きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
テオとの結婚式をひかえて、ピアフは最後に、もう一度、自分を責めます。

「私たちが愛し合っていることは事実。
でも、私の命はたった一本の糸でつながっているだけのようなもの。
長い将来があり、しかも健康で丈夫なこの青年を自分にしばりつけておこうなんて、道をふみはずしたことになるのではないだろうか」

テオに、こう、言います。
「あなたを幸せにしてあげられる自信がないの。
わたしたちにとって、いいことは何もないのよ」

テオは私をさえぎると、私の両肩をつかんで、揺すぶりました。
「僕は君と結婚したいんだよ。
君に僕の名前を名のってほしいんだ。

僕を幸せにできないのが心配だというけど、ぼくはきみを失うことの方がもっと怖いんだ。
居マは病気のことなんて何も考えないでほしい。
まずきみ自身がちゃんと病気を治そうと決心することなんだ。

きみの病気はぼくが治してあげるよ。
妻が病気で苦しんでいるとき、そばにいて看病するのは夫の役目なんだ。

君の健康状態が良くないことぐらい、ぼくにだってわかっているよ。
僕が愛を打ち明けた時だって、きみは病気だったんだから。

みんなはきみを見捨ててしまった。
それまではいつもきみのそばにくっついていたくせに。
本当の友達のほかはね。
だからぼくは腹が立ってしょうがなかったんだ。

ぼくがきみを愛していることに気がついたのも、
きみを幸せにしてあげたいと思ったのも、
その時だったんだ。

きみはぼくの青春をむだにしたくないと言うけど、くよくよ考えることないじゃないか。
ぼくだって、今まで毎晩毎晩、夜通しで遊びまわってばかりいて、むだなことをしてきたんだ。

もう27歳になったんだし、そろそろちゃんとした生活をして、
ある人のために尽くしたいと思ったんだ。
わかってほしい、それが、きみのことなんだ」

Edith Piaf et Theo Sarapo - Interview - 1962(テオと一緒、ピアフの幸せな顔)
http://jp.youtube.com/watch?v=B8JiDBfS09c

Edith Piaf & Théo Sarapo - A quoi ça sert l'amour(二人のデュエット)
http://jp.youtube.com/watch?v=oxuPXAH6NsE

Edith Piaf (a Nimegue) - A Quoi Ça Sert L'Amour (10 / 13)(二人のデュエット)
http://jp.youtube.com/watch?v=MuJi9AQpB7Q&NR=1


年齢にかかわりのない愛、特に女性が主役の場合の例は、たくさん沢山あるのだろうけれど、
このピアフのラブ・ストーリーは素晴らしい、と思う。

ふと、藤間紫のことが頭をよぎりました。
1944年、21歳のときに、24歳年上の藤間勘十郎と結婚、1男1女の母。
1960年代、40歳になるころから、13歳年下の市川猿之助と生活し始める。
1985年、62歳で、勘十郎(86歳)と離婚。(勘十郎は1990年没)
2001年、78歳で、市川猿之助と正式に結婚。
これも、すごい愛の物語ですよね。

女性達よ、いつまでも、すばらしい、存在であれ。

  (わが愛の讃歌 エディット・ピアフ自伝 晶文社 引用・加筆 )

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/43-b8ca2ad0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。