きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10月の23日に、予定通り日本に帰国、それからすでに10日間が過ぎました。

今回の往復便は、JALを選んだのですが、満席でした。

予約の段階では、バンコクへ戻りに便も、空席に限りがあり、帰りも満席ではないか、

と思います。

ところで、今、JALは、経営不振で、いよいよ企業再生支援機構が中に入るようです。

JALの過去の経営の奇妙さは、山崎豊子の「沈まぬ太陽」に喝破されている通りですが、

日の丸を背後に、国際線などは、満席になること少なくないほどに、いつも日本人に愛用されるのに
、なぜ経営不振が続くのか?

いつまでも半官半民のぬるま湯に漬かった経営陣と、それに便乗した理不尽な労働組合などがやり玉にあがるのかとおもったら、

なんでも目玉に今語られているのは、高水準の企業年金だそうです。

すでに退職して人々に支払われている年金額を、減額しようとしていて、

現状でそれを実現するには、OBの3分の2以上の賛成が得られなければならない。

それは、老後の人生計画を狂わせるもので、

その賛成は得られないだろうとみなされてるわけだけれども、

企業再生支援機構が入り、より直接政府の力が動いた場合、

3分の2の賛成、などというものが無視されて、減額が実行されてしまうのか。

僕の感じるところでは、

高度な年金水準、とはいっても、実は、他の日本企業の年金水準が低すぎるのであって、

優良企業としたならば(JALについては、ここに疑問点があるのかもしれない)、

ごく普通に年金水準なのではないか、

と思う。

そういう年金制度というものも、企業に対するロイヤリティを高める、ひとつの大きな手段であったわけで、

それがために滅私奉公的に働いたあとで、今になって、現在の経営陣がおかしいからと言って、

それがなし崩し的に減額されるとうことは、OBたちは、すなおに納得できないだろう、

と思います。

どうなることやら・・・。


実は、僕も、企業年金に大きく依存しています。

早期退職したときに、家のローンも終わっていたり、特に多額の現金を必要とすることもなかったので、

退職金は全額、企業年金に当て込みました。

これは、終身年金でもあります。

元会社が倒産にでもなってしまえば、企業年金はフイになってしまう、

と分かっていても、

まずそんなことはあるまい、

しかし、減額、ということは、企業の成績いかんであり得ることだな、

という気持ちでいますので、

なかなかに、年金生活者も、

ノホホン、としているわけにはいかないものです。


年金のことを書いていますが、

今回の日本帰国の最大の目的は、僕にとっての公的年金の厚生年金部分が、無事に支給開始となっているかを確認することでした。

8月から受給開始となるべく手続きを7月帰国時に行っていたので、

それが実行されているか、

実行されていなければ、修復の行動をとる、

というのが、しようと思っていたことなのです。

10月15日に、8月分、9月分をまとめて一回、指定銀行に振り込まれていました。

僕は、早期退職なので、期間が短く、年金額も平均より少ないのでしょう、

2ヵ月分で、26万円なり、が銀行口座に振り込まれているのを見て、

なんだか少ないなぁ、

と感じました。

企業年金の方が、はるかに多いのです。。。


ということがわかると、

あとは、日本にいて、必ずしなければならない、難しいことはなくなってしまいました。

昔の仲間と、ゴルフを一回やろう、と思っていたり、

会って話したりすることも、1、2度の予定なので、

時間が余ってしまい、

はや、こころは、バンコクに飛んで行きそうな、この頃になってきました。


まぁ、いつものように、庭の草刈りや、家の中の掃除など、細かいことは、毎日毎日、あるのですが・・・。

Jpnhome20091025
家に帰ると、庭の柿の木が、だいだい色の実をたわわにつけていました。
これで、日本にいる3週間、柿をたっぷり食べなければなりません。

Jpnhome20091025-1
ついでに、近所のスーパーで、僕の好きなトマト。
こんなぷりぷりで、大きなトマトはタイではお目にかかれません。
4個で、298円(100バーツ)です。


日本に帰って、時代小説に餓えていたのか、

乙川優三郎の小説、

霧の橋、五年の梅、かずら野、蔓の端々(つるのはしばし)、喜知次、

とたてつづけに読みました。


そして、バンカピ生活第3章を、

どういう目的をかかげて過ごそうか、

思案をしているところです。

今回は、なかなか、視点が定まらなくて、

困っているところ、

です。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
大きな曲がり角
●JALの経営危機対応は難しいですね。100%民間企業でもなく、国策企業でもなく、潰すに潰せない公営企業という体質。
JALの経営が厳しくなったのは、2001年9月の米国・貿易センターテロ事件で国際線旅客が急減して以降です。国内線比率の高いANAはまだしも、国際線比率が高いJALは、急激に業績悪化に向かいました。従業員の給与も、いまや、ANAのほうがリストラ続きのJALより高くなっています。
アメリカはじめ、世界のメジャーな航空会社の多くが倒産(実態は民事再生ですが)したなかで、日本の航空会社も例外ではなかったということでしょう。

