きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前にも書いていますが、マンションから正面足下にみえるセリタイ団地通りでは、木曜日にナイト・マーケットが開かれます。

バンカピに引越して、最初に描いてみた希望は、

同棲するほどの中のタイ女性と出会い、

二人でこのナイト・マーケットを楽しみたい、

というものでした。

それからというもの、なんと木曜日のやってくることが早いことか・・・。

なんの進展もみないままに、もう一週間が過ぎ、また木曜日。

そして、夜ともなれば、煌々と輝くマーケットの明かりと、あやしげなタイ音楽の音色に、

僕のさびしさと、

タイ女性に巡り合えないはかなさが、

ますますに、つのるのです。。。


なんとか、しなきゃ。

と言って、誰でも良いと、こればかりは言えないので。

ここは、がまん、がまん、

なのでしょうか。


先週の金曜日にチャットしました。

タイ女性N : Is Japan beautiful?    (日本は美しい?)

僕B : I think so. (そう、思う)

N: Please tell me more. (もっと話して)

B: Japan has four seasons, clearly distingushed.

         (日本にははっきり違う4つの季節がある)

N: So. (それで)

B: Each season has different beautiful flowers and festivals.

         (それぞれの四季には、それぞれの美しい花とお祭りがある)

Japan is very rich of mountains, rivers, trees, beaches,,with all flowers.

         (日本では山と川と緑と海がお花で一杯なんです)

N: I like folwers very much.  (わたし、お花、大好き)


ここで、何故か僕は、大分前に読んだ武田泰淳の「富士日記」の一文を思い出します。

「なぜサクラ、その他の花が、地球上に存在するのかということは、なぜ人間が地球上に棲息しているのかというぐらい、ふしぎなことである」(昭和45年5月八日)


B: Why are all flowers in the world so beautiful?.....Nobody knows.

(世界中の花、どうして美しいんだろうね、、、誰もそのわけを知らない。

N: Flowers are beautiful.  (お花は美しいわ)

B: Maybe flowers are Smiles of GOD for the world.. (きっと神様の微笑み、なんだね)


相手が、クリスチャンであることを知っていて、そう言ってみました。

これが、痛く相手を感心させて、

あなたの言うことは面白い、

ということになり、

今度の土曜日にデートすることになっています。

ドンムアンからバンカピまで来てくれることになりました。


実は、この土曜日は、

アユタヤの、ある女性ペンパルの誕生日であり、

彼女のアパートの前まで、来てくれないか、

と言われているデートがあったのです。

コラートから移ったばかりで、自分もアユタヤを良く知らないので、

とにかくアパートまで来て、それからどこかへ出かけましょう。

彼女は英語が出来なくて、誰か友達に翻訳してもらっては、メールのやり取りをしていました。

誕生日に、会う、ということは、他には男友達は居ない、ということで、

こころ動くものもあったのですが。。。


お花の彼女とのデートを選ぶことにしました。

こういう風に始まった出会い、

うまくいかないかなぁ。。。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
バラ
花はやっぱりさくらが一番ですね。
学生時代によく加茂川で、彼女と二人、寝そべりました。
あとは菊がと菜の花が好きですね。
どちらもおひたしは最高です(笑)。
花の話題でつながった出会い。
初対面の日は、赤いバラを準備しましょう。
タイ人は赤いバラは愛している人に送るものと
信じていたりするんですよ(^0^)//
2009/06/19(金) 01:33 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
同棲トラウマ
同棲って、憧れる一面も多いんですけど、結構シリアスで戦場みたいなきびしい
一面もありますね。
私の場合は、前半天国、後半地獄でした。
交際時代と違い、見たくもない一面も見なくてはなりません。
正直に言えば、もうコリゴリ、でも相手によっては、永遠に天国にいるような気分
を味わえるかも知れませんね。
ぜひ、そういう女性を見つけてください。
私のトラウマになっている先入観も変わるかも知れませんので。
2009/06/20(土) 13:17 | URL | お節介 #9CO3W8zk[ 編集]
赤いバラ
ウチャラポーンさん、
やはり、花は桜、で決まりですね、もっとも日本的な花だと思います。
青春時代の加茂川のさくらが、むせかえるように感じられます、、、昔からロマンいっぱいだったんですね。。。
バラのアドバイス、ありがとうございました。
僕は変人ではないので、素直に実行させていただきました。
今日のブログに書かせてもらいました。
素直に実行するから、変人といわれるのかなぁ・・・(^O^)
2009/06/20(土) 20:55 | URL | im8p #-[ 編集]
天国と地獄
お節介さん、
お話、心に沁みてきます。
交際、同棲、そして結婚、ということになるのか(そういうプロセスを望んでいます・・・)、交際そして結婚、ということになるか、相手次第でわかりませんが、
同棲の時が一番難しいのかもしれないですね。
天国の思いのまま、次のステップの結婚へ進めることを、願っていますが、なかなか・・・なのでしょうね。
2009/06/20(土) 21:07 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/298-facae39a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。