きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
というタイトルのコメントをいただいて、

それにしては、僕のバンカピ生活はのほほんとしているので、

同じバンコクでも、そんなに違うんですね、

という感想を持たれていました。

政府によって「非常事態宣言」が出され、

日本の新聞の1面の記事になるような、

デモ隊排除をめぐって、軍とデモ隊に、19人の死者、800人以上の傷害者がでてしまった状態は、

なるほど、内戦状態、とすら表していいのかもしれませんが、

実際の多くの市民の意識は、それほどの緊迫感を感じていない、というのが事実かと思います。

それが、タイの国のあり方、これまでの歴史に裏打ちされた実際感なので、外国人からみると、不思議さ、面白さ、いい加減さ、はがゆさ、などの感覚になるとと思います。


そういうことで、非常事態宣言の中で、ゴルフをして遊んだりすることに「不謹慎」のような感覚を持たないでいます。

先の8日は、PBEAクラブの第5回トーナメントがプレジデントで行われたのですが、

参加者150名と、ほとんど計画通りの人数の参加者があつまりました。

影響、といえば、いつもの大会に参加する、銀行OBグループのメンバーのバクさんが、来ていませんでした。

どうして?

と聞くと、そのメンバーの一人が、笑いながら、

「赤服のデモに参加してる」、と。


状況が状況ですので、この大会のことは、簡単に。

僕の結果は、予想通り、またも惨敗・・・93でした。

予想通り、というのは、前夜よく眠ることが出来ず、

たった2時間半の睡眠では、必ずめちゃくちゃなゴルフになってしまうことが、最近ハッキリ分ったからです。

今回も、なにがなんだか分らない内に18ホール終わっていました。

パーを6つ取っていたのに、トリプルが3回、ダボが3回、では80台がでません。

次のトーナメントの前日は、夜の10時にベッドに入ること、

という対策を既にたてました。

プレジデントで、パーティ費込みの1000バーツは、割安感があると思っています。

(今、プレジデントは、月曜日がプロモーション・デイで、ゴルフ・フィーが650バーツ、キャディ・フィーが250バーツで、トータル900バーツでプレーできますが・・・)


翌日の9日(金曜日)は、サン・セーブ ボートで、デモの中心点の一つである、伊勢丹・セントラルワールドのあるところへ行ってきました。


20100409udd1
伊勢丹前に通り、です。
封鎖され、歩行者天国状態になっています。
この通りを渡るには、写真にある歩道橋をいつも使うわけですが、今日は初めて、直接横断です。


20100409udd2
BTS架橋の下も、赤服デモ隊の休憩地になっています。



20100409udd3
英気を養うように、マッサージも受けられます。
のんびりと、寝ちゃっています。


20100409udd4
デモ隊の一部の移動、でしょうか。
音楽と、歓声で、盛り上がっていました。


20100409sakura1
ふと、遠くをみると、サクラのような。。。遠目には、さくらの木のような雰囲気。。。


20100409sakura2
おっと、近くによると、こんな大きな花びらで。。。
でも、目を和ませてくれる花です。



そして、日が変わって10日(土曜日)は、上記の「流血のデモ・デー」だったのですが、

それとは知らず、

イチャイさん、マークさん、パムさんと、タノンでゴルフをしていました。

昼の12時からのゴルフで、

夕食は終わって9時まで、

ゴルフ場でも、レストランでも、

デモの話題は出ませんでした。

バンカピ、ミンブリ地域では、緊迫感はない日々です。

赤服を着た人が都心に向かっていく姿が、目に留まる、といった程度でしょうか。


この日の成績は、パットが全然だめだった(80センチ以内を、4度外しました!)のですが、

バーディ無しの、パーが6個、ダブルボギーがたった2個で、

45+42=87。


さて、いよいよソンクラン、です。

非常事態宣言、状態ですが、コン・ケーンに行こう、と計画しています。

さて、どうなることやら・・・。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
もう....
正直、とうとうここまで....という感じですよね。
犠牲になった方の冥福を。
そしてここにきて少し良い方向にきているような気がします。
確かに集会地にいかなければ、
本当にこの国であの惨事があったのかと
疑う程ですよね、バンコクは。
とりあえずこれ以上の犠牲をださないように、
願うばかりです。
2010/04/13(火) 00:06 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
こうなった原因の根は深いので簡単には決着が着かないでしょう。
まさに内乱寸前の状態です。

