きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今一番親しくしている女性友達、Kさんの、

3月29日の試験までの努力(一夜漬けの試験勉強だったかもしれないけれど・・・)を慰労するために、

彼女の希望の、チャーン島へ行くことになりました。

前日から僕のコンドミニアムに泊まり、

4月1日、朝の6時に、エカマイ東バスターミナルに向かって、出発です。

木曜日なので、朝のラッシュ・アワーを避けたいのと、なるべく早く島へ到着したい、

ということで、早朝の出発にしたのでした。

前夜のうちに、あまったご飯でおにぎりなどをつくって(梅干、しゃけ、おかか・・・めちゃ大きく、いびつなおにぎり!)、

家で朝食はとらないで、出発。

意外に道路は空いていて、なんなく30分強ほどで、エカマイ到着。


Kさんが窓口を探し、CHERD CHAI TOUR(エカマイ・バス・ターミナルの右側の窓口で、パタヤに行くときにいつも使う、バス会社、です)で、往復切符を購入。二人で、往復、950バーツ。

出発は、7時15分。

缶ビールや水を買って、車内に入り、さっそくおにぎりの朝食をたべようとすると、

車掌が、アルコールは、車内ではダメ・・・と言う。

素直にビールはあきらめて、おにぎりにぱくつきました。

まぁ、いつものように、旅行気分で食べるおにぎりは、僕とKさんが初めてにぎったものでも、おいしく感じるのは、どうしたわけでしょう。

僕が、2個。彼女が1個。


このバスは、時間がかかります。

チャンタブリーの先、映画2本観て、やっとバン・グラダーンという駅で降りました。

5時間半ほどの、バスです。

降りた、そこにある旅行社で、レーム・ンゴプのセンターポイント・フェリー乗り場までのソンテオ・バスと、フェリーのチケットを購入。往復、二人で、480バーツ。

ここで、バスを降りたのは、僕たち二人だけでした。

旅行社の販売員は、ハイ・シーズンだからホテルもここで予約をした方がいいよ、と勧めましたが、

滞在するビーチの様子がわかった上で、ホテルを決めたい、

という考えがあり、

また、もうハイ・シーズンではないだろう、

という思いもあって、ホテルは現地で決めることに。

バン・ブラダーンから、フェリー港までが、けっこう曲者で、

30分ほど、モーレツなスピードで走る、狭いソンテオで、頭をゆられ、軽い車酔い気味に・・・。

しかし、港に到着すると、すぐに乗船。


2010kochang1
おお、あれが、僕たちの乗る、フェリーか?


船上には、かなりの数の人が、乗っていました。

車も、フェリー船いっぱい。

車で来たひとばかりではなく、別のバス・ルートで来た人たちも多そうです。


2010kochang2
外国人客が、80%ほど。
日本人には、旅行中もあわなかったみたい、です。


2010kochang3
足を無造作に投げ出して、すっかりくつろぎ、旅行気分満点なKさん。



後で、地球の歩き方をみると、チャーン島への行き方は、トラートからの方法からしか紹介されていません。

バス旅行でも、バンコクからトラートヘ、そしてレーム・ンゴプへと来るのが、一般的なのかもしれません。

かかる時間に、大差はないという気がしますが、今回のルートでよかったのかどうか・・・次回には確認したいな、と思っています。


2010kochang4


2010kochang5
Welcome to Ko Changの看板を遠くに・・・パチリ。

いよいよ、チャーン島に到着、さっそくビーチまでへの乗り合いソンテオへ。

僕たちが決めていた、ホワイト・サンド・ビーチ(サイカオ・ビーチ)は、一番近く、ひとり50バーツ。

結構、ケワシイ坂を登ったりしながら、15分は走って、ビーチへ到着です。


2010kochang7
これが、ホワイト・サンド・ビーチだぁ、っと。

ビーチをそぞろ歩きながら、海岸沿いのバンガローの空きを探しましたが、

どうやら、まだ、ハイ・シーズンというのは本当で、値段も2000バーツカラ3000バーツしますし、

とくかく、良い部屋が空いていません。

4、5軒チェックすると、くたびれてしまいます。

どうせ今日は寝るだけだから、海岸沿いでなくてもいいか、ということで、

方針変更、海岸に沿って走る道路沿いのホテルをチェック。

地球の歩き方の地図にも載っている、コ・チャーン・ラグーン・リゾートが、ビーチ沿いノバンガローとともに、

道路沿いに、タワーAとタワーBのホテル部屋をもっており、

タワーAが1700バーツ、タワーBが1400バーツ。

僕たちに、タワーAの部屋を、1400バーツで提供してくれることになり、ラッキー。

洋食、タイ食、両方ある朝食付です。

2010kochangragoonhotel
ラウーン・リゾート・ホテルの表玄関です。


部屋の設備も、申し分なく、さっそく荷物を解いて、いざ、海へ!

