きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今回のタイ・バンコク滞在期間に、パイン・ゴルフ場では、たぶん15回ほどプレイをしました。

ここ2ヶ月間で、と言ったほうがいいかもしれません。

最初のうちは、コンドミニアムに一番近いユニコで、プレーすることが多く、そこでも15回近くのプレーをしているかと思います。

ユニコ・ゴルフ場の幾つかのホールについては、写真をブログに掲載し、思い出が失せないようにしましたが、

ここパインでも、そろそろ写真を取っておこうかな、と思っていました。

一昨日土曜日は、イチャンさん風邪全快祝いのプレーをパインで行ったので、

そのときに、アウトの9ホールの写真を撮りました。

この日は、イチャイさんが久しぶりだと言うことで、午前中のプレーを家族から認められていて、

(月曜から土曜まで、イチャイさんは自分のセチュリティ会社で仕事をし、午後に自由な時間を取る、

という生活パターンなのです。

そのセキュリティ会社は、長女夫婦に経営を委譲しよおうとしているようです・・・。

はやく、全面引退したい、というのが口癖です・・・)、

本人もメチャクチャ張り切っていて、

ティー・タイムが9時半、

僕をピックアップしてくれる時間が8時半、です。

いつもは、1時からのプレーが多く、僕との待ち合わせ時間も11時とか、12時が多いので、

この日は異常に早い、と言えます。

その影響が端的にでたのが、僕の睡眠不足。。。。

大体は、生活時間が夜遅くまで起きているので(実は、不眠症気味で、早い時間には眠れないのです)、朝に眠りたいだけ、ベッドでぐずぐずしながら、寝不足を解消しています。

ところが、この日は、寝ようとした時間は同じですが、

明日早い、と思うと、ちゃんと眠っておかなくちゃ、という考えに取り付かれて、

いつもに増して、なかなか寝付けないのです。

3時ごろ、あまりに眠れないので、起きてビールを飲んだり、本を読んだり・・・、

の、甲斐も無く、

結局、あまり眠れないまま、2時間ばかりは記憶にない時間があった、と言う程度で、朝7時に起き出しました。


なにをグチャグチャ書いているかというと、

実は、この日のスコアが、記憶にある中で、最悪だったのです。

1番ホール=5オーバー、2番ホール=3オーバー、3番ホール=2オーバー、

と3ホールで、10オーバー。

2日前にはウインザーで85だった人とは、とても思えない、ゴルフ振りなのです。

イチャイさんや、マークさんは、「ウェイク・アップ、ウェイクアップ!」と言ってくれたり、

キャディさんは、写真に気を取られて、集中してないからよ、

とか言っていますが、

僕は、どうしてこうも、やることなすこと、すべてミスで終わるのか、まったく理解ができません。

寝不足で、ゴルフをやることは、今までもかなりあって、そんなに珍しいことではないので、

本当に寝不足が原因だとも思えないのです・・・。

とにかく、あまりにもヒドイので、こんな日もあるんだ、これが実力というわけではないんだ、

忘れよう、

と受け容れることにして、

写真は、撮り続けました。

下記に貼り付けます。

(ここで、最終スコアについて、触れておきますと。。。16番ホールを終わって、雨がひどくなり、

風邪が治ったばかりのイチャイさんを気遣い、プレーをそこで中断、ドロー・ゲームとなりましたので、

スコア・カードを捨てました・・・キャディさんが、僕が欲しいとも思わないと考えたのでしょう、渡してくれませんでした・・・あはは)

PineNo1
スタートの1番ホールです。375ヤード、PAR 4。右OB。
ここで、いつも、いつも左にチーピン・フックしてしまうのです!
その日の第一ショットが、10番のイン・スタートだった場合は、ド・フックはしないのですが、
この1番だけは、10回連続、くらい続いています。
何故?だれか、アドバイスしてください!

PineNo2
ちょっと、短い325ヤード、PAR4の2番ホールです。
ここで、パーを取らなくちゃ、というホールですが、1番ホールのケガが尾を引いて、ここもあまり良い結果には終わり難いホール・・・。

PineNo3-1
そして、挑戦意欲の沸く、525ヤード、PAR5の3番ホール。
奥、視界の左端に、大きな池がつながっていく様子が見えます。
1番のフックの傾向が直っていないと、ここでも、第一打が池に入ってしまいます。

PineNo3-2
上手く、打てても、第二打でまだ、池入り、の危険が残ります。
とにかくフックするひとは、頭が痛い。。。。
池の奥、茶色っぽく見えるのがグリーンのガード・バンカーです。
ほとんどの人が、2オン狙えないので、右に打っていきますが、
今まで、一度だけ、この池越えで、アイアンで2オンさせた人を見ました。
アイアンで、確実に200ヤード以上飛ばせないと、池は越えません・・・。


PineNo4
売店を過ぎて(ここで大体、最初のビール、ということになります)、175ヤード、PAR3の4番ホール。


PineNo5
5番ホールは、380ヤード、PAR4。飛距離に不安のある人は、池越えなるか、ハラハラするホールです。

PineNo6
面白い、540ヤード、PAR5の6番。
右に見える池が、左のパイン・ツリーが尽きるあたりのフェアウェイー中央まで食い込んできていますので、第2打が池越えで、直線的にホールを攻められるか、どうか。