SET指数も暴落中ですが、こんなものではすまないでしょう。
国王がまだ存命中でこの有様ですから、国王が死亡すると事態はさらに悪化の一途をたどる事になります。
ロイターから派遣された日本人のカメラマンが銃撃されて死亡しましたが、
今回の騒乱の背景が分かっていなかったとしか思えません。

まさに危機管理能力が、彼とロイターに無かったというのが驚きです。
前回バンコクを騒乱状態にする事に失敗して、タクシン離れが生じている中で
最高裁のタクシンの資産60%没収は彼にとって大変な打撃です。

今回のタクシンの決意は最後の決戦と思われます、日本人カメラマンは状況から言って
タクシン派の犯行と推察されますが、結果として真相は藪の中になるでしょう。
最初に書いた通り問題の根は深いので、仮にタクシン派が復活しても同様の政府転覆運動がやむ事がありません。

今となっては農民を救ってこなかったタクシン以前の政治家の失政が悔やまれる所ですが
タイ人に反省を期待する事は、八百屋に行って魚を求めるようなものでしょう。



2010/04/13(火) 23:23 | URL | やまちゃん #-[ 編集]
Re: タイトルなし
やまちゃん、
コメントありがとうございます。
内乱には、ならずに状況は変化するのではないかと、期待しています。
しかし、おっしゃるとおりに、これは根が深いので、繰り返しが続くことと思います。
やんごとなく方がお隠れになって、しかし、やがては徐々に、デモクラシーへの道が開けていくのではないかと、首を長くして、期待しています。
その灯を絶やすことなく、形を変えてでも、継続していく力があるか?
タイの学識層、ジャーナリストを含む知識人、大学生などの若年知識層の、正義や理想への熱情が、少ないようで、心配ですが。
よく、タイは民度が低いから、デモクラシーなどなじまない、などという暴言を外野にいる日本人が発言したりしていますが、民度で言うなら、日本は立派な最低民度の国のひとつです。
買春でタイにくる人間が大半、という民度の低さの国の人間が、なにをたわけたことを言うか、と感じてしまいます。あはは、ですね。


> こうなった原因の根は深いので簡単には決着が着かないでしょう。
> まさに内乱寸前の状態です。
>
> SET指数も暴落中ですが、こんなものではすまないでしょう。
> 国王がまだ存命中でこの有様ですから、国王が死亡すると事態はさらに悪化の一途をたどる事になります。
> ロイターから派遣された日本人のカメラマンが銃撃されて死亡しましたが、
> 今回の騒乱の背景が分かっていなかったとしか思えません。
>
> まさに危機管理能力が、彼とロイターに無かったというのが驚きです。
> 前回バンコクを騒乱状態にする事に失敗して、タクシン離れが生じている中で
> 最高裁のタクシンの資産60%没収は彼にとって大変な打撃です。
>
> 今回のタクシンの決意は最後の決戦と思われます、日本人カメラマンは状況から言って
> タクシン派の犯行と推察されますが、結果として真相は藪の中になるでしょう。
> 最初に書いた通り問題の根は深いので、仮にタクシン派が復活しても同様の政府転覆運動がやむ事がありません。
>
> 今となっては農民を救ってこなかったタクシン以前の政治家の失政が悔やまれる所ですが
> タイ人に反省を期待する事は、八百屋に行って魚を求めるようなものでしょう。
2010/04/15(木) 23:42 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: もう....
ウチャラポーンさん、
やはり、大きな節目には、犠牲者を出さずに済まないのが、悲しき人間の限界のようです。
これだけの被害で済んだところに、亡くなられた方の意義があったと、末永く記憶に残るようにしてあげることしか、できないもどかしさがあります。
ウチャラポーンさんの言うとおり、これから良い方向へ向かうことを願います。
しかし、アビシットはなんの決定も出来ない政治家、で終わってしまいましたね。
彼には、黄色を赤の、中道を行き、新しいタイへ導く可能性があると、思わせて登場したはずですが、ただのうすっぺらなメッキだったとは、情けなし、です。
彼の政治で、失われた2年間、ということになりますか・・・。


