きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今週は、なんともじめじめした日々が続いています。

月曜日は、バンナー・ゴルフで、水溜りのなかでゴルフをしました。

火曜日の、パインでのゴルフは曇り空のなか、これはゴルフ日和でした。

その後の2日間は、長雨が夜とか、夕方から降って、多分ゴルフ場の状態は悪いだろうと想像され、出かける気にはなりません。

満を持して、金曜日の今日、朝からうす曇りで、ゴルフには最適の日に思えました。

3日間も、雨の日は続かないだろう、という思いから、

昨夕に誘いのあった、サマゴーンの元銀行家グループとのパイン行きに、

大きな期待を膨らませたのでした。

来週の火曜日には、RAM76のコンペがあり、

変えたWO.1に慣れるためにも、今日は是非にもゴルフ場でプレーしたい思いがあります。

約束通りに、サマゴーンの向かいにある、喫茶店までタクシーで出かけ、

10時10分にピック・アップしてもらいました。

車に乗ると、天候の話となり、

僕も調子に乗って、

日本では、ゴルフは予約しなければならず、

一週間も前に予約したその当日が、雨にならないように、

前日は祈る気持ちで、その日の朝を迎えるのだ、

朝雨が降っていれば、その日のゴルフは完全にあきらめなければならない。

ところが、タイでは、雨を気にして、前日から一喜一憂する必要はない、

朝雨が降っていても、ゴルフ場に着く頃には、晴れているから。

雨で、ゴルフができない、ということのない国で、これは素晴らしい。。。

今日は、雨なんか降らない、と思っているから、

こんなことを話したのですが、

車に乗って、15分も走ると、なんだか、道路が湿ってきて、

やがて運転しているパイさんがワイパーを動かし始めます。

おやおや、雨、ではありませんか。

あんなことをしゃべってしまったからか、口は災いの元、と言うのはこんな時にも使うのかな・・・、

などと思っているうちに、

雨の降る中、ゴルフ場についてしまいました。


パインでは、もうキャディさんの指名はあきらめていますから、

車からバッグを降ろすとき、キャディ番号は、とワンロップさんに訊かれたときも、

いや、特別には、ないです、

と応えます。

ロッカーで着替えて、1番ホール、スターターの居る場所に移動しても、

雨は止みません。

しばらく待っていましたが、すこし小降りになったかな、と思われたとき、

どうする、スタートしていいかな?

ワンロップさんが、みなに訊きます。

今日は、僕の他に4人、でのプレーです。

OK,the game must be going on.

などと誰かが言って、スタートすることになりました。


ところが、キャディーが準備している様子を見ると、

他の人のキャディ・バッグには、レイン・カバーがかけられているのに、

僕のバッグは裸のままです。



ワンロップさんが、レイン・カバーは持ってないの?

持ってない、日本では、ゴルフ場が用意するから、レイン・カバーなんて、買ってない。

ふむ~。。。今、プロショップで買う?

レイン・カバー無しじゃ、バッグが水浸しになって、嫌だから、買います。

といって、急遽プロショップに買いに戻ります。

一方で、仲間のデナイさんは、もう1番ホールに上がっていて、ティ・ショットしようとしています。


プロショップに行くと、レイン・カバーは売っていない、と言う、

がっかりして、戻ると、

もう一度、キャディを連れて、プロショップで訊いて見ろ、とワンロップさん。

僕の言葉が通じなかったのかもしれない、との思いでしょう。

それで、キャディと一緒に戻り、話してもらったけれど、無いものは無い・・・。

これで、僕は、今日のプレーを諦めました。


1番ホールに戻ると、他の4人は、ティ・ショットを終え、

フェアーウェイを歩き始めています。

スターターに、今日はプレーをしない旨伝え、

キャディ・バッグをロビーまで運んでもらいました。

2番ホールに着いたワンロップさんから、2番で待っているけど、どうする、という電話がはいりましたが、

今日はプレーをしない、先に進んでください、

車はタクシーを呼ぶから、大丈夫、

と言って話しを終えました。


雨が止むまで、僕一人、しばらく待ってみる、

という手はあったのですが、

今日も、あてがわれたキャディさんは、樫の棒でも身体に飲み込んだように突っ立ったままの、愛嬌も何も無いオバサンなので、

待って様子をみる気にもならないのでした。

キャディさんには、キャンセル料のつもりで、100バーツあげて、

タクシーを呼び、

バンカピまで帰ってきました。


はい、皆さん、ご想像のとおり、

バンカピに着く頃には、雨もあがって、

朝考えたとおりの、曇り空のゴルフ日和の一日、

となっていたのでした。

バンカピに戻ったのは、まだ1時前だったので、

このまま、ユニコに行こうか、

とも一瞬考えましたが、

なんだかケチが付いてしまった感じで、

気分が萎えて、

結局その考えもすて、

部屋にかえって、不貞寝をすることになってしまいました。


それにしても、

なんで、キャディ・バッグのレイン・カバーくらい、ゴルフ場が提供しないのかなぁ、

という日本とのサービスの違いに、

がっくりしてしましました。


これで、WO.1アイアンを試した機会が、実質的にはたった1回のまま、

6日、火曜日のコンペになるのかと思うと、

さらにがっくりしてしまいます。

今度のコンペが参加すること3回目で、いままで、なにも賞品をもらっていない身として、

今度は、なにかひとつを、と狙っていたので、

それもあだな思いで終わりそうです。

こんなことになるなら、

MS-37からWO.1に変えようなんて、思わなければ、良かった!

