きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家族に乾杯、というNHKの番組で、岡山県高梁市の様子を見ました。

俳優の高橋英樹さんが、街を訪問するのですが、

子どもたちの殆ど居ない町で(小学生が5人、とか)、寂れているのですが、

街並みは、江戸時代の雰囲気さえ残す、魅力あるところです。

おばあちゃんたちが、集まってはおしゃべりしているのですが、

その中心になってる元気の良い女性が、なんと90歳なので、驚きました。


そう思っている矢先に、森繁さんの訃報が入って、96歳で亡くなられたことを知りました。

やっぱり、病院で亡くなったのか、

老衰なら、自宅で見送ってあげることができたらよかったのに、

と勝手な思いを胸にいだきました。

映画も、芝居も、歌も、TVドラマも、それぞれに、楽しませてくれた大俳優さんですが、

僕は、NHKラジオの、「日曜ドラマ劇場」の語りが、大好きでした。


データは古いですが(新情報を調べる手間を抜いて、申し訳ないです)、

平成19年9月の時点で、100歳以上の高齢者の数は、3万2千人、です。

そして、平成20年度には、新たに、1万7千人が加わる、といわれていました。

その後は、毎年、1万人以上の100歳高齢者が、増え続けるのではないでしょうか。

もうれつな、数です。


こういう時代を、自分として、どう生きるのか。


金曜日に、ゴルフがあるので、

昨日、日本に帰ってから初めてゴルフ練習場に行ってみました。

ひさしぶりに、朝から好天だったからでしょうか、

あるいは、いつもそうなのか、

10時に練習場に行くと、駐車場には車が一杯です。

不況など、どこ吹く風、のような、ゴルフ・ブームでも来たかのような、活況に見えました。

中に入ると、練習している人は、ほとんどが団塊の世代以上に見受けられました。

(もっとも、練習場に付随しているパー3コースに出ている人たちは、若いひとが多かったのですが・・・。

パー3で、9ホール、2700円。

タイであれば、18ホールの普通のコースが楽しめます・・・。)

