きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
チャーン島、二日目は、朝の8時半に、ラグーン・ホテルの朝食ビュッフェで開始です。

家族連れに混じって、タイ女性を連れたファラン(白人)がやはり、ちらほら居ます。

洋食も、タイ食もあるビュッフェですが、僕は洋食系をピックアップ。

Kさんも、どちらかと言うと、洋食系を取っています。

食後、浜辺をちょっと散歩してから、

今日一日借りる貸しモーターサイクルのお店へ。

一日200バーツの店と、250バーツの店がありましたが、

250バーツの店の方が大きく、バイクも新しいので、こちらに決定。

パスポートか、タイ人のIDカードを預ける必要があるのですが、

僕は、一日もパスポートを預けて、偽造用に使われたりする心配をするのがいやなので、

KさんのIDカードを預けることに決定。

また、運転はKさんがします。


チャーン島は、西側に、北からサイカオ・ビーチ、クロン・プラオ・ビーチ、カイベー・ビーチ、ロンリー・ビーチ、バン・パオ湾と、ホテル・バンガローが続いて居ます。

一番観光化されているのが、サイカオ・ビーチで、外国人が多く、南に下るほど、ローカル色が強くなり、値段も安い、と言われているようなので、その様子を見てみたい、そして良さ気なバンガローがあれば、そこに泊まろう、という考えで居ました。

そこで、Kさん運転のモーターサイクルで、島の縦断を敢行したのです。

あはは、といっても、30分も走れば、上記の海岸はすべて通過できます。

いろいろ、見たのですが、

サイカオ・ビーチ以外は、かたまってホテル・バンガローやレストランがあるわけではないので、

どこかに泊まると、その場所に釘付けになってしまう、

それこそ車がなければ身動きできない感じなので、

僕のような観光客には、どうも不便すぎるように感じました。

それに、値段も、結構高い、と感じました。

1時間以上、バイクで走って、結論は、

やはり2泊目も、サイカオ・ビーチで、という事に決まりです。


ラグーン・ホテルに戻って、チェック・アウトし、昨日の散歩で見つけていたHut Hotelに移動。

2010kochanghuthotel0


Best Price、Best ViewのKo Chang Hut Hotel。

Air Condition、ホット・シャワー、Canble TV、DVD、大きめの冷蔵庫、など一通りで、

オーシャン・ビュー、5号室、1500バーツ。

(6号室、19号室、その次に5号室が、お勧めです)

2010kochangHutotel2
5号室は、ベランダが絶壁の上にあり、海に面しています。


2010kochangHuthotel3
眼下の海が、美しい。


2010kochangHuthotel01
玄関側の石の道を下っていくと、ホテル下の小さなビーチにでます。
ここで、泳いだり、スノーケルができる、と聞いて、こころ惹かれたのも、事実です。
後で、このビーチで遊ぶことになります。


チェック・インの後、ホテルの絶景のレストランで、昼食です。

2010kochangHuthotel5
海に見とれるKさん。

2010kochanghuthotellunch2
たまには、僕も登場!
注文した料理を待つ、僕。
チャーン島に居る間は、チャーン・ビアで。



さて腹ごしらえをした後は、滝を見に、またバイクで出かけました。

島に滞在している外国人などが、結構、バイクに乗って、走っています。

しかし、見たところ、女性が運転して、大の男が後ろに乗せてもらっているのは、

僕たちだけのようでした。

ちょっと、カッコ悪いかな。


いよいよ、滝まで、700メートルのトレッキング(大げさです)の開始。


2010kochangwaterfall0
このような、きれいな景色の中を上っていきます。


2010kochangwaterfall1
クロン・プルー滝に、到着で、パチリ。


2010kochangwaterfall2
さらに上流を見上げると、なにやら悩ましい、人魚が、二匹?


2010kochangwaterfall3
実体確認。。。あまり美しくも無い、西洋人、でした。



2010kochangwaterfall7
こちらの方が、さわやかで、良さそう・・・。
ひいき目です。
白糸の滝、最近端に立つ、Kさん。


2010kochangwaterfall8
帰りの下りの道では、自然のブランコで一休み。。。
子供っぽい。
僕は、他のツルで、ターザンの真似をしましたが・・・。


2時間ほどの、滝の見学を終えて、ホテルへ帰りました。


さっそく、休む間もなく、ホテルの崖下の、プライベート・ビーチともいえる海へ。



2010kochangHuthotelbeach1
誰もいないビーチに、大喜びのKさん。


2010kochangHuthotelbeach2
ちょっと、ポーズを取ってみてと頼んで・・・。

実は、このあと、泳ぎだしたのですが、砂浜ではなく、小石の浜で、海の中も小岩が多く、水泳にはむいていないことがわかりました。

そこで、スノーケルをしよう、ということに。

ホテルのフロントに聞くと、スノーケルの貸し出しはない、という。

それで、100メートルほどのところにあったお店で、スノーケルのパイプと、足ひれを購入。

二人分で、1500バーツ。

水中メガネは、普通の水泳用メガネをもっていたので、それで代用することにして、

再度、崖下ビーチに、GO!