> 正直、とうとうここまで....という感じですよね。
> 犠牲になった方の冥福を。
> そしてここにきて少し良い方向にきているような気がします。
> 確かに集会地にいかなければ、
> 本当にこの国であの惨事があったのかと
> 疑う程ですよね、バンコクは。
> とりあえずこれ以上の犠牲をださないように、
> 願うばかりです。
2010/04/15(木) 23:49 | URL | imhappy #-[ 編集]
おたずねします
貴殿の言う、これまでの歴史に裏打ちされた実際感とは、どういうことを言うのでしょうか?
全然わかりません。
この国が、二つに分かれ、どっちなのか、それとも別の道筋があるのかと、生命を賭して悩んでいる状況の中、タイ人が「いい加減」な文化、慣習(それはマイペンライの文化?)なので私(外国人)も甘えさせてもらっていますという風に聞こえます。そしてゴルフ?ですか?
ゴルフを否定はしませんが、少し安易すぎませんか?
2010/05/18(火) 02:36 | URL | SOI22 #-[ 編集]
Re: おたずねします
SOI22さん、
おたずねの「これまでの歴史に裏打ちされた実際感」とは何、全然分からない、ということですが、確かに分かりにくいですね。
ニックネームから察するところ、私などより余程タイについてご存知の方と思われますので、「歴史」などといわれると、何これ、と思われたのかもしれません。
意味したかったのは、「過去のことからみて、政争があっても結局はうまく解決してくれるだろうから安心している」、とでもいう感じです。
1932年に立憲君主制になってから、クーデターは18回起きているそうですが、その殆どが無血のクーデターで、一部には政権交代の儀式のようなもの、とさえ受け取られているやに聞いております。
一方、タイ人の性格特徴として、よく3S(サバーイ、サヌック、サドゥアック)である、と言われますが、確かにその通りで、直接自分が関わる政治問題でないかぎり、個人の3S中心の生活を送る傾向が強いと思います。汚い言葉で言えば、「いい加減な」性格かもしれませんが、それがタイ人の良さでもあるわけですから、否定しきれないと感じます。
よく、こんなひどい状態になってタイに住んでて大丈夫?という日本からの質問に対して、
「現場近くに」住んでいなければ、まったく普段と変わらない、まったく平和な生活が送れているよ、と応えているタイ在住の日本人方が多いですね。あきれるくらい、本当です。
そんな感じで、バンカピで、今日のゴルフをしました、という内容の記事だった、と思います。
もう、1ヶ月以上前の記事です。
こんなに酷く、流血の騒動になるとは、思いもしなかった、時期でした。



> 貴殿の言う、これまでの歴史に裏打ちされた実際感とは、どういうことを言うのでしょうか?
> 全然わかりません。
> この国が、二つに分かれ、どっちなのか、それとも別の道筋があるのかと、生命を賭して悩んでいる状況の中、タイ人が「いい加減」な文化、慣習(それはマイペンライの文化?)なので私(外国人)も甘えさせてもらっていますという風に聞こえます。そしてゴルフ?ですか?
> ゴルフを否定はしませんが、少し安易すぎませんか?
2010/05/18(火) 10:06 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/452-097d9170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。