きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、つぎのようなコメントをもらいました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

あのー、普通に言ってまったく関係の無い人(それも彼氏というには年齢の離れた人)が
学費を出すって言ったらおかしいですよね?日本でもタイでも。
それを出してもらうってことはそれなりの目的があったり、それなりの人なのかなーと。
一般的に言って2万バーツといったらタイ人にとって大金です。
それをすんなり受け取ってしまうというのは普通の感覚ではない気がします。
過去にも管理人さんのようなことしてて身ぐるみ剥がされた老人がたくさんいます。
そういう人たちが言っていたことって俺は分別のつく年齢だし冷静だ、彼女は他の女と違うです。
人のことに口を出すなと怒られそうですがなんとなく気になったもので。
一読者の邪推に終わることを期待しています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうコメントを読むことは、もうウンザリしています。

アクセス解析によると、僕のブログを読む人の半数以上は、ネットサーフィンか何かで入ってくる初めての読者、ということのようです。

だから、いくら説明しても、その記事を読まない読者は、このようなコメントを送りたい気持ちになるのでしょう。

親切ぶっていますが、よく読めば、人を蔑んだ論旨で、着物の下に鎧が見えます。

これを読んで、もう、僕の婚活に関する記述は、止めにすることにしました。

いつまでたっても、この手のコメントは絶えることは無く、読む自分が不愉快な気分を味わうからです。


それで、最後にもう一度、僕の考えていることを述べておきます。

僕は、タイ人女性と日本人男性、特に年配男性との間に、どのようなことが起きたか、また今も繰り返し起きているか、十分に知っています。

無知、ではありません。

みんな承知の上です。

僕は、分別のつく年齢です・・・が、あえて無分別なことをしようとしています。

僕は、年甲斐のある年齢です・・・が、あえて年甲斐もないことをしようとしているのです。

彼女は、特別だ、他とは違う、なんて思ったこともありません。

ごくごく簡単に言えば、「女は顔、男は金」という小倉千加子さんの意見が、

古今東西、人間発達上に働いてきた、男女関係の真理だと思っています。

日本でも、タイでも、変わることはありません。

それは、良いことでも、悪いことでもなく、現実である、ということです。


ここに、一人の女性がいます。

タイ語のわからない僕のために、いろんな通訳をしてくれます。

バスを使って、あちこち連れて行ってくれます。

旅行に一緒に行って、はしゃぎまわってくれます。

モーター・サイクルでは僕を後ろに乗っけて走り回ります。

近所のデパートのプールで水泳の競争したり、ボーリングしたりしてくれます。

僕が行きたいときは、散歩に付き合って、公園でバドミントンをします。

かなり良い勝負になりますが、いつも彼女が勝ちます。

そして、芝生に寝転んで、しばしの間、大地の抱かれた気持ちを共有します。

部屋に遊びに来れば、

食事を作ってくれたり、

洗濯してくれたり、

部屋の掃除をしてくれたり、します。

一週間に一度は、映画に行きます。

彼女が、ホラー映画が好きなのが欠点、です。

彼女は、部屋の中でも、外に居ても、同じように、僕にくっついてくるのが好きです。

彼女は読書が好きです。

だから僕の読書のじゃまをしません。

彼女の田舎に連れて行って、田舎の生活、というものを教えてくれます。

最近では、僕の病気を心配して、看病してくれます。



彼女が、中断している大学の勉強を、続けたい、という思いが分かりました。

ランカムヘン大学という通信制の大学なので、卒業はなかなか容易ではなさそうです。

普通の、通学する大学で勉強したら、と僕がすすめて、

公立のお金のかからない大学に受かったら、学費は出してあげるよ、受験してみたら、と言います。

彼女は、それから猛勉強(でもないように見えましたが)して、7科目の筆記試験に合格します。

こうしてみれば、半期に2万バーツの学費をあげるなんて、なんでもない。

と思います。

勉強熱心さに対する僕からのご褒美、です。

それぐらいの余裕はあるし、

お金は生きるように使いたいものです。


なにも、特別なことはありません。

しかし、タイでなければ、簡単には起こりえないことであると思います。

僕は、足掛け2年の、タイ生活ですが、

タイ・ラブリンクで知り合った、タイ各地の女性を訪ねて走り回ったり、

身近の人の話を聞いたり、本を読んだり、

いろいろみんな、役にたてています。

受けたアドバイスで、合点したものは、守っています。

たとえば、風俗の女は、やめなさい、ということなどです。

しかし、男女関係というのは、所詮、他人には分からないものです。

千差万別。

ただし、ひとつ間違いのないことがあるとしたら、

与える愛には、失敗は無い、

ということです。

もうひとつ、読者の(一部共感していただけるかもしれない)方に言えることは、

もう一度、青春してみたかったら、(日本でも不可能ではないでしょうが)、

タイではその可能性が高い、ということです。

もう一度の青春がうまくいくとは限りません、

青春だから、失敗するのが本質かもしれません、

しかし、失敗しても、

座して死を待つより(大げさに言ってます)、

もう一度青春出来れば、本望ではないでしょうか、

という思いです。

(皆さんも、どうぞトライしてくださいね・・・)