Kさんが、泳げること、

けっこう散歩とか、動き回るのも好きで、

到着後、疲れたから、眠って休みたい、

というタイプの女性でないのが、僕に合っているようです。


2010kochangsaikhao1
ラグーン・リゾート前のビーチです。
白い砂がさらさらで、浜もひろく、人も多くありません。

2010kochangsaikhao2
そして、かなりの遠浅の海が広がります。


2010kochangsaikhao3
ちょっと、絵になる、感じ?

2010kochangsaikhao4
特に僕が気に入ったのは、ラグーン・ホテル前の砂浜にある木が、ビーチ一番の大きな木であったこと。
巨大な木陰を作ってくれます。
ビーチ・パラソルではなく、ビーチ・ツリーの下に、ビーチ・チェアーを出して、のんびり。
突き出た威容なふたつの筒は、僕の足でした。


2010kochangsaikhao5
となりのチェアーにはKさん。


2010kochangsaikhao6
そして、強い日差しをものともせずに、白浜に直接ビーチ・マットを敷いて座っている白人カップル。
実は、この女性、かなりの美形で、海からあがってくるときのスーパー・モデル張りの美しさは、人目を引いて、羨望の的。そして、その男性は、かなりリッチそうな紳士で、出来すぎるほどに似合いのカップル、のように見えました。
しかし、やがて浜辺に座ると、女性は彼に背を向けて、タバコをふかし、モバイル操作に忙しくなり、男性は一向に気にしている風でもありません。なにか、つめた~い風がふいてる、感じ。
リッチな男性に美貌の女性も、人をうらやましがらせるかもしれませんが、
初老の男に(僕のことです)、若いタイ女性(Kさんのことですが)の典型的なカップルも、人をあんがいうらやましがらせるかも・・・なんて思ってしまいました。


海水浴で、時間を過ごした後、ビーチ道路沿いに、散歩をします。

他のホテルなどを確認したり、

地元のマーケットや、

出来立てのウオーキング・ストリートとか、

ビアバーが集中している一角を過ぎると、なにやらよさげなホテルが見つかりました。

中を覗いて、その景色の良さが気に入りました。

もし、明日、チャーン島奥の海岸を、バイクで走査したあと、他に気に入った場所がなければ、

ここに泊まろう、と。


ソンテオ・タクシーでラグーン・ホテルまで戻り、

小休憩。


2010kochangragoonhotelsunset
ラグーン・ホテル、Aタワー、4階、4009号室からの夕陽です。

夕陽が沈んだ後、

ビーチに開かれたレストランで、夕食。

2010kochangdinner1


基本シーフードで、まずまず満足、の食事となりました。



これで、一日目の終わり。

おつかれさま!




↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
よさげですね=
コチャン、良い所のようですね。
私は行った事がないのですが、少しきつい
思い出がありまして、これまで故意に
避けていた所がありました。
が、一度行ってみたくなりましたね~(^0^)/
Kさん、めちゃくちゃ美人っぽいじゃないですか!
この女性にim8pさん、罪ですよ!
間違いなく、この白人カップル以上に
注目されていたと思います(笑)
2010/04/05(月) 05:20 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
Re: よさげですね=
ウチャラポーンさん、
コチャンにも、パヤオ同様に、秘められた、美しくもはかない思い出があるんですね!^O^
私には、他の島とか、他の観光地と比較することは出来ないのですが、十分に楽しんで帰ってきました。とにかく、旅行は、その場所ではなく、誰と行くか、に尽きるような気もしますが・・・。オノロケでしょうか?
美人っぽい、というのはどうでしょうか・・・美人の尺度は、ほんとうに人それぞれですから。
今回の旅行でも、ファランが連れている「美人」のタイ女性の野性的な顔や姿態に、どうしてかなぁ、と思い続けていました。
この、かれらとの美人の尺度が違うので、日本人など得をしているのではないでしょうか。
Kさんの場合、ときどきハっとする表情があって、私は好きです。
決して罪なことはしていない(つもり)です!^O^


> コチャン、良い所のようですね。
> 私は行った事がないのですが、少しきつい
> 思い出がありまして、これまで故意に
> 避けていた所がありました。
> が、一度行ってみたくなりましたね~(^0^)/
> Kさん、めちゃくちゃ美人っぽいじゃないですか!
> この女性にim8pさん、罪ですよ!
> 間違いなく、この白人カップル以上に
> 注目されていたと思います(笑)
2010/04/06(火) 05:43 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/447-31c1382f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。