きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
木曜日のマーケットの夜を、今日も独り、淋しく過ごすことになりました。

いつの日に、彼女と、このマーケットを楽しみながら散策できる日がくることやら。

こんなブルーな日は、

いっそ日ごろの愚痴を言い切ってみるのも良いかも知れません。

そこで、最近ゴルフ場で会った、ちょっとイヤな人模様を書いて見ます。

(1)目新しいところで、昨日のパインゴルフでRAM76ゴルフ同好会コンペでのこと。

前半を終えたところで、ジョイントと言う人が僕のところにやってきました。

前半僕は48だったのですが、同じ組の中では、善戦している方で、彼も同様なプレー振りでした。

彼は、僕のゴルフをほめて、同じくらいの腕前だから、賭けをしないか、と言ってきたのです。

彼は、自己流の変則フォームなのですが、あがってみればなんとなくスコアがまとまっている、という感じのゴルファーのように見えました。

タイ人は何事につけ、賭け事が好きだと聞いています。

だから、彼も、ややもすれば退屈な同好会ゴルフで、相応の相手と「賭け」でもして、すこしは緊張感のあるゴルフを楽しみたかったのかもしれません。

「1ホールごとに、スコアの良い方が勝ち、30バーツでどう?」

ところが、僕は、ゴルフでの賭けは、まったく嫌いなタイプの人です。

日本でも、チョコレートをかける、なんてこともほとんどしたことはありません。

無理に言われて、仕方なく、何度かしたことはあり、あまり負けた記憶もありませんが、ささいな賭けであっても、それでゴルフが影響されるのがいやなのです。

たとえば、パー5のホールで、ティーショットがすばらしい当りで、3番ウッドで2オンするかもしれないところに打てたとします。

僕の楽しみたいゴルフは、多少無理でも、グリーン・バンカーが見えていても、2オンを狙って、使い慣れない、3番ウッドで打ってみたいのです。

失敗の恐れより、成功の喜びを味わいたいし、その少ない機会を、試したい。

ところが、相手は、ティーショットは距離も短くラフです。

ここは、安全に、レイ・アップして3オンで行くほうが、相手との勝負に勝つ機会は多い、と普通に思います。

ここで、そんな迷いがでてくるのが、ゴルフを楽しむことを阻害する、と考えるのです。

「僕は、ゴルフの賭けはしないんです」

「いやいや、ほんのお遊びの賭けだから、10バーツでどう?」

「ごめん、賭けはしないんです」

今日は10バーツでも、次は30バーツになり・・・なによりも、自分がゴルフを賭けでもしなければ楽しめなくなるのが嫌なのです。

あきらめた彼は、この後、2番目のグループだったのですが、1番目のグループの仲間として、後半のホールへ入っていってしまいました。

プレー後のパーティでも彼の姿をみませんでしたから、早く帰ってしまったようです。

僕と賭けをしようよ、というくらいだから、1組目に入って、早く家に帰る必要があったのとは思えません。

ということは、僕が、彼を傷つけてしまった、のかもしれないのです。

がっかりし、腹をたてて、帰ってしまったのかもしれないのです。


パーティのある席では、賭けの清算をしているのが見えます。

100バーツを誰かが出し、20バーツ紙幣でおつりをもらう、そんなレベルの賭けです。

親しくなろうとして、ジョイントさんが申し込んでくれた賭け、

そして、そんな小さな賭けで彼自身は楽しいゴルフができたのだろうこと、

それを、嫌がった、僕のほうが、「厭なヤツ」だったのだろうか、という反省です。

それを思うと、申し訳ないような、もうすこし太っ腹でいられたら、とも思います。

でも、やっぱり、ゴルフでの賭けは嫌だなぁ。。。

(2) ユニコ・ゴルフで、あるホールまで行くとまだティー・グランドにプレーヤーが居て、詰まっています。

休憩所に座って、様子を見ていると、3人のプレーヤーで、2人はすでに打ち終わり、カート道で待っています。

あとの一人だけで、ティー・グランドで、ティアップしたまま、携帯電話で話しているのです。

しばらく様子を見ていましたが、後続の人間がいるんだよ、ということを知らせるために、歩いてそのホールに近づいて行きました。

その男は周りを気にすることなく、夢中で電話で話をしています。

キャディさんたちは、近づいていく僕に苦笑いをしています。

僕の姿を、その男が見ても、電話をやめようというそぶりも、早く打とうというそぶりも見せません。

あとの二人も、肩をすくめていますが、口にだしてその男を急がせるつもりはなさそうです。

好きなようにやるのが、タイのゴルフだからなのでしょうか。

ゴルフ場のマナーなんか、無いのが、タイのゴルフだからなのでしょうか。

どうやら、日本人らしいので、

「先に行っていいですか?」

と訊くと、同行の二人は、さすがに「どうぞ」という仕草を示しました。