●JALの企業年金がやり玉に挙がっていますが、これも難しい問題です。
JALの年金も、元本は大半が退職金と従業員の積立金です。問題は、運用利率です。4.5%の確定利率なので、これがJALの債務(積立不足)4000億円となっています。この利率を現状に合わせて1.5%に引き下げられるかどうかがポイントになります。1990年代までは、4.5%という利率は、ごく普通のレートでしたが、長引く不況、異常に長引く低金利によって、多くの企業年金が社会問題化しています。

●年金の受取ですが、タイ在住の知人(先輩)は、現地のバンコクバンクの口座に直接振り込んでもらっています。
海外送金手数料は無料だそうです。また、年金額は、「円建て」にて送金されるので、タイ国内で、現金両替するより、1万円当たり40B程度、レートが良いそうです。
もう一人の知人は、国内の口座に振り込んでもらい、レートが良くなってきたら、ネットで、日本の銀行口座からタイの銀行口座に振り込んでいるそうです。

●日本の野菜は美味しいですね。品種改良が進んでいて、手間暇かけてできています。反対に、タイの野菜はマズ過ぎです。気候に任せて自然にできただけという感じで、日本の野菜のような、野菜本来の味がありません。日本の野菜は、単体で食べても美味しいですが(できたら、スーパーで買ったものではなく、自分で栽培したもの)、タイの場合は、香辛料や調味料で加工しないと食べられません。

バンコクも雨期が明けたような様相ですから、タイに戻ったら、清々しい気候の中で、ゴルフに婚活に、ご活躍ください。
そういえば、今晩はロイ・カトーンでしたね。
2009/11/02(月) 22:40 | URL | 神無月 #qbIq4rIg[ 編集]
第3章はゆっくり考えましょう(^0^)/
im8pさん、お久しぶりです。
日本を満喫されていますか?
なんだか上の神無月さんが全て書いてくださっているので(笑)
企業年金の問題から取りかかるのは当然の話しでしょうね。
もし外資に喰われたり整理する事があれば、問答無用でここから
着手すると思いますし。
フジスーパーで一昨日日本産のトマトをみかけました。
それはそれはもう、この写真のようにぷりぷりでしたよ!
でも一つ150バーツ(涙)

今日のバンコクは急に気温が
下がって寒いくらいです。
多分昼間の今でも23度くらい
でしょうか....。
2009/11/03(火) 17:09 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/11/03(火) 19:18 | | #[ 編集]
私の場合は、企業年金受給までもう1歩と言うところで、解散しました。これ以上収益圧迫するわけ行かないとか・・・(涙)
JALの方は給料の後払いとか言っていましたが、現役時代も一般をそうとう上回る給料体系だったと思いますが・・
2009/11/03(火) 19:27 | URL | h #-[ 編集]
ANAも満席
楽しい旅を終えて帰国しましたが、JALと同じく往復ともに満席でした。
SQが就航を止めたりしてますから、その分日系に顧客が流れているのかも。

年金には縁がありません。
自営業の為もらえるのは国民年金の最低線だけです。
試算では年間80万位ですから、ハッピーさんはかなり恵まれてますよ。
尤も、その方の生き様で決まる要素が大きいですから、自営業の道を選んだ私の問題ですので、人様をうらやむ気も妬む気もありません。
JALのOBの方々は今大変でしょうね。
勤めていた会社が危機に陥る。よくある話です。

潰さない為に減額を提案しているのに、賛成できないとは理解に苦しみます。助けてもらうのに助けられる方法を選ぶ方が居るのが理解できません。
皮肉を言わしてもらえば、偉くご立派な方々ばかりだ事・・・・・

老後の生活設計が狂うのが困るのは誰も同じです。
JAL,税金を使ってまで助けるならば、いっそアメリカの航空会社のように、一旦破産させたほうがすっきりしませんか?

自営業で恐慌の真っ只中 に居る私ども零細にとっては、雲の上のお話のような今日の話題でした。
やっぱりタイはいいな~(笑)
2009/11/05(木) 14:34 | URL | ドラ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/376-98ad0b4c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。