません。
団塊のオヤジさんは、もうロマンから引退ですか?
お互い、これからじゃ、ないでしょうか?
2009/06/08(月) 01:20 | URL | im8p #-[ 編集]
勝手な返信
hさん、
コメントの返信をするのが、難しいと感じます。

闇の子供たち・・・僕は読んでいませんが、臓器売買の犠牲になる子供たち、のことだと思います。その関係で、なぜ「貴方のような方が現れるのを、あと10年待っていたら」なのかが、よく読み取れません。
子供たちを臓器売買の犠牲にする人間たちを憎みますが、それと「僕がいましていること」が何かの関係があるのかどうか、よく分からないのです。

>田舎の若い女性を相手にする事は、援助交際にとどまる事はできませんか?
これが、上の犠牲になる子供たちを救う、なにかになるとおかんがえなのでしょうか?
または、まったく違うことを、この文章で言っているのでしょうか?
援助交際=セックスをする代わりにお金をあげる、結婚なんか考えない、お遊び。
これをした方が、良いと、お勧めなんですか?

>相手の人が30歳になった時その方は 最高の気持ちになれるのでしょうか?
容姿体力とも衰えた時に、そこには破局が・・と思うのは私だけでしょうか。

僕が70歳を、最高の人生の時、として生きられたら、相手も幸せに思うだろう、と信じていますが。相手も含めて、最高の時、と思いたいからです。
容姿体力が衰えたときに破局が来る・・・容姿体力で、結婚した場合はそうでしょう・・・。
ちょっと日本的な、ステレオ・タイプな考えが強すぎるのではないでしょうか。。。
人それぞれ、です。
ここは、タイです。
文化も、歴史も、人の考えも、習慣も、違うのですから、日本的な考えは通じない、それを今、一所懸命学んでいるところです。
2009/06/08(月) 01:46 | URL | im8p #-[ 編集]
食事をしたがらないのは、ダイエット。
申し訳ないのですが、食事をしたがらないのは、単純にダイエットのためだと思います・・・。
年齢不相応の男性と、手を組んで、笑顔で、デパートやモールでショッピング、するのですから。
もちろん多くのタイ人からジロジロ見られます・・・。
(実際彼女はウボンにいた時も、朝は外で一緒、午後は彼女の家、という時間の中で、僕は空腹でなにかを食べたがってても、彼女はほとんど、食べませんでした・・・)
ダイエットは、まさに「20代前半のタイ女性には良く見られる現象です」。

部屋に居て、食べてしまえば「空腹ではない」という当初に説明が崩れてしまうので、我慢しているわけです。と聞けば、もっともらしいのですが、本当でしょうか?日本人の考え方、じゃないですか?僕の、学んでいるところによれば、タイ女性は、こんな「論理的」な考えで行動はしない、というものです。当初の説明が崩れようがどうであろうが、理屈に合わない言い訳をして、
そのときの感情に合った行動をする、食べたければ食べる、というものなんですが・・・。
違ってますか?

管理人の今の目標は、相性の良いタイ女性と結婚したい、ということです。
ライフ・ワークはあくまでヤング・レディとの交際・結婚、と言ったことも、書いたこともないのですが・・・。
健闘を祈っていただくのは、うれしいのですが、なにか視線が、ちょっと冷たい。。。
あはは、せっかくコメントくださったのに、ごめんなさい。
ところで水無川さんは、タイ人女性と結婚されているんですか?
今後もよろしくお願いします。
2009/06/08(月) 02:14 | URL | im8p #-[ 編集]
親身なる助言
お節介さん、
ユーモアを込めながら、貴重なアドバイスをありがとうございます!
大変、ちから付けられました。

これからは、あまり後悔する時間も無いので(笑い)、思った通りに生きて行きたいと思っております。

「親身になって」、という言葉、先日のお節介さんのコメントをいただいたときにも感じたのですが、
意味は、「親しく、相手の身になって」という言葉、なんですが(僕もしういう意味で解釈していました)、
良く字をみると、その人の「親」の「身」になって、とも読めるんですね。
なんだか、感銘してしまいました。
2009/06/08(月) 02:32 | URL | im8p #-[ 編集]
「ウウウっ(泣)」
カメちゃん、
こちらをも、泣かせないでください。
(実は、まだ、続きがあるんです・・・)
いつも読んでくださって、感謝しています。
2009/06/08(月) 02:35 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/291-c5a00381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。