きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
外から帰って、汗をかいているとき、ああシャワーでいいや、と思うようになれば、

もうそろそろタイが恋しくなっているのかもしれません。

日本に帰国当時は、なにがあっても、日本のお風呂にはいりたい、

そして一日になんども入っていたのに・・・。


最後の週である今週は特に忙しかった。

まずは、火曜日に、年金受給申請。

誕生日の2ヵ月ほど前に、社会保険庁から「年金請求書」と手続きの案内が送られてきます。

60歳になると、「特別支給の老齢厚生年金」を受け取る<権利>が発生するだけで、

請求しないと、自動的には年金支給が始まる、わけではありません。

その「請求」も誕生日前には、受け付けてくれず、必ず誕生日後、となります。

「年金請求書」に書く内容は、たいして複雑ではありませんが、

年金手帳、雇用保険証書、銀行の通帳、のコピーが必要となります。

受付は、郵送か保険庁窓口持参、で提出します。

郵送で、必要書類不備、とか書き方間違い、などでやり直しは、僕の場合許されないので、

窓口持参で提出しました。

案の定、雇用保険と銀行通帳のコピーの不備で、出直し、となりました。。。


「年金請求書」と書きましたが、正確には「年金の裁定請求書」なのです。

これから「裁定」を受けるのだそうです。。。

いままで、年金特別便などで、僕が年金受給資格者であり、過去の年金関連のすべてのデータが、保険庁にあり、その記録に間違いありませんかと平身低頭でなんども問い合わせがあったり、したあげく、

いまから、「裁定」して、<受給権(年金を受け取る権利)>を確認してから「年金証書・年金裁定通知書」が送られてくる。

それはには、1~2ヵ月後の発送になる、とのこと。

なにいってんだか。

こちらが、請求しなくても、<受給権>があることは明白ではないか。。。

それぞれの、誕生日に、請求しなくとも、<年金裁定通知書>が自動的に送られ、

こちらは、それに対して、振込み希望する銀行口座の連絡とか、なにがしかの確認とか、するだけで済む、

という風にならないのは、何故なんだ、と思う。

しかも、実際の年金の支払いは、年金裁定通知書が届いてからさらに、1~2ヵ月あと、という。

最悪、誕生月から4か月あとに、ようやく支給が始まる。

なにか、変。


僕の場合、企業年金を早期退職したときから、もらい始めましたが、

それは、退職した翌月から、支給が開始されました。

もちろん、請求申請などなにもなく、ほぼ自動的に、です。

実に、お役人というのは、余分な仕事を作るのがうまいものだ、

という気がします。


もう一つの作業が、車検です。

今日、終えました。

2年に一度の車検。

今回は、僕がロングステイを考え始めて、アジアに出てきているので、

日本で車を乗り回すことが少なく、

2年間の走行距離が、たった1000KM。

これから先2年間も、あまり日本では使わないので、メンテナンスは最低レベルで良いことにして、

総費用(登録税など含んで)が12万円で済ませました。

自動車税と合わせると、一年間で10万円の、「車を維持する」費用です。

ロングスティするのだから、

日本で車は要らないのではないか、

ということも考えます。

僕の場合は、スクーターで近所の移動は済んでしまいますので、

たしかに、無駄、のような気もしますが、

一年間、たとえそれが3か月の日本滞在であっても、

僕のような郊外住まいの身にとっては、

やはり車はあった方が、楽しいことがあるような、自由度があるような、

そのための、一年10万円なら、

しかたがないなぁ、

という思いです。


さて、あとは明日。

こまごましたこと、たくさんあります。

垣根の枝払いも、出来るところまで、で中断のまま、出発です。。。


日本には、3週間強、居たことになります。

その間、タイ・ラブリンクスを通して、メールの交換をした相手が、

なんと、20人程になります。

(忙しかったのは、このためです・・・?)

