きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回(6月21日)の続きです。

ネットの出会い系サイトに、会員登録し、
ルールを理解し、
いろいろな方のプロフィールを検討したあとで、
この人はと思い、申し込みをする。

それだけでも、かなり、エネルギーのいる作業だなぁ、と感じる。

なかなか、交際OKの返事も来ない。

なんとか工夫して、やっと返事がもらえた!

そして、勢いこんで、メール交換を始める。。。

ところが、どうも、しっくりこない、イメージと違う。。。
やっぱり、この人ではないんだ。

他の人と、やり直してみよう。

そしてまた、同じことの繰り返し。
。。。。
という風に、気が付いてみると、

1か月に何人もの人とメールを交換しているはめになっている。

何故なんだろう。

3.相手をすぐに変えるのは、ドン・ファン思考が潜在してはいませんか?

会員リストの中のプロフィールを、いろいろ読んでいく。
内容豊かで、良く書きこまれたプロフィールもあれば、
大きな印象を与えるだけの、情緒的な表現のプロフィールもあったりする。

読んでいくときに、それぞれの相手のイメージを頭に描いて、
自分の持っている、好ましい女性象・男性象とくらべ、
合格なら、申込みを決行する!

問題なのは、申し込んで、百パーセント、返事が来るわけではない。
そして、返事の来ない(断られた)理由が、とんと分からない。

そうこうしているうちに、申し込みを、受けてもらえるかどうか、に熱中せざるを得なくなってくる。

数をこなす、ようになってくる。

交際OKの返事が来て、メール交換が始まる。

プロフィールを読んで、イメージした時と、今受け取っているメールの間に、違和感を覚える。

誰しもがプロフィールなんて書き慣れてはいないから、これは、当然と言えば、当然の現象なのです。

そう受け取って、メール交換が始まってから、改めて相手を理解しよう、
と考えた方が、賢明なのです。

ところが、なかなかそうは思わない人の方が、多いのではないでしょうか。

自分のイメージと違っていれば、ああこの人ではない、と思ってしまう。

そして、早々と、次の人を探しにかかろうと、してしまうのです。

ドン・ファンは、付き合った女性が嫌いになるから、次の女性へ移っていくのではないのです。

今の彼女が嫌いなのではないけれど、
女性、というものへの憧れが強くて、理想の女性をさらに求めて、移っていくのです。

なにか、永遠に無い理想を追い求めて行く、それが、ドン・ファンです。

次々にメール相手を、簡単に変えてしまう人が、このドン・ファン心理と同じだとはいいませんが、多少反省してみる点はあります。

ネットという、相手を探す、交換する、ということが簡単にできる、という環境にあります。

相手を選ぶのは、相手そのものを良く知った上で行われるのではなく、自分のイメージが先行する、ということがあげられます。

相手をしっかり見つめよう、という気が、弱い面があります。
これは、ネットなので、簡単には出来ないことなので、気分の問題ではないかもしれません。
ただ、はっきりした、意志がなければ、簡単に相手のことを判断してしまいがちです。

メール交換という交際を始めた、ということに、一種の達成感もあって、
ここまで来たなら、もっといい相手も、また見つかるだろう、という思いになります。

そして、定かではない、自分の理想の女性イメージ・男性イメージを求めて、さ迷いだすのです。

要は、自分の持つイメージに合わせた異性を求める、という幻想をやめること、
が必要なのではないでしょうか。

人間、いくつになっても、相手の異性について、分かることは少ないものです。
だから、自分の異性へのイメージなんて、ひよわな夢のようなもので、それをたよりにするのは、どうでしょう。

まずは、現実に眼の前にいる相手を、理解しようと、語りつくしてみる。
始めは、半分くらいは、目をつぶるくらいで、メール交換を続けてみる。
そして、だんだん、目を開いて行って、判断する。

とにかく、2、3回のメール交換だけで、相手を判断してしまう、
交際をやめる決心をしてしまう、
ということは、いかにもチャンスを失っているような、気がしてなりません。

いや、それよりも、そのような人は、ドン・ファンのように、次々に相手を変えていってしまう、そんな結果になってしまう、それを危惧します。

もう一度、自分の態度を見直してみませんか?


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/37-d3d488c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。