ここまで、読んでいただいて、もういちど先のコメントを読み直してみてください。

僕が、NOYB(None Of Your Business)!

(自分の頭のハエを追いなさい!)

と言う意味がお分かりいただけるのではないでしょうか・・・。


まぁ、婚活や、彼女とのことをブログに書いて、つまらない感情を呼び起こす、

というのも考えものだ、という感じになってきました。

これからは、ゴルフ・ブログと、

(タイでゴルフが出来ることはなんてすばらしいことでしょう!

 日本に居れば、友達とゴルフ三昧、というわけには行かないと思います。

 タイに居て、始めてエイジ・シュートを目標にできます!)

やはり取り組まなければならない、タイ語の勉強についてなど、

時々、書いていく程度にしようと思います。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals


コメント
この記事へのコメント
まったく余計なことをして呉れたもんです!!

この日記を2年前の分から全部読んできた(嘘です…ゴルフの部分は飛ばし読みでした)私にはこの人の【感性の貧しさ】にあきれる!!

毎日、小説でも読むように楽しみしていたのに…その楽しみを奪い、それ以前にimhappyさんを怒らせるなんて!!

「お門違いの」とはこの事ですな。
2010/04/27(火) 07:31 | URL | 昭和17年 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 08:11 | | #[ 編集]
同世代として頼もしく婚活状況を拝見しておりました。前の「ひまわり…」も含めて全部読んでいます。私はゴルフをやらないので、読む楽しみが無くなってしまいそうです。私も2年後、タイにロングステイの予定です。婚活の再開を願っております。
2010/04/27(火) 10:33 | URL | toshi #-[ 編集]
まったく...怒る気持ち分かります。
昨日投稿しましたnaojangです。
まさかこういう展開になるとは、思いませんでした。私も、還暦になり、長いおつきあいをしているタイ人の女性がいます。彼女も40歳を超える年齢になりました。
私のことに重ね合わせ、読まして頂いてましたので、とても残念です。
確かに、私も色々なケースを見てきましたが、不幸なケースの多くは男の側に、問題があることが多いと思っています。
2010/04/27(火) 11:50 | URL | naojang #6nfdyoHE[ 編集]
他人は他人です。
他人は他人です。詮索好きな人もいます。決まって浅薄な何の魅力もない人です。恐らく女性との付き合いもあまり経験がないのでしょう。気にしないで婚活頑張ってください。いつも楽しく読ませて頂いています。これからも宜しく。
2010/04/27(火) 12:10 | URL | Johnny413 #-[ 編集]
以前、一度だけコメントさせていただいた者です。現在、北タイにリタイアメント移住いたしまして、貴方とかなり似たような(北米生活、タイ婚活者!)状況にあります。私も貴方の様にはブログと言う形で発信する勇気はありませんが、問われれば、各方面にそれなりの持論を述べたこともあります。しかし、世間の常識(やっかみと)を傘に語る人達に我々が意見を述べれば述べるほど、言訳?をすればするほど彼らの格好の餌食になるだけだと何度も思い知らされました。解ってもらおうとすることは無理なのです。貴方のおっしゃる様に、日本人にはNOYBは通じないですね。
2010/04/27(火) 12:31 | URL | Nepal no kaze #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 12:50 | | #[ 編集]
そんなこといわないで続けましょうよ
こんにちは 私も記事が面白くてゴルフ以外は完読しました。

私は配偶者がいますので、タイに半移住したら若い素人の彼女を作りたいと思っています。

若い彼女が欲しいと思うのは人間も動物である以上当然のことで、自然なことです。

管理人さんがKさんと上手く言っているのは結構なことで、私は応援している立場です。

男と女は対等ですから、それぞれ相手に魅力が無ければ長続きしません。女の若さと美貌の魅力に引かれて青春のドキドキをもう一度味わいたいと思うのは普通の事です。

女が男経済力に引かれるのも当然で結婚などもその一形態だと思います。

半期で2万Bの授業料など、普通の経済力のある日本の男にとってはタダみたいな金額です。

タニヤではコンドや車を買い与える日本人も多いですが、つつましい金額ではないですか。

私にとって一足先に実践している管理人さんの書き込みは好ましいものですので、理解の無い書き込みはスルーして引き続きタイから発信して下さいね。
2010/04/27(火) 13:15 | URL | やまちゃん #-[ 編集]
皆さん! 応援する割には【拍手】が無いのはどうした事でしょう?

