きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回の訪タイでは、旅行すること少なし、と一昨日の記事に書いたあと、

久しぶりにノンビリ海を見たくなったのでした。

また、以前に乗り合わせたタクシーが、英語の話せるドライバーで、

一日(12時間)貸切で、1500バーツ、ガソリン、高速代込み、

というサービスをすると聞いて、それを試してみたくもあり、

昨日(14日)、チョンブリの先のバーン・セーン・ビーチに行ってみよう、

という気になったのでした。

初めてなので、半信半疑の気持ちもあったのですが、

9時に、予定時間通りにタクシーがコンドミニアムの前で待っていました。


順調に、モーター・ウェイにも乗っかりました。

タイ語を身につけないと、と思っている、なんて話をすると、

スクムビット、ソイ29にある、日本ータイ友好の絆が長く続いているという、ソーソート語学学校がいい、

2ヶ月、3000バーツで、質も高い教え方であるし、

日本語を学びたいという若いタイ人も多くて、楽しいはずだよ、

なんてことを教えてくれたり。。。

なかなか、良い運転手だなぁ、と安心していると、

なにやら、急に険しい顔になったようです。

車が、おかしい??!!

エンジンが止まってしまった、と言う。

モーター・ウェイの路肩にとめて、ボンネットを開け、なにやら疑わしいところを調べ、

エンジンをかけ直そうとしましたが、クス、クス、と笑うような音だけで、エンジンはかかってくれません。

運転手は、もう自分の車がすぐ直るのはあきらめて、僕のことをなんとかしようとしてくれました。


やってきたタクシーを止めて、事情を話し、チョンブリまで行ってくれるように、依頼したようです。

それで、僕は、この運転手に名残惜しみながら、さよならをして、新しいタクシーに乗りました。

後からの反省ですが、ここで乗る前に、前の運転手を中にいれて、値段の交渉をしておけば良かった。

というのは、新しいタクシーで走り出してすぐに、この運転手が、いくら出すのか、

と訊いてくるのです。

僕は、前のタクシーは一日貸切で、1500バーツなのだから、

ここからなら、300バーツから400バーツだと思っている、と伝えました。

すると、それじゃ足りない、1000バーツくれ、というのです。

わけが分かりませんが・・・このタクシー、前のタクシー・ドライバーに300バーツ払って、

客の引継ぎを受けたから、まず、300バーツはベースで、ここから600バーツ欲しい、

というようなことを言っています。

これ以上話しても見込みがないので、すぐに着いたサービス・ステーションですばやくドアーを開け、下車しました。

200バーツだけ払うと(たった1KMか2KMしか走っていません)、タクシー運転手も、僕が強引なので、なかばあきらめて、

全部で、600バーツで、バーン・セーンまで連れていく、

と言いなおしましたが、

なんだか、あやしくて、その手に乗る気はしません。

彼は、ここじゃ、タクシーはつかまらないよ、とも言いましたが、振り切りました。


彼が去ってから、しばし車の流れをみつめていましたが、

確かに、空のタクシーは来る様子は、完全にありません。

そこで、西洋人がタクシーで乗りつけたので、そこへ擦り寄っていって、

事情を話し、なんとかチョンブリまで同乗させてくれないか、

と頼んだのですが、

このヨーロッパ人と思われる白人、めんどうなことはいやらしく、

俺はチョンブリをしらないから、ダメ、

とすげなく断られてしいました。

次ぎは、ロード・サービスの事務所があったので、そこへ行き、事情を話し、

どうしたら良いか、アドバイスしてください、と頼みます。

5、6人いたサービス・マンそれぞれ、半身でしか、聞いてくれず、

ここもダメかな、とあきらめかけていると、

中の一人が500バーツで連れて行ってやる、と言ってくれました。

僕は、前のタクシーにすでに200バーツ払っているので(100バーツにしとけば良かった!)、

なんとか400バーツで行ってほしい、と最後のネバリをみせると、

それで、納得してくれました。


そんなこんなで、ようやくの思いで、バーン・セーーン・ビーチに着いたのが、11時過ぎ。

前日まで、雨が降り続き、今朝も土砂降りだったらしく、浜辺はまだぬれていて、

ちょっと散歩はしましたが、

ビーチ・チェアーでのんびり時間をつぶす、

みたいな気分にはなりません・・・。

貸切タクシーのつもりで、着替えや、バス・タオル(ビーチ・タオルの代わり)、ビーチ・サンダルなどをバッグにつめて持ってきたのですが、いまでは、このバッグもやけに大きく感じます。