それで、ティー・グランドにあがり、その男のの横にティアップすると、

ちょっと電話機から耳をはなして、その男が言ったせりふは、

「日本人か?」

という言葉です。 丁寧語ではありません。

日本人でなかったら、どうだと言うんだろう・・・と思いながら、僕はこの男をまったく軽蔑したので、

返事はしないまま、

バッシーンと豪快なドラーバーショットを放ってみせました。


こういう男はなにを考えているんだろう。

世界はまったく自分を中心にして回っている、同行の仲間のことも、後続の他のグループのこともきにすることなく、自分がサバーイであれば、すべて許されるのがタイのゴルフだというのだろうか。

タイに住んだらタイの文化になじまないといけない、郷に入れば郷に従え、とばかり、人間としての常識をまもること(ゴルフのルールは、これを実行しているにすぎません)すら忘れて、悪しき日本人になる、ダメな日本人になる、そんな風にはなりたくないものだ、と痛切に思いました。

日本人は、タイにいても日本人だからこそ、タイ人に受け入れられるのだ、

そういう気概で行きたいと思うのです。


(2) ユニコ・ゴルフで貴族趣味ゴルフ?を見た。

前のグループがなにやら、にぎやか、はなやか、です。

プレーヤーは、3人らしいのですが、キャディが7人もいるのです。

パー3コースで、ティグランドから眺めていると、一人のプレーヤーには4人のキャディが付いている様子です。

他のプレーヤーがパッテングをしているのをグリーン・サイドに椅子を持ってきて、座ってみています。

一人のキャディは椅子がかり、ひとりのキャディは傘をさすかかり、ひとりのキャディはグリーンを読みラインを決めて、打ちボールをセットする係り、あとはクラブを持ち運ぶ係り、のようです・・・。

ドレイを従えた、王様のようです。

ひとりのプレーヤーに何人ものキャディをつけることもできる、とは聞いていたけれでも、実際にみるのは初めてでした。

なんともはや、醜い光景でした。

ハーレムの怠惰を、ゴルフ場に持ち込むことに、なんの楽しみがあるのだろう。

ゴルフは紳士のスポーツである、といわれる、

ゴルフの精神が汚されているような、

嫌な光景でした。

これがタイの一面でもあるのでしょう、

悲しい、ことです。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング



わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
ひどいですね
その日本人の人、私だったらその人がティーアップしている
ボールを打って、池に落として、
走って逃げますね(笑)
本当にひどいですね。
こういう勘違いした日本人がいるのも、またタイだったりします(涙)

しかしim8pさんの言葉すばらしいです。
「日本人は、タイにいても日本人だからこそ、タイ人に受け入れられるのだ、」
まさにその通り!
こういう人に限ってタイ人を馬鹿にしたりするんですよね。

こういう人は女性といる所の写真を撮って、
奥さんに送りつけてあげましょう(^0^)//
冗談ですよ!(笑)
2009/08/07(金) 05:39 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
気になさらず
賭けの事は全く気にしなくていいですよ。
私もタイ人コンペに参加しましたが、パーティに参加せずさっさと帰る人は半数以上居ます。
その方も今頃は忘れていることでしょう(笑)

大名ゴルフは私も良く見ました。
考えようで、タイのキャディさん達に沢山お金を落としているタンブン行為と思えば、彼らの行為も微笑ましく思えるものです。実際にそのときに付いたキャディさん達の仕事はいつも以上に楽だったはずですし、収入も同じかそれ以上あったはず。

問題はその日本人!
こんな奴が確かに居ます。
こんな連中はタイ人を蔑み、無理やり日本人とタイ人を比較して優越感に浸ります。

【日本人か】

この一言で人柄がわかると言うもの

きっとタイ人だったなら大声で文句を言って睨み付け、ティショットを打ったでしょうね。
汚いタイ語でののしりながら。

長い時間に、汚い日本人化する日本人がタイには多く居るのも事実です。
知らない間にそうなってしまい、こっちが指摘すると猛烈に反論してくるのも彼らの特徴ですね。

そうそう。毎日更新お疲れ様です。
お蔭様で私の希望だった毎日の楽しみが出来ました。
朝PCを開けて読ましていただける喜びを味わっています。

2009/08/07(金) 08:04 | URL | ドラ #-[ 編集]
マイペンライで行きましょう♪
上の方もおっしゃっていたように、賭事の件はまったく気にすること無いですよ。
NOという意思表示をすれば、相手はそれでもう何も考えてませんから。
よく言えば自然体。
それがタイ人です。

