きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ソンクラーンでKさんが田舎に帰るので、一緒に行ってみることになりました。

3月の13日に、タイに戻ったときに、すでに行くことに決めて、

バスのチケットも予約しておくように、頼んでいました。

その後も、僕の決心がより固まるように、何度か、チケットは大丈夫だよね、

出発直前に申し込んで、とんでもないバスでいくのは嫌だよ、

と話していたものでした。


ところが、いざ、ふたを開けてみると・・・。

出発日の一日前には支払いをしないといけない、電話予約(かインターネット予約)のチケットだったのですが、

支払いはAISのオフィスで良い、となっていたようです。

さて、AISへ行ってみると、その予約番号が、見つからないし、そのバスのチケットはもう完売している、

というではありませんか。

11日にAISに行ったのですが、もうそうなったら何時でもいいから、取れるチケットを、ということになる・・・(実は、こうならないように何度も何度も念を押したのですが、タイ女性は聞かないようです・・・・)。

結局は、12日の午後7時出発、コン・ケーン行きの2等バス、ということに。

2等バスは、エア・コンはありますが、車内トイレなく、頻繁に各所で停まるので、時間がかかります。

最初の目論見は、12日の午前7時発のVIPバスで、12日はコン・ケーンに泊まり、翌日さらにバスで2~3時間という彼女の田舎町に行く予定でした。

これが、夜7時発だとすると、2等バスはコン・ケーンまで7~8時間はかかるでしょうから、順当に行って朝の2~3時、帰省ラッシュの渋滞に巻き込まれれば、到着は13日の朝の5時とか6時になってしまいます。

そんな時間なら、コン・ケーン泊は止めて、田舎町まで直行するか・・・?

いやいや、そんな強行軍では身体が持たない・・・などなど不安に思いながら、一応コン・ケーンのホテルは押さえておいて、いざ、出発!


バンカピからモー・チットの北バス駅まで、タクシーで1時間弱、渋滞もなく、120バーツ。

20100412MochitBusStation
建物内は、ひとひとひとで一杯。
当日券を売るがなり声もうるさい。
冷房はまるで効かない人いきれです。


20100412KoratBusClass2
これが前日やっと手に入れた2等バスです。
しかも座席が最後列の右側で、どうみても最悪シートです。
僕が、今回の成り行きに、かなりの不満を表したので、Kさんは小さくなっています・・・。
あまり、不満を言っても仕方がないな、と思いながら、教育的指導の念も含めて、あまり甘い顔はしないように、などと思いながら・・・。

実際の道中は、12日だったからか、帰省ラッシュによるヒドイ渋滞、というほどのものはなく、

ただ、2等車だったので、寄る駅が多く、時間がかかった、という印象です。

しかし、コン・ケーンに到着したのは、3時半を過ぎていました。

田舎町へのバスは朝の6時が始発です。

このまま、駅で2時間半過ごしてバスを待つか、

ホテルで5~6時間ほど眠って朝9時過ぎのバスで出発するか・・・。

僕が、コン・ケーンまでのバスで、(夜行にもかかわらず)、2時間も眠れていないので、ホテルで休息に決定。


トゥクトゥクで、ブラッサカム・ホテルに到着したのが、朝の4時。

ホテル・マンの対応は親切で、12の夜泊、13日チェックアウト、という取り扱いではなく、

13日泊、14日チェックアウト、ということにしてくれる、と言います。

つまり、13日早朝の泊まりは数えず、1泊料金(ツインで900バーツ)で、2日間泊まれる、というのです。

ラッキー、な気分で、シャワーを浴び、ビールを飲んで、さっそく就寝!


5~6時間も寝ようと思ったのですが、ビールを飲んで寝た後は、決まって2時間で目覚める僕の習性で、朝の7時には起きてしまいました。

そして、そのまま、Kさんの田舎町へ行くことに決めます。

その後もバスで、いろいろあって、結局、彼女の町に着いたのは、13日の11時ごろ。

彼女の家は、祖父母の家で、父親がコン・ケーンに近い官舎に住んでいるとのことで、

近くに住む、おばさん、おじさんが、毎日やってきて、祖父母の生活を助けてくれている様子です。

Kさんのすぐ下の妹が、二人の娘を連れて、バンコクから戻ってきています。

家は、東南の角地で、人通りが比較的多く、雑貨を売っていましたが、結構買い物客が多い様子。


家に到着すると、1階の道路側に席を作ってあるテーブルで、(何度目かの)酒盛りが行われており、

僕も、アイサツをする間もなく、仲間入り、です。

ビールをすこし飲んで、やがてRegencyというブランデーになり(ウィスキーが、隣の酒売り店で、品切れになり、ブランデーにしているのだそうです・・・昨日から村中飲みっぱなしで、ウィスキーが無くなってしまった?)、1時間もすると、僕は、もう顔が真っ赤になってしまいました。