練習している人たちを見ていると、団塊世代以上、とはいえ、みんな元気で、

力強く、ビシビシ、打っています。

この人たちが、みんな、もう仕事を辞めたひとたちなんだろうか、

それにしても、元気じゃないですか、

いいねぇ、

という感想を抱きました。


新しい政治を見れば、

国民に優しい政治を、

弱者救済、

少子化を防ぐ若者支援、

などなど、まぁ、良いと思うのですが、

働く現役世代が、力強くは感じられません。

現役を退いた世代が元気で、現役組に元気がない、というのは、

どういうものか、

政治が悪いように、思えてきます。

それなら、元気な引退組は恵まれすぎているのだから、

彼らが勝ち得たいくばくかの富を、削り取り、後の世代を有利にしよう、

などということは、愚策にすぎるものです。

日本は、豊かになったはずなのに、

その日本の良さは、どこへ行ったやら~。

他の国ではできないことを、日本ではできる、はずだと思えば、

定年制などというものを完全撤廃して、

働く意欲があり、体力、知力があるものには、すべて生涯現役の職場を与える。

求人に年齢指定せず、就職後は、定年は無し。

つまり、職場に、年齢というものさしを無くしてしまう、ということ。

そういうことが、この日本で、なぜ出来ないのか・・・、

むしろ、他の先進国より、遅れてさえいるのではないか・・・。

ふ・し・ぎ。



日本に、100歳以上の人の脳だけを調べた研究があるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

百歳になったら、脳も相当機能が低下しているんじゃないかと思われるでしょう。

でも、まったくそうじゃないんです。

これは人によって、驚くほど違いがありまして、本当に健康な人の脳は、60代の人の脳とほとんど変わらないんです。

もちろん老化というのはありますよ。

それほど年をとらなくても、われわれだって、物忘れが激しくなったり、人の名前が出てこなかったりということがあります。

あれは実は、ごく小さな脳梗塞が脳の中で起こっているからなんです。

しかし、脳というのは非常に複雑で精緻な構造になっていますから、小さな脳梗塞がいくら起きても、すぐにバイパスが通って機能が保全される。

使っていれば使っているほど、そういうバイパスがちゃんとできるような仕組みになっているんです。

筋肉や他の臓器に訪れる単純な老化とは、まったく性質が違うんです。

ですから、適切に使っていけば、脳というのはとことん持つ。

知的欲求を常に新しいものに振り向け続けている人間というのは、永遠に内面的に成長を遂げていくことができる。

まさに、そういう生き方こそが、本当の意味で、人間としてより良く生きる、ということなのだろうと思います。

              立花隆 「知的好奇心のすすめ」より

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人に優しい政治、より、

(今の鳩山政権、うみが溜まっているのに、どっぷり漬かりすぎて、自分の症状さえ診断できなくなったいた自民政権より、よほどましだと、思いますが、どうでしょう。

自民党を壊す、壊すと叫んだ小泉政権は、結局日本を壊してしまっただけのピエロに見えます。)

人間がよりよく生きられる政治、

なんて、哲人政治みたいで、

人間にはまだ無理なんでしょうね。


ひとり一人が、

自分自身のこととして、やっていくしか、

無いようです。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
理想と現実
>職場に、年齢というものさしを無くしてしまう、ということ。

理想を言えば、その通りですが、難しいでしょうね。
一番のネックは賃金の問題でしょう。企業サイドは、安く雇用できるなら(現役時代の30%前後で)、60歳以降の労働力でもOKかも知れませんが、30%以上の賃金では、経営がもたないでしょう。
逆に、一生働ける職業(働かざるを得ない職業)は農業です。

>今の鳩山政権、自民政権より、よほどましだと、思いますが、どうでしょう。

国民の支持率はまだ高水準ですが、先行きの見通しは厳しいのではないでしょうか?
小沢幹事長が「国民生活が第一」なんて選挙対策で言ってますが、彼の政治家人生を知っていれば、額面通り受け取る方は皆無でしょう。
民主党も、その中核は、自民党の残党(旧田中派、居場所がなくなった方々)が多数です。
政治主導・脱官僚と言っても、政権中枢は元官僚ばかりです。
日本郵政の新社長選びでは、世間が呆れるような醜態を晒しました。
安全保障面、沖縄米軍基地移転では、何のアイデアも無いのに、「県外移転」を繰り返し、引っ込みがつかない状況に追い込まれています。
ポピュリズム(バラマキ)で政権をとっても財源の制約から、長続きはしません。
政治資金問題が拗れたら(脱税の事実でも出てくれば)、首相の交代が早いかもしれません。

中西輝政教授の文芸春秋11月号の論文を読んでも、今回の政権の前途は厳しそうです。
民主党が社民党・国民新党との連立を解消し、民主党リベラル派(反小沢派)と自民党リベラル派が政界再編で一緒になってから、日本の政治は新局面を迎えるのではないでしょうか?

2009/11/11(水) 23:19 | URL | 神無月 #qbIq4rIg[ 編集]
60歳なんて早すぎます
森繁久彌さん、とうとうこの時が来たといった感じです。
「忠臣蔵」の吉良上野介の役をやられていた時の
他の俳優にない深みのある縁起が
忘れられません(T_T)

学生の頃、よく立花隆さんの書いた本を読んでいました。
なんでも日本で一番IQの高い人だとか。
本をすごくお持ちで、本を保管するためだけの家を購入している
なんて、まるでim8pさんみたいですね。
今回は何冊バンコクにお持ちになるのでしょうか。

定年制を廃止するのは大賛成です。
もしかすると企業経理的に難しいのかもしれませんが、
それでも熟練した方の能力は
今の日本には必要だと思います。
2009/11/12(木) 19:54 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/380-4bf5e589
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。