PineNo6birdsnet
閑話休題。6番グリーン近くの雑木に鳥の巣が・・・。
中央の黒っぽい固まり、ズームアップしていただければ、鳥の姿がわかります。


PineNo7
410ヤード、PAR4の7番ホール。スライスする人は、右池要注意、です。

PineNo8
175ヤード、PAR3の8番。
右に見えるガード・バンカーの奥にカップを切ってあることが多く、池、バンカーに打ち込む人、多し。
ここも、詰まって、待ちのことが多く、売店で、2回目のビールになりやすい場所です。

PineNo9
そして、ハンディ・キャップ1の、420ヤード、PAR4の9番。
僕の場合は、左の林に入ることが多く、なかなか2オンできる位置に行ってくれないホールです。
また、ピンが難しいところに切ってあることが多く、オーバーすると、苦しみます。



この日は、プレーの後、レストランで、ゴルフ場のスタッフと、

次回、11月2日のコンペについての食事の打ち合わせを、マークさん、イチャイさんが行い、付き合いました。(僕は横でビールを飲んでいただけ、です)

イチャイさんが始めたRAM76ドライビング・レンジのゴルフ同好会、ルーキーズ・クラブのコンペも、

初回が、20人、それから、30人、40人、60人、そして10月6日の大会で、140人、と拡大しています。

ただ、これだけ急に大きくなると、(前にブログでちょっと触れましたが)、いろいろ意見が出始めて、内紛まがいの状態になっているようです。

イチャイさんも、嫌気がさしていて、どうやら次回は自分は音頭とりは、やらない、と決めたようで、

その役をマークさんが買ってでているようです。

ただ、ルーキーズ・クラブの名前は使わず、新しくPBEA(ピー・ビー・エー)クラブと名づけるのだとか・・・。

この名前の出所はイチャイさんで、PBEA(パー、バーディ、イーグル、アルバトロス)です。

これから、マークさんが(正式に案内状を書いたり、練習場に宣伝で張り出したりはせず)、電話でこれというメンバーに声をかける、と言います。

これでは、おのずから、ルーキーズ・クラブの分裂を確定するような行為だと思うのですが、

どの程度に覚悟なのか、

とにかく、その方向で進んでいて、

ルーキーズ・クラブの方は、今まで、イチャイさんが企画者で、

他の人は文句は言うけれど、実際にゴルフ場への交渉とかの行動は誰もしていないので、

イチャイさんが行動を起こさないと、次の企画は動かない。

そのイチャイさんが、ルーキーズ・クラブの方には(会長およびコミッティ・メンバー)、次回の提案をせず、

もう、会長も自分も、次の人にバトン・タッチをした方がいい時期ではないか、

特にいまもくすぶっている、内紛の雰囲気があるようでは・・・、

(何故、参加費を999バーツにしたのか、1100バーツにしてクラブ収入を大きくした方が良かったではないか、と言ったような意見の分裂があります)、

それが沈静するまで、クラブのコミッティ会議は開かない、

と言っているらしい。


そして、イチャイさんが、風邪でほとんど動けない状態でいた、5日間に、

マークさんだけが、ちゃくちゃく、ことを勧めていて、

イチャイさんは、実際に行動するひとを支援する、

という立場であるようです。


まぁ、とにかく、

組織化をすることに関して、

タイ人は決して得意とは思えない、

という感想を持っている僕としては、

興味深深の成り行き、

となっているわけです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
チーピンフック
>スタートの1番ホールです。375ヤード、PAR 4。右OB。
ここで、いつも左にチーピン・フックしてしまうのです!この1番だけは、10回連続くらい続いています。何故?だれか、アドバイスしてください!

管理人様のような上級者の悩みに回答などできないのですが、チーピン・フックの治療法は難しいですね。
先週の日本オープンで優勝した小田龍一プロもロングヒッターですが、チーピン・フック病の持ち主です。
日曜日の最終日、8番ホールで、そのチーピン・フックが出たのですが、ギャラリーとして来ていた奥様に当たって、フェアウェイに戻り、そのホール、バーデイーで優勝の栄冠を勝ち取りました。奥様に当たっていなければ、ボギーかダボで、戦線脱落でした。
チーピン・フック解消策は、スタンスの改良、ボール位置の変更などあるのでしょうが、対症療法では、ドライバーを1番ホールのOBラインの上から回していくのがいいのでは?
石川遼君もフックに悩んでいた時に、ジャンボ尾崎にアドバイスを求めたら、フェードの打ち方を勉強しなさい、と言われたようですが、根本的な治療法はそういうことなんでしょうね。

2009/10/20(火) 10:38 | URL | 神無月 #qbIq4rIg[ 編集]
パインは狭いコース?
 パインは狭いコースみたいですね?曲がれば大たたきするのですか?ちょっとコースが荒れているようですが・・・料金からすれば十分なコースですよね?私ではボールがいくらあってもたりませーん。
2009/10/20(火) 18:19 | URL | Take #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/372-15e1d396
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。