バンコクで働いている実兄とは英語で話ができます。

大学卒のタイ人が普通に話せる英語のレベルです。(彼は大学を卒業していると言っています)。

おばさんの、日本流で言えば高校2年生になる息子が、英語の勉強をしている、ということで、辞書を片手にテーブルに座り込んで、話しかけてきます。


なんだかんだ、しているうちに、親類の人が入れ替わり立ち代り現れ、僕は覚えていられません。。。


そこで、シャワー(水浴び?)をして、一眠り、することに・・・。


ここに来る前に、Kさんと話していました。

僕のことを親類縁者に訊かれたら、なんと応えるか。

わたしの仕事のボス、が良い?わたしの恋人、が良い? どっち?

恋人、でいいんじゃない(と、僕)。

年齢は50歳、って言って良い?

それでいいんじゃない(と、僕)。

50歳に見えるかな?

見えるかもね(と、彼女)。



一眠りして、起きてみると、夕食はおじさんの家に招待されている、とのこと。

また、おばさんのご主人が鶏料理を作って持ってきてくれるので、それも家で食べなければならない、

とのこと。

やれやれ、また、あちこちで飲むことになるのかなぁ、と。。。

時間つぶしに村の中の散歩、です。

おばあさんの家から、歩いて、3分ほどのところに、大きな敷地があり、

道路に面して、3軒分ほどに割って、ここはおばあさんがKさんの父親に与えた土地、

ここは、おばさんの息子へ、またここは、おじさんの係累へ、というようなことを話して聞かせてくれます。

Kさんの父親分に敷地には、なにやら柱の形骸があるばかりですが、

他の二つの場所には、家が建っています。。。


7時になって、おじさんの家に行って見ると、近所の人が集まってテーブルを囲んでおり、

なにやらもう、夕食は過ぎている様子です。

多くの皿には、まだ沢山食べきらない料理が残っていますが、

新品料理でないと、僕には勧めないようです。

日本で言えば海草、こちらでは緑の川草、を中心にした料理が出てきたのですが、

僕が、辛すぎて食べられない、というと、

ここでの夕食は、あきらめて、レオ・ビール1本空けて、終わり。


家にもどって、おばさんのだんなさんの鶏料理を待つことになりましたが、

こちらも8時近くになっても、現れません。

約束をわすれちゃったのかも、ということで、家にある料理で、夕食を済ませることに決定。

カオニャイと、鳥料理、玉子焼き、魚料理、などで、お腹がいっぱい。

そんなときに、やおら、おばさん夫婦がやってきましたが、手ぶら、でした。

忘れちゃったのか?みんな食べちゃった、のか?

なんだか、わかりません、でした。


やがて、9時になると、またおじさんがやってきます。

夕食のつぐないか、MAO Wineという赤ワイン、持参。

タイ産のワイン、です。

これを1本空けた後で、

隣町のソンクラン・フェスティバル(大掛かりな舞台ショーあり)に出かけよう、ということになり、

ピック・アップで繰り出すこと、8名。

1時間半ほど、満員の、派手な舞台ショーを見て、帰宅しました。

家にもどると、お店のシャッターは下ろされ、

1階のTVの前には、おばあさんと、高校2年生の甥っ子が、眠らずに待っていてくれました。


シャワー(水浴び)をして、いざ、就寝。

2階は、80畳くらいの広さになるのでしょうか、

離ればなれに、5,6箇所、蚊帳を吊った寝床が作られています。

だれが、どこで寝ているのかは、見えません。

僕たちの寝床は、階段に一番近い場所に作られています。

蚊帳つりの寝床、って、何十年ぶり、でしょう!

昼は、42度もあった暑さも、この時間では、扇風機もいりません。


この夜、僕は、

本当に久しぶりに、

6時間連続の熟睡を、

経験したのでした。



↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
Kさんとは一緒に寝てるのでしょうか?
タイ女性は貞操観念が強く結婚までは一緒に寝ないと聞いていたもので・・・
2010/04/15(木) 23:11 | URL | くー #-[ 編集]
Re: タイトルなし
くーさんへ、
くーさん、お歳はいくつですか?
また、どんな意図があるかしれませんが、このような質問は、礼を失してはいませんか?
礼儀を重んじる日本人は、このようなあけすけな質問はしないと思うのですが・・・。
失礼しました。

> Kさんとは一緒に寝てるのでしょうか?
> タイ女性は貞操観念が強く結婚までは一緒に寝ないと聞いていたもので・・・
2010/04/15(木) 23:31 | URL | imhappy #-[ 編集]
気を取り直して…
いやぁ~、しかしタフな日々を過ごされましたね。