それで、まったく、のんびり旅行気分とは反対ですが、

最近チョンブリに出来たという、セントラル・デパートにでも行ってみようか、

という気になってしまいました。

前を歩いていた、若い女性に、声をかけて、セントラルへの行き方を訊くと、

なんとかの通りにでて、バスで行ける、と言います。

タクシーはもちろんチョンブリ・バーンセーンにはありませんが、トクトクのようなものもない、とのことです。

バス、といっても、ソンテオのような、小型トラックの荷台を客席にしてような、あの乗り物です。

この女性、女子大生で、僕が、今日のてんまつを話すと、英語は完全には理解していないようなのですが、

結構同情してくれて、

そのバスが乗れるところまで、案内してくれることになりました。

そして、バスを待つ間、彼女が、目の前にある、ブラパ大学の学生であること、

ついでだから、海洋博物館で、海の動物でもみていきませんか、

と言ってくれます。

ブラパ大学は、現王様のお母様が創始した大学で、

入学後も、成績不振者はどんどん落第させる、厳しい勉学の場、として

有名らしく、

ここの学生は優秀だ、といわれているらしい、

ですね。

(あとで、タクシーの運転手に聞きました)

そこで、小一時間ほど過ごした、スナップ写真の一枚です。

BangSaengirl


海洋博物館を出て、セントラルに行き、食事をしたころには、3時近くになっていました。

携帯電話ののぞくと、例の故障タクシーの運転手が、何度もコールを入れています。

電話をすると、

バンコクから修理屋を呼んで、3500バーツかかったけれども、ようやく直った、

僕のことを心配して、何度も電話をしたが、返事がないので、もう帰ろうとしていたところだ、

今、チョンブリまで来ている、

今日は、申し訳ないことをしてしまったので、

帰りは無料で、バンカピまで送るが、いまから帰るつもりはあるか、

と言ってくれているので、

セントラルまで、来てもらって、

バンカピまで、もどってきたのでした。

彼は、要らないと言いはりましたが、せめてガソリン代だけでも、と言って、500バーツ支払って、

一日の、

はるかな、バーン・セーンの旅を、

終えたのでした。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
絶望的な気持ちになるような事の連続をよく乗り越えられましたね。
全体的には善人に出会っておられて最後も無事に帰宅。終わりよければですが、本当にお疲れ様でした。
やはり車が必要なのでしょうかね?
タイ語と車。。。。
ハッピーさんを通して私の知りたいことが沢山見えてきて、生きた教科書を読むようで参考になります。
2009/10/16(金) 07:28 | URL | ドラ #-[ 編集]
ソーソートー
タイ語学校 ソーソートーともなりますと、かなり本格的な勉強になりますね。バンカピからだとボート通学になりますか?
チョンブリのセントラルは、残念ながらセントラルデパートではなく、ロビンソンデパートです。パタヤのセントラルと比べると、かなりショボイです。
ブラパ大学は、タイでもベスト10に入る大学です。国立大学です。
タイの大学評価を書いたブログがありました。
http://ameblo.jp/bangken/entry-10169458363.html
2009/10/16(金) 09:38 | URL | 神無月 #qbIq4rIg[ 編集]
タクシーについて
1500Bで燃料・高速込みなら安いと言ってよいと思いますし、更に心配して電話してくるなんて、かなり良心的な運転手ですね。
なかなか居ませんよ、こんな運転手。キープですね。
ちなみに、日本語バリバリの良心的運転手を最近発見しました。
よろしかったら、ご紹介します。

しかし、大学生、親切ですね。
タイってこういう事があるから嬉しいですね。
2009/10/16(金) 15:52 | URL | zin #JalddpaA[ 編集]
結局満点の旅でしたね
なんだかんだあっても
結局良い人に出会ってタイを満喫したという
感じですね。ちょっとやらやましい位です(*^0^*)
この大学生の女の子もかわいいですし。
もちろん携帯番号交換しましたか?(^0^)//
ソーソートーはかなりハイレベルですが、
大体タイで読み書きできる外国人はここを出ています。
おもいきってタイ語をマスターするには
もってこいだとおもいますよ!
2009/10/16(金) 16:30 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
ほほえみの国
 本当に微笑みの国ですね。誰でも行きたくなる気持ちがわかります。
それにまたいい運転手との出会いがありましたね。
 これからまた新しい世界が広がるかも・・・頑張ってください。
2009/10/16(金) 22:35 | URL | Take #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/370-3a5de001
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。