きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
急に、7月にバンコクに行こう、と決める。

放送大学の単位試験が、7月末にあり、その準備勉強を日本で行い、めでたく試験が終わってからバンコクに行く、
そういうつもりで、いたのです。

ところが、格安航空券をインターネットで調べ出すと、どの会社でも、8月1日から、8月15日まで、ハイ・シーズンで、値段が倍近くに、跳ね上がることがわかります。

そんな高い航空券は買う気がしない。
とすると、次に行くのは、8月の16日過ぎ、ということになって、
6月の15日に帰国した日から、ちょうど2か月、日本にいることになる。

ちょっと、どうかなぁ。。。

ということで、勉強を、バンコクでやればいいじゃないか、という気になってきた。

もう、勉強できなくても、いい気になってきた。
あはは。

そこで、インターネットとの格闘がまた、始まります。
格安航空券を得るために。

先回の学習では、なんだかんだいっても、バンコク行きなら、タイ国際航空が一番安い、ということがわかっていました。

直航便で、明るいうちにバンコクに到着、30日Fix、という条件ですが。

こんどは、荷物も少なく、身軽なので、乗継でもOK,最安値のフライトで行こう、と決めました。

乗り継ぎ、午後便が一番安い、と思った。

2.8万円、中国航空(北京経由)、乗継。
一見やすそうでしたが、どっこい、くわせもの。
燃料サーチャージ(30150円)、税金(2310円)、空港使用料(2040円)、その他(手数料)で、3.5万円。
合計6万3000円。
行きは、9時間、帰りは12時間のフライトになる。

4.43万円、全日空、直行便。
燃料サーチャージ(28600円)、税金、空港使用料が、全部で3.3万円。
合計7万7300円。

4.5万円、シンガポール航空、直航便。
燃料サーチャージ(17360円)、税金、空港使用料が、全部で2.2万円。
合計6万6700円。

5.8万円、タイ国際航空、直行便。
燃料サーチャージ(17390円)、税金、空港使用料が、全部で2.2万円。
合計7万5000円。

結局、シンガポール航空に決定。
乗継で、サービスのおぼつかない中国航空で、12時間もかかるフライトと、
4000円弱の差、しかないので。

中国航空の格安販売の仕方には、参りますね、旅行代理店さん。
燃料サーチャージ等、一番高い設定になっていて、みかけの2.8万円は、おとりです。
こういう、詐欺的雰囲気を是正する意味で、
10月くらいから、航空券販売は、全額記述することに、法律が改正されたと、聞きます。
当然、ですね。
費用の比較が、インターネットででてくる最初の金額ではできない、というのは困る。
また、そのことを知らない人は、だまされた、と思う人もでてくるでしょう。

燃料サーチャージも、航空会社によって、様々です。

シンガポール航空、タイ国際航空は、今のご時世で、安い設定でがんばっている。
日本系は、全日空も日本航空も、高いです。

シンガポール航空が、サービス世界一、というのも、わかるような気がしますね。

では、行ってまいりまっす。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/44-b3dfb241
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。