始めは、慣れなくて、塩っ辛い思いを何度もしましたが、

しばらくしてコツをつかむと、長く泳ぎ続けていられるようになり、

海面下の、魚やら、岩模様など、楽しむことができました。

Kさんは、長く泳ぎ続けていることが楽しいようで、なかなか止めようとしません・・・。


ということで、

朝から、バイクでのツーリング(大げさ、です)、森林浴付き滝上りのトレッキング(大げさ、です)、

そして最後にスノーケルで、美しい七色に魚を堪能(大げさ、です)、

やっと、一日を終えたのでした。



2010kochanhHuthotelsunset1
夕食に出かける前の、ホテルからのサンセットを楽しむ、Kさん。


2010kochangHuthotelsunset2
太陽が、この海の下へ・・・

2010kochangHuthotelsunset3
沈んでいきます。


2010kochangHuthotelsunset4
ロマンチック、なひと時です。



そして、翌朝、チャーン島を後にしました。

2010kochangreturn1
さようなら、また来る日まで。。。


お疲れさまでした!


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
うらやましすぎます....
お疲れさまでした。
というか、疲れは全く感じでいないのではないでしょうか。
Kさん、海でのポーズ写真を見る限り、
im8pさん、読者の2万人くらいから
敵意をかっていると思われます。
お世辞抜きで、これはあかんですよ!!
(すいません、興奮して関西弁に....笑)
2010/04/06(火) 18:12 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
2万人の中の一人です!
なにもかもうらやましい限りです!
この美しい風景は、日本ではあり得ません。「生きてる」ことが実感できるはずです。それだけで十分なのに、美しい女性まで・・・
あー、タイに行きたい!
2010/04/06(火) 19:13 | URL | カメちゃん #-[ 編集]
Re: うらやましすぎます....
ウチャラポーンさん、
はい、疲れはまったくなくて、今度はどこへ行こうか、と話しながら帰ってきました。。。
あはは、あかんほどの、2万人読者からの敵意、はまったくないと思いますが・・・。
しかし、いつものごとく、ウチャラポーンさんの上手な言い方で、その気にさせられ、今、良い時間を過ごしているのかな、と振り返っています。


> お疲れさまでした。
> というか、疲れは全く感じでいないのではないでしょうか。
> Kさん、海でのポーズ写真を見る限り、
> im8pさん、読者の2万人くらいから
> 敵意をかっていると思われます。
> お世辞抜きで、これはあかんですよ!!
> (すいません、興奮して関西弁に....笑)
2010/04/07(水) 11:15 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
カメちゃん、
そうですね、タイだからこそ、の良いことが、沢山あると思います。
当たり前のですが、タイのファンが絶えないのは、それがあるからですよね。
女性、だけではなくて・・・。
ゴルフ友達を通して、それを感じています。
日本に残って、早期定年退職後の趣味の生活を想像してみると、それなりの良さは分りますが、新しい発見、刺激的な経験、などに囲まれて、生き生きしていられるかどうか、ということになると、タイでの生活に軍配があがりそうです。


> 2万人の中の一人です!
> なにもかもうらやましい限りです!
> この美しい風景は、日本ではあり得ません。「生きてる」ことが実感できるはずです。それだけで十分なのに、美しい女性まで・・・
> あー、タイに行きたい!
2010/04/07(水) 11:23 | URL | imhappy #-[ 編集]
俺も
ちょっと敵意がある2万人の中の一人です。
何時の間に。。。。。笑。

チャ―ン島、
去年行きました。
レンタバイク借りて転んでケガしました。はは。

件の滝では、タイのガキ共に交じって滝壺にもダイブ。
連れには、いい年したおっさんがと、呆れられましたけど。

景色は奇麗だし、海鮮は旨いしパタヤほど猥雑ではなくてほどほどな感じがいいですね。
2010/04/10(土) 16:09 | URL | zin #mQop/nM.[ 編集]
Re: 俺も
Zinさん、
チャーン島に行かれてたんですね。
あの滝つぼ、私も飛び込んで涼をを取りたかったんですが、勇気がありませんでした。
Zinさんは実行!お見事、です。
いいところでした。


> ちょっと敵意がある2万人の中の一人です。
> 何時の間に。。。。。笑。
>
> チャ―ン島、
> 去年行きました。
> レンタバイク借りて転んでケガしました。はは。
>
> 件の滝では、タイのガキ共に交じって滝壺にもダイブ。
> 連れには、いい年したおっさんがと、呆れられましたけど。
>
> 景色は奇麗だし、海鮮は旨いしパタヤほど猥雑ではなくてほどほどな感じがいいですね。
2010/04/16(金) 00:00 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/448-9ec65ff2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。