もちろん、1度のメールのやり取りで終わったケースも入れての人数ですが。

3週間も間を持つと、やりとりが希薄になったりで、だんだん、絞られてきます。

そして、やっと、一人の人に、空港まで迎えに来てくれますか、

とお願いするまでになり、

どうやら、

OKよ、

ということになっています。

さて、どうなることやら・・・。

到着初日から、緊張します。


バンカピ生活、第2章、

の始まりです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング




わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
早々に第2章始まりですね。
やはり日本は維持費が高いですね、車。
タイだと安く見積もれば2万円弱でしょうか。
任意にはいらなければ1万程です。

とうとう第2章の始まりですね。
しかもさすがim8pさん、空港お迎えまで
すでに手はずをうっておられるのですね。
これは到着早々楽しみですね。
(^0^)//
2009/07/24(金) 00:58 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/07/24(金) 08:07 | | #[ 編集]
タイでの車
ウチャラポーンさん、
タイでの車は、購入するときは高いですが、維持費は安いんですね。手放す時も、日本で考えるよりは高額で買い手が見つかる、とか。。。
いつか、自分もタイで車を持つことになるでしょうか。
多分、タイの田舎に住むようになったら、必要になるだろうとは、思っています。。。
生活が大幅に変わっていくだろう、ことが付随してありますので。。。

いよいよ、ウチャラポーンさんが名付けた第二章、マイ・ペースで頑張ってみます。
2009/07/24(金) 08:44 | URL | im8p #-[ 編集]
楽しんできてください
いつも拝見しております。
第二の人生を異国で楽しんでくださいね。
読書家で理知深い方なのに、女性のことになると、中学生のような感性になられるそのアンバランスさが興味深いですね。
本音で生きていかれる姿に共感を覚えます。
タイの伴侶探しが上手く行くことを祈ってます。
健康に気をつけて行ってらっしゃい。
2009/07/24(金) 08:52 | URL | ドラ #-[ 編集]
立ち入った事お聞きしたいのですが、年金は全額出ないと思いますが・・
半分くらい?3分の2くらいの支給になるのでしょうか?
2009/07/24(金) 09:50 | URL | #KZ.MiT.M[ 編集]
タイでの伴侶探し
ドラさん、
温かなコメントありがとうございます。
女性のことになると、中学生のような感性になる、ということは、「ホメラレタ」のだと勝ってに解釈しています。(^O^)
どうなることやら、ですが、あきらめず、あせらず、進んでみます。
2009/07/24(金) 13:11 | URL | im8p #-[ 編集]
年金の全額とは?
名無しさん、
年金は全額出ない、半分?3分の2くらい?
という疑問のよりどころが分からないのですが・・・。全額、とはなんでしょうか?
私の場合、「ねんきん定期便」で、60歳、および65歳で、受けとる「見込み額」がすでに知らされています。その見込み額は「全額」受け取れるものと、思っております。(もちろん多少の計算調整はあったとしても、半分とか、ではなく)
なお、60歳で受け取る年金は、厚生年金(報酬比例部分)の分だけです。
65歳で受け取る基礎年金も足した分を「全体」とするならば、私の場合は、70%を受け取ることになります。
なにか、ご質問と回答が、ずれているような気がしますが・・・。
2009/07/24(金) 13:24 | URL | im8p #-[ 編集]
勿論けなしてませんよ
中学生のような純真無知な恋に落ちてしまう。。。。
今の中学生はそんなこと無いかもしれませんが(笑)

バンコクに着かれましたか?
楽しんでください。


2009/07/25(土) 07:32 | URL | ドラ #-[ 編集]
自動車の効用
タイ現地生産車で、最も売れている、TOYOTAのVIOS、HONDAのCITY、JAZZはいずれも1500CC、価格は50万~60万Bですから、日本と比べても割高感はありません。
維持費も、自動車税・車検費用は安いです。
保険は強制部分は安いですが、車体保険などフルで掛けると2.5万B前後になります。
ガソリン価格は、最近また上昇傾向で、ガソホール91(バイオ燃料入り)がリッター30B程度します。
バンコク郊外に住み、ゴルフ場へ頻繁に出かけるなら、車があれば便利でしょう。
しかし、バンコクではメータータクシー料金が安いので、経済的にはタクシー利用がベターですが。
タイでは、中古車価格が高いので(自動車台数の増加につれて将来的には下落しそうですが)、資産価値が維持されます。

タイでは、「見た目が大事」で、ある程度の経済的なステータスをあらわすには、車の保有は必須です。
特に相応のタイ女性をGETするには必須のアイテムかも知れません。
2009/07/25(土) 11:40 | URL | 石川 #qbIq4rIg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/318-62594a16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。