きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回(6月20日)の続きです。

メールというのも、手軽ではありますが、相手に真剣に思いを伝えようとすると、難しいものです。

ごく軽い、日常会話であるならば、話し言葉のノリで、書けますから、簡単といえるかもしれません。

しかし、やっと申込みにOKをもらった相手とのメール交換、となると、話し言葉のノリで、というわかにはいきません。

その理由の二番目です。


2.あせりすぎていませんか?

年齢を経るごとに、知識や経験が詰め込まれてきますから、自分というアイデンティティも、しっかりしたものとなってきます。

自分の好みや、行動の仕方も、だんだんはっきりしたものになってきます。

ましてや、離婚などという経験をすると、自分では辛い体験をくぐってきただけ、人間が良く分かってきた、人の悲しみや思いやりの大切さが分かる人間になった、と思います。

また、独身を長く続けてきた人にとっては、初めは漠然と大きかった希望も、現実的なものの見方に長ずるにつれて、だんだんに小さな希望へ、はっきりした望みへと、と自分の考えがまとまっていく、のではないでしょうか。

若い頃は、寡黙なタイプ、であった人も、こうして自分の考えが、はっきりしてくると、結構、雄弁家になっていきます。

自分の考えに対して、せっかちになってきます。

こんな人が、満を持して、メール交換による交際を始めるわけです。

その人の最初のメールはどんなものでしょう?

自分の過去、自分の現在、自分の願い、自分の好み、自分の夢、自分の理想の生活、そんなこんなで、怒涛のような熱心さで、相手に思いを、ぶつけてしまうのでは、ないでしょうか?

始めから、自分のすべてをぶつけ、さらして、相手の理解を求め、相手にも同様に、自己を語ってもらいたい、という態度が、前面に出る、というケースが多いのではないか。

年配者のメールの書き方を想像すると、特にそういう想像をしてしまいます。

これが、(1)で書いた、的確な表現がとれず、つたない、失礼な文言を含んだ文章が加わると、ただの、ひとりよがりのメールになってしまいます。

そこに、相手の姿、相手の思いを、想定しながら文章を書く、という思いやりは、みられません。

自分の言いたいことを、言いたいように、書いているだけ、

になってしまいます。

人間、そんなに、ド~ッと言われても、理解できるものではありません。

自分の思いは、こんなにボルテージが高いのだから、相手も同じ状態のはずだ、
という調子では、理解の道は、通じません。

あせらないこと、一、二度のメールで自分を理解してもらいたい、と思わないこと。

そんなことは、無理なんです、から。

一度に、あれも言う、これも言う、で書く量が多くなる、というアプローチよりも、
何度も、頻繁にメールを送る、ことを心がけるアプローチに変えたら、どうでしょうか。

そして、大事なのは、経済的状況などの事実だけを語るのではなく、
日々の心情、感情も伝える、こと。

短いメールだけれど、頻繁にやりとりが行われる。

内容も大事だけれど、今日も、明日も、次のメールが来る、ことが楽しみになる、
そんなアプローチを心がけたら、良いのではないでしょうか。

そんな、相手との「関係」つくり、が大事なのですね。

そうすれば、書き方のつたなさや、失言なども、修復可能です。

相手を想う気持ちが、自然に醸成されてきます。

そして、ああ、こんなにメールを交換しているんだけれど、どんな声の人なのかしら、
と次の関係へのステップが生まれてきます。。。

メール交換を長続きさせるコツは、あせらないこと、せっかちにならないこと。
そう心がけてみては、どうでしょうか?

今回は、この辺で。

3.相手をすぐに変えるのは、ドン・ファン思考が潜在していていませんか?
  (次回)




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/36-863831ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。