きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゴルフ以外に、なあんにも書くことの無い日が続いています。

だから、ゴルフのスコアが驚異的に上がった、とか、

悩みのパッテングに開眼したとか、

そんな記事が書けたら良いのですが。


1週間前の、アジア組み 対 ヨーロッパ組に分かれての 対抗戦、

アジア組が、負けて、勝って、引き分け、の後を受けた、今日が決定戦です。


しかし、熱戦のあと、今日も、前半アジア組、後半ヨーロッパ組みの勝ちで、結局引き分け。

僕のスコアは、41+45=86。

前半のアジア組の勝ちに貢献するとともに、後半の負けの原因にもなる、という結果でした。


それぞれが、負け分の300バーツ支払って、プレー後の食事の原資となりました。

さすがに、参加者みんな、飽きてしまったのか、もう再戦の話は出ませんでした。



残る、大きなイベントは、23日のPBEA Clubのトーナメントです。

パイン・ゴルフで行われますが、

その予行練習ラウンド、として、今週の金曜日はどうか、

という話になりました。


こんな毎日でいいのかなぁ、と思いながらも、

健康に、ゴルフ場でプレーが出来、

その後の食事が楽しめ、

良い仲間の一人だ、と認められているだけで、

それで、良いのだ、とも思うのです。



bkk20100217

今日は、結構早めに食事会が終わり、部屋の戻ると、まだ8時半です。

上弦の月がかかっていました。


上弦の月、といえばすぐ思い浮かぶのが、吉田拓郎の、「旅の宿」です。

僕が、就職のために上京したのは、1971年ですが、すでに吉田拓郎旋風が巻き起こっていました。

この歌は、1972年作ですが、メジャーな音楽界への、これが最初のヒット曲だそうです。


こんな僕でも、汗水かきながら、社会人になろうと努めていた頃の、

悩みながらも、燃えていた、若い心の思い出が、あります。

なつかしい。


今夜は、「旅の宿」でも聴いて、幸せに、寝ることとします。

おやすみなさい、

僕の、こころ、さん。





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
Golfざんまい
 Golf好きにはあこがれのGolfざんまいの生活ですよね。
ストレスも発散でくるし、あ!今は無いですよね・・・、健康に持ってこいですし。
怪我だけには気をつけてください。
2010/02/18(木) 19:26 | URL | Take #-[ 編集]
私が幼い頃、在阪チームにドラフト3位で入団した叔父が、初めてラジオへゲスト出演するとのことで、家族でラジオの前で揃って聞きました。

叔父が、好きな芸能人を聞かれ、『八千草薫』と答え、番組の終わりにリクエスト曲を問われ、吉田拓郎の『旅の宿』と、ぶっきらぼうにつぶやきました。
そして流れたこの曲は、幼い私の記憶にしっかりと刻まれ、未だに風呂場で歌ってしまいます。

と、何の意味も無い独り言でございます。
失礼しました。

2010/02/19(金) 00:28 | URL | のり #-[ 編集]
Re: Golfざんまい
Takeさん、
本当に、健康維持のためのゴルフなので、怪我などの無いように、無理をしないゴルフ生活です。
あはは、タイに居ても、一人の生活でも、ストレスの種は、人間に尽きないものではないでしょうか?
今の、僕のストレスは、タイ語が話せないことからくる、あれやこれや、かもしれません。
したいことが、思うようにならないところから、ストレスがくるとすると、どこに住んでも、退職しても、ストレスはあるのではないんでしょうか。
ストレスの解消がしやすい、とか、ストレスの度合いが軽い、とか、多重ストレスにならない、とか、程度の差は、あるとは思いますが。
ストレスをまったく感じない、超ユッタリ、超無責任生活を送れたりするころは、もう、死んじゃっているのと変わらない、かも。


>  Golf好きにはあこがれのGolfざんまいの生活ですよね。
> ストレスも発散でくるし、あ!今は無いですよね・・・、健康に持ってこいですし。
> 怪我だけには気をつけてください。
2010/02/20(土) 14:21 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
のりさん、
コメントありがとうございます。
ひとには、さまざまな思い出があるものですね。
一回り以上も世代の違うのりさんと、旅の宿の歌を通して、なつかしい、今でも口ずさむ、という共通の思いがあるのが、うれしいですね。



> 私が幼い頃、在阪チームにドラフト3位で入団した叔父が、初めてラジオへゲスト出演するとのことで、家族でラジオの前で揃って聞きました。
>
> 叔父が、好きな芸能人を聞かれ、『八千草薫』と答え、番組の終わりにリクエスト曲を問われ、吉田拓郎の『旅の宿』と、ぶっきらぼうにつぶやきました。
> そして流れたこの曲は、幼い私の記憶にしっかりと刻まれ、未だに風呂場で歌ってしまいます。
>
> と、何の意味も無い独り言でございます。
> 失礼しました。
2010/02/20(土) 14:24 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/424-2d5b938c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。