きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タイの雨季は、おおざっぱに言うと、5月から11月までの期間のことをさすのだろうが、この間は、観光という意味でも、オフ・シーズンのように受け取られているようだ。

乾季の11月から2月までが、タイ最良の観光シーズンだ、というわけである。

しかし、雨季が、雨が多いから、観光的にシーズン・オフ、ということは、違っているのではないか。
べつに、雨降りがひどすぎて、観光に大きく影響するとは、思えないのだ。

それほどに、タイの雨は、軽い、という印象をもっている。
日本の梅雨の期間のような、いったん降り出すと、いつ止むともわからず、しとしと振り続ける雨ではないからだ。

ザーと降ったら、1時間もすれば、止んでしまう。
降ったら、止むまで、待てばいい。

乾季が、タイの観光シーズンだ、というのは、たまたまその時期が、アメリカやヨーロッパ、日本、などの冬に時期にあたっているから、なのでしょう。
寒さを、避けて、タイにやってくる。

タイの雨季は、雨が多い、からではなく、それらの国も、けっこう暑いから、同様な気候の、タイにくる必要は、ない。

「タイの雨季」と言う言葉で、インターネットを検索すると、
沢山の人が、タイの雨季の雨について、心配して問い合わせをしているのが、わかる。

観光に影響するような、雨は、あまりない、といえるのではないか、、、。

ロングステイする僕にしてみれば、雨季で、観光客が少ない方が、かえって万事、好都合ではある。
タイの人にとってみれば、いつでも観光客でにぎわって欲しいのだろう。

当地に滞在する、外国人においては、あらたな参入者は少ないほうが良いし、
その間の飛行機代や、ホテル代や、レジャー費用などが、オフ・シーズンの価格になって、空いていて、うれしいのである。

だから、タイの雨は、たいしたことはないよ、と声を大にして言う気は、さらさらないのだけれども。

どうやら、僕は、タイの雨が、嫌いではないようだ。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/33-b91fd740
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。