いろいろ気を遣う日本人とはそこが違います。
だから、我々日本人もタイに居ると心が軽くなり変なストレスから解放されて心地いいんではないでしょうか。

しかし、行き過ぎると、おバカ日本人になってしまうんでしょうね。

以前、一人でプレーしに来ていた日本人がいましたが、小型犬同伴でした。
吃驚しました。
常連さんらしいんですが、マナー以前の問題です。
で、温和しい犬ならまだいいんですが、これがキャンキャン五月蠅いんですよね~。
同じ組のタイ人も苦笑。

いやはや、気を付けたいものです。
2009/08/07(金) 10:41 | URL | zin #JalddpaA[ 編集]
im8pさん貴方は偉い!
そのマナーの悪いバカ日本人の前で先に打つ度胸と、ましてやナイスショットとはやりますね、すばらしいです、タイガイは力んでチョロしがちです、彼らはナイスショットとは言いましたか?いいませんよね。
タイでは韓国人のマナーの悪さは定評でコールホールのショートで、
絶対に後続組に打たせない、茶店でゆっくりし過ぎで、前が開いても譲らない、しかも茶店の床はチキンの骨などゴミで汚れている、最低でした、そうゆう時スコアになりません、マイペンライですかね・・・
我々はタイで誇れる日本人でありたいですね、女性に好かれる(お金以外で)
上の方も言われてましたが、im8pさんのブログが毎日楽しみです。
コンペが終ってもゴルフ続けて下さい、ユニコのキャディさん間を開けない方がいいと思います。
余計なお世話でごめんなさい。
2009/08/07(金) 15:53 | URL | 団塊のオヤジ #-[ 編集]
穏やかな気持で行きましょう
彼女と散策する日が、早くくるといいですね。また、Golfのマナーは確かに気になります。特に外国で(日本人)の場合は、こちらまで恥ずかしくなると思います。この場合、同伴者が先に行って貰うように配慮をしないと駄目でしょうね。
 今でも、本当に大名Golfをしている人がいるのですね?一度だけやってみたかったという人だ、と思うしかないでしょう。
2009/08/07(金) 17:35 | URL | Take #-[ 編集]
タイ人を馬鹿にするひと
ウチャラポーンさん、
こういう人にかぎってタイ人を馬鹿にする、という文章に、なるほどそうなんだろうなぁ、と思いました。
人を馬鹿呼ばわりする馬鹿、って、ああ、自分もこの男を馬鹿、と呼んでる。
ほんとうに、嫌なやつ、でしたね。
2009/08/09(日) 08:49 | URL | im8p #-[ 編集]
みにくい日本人
ドラさん、
ああ、あれを「大名ゴルフ」よいうのですか、なるほど、ですね。
おっしゃるように、キャディさんたちからみれば、楽で収入も多いから、うれしいのかもしれませんが・・・・どうも、私の美意識が、あの光景を嫌います。自分は決して「大名ゴルフ」しないでしょう。


問題の日本人。
「こんな連中はタイ人を蔑み、無理やり日本人とタイ人を比較して優越感に浸ります。」
嫌ですね。
「知らない間にそうなってしまい、こっちが指摘すると猛烈に反論してくるのも彼らの特徴ですね。」
自分の姿が見えなくなっては、救いようがないですね。
神様が、いつか挫折を与えて、改心するまで待つしか、ないのかな。




2009/08/09(日) 09:02 | URL | im8p #-[ 編集]
マイペンライ
zinさん、
どうやら、「賭け」のことは気にしなくてよさそうですね。
コメントありがとうございました。
私がこんなことまで感じていた、と彼が知ったら、却って、びっくりするかもしれませんね。(^O^)
しかし、その小型犬連れのゴルファーも「醜い日本人」ですね。

まだ、マイペンライ、本当の意味がわかっていません。
「人間」ですから、人のことに気を配ってからの、マイペンライ、ではないのか、とまだ私には思えてしまうのです。
タイ人でも「駄目なタイ人」が使うマイペンライを、すべてのマイペンライの意味を勘違いして、「駄目な日本人」になってしまうのではないでしょうか・・・。
2009/08/09(日) 09:13 | URL | im8p #-[ 編集]
ナイス・ショット(スアイ・マーク)
団塊のオヤジさん、
あはは、彼らは、確かにナイス・ショットなんて声も出しませんでしたね。私は、こういう時にあまり失敗はしないようです・・・。
韓国人もマナーが悪い、とのことですが、まだお目にかかってはいません・・・。
韓国人もタイ人を馬鹿にしているからそうなのか、集団になると馬鹿の度合いが高まるのか・・・
とにかく美意識に欠けた行動は、ごめんです。
2009/08/09(日) 09:22 | URL | im8p #-[ 編集]
Takeさん、
本当に、いつか、「セリタイ団地のマーケットの夜を楽しむ」という記事を書ける日を願っています。。。
2009/08/09(日) 09:24 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/329-705afe40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。