と思っても、すべて、あとの祭り。。。


どうも、最近、婚活を含めて、すべてが、足踏み状態のようです。

足踏み状態、と言うよりは、

なにか、的から大きく外れているような、

そんな気がする、

まったく、憂鬱な、一日、

となりました。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
気を落とさないでくださいね
これは神様のお告げです!
多分今日プレイしていたら
ぎっくり腰に!って事はないですよね(^0^)
でもプレイしていたら、何かあったかも
しれませんよ。
少なくとも、私はそう思う様にしています。
2009/10/03(土) 03:06 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
バンコクは天気が悪そうで・・・・
シラチャに1か月滞在し、ゴルフ修行中の知人に寄れば、20~26日のWEEKは、夜間に降雨が多かったが、日中はほとんど降らず、ゴルフには支障無し、27~3日の今週は、30日の夜間と、1日の日中に1時間ほど降っただけで、これまたプレーには支障なし、2日(金)は台風一過の快晴で乾季のような素晴らしく良い天気だったそうです。
ゴルフ場もカジュアルウォーターが少しあるものの、プレーには関係なし、だそうです。
バンコクとシラチャは80kmしか離れていないのに、随分と天気が違いますね。
例年、シラチャ・パタヤ地区は降雨が少なく、水不足が問題になるエリアですが。

キャデイバッグのレインカバーをゴルフ場側で用意してるのは、数少ないですね。確かに、大雨が降ったら、カバーが必要ですが、大雨の時は茶店で休憩し、小雨になったらプレー再開しますので、カバーは必ずしも必要とは言えません。
4~5時間のプレー時間中、すべて降雨と言うことはなく、一度濡れたバッグも、プレー終了時には乾いてしまうことが多いです。
私なんかは面倒なので、タイでのプレー時には、レインカバーは使いません。
日本では降り始めたら長雨が多いのでカバーが必須ですが。
2009/10/03(土) 10:46 | URL | 長月 #qbIq4rIg[ 編集]
Re: バンコクは天気が悪そうで・・・・
長月さん、
ほんとうにレインカバーが自前でないといけない、ことには拍子抜けがしました。
キャディのキャリーがゴルフ場提供であるならば、レインカバーはキャリーの付属品のようなもの、と考えてしまいます。
アメリカのパブリック・コースのように、クラブバッグのキャリーまで、自分で持ち込み、キャディ無しでまわるような場所だったら、レインカバーも自前で、というのは分かりますが・・・。
私も、一人でプレーしていたり、言葉の通じる相手だったら、雨が小降りになるまで、待とうよ、と言ってプレーには入らなかったと思います。レインカバーは、面倒です。
日本では、レインカバーはゴルフ場で提供してくれますから、買おうと思ったこともありませんでした。

> シラチャに1か月滞在し、ゴルフ修行中の知人に寄れば、20~26日のWEEKは、夜間に降雨が多かったが、日中はほとんど降らず、ゴルフには支障無し、27~3日の今週は、30日の夜間と、1日の日中に1時間ほど降っただけで、これまたプレーには支障なし、2日(金)は台風一過の快晴で乾季のような素晴らしく良い天気だったそうです。
> ゴルフ場もカジュアルウォーターが少しあるものの、プレーには関係なし、だそうです。
> バンコクとシラチャは80kmしか離れていないのに、随分と天気が違いますね。
> 例年、シラチャ・パタヤ地区は降雨が少なく、水不足が問題になるエリアですが。
>
> キャデイバッグのレインカバーをゴルフ場側で用意してるのは、数少ないですね。確かに、大雨が降ったら、カバーが必要ですが、大雨の時は茶店で休憩し、小雨になったらプレー再開しますので、カバーは必ずしも必要とは言えません。
> 4~5時間のプレー時間中、すべて降雨と言うことはなく、一度濡れたバッグも、プレー終了時には乾いてしまうことが多いです。
> 私なんかは面倒なので、タイでのプレー時には、レインカバーは使いません。
> 日本では降り始めたら長雨が多いのでカバーが必須ですが。
2009/10/07(水) 14:47 | URL | im8p #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/364-41eec1e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。