読み進むうちに、タイの人々の溢れんばかりのエネルギーと、それに振り回されつつも懸命について行かなければと焦る8Pさんの葛藤が伝わる名文ですね。

Kさんとも何となく呼吸が合ったり合わなかったり、お互いの関係に人間くささが生じてきている様で、微笑ましくも思います。

と、分かった様な口をきいてしまいました。
悪しからず。

ご自愛の程を…。
2010/04/16(金) 02:49 | URL | のり #-[ 編集]
管理人さん

Kさんとの進展おめでとうございます。これからも頑張って下さい。

ところで今回の騒乱について重大な関心を持ってウオッチしています。

「タイの地元新聞を読む」の最新ニュースによると管理人さんの近くのホテルのようです。

ステープ副首相は16日10:00頃に放送された緊急特別放送の中で、反独裁民主主義同盟の幹部及びテロリストが潜伏先として使用しているとの情報に基づき、特務部隊が現在SCパーク・ホテルを包囲中であることを明らかにした。

ホテルの住所
474 Praditmanutham Rd., Wangthonglang
Bangkok, กรุงเทพมหานคร 10310

また、ステープ副首相は、同盟のデモ隊に紛れているテロリストが、バンコクのブラックアウトを狙った高圧鉄塔爆破未遂を引き起こしただけでなく、強制排除行動中の当局に向け攻撃を仕掛けたと指摘した上で、集会参加者に対してテロリストの盾として利用されない為にも早急に集会会場から離れるよう呼びかけた。

鉄塔爆破は一部損壊で済んだようですが、爆破が成功していればバンコクが停電になったと思われます。

自体が一刻も早く収拾される事を願っていますが、タクシン元首相が国外からアジルのも常識から逸脱していますね。


2010/04/16(金) 12:48 | URL | やまちゃん #-[ 編集]
強行軍
私も先日彼女の実家に行ってきましたが、
私よりもイサーンを満喫されていますね(笑)
私は彼女の実家に2時間滞在のとんぼ帰り
(ちょっとバンコクで問題がありましたので、笑)
でしたが....。
バスでの強行軍、お疲れさまでしたm(_ _)m
2010/04/16(金) 13:26 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
何人かのタイ人女性がこんなことを言っていたので実際のところはどうなのかなと。
返答したくなければ別にいいです。失礼しました。
2010/04/16(金) 22:41 | URL | くー #-[ 編集]
一般論ですが
ここの管理人さんはすべてを含んだ上でタイ人の相手を探しているのだから。今の時代はネットで諸先輩方の過去の失敗なんて簡単に探せるのですよ。管理人さんが金目当ての年齢の離れた女とどうなろうと他人が口を出すことじゃない
2010/04/18(日) 01:59 | URL | 桑井 #-[ 編集]
Re: 気を取り直して…
のりさん、
お元気ですか?
バスの旅行は、慣れてきているので、それほどのタフさを感じないで済んでいます。
今回の旅行も、気分を害したり、疲れたり、という理由でのケンカも無かったし(よくささいなことケンカになるのが男女の仲、ですが・・・)、結構楽しい時間をすごしました。
田舎の生活も、面白そうです。
タイ田舎定住、というまで成長はしていません。やはり、バンコクとかちょっとした都市にいて、ときどき田舎、というパターンならOK、といったところでしょうか。


> いやぁ~、しかしタフな日々を過ごされましたね。
>
> 読み進むうちに、タイの人々の溢れんばかりのエネルギーと、それに振り回されつつも懸命について行かなければと焦る8Pさんの葛藤が伝わる名文ですね。
>
> Kさんとも何となく呼吸が合ったり合わなかったり、お互いの関係に人間くささが生じてきている様で、微笑ましくも思います。
>
> と、分かった様な口をきいてしまいました。
> 悪しからず。
>
> ご自愛の程を…。
2010/04/18(日) 12:20 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
やまちゃん、
そうです、SCパーク・ホテルはバンカピ近隣地域にあり、一度、タイ人友人の昼食会に、行ったことがあります。地域としては、比較的大きく、上品なホテルでした。
大いに、今回の騒動、これからのタイ、に興味を持ってほしいと思いますし、私もそう考えています。
在タイ日本人の中に多い声、ただ単に、騒動が治まって欲しい、平和なタイのイメージに戻って欲しい、というのは、つまりはタイの将来のことなどどうでも良くて、自分の(日本人としての)現在の立場が正常に戻って欲しい、というだけに聞こえます。騒動が続けば、観光客が減り、企業駐在者が減り、日本人の自分の日本人相手の商売があがったりになるから・・・。
タイにいるからこそ、そういう仕事もさせてもらっているわけですから、己の近視眼的な私利私欲の観点からだけでなく、タイでの本当のデモクラシーへの激動・遠い道のりを、長い目で見て、応援したいものです。
黒シャツ団は、同盟側でも政府側でもなく、騒動が大きくなればなるほど良い、と考えている第3勢力の刺客、だと思うのですが・・・タイの政治は、魑魅魍魎・・・タイ語を読めず聞けずの状態では、軽々しく感想などいえません。
昨日は、タイ友人から、クィーンが、兵士側(だけ)の死傷者の慰問を行った、という話を聞いて、(キングの意思だとは思われない)王室の動きが、公になり、現在の政治に安易に直接影響をあたえる軽率な行為もいましめえなくなっているほどキングの行動力が弱くなっている、と感じざるを得ません・・・王室後継を巡って、内部での葛藤劇は、タイ人の中では常識になっているようです。