つい興奮してお忘れになっているのでしょうか?

応援を態度で示しましょう
2010/04/27(火) 13:39 | URL | 昭和17年 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/27(火) 13:55 | | #[ 編集]
どれだけim8pさんのブログに励まされているやら
すごい応援のコメント数ですね。
私の応援コメントはいらないかと思いますが、
人それぞれだと言う事です。
そしてタイではその幅が激しい。
日本の様に単一社会ではないので、
その人が切り込んだタイ社会を、
「タイ」だと思い込むのもまたタイの特徴
だと思います。
私もいろいろありますよ!
im8pさんのブログ、色々な人を
支えていると思います。
これからも楽しみにしています(^0^)/
2010/04/28(水) 02:48 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
応援しています
いつも楽しみに拝読させてもらっている者ですが、初めて書き込みます。
管理人さんは、このコメントの内容を「親切ぶっていますが、よく読めば、人を蔑んだ論旨で、着物の下に鎧が見えます」と表現されておられますが、私には、ズバリ相手を攻撃する剣に見えます。コメントを寄せられた方は、「半年2万バーツの授業料」にこだわっておられるようですが、そこから「身ぐるみはがされた老人」に結び付けることは飛躍しすぎていて無理があります。たぶんブログをよく見ておられる方で、管理人さんの現状に対して、羨望から妬ましく思っておられる方ではないでしょうか。特に同じような事で失敗していれば、なおさらの事と思います。
現在、私は来るべき時(退職)の為に、歯を食いしばって(笑)日本で頑張っていますが、管理人さんの考えに共感しています。また、それを行動されていることに脱帽しています。
どうか、心無いコメントに左右されることなく、従前通り続けてもらえることえを楽しみにしています。かげながら応援しています。
2010/04/29(木) 13:44 | URL | AZU #-[ 編集]
リスクは自分持ちですから
 おはようございます。
 その後経過がどうなったかは知りませんが2万円出してあげて気持ちよく彼女と付き合いが出来ればそれでいいんではないでしょうか?別に変な所へ使う訳ではなし、自分の財布ですから自分の考えでやればいいんですよね。2万円で気分よくなれて暫く楽しさが続くんでしたら良いのではと私は思います。
2010/05/06(木) 09:07 | URL | トマックス・三重 #S1GpEOzc[ 編集]
残念です
私は50代前半ですが、管理人さんのコメントを読んでいつもなるほどなあと感心していました。我の世代になると大体人生の先が見えてきます。後はこれまでの延長線上で穏やかに年齢を重ねていくのをよしとするか、いや、このまま終わるのではまだ満足できない、とまた新たな冒険を始めるか、の2つに別れると思います。多分、大半が前者ということになると思いますが、最近、私の同年代の友人が、突然離婚しました。酒を飲みながらその理由を聞くと、もう一度恋がしたかったからだ、という返事です。20年連れ添った奥さんとの生活があまりにマンネリ化してしまい、新しい恋をするために、とりあえず独身に戻ろうと決心したそうです。そして、財産を全部処分して奥さんに半分渡したそうです。彼は仕事でも出世組で、人望も厚く、俗世間で言う成功者の範疇に入ります。しかし、周りの人が聞いたら笑ってしまうようなこの子供じみた言葉を彼の口から聞いた時、私は、なるほど、そうか、そうなんだよな、と合点してしまいました。しかし、日本で50男がこれから新しい恋をするというのは凄く難しい訳で、管理人さんが言う、タイなら年齢差はお金で乗り越えられるという夢のような国で、もう一度恋と青春を取り戻すという計画は本当に楽しそうです。Life is too shortと言いますが、色々なことをするから短いと思うのであって、何もしないでただ年をとっていくだけならLife is too longなのかも知れません。私もLife is too shortと思って生きることをモットーにしていますが、いつかはタイでそんな冒険をしてみたいです。
2010/05/12(水) 15:47 | URL | Breezedale #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/459-45f4bef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。