きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
作家の水上勉さんのお嬢さんは、足が不自由でした。

8歳になったとき、奥さんの骨盤を削って移植する、手術をしました。

手術後、水上夫妻は、麻酔の覚めない、酸素マスクのわが子を、じっと見守っていました。

すると、かすかに、お嬢さんが人の名前を呼んでいます。

「タカちゃん」

それは、母親の名前ではありませんでした。

小さい時から、ずっと付き添って育ててくれたお手伝いさんの、名前です。

水上さんは、ハッとします。

なんて、「愛}というものは厳しいものなんだろう。

親が、我が身を削って骨をやっても、なお及ばないほどの「愛の行為」があったのに違いない。

本当に自分のために、献身的につくし、慈しんでくれた、お手伝いのタカちゃんの「愛」の方が、父にも、母にも増して、こどもには大きな、大切な「愛」であることを知らされた。

それ以来、自分は「愛」という言葉を軽々しく使わないことにした、

と水上さんは、書いています。

ビクトル・ユーゴーは、

「人生最上の幸福は、愛されている、という確信にある」

と言います。

ロマン・ロランは、

「愛は、それが自己犠牲であるときのほかは、愛の名に値しない」

とも言っています。


人間にとって、愛された、という記憶、が人間を作り、
愛されている、という思いが、幸せの源泉なのですね。


             (今泉正顕 キャンドル・サービスから  抜粋・加筆)


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/39-3849d4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。