> 管理人さん
>
> Kさんとの進展おめでとうございます。これからも頑張って下さい。
>
> ところで今回の騒乱について重大な関心を持ってウオッチしています。
>
> 「タイの地元新聞を読む」の最新ニュースによると管理人さんの近くのホテルのようです。
>
> ステープ副首相は16日10:00頃に放送された緊急特別放送の中で、反独裁民主主義同盟の幹部及びテロリストが潜伏先として使用しているとの情報に基づき、特務部隊が現在SCパーク・ホテルを包囲中であることを明らかにした。
>
> ホテルの住所
> 474 Praditmanutham Rd., Wangthonglang
> Bangkok, กรุงเทพมหานคร 10310
>
> また、ステープ副首相は、同盟のデモ隊に紛れているテロリストが、バンコクのブラックアウトを狙った高圧鉄塔爆破未遂を引き起こしただけでなく、強制排除行動中の当局に向け攻撃を仕掛けたと指摘した上で、集会参加者に対してテロリストの盾として利用されない為にも早急に集会会場から離れるよう呼びかけた。
>
> 鉄塔爆破は一部損壊で済んだようですが、爆破が成功していればバンコクが停電になったと思われます。
>
> 自体が一刻も早く収拾される事を願っていますが、タクシン元首相が国外からアジルのも常識から逸脱していますね。
2010/04/18(日) 12:49 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: 強行軍
うチャラポーンさん、
どうやら今回は私の方が、イサーン滞在が長かったようです。
たった2時間の彼女の実家での時間、それはそれは貴重な時間だったのではないでしょうか。
きっと、彼女の父上様には、「花嫁の父」の悲哀をたっぷり浴びてしまわれたのではないかと、想像しております。バンコクでの急な問題事は心配ですが、彼女との将来はすべて順調、ということで、よし、がんばるぞ、と思われているのではないでしょうか。
お幸せに!


> 私も先日彼女の実家に行ってきましたが、
> 私よりもイサーンを満喫されていますね(笑)
> 私は彼女の実家に2時間滞在のとんぼ帰り
> (ちょっとバンコクで問題がありましたので、笑)
> でしたが....。
> バスでの強行軍、お疲れさまでしたm(_ _)m
2010/04/18(日) 12:57 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: タイトルなし
くーさん、
前のレスでお応えしたつもり、です。

> 何人かのタイ人女性がこんなことを言っていたので実際のところはどうなのかなと。
> 返答したくなければ別にいいです。失礼しました。
2010/04/18(日) 13:21 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: 一般論ですが
桑井さん、
このコメントは、きっと、くーさんという方からの、からかい気味のコメントを読まれたので、書かれたのではないか、と思いますが、そうでしょうか。
ご理解いただいているとおり、ネットや直接の経験談を聞いたりした上で、すべて承知で行動しております。日本で、結婚、子供の養育、家庭作り、そして離婚、という一通りの荒波にももまれております。そして、今の、国や世界の状況、自分の立ち位置、というものを見つめて、最善の行動を、とりたいと願っているだけなのです。
桑井さんの、言葉に一言、言わせてもらえば、
「金目当ての」年齢の離れた女と・・・というくだりです。
あえて、金目当ての、と修飾語をつける必要はない、というのが私の持論、です。
辛口フェミニズム評論家の、小倉千加子氏が、いみじくも看破して言っています。
「女は顔、男は金」だと。
古今東西、男は女の美しさに引かれ、女は男の金・経済力に引かれる、というのは、常識だからです。日本の女も、タイの女も、変わらないのです。
だから、あえて、「金目当ての」という必要は、ないのです。
まぁ、私としては、
「年金暮らしのもうろく」管理人が「金目当て」の年齢の離れた女とどうなろうと、他人には関係ない、口出しするな、
を言われたとしても、感謝します。
コメント、ありがとうございました。




> ここの管理人さんはすべてを含んだ上でタイ人の相手を探しているのだから。今の時代はネットで諸先輩方の過去の失敗なんて簡単に探せるのですよ。管理人さんが金目当ての年齢の離れた女とどうなろうと他人が口を出すことじゃない
2010/04/18(日) 13:40 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/453-77bc0e9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。