きょうもまた、あなたとおいしい朝食を食べる、それが幸せ。 風は、すずやかに、木の葉をゆらし、小鳥のさえずりが、庭に降る。 バンコク バンカピから。今日も元気だ、幸せだ!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
次の写真は・・・。

BKKfootbridge1
普通の歩道橋、です。
ランカムヘン通りが、先に整備されて、後で歩道橋が架けられたのだと、思います。
よく見てください。
歩道橋の階段の幅が、歩道を眼一杯占有しています。


BKKfootbridge2
人が一人、通り抜けるにも、
ちょっと身体を斜めにしなければならないほどの、幅しかありません。



BKKfoobridge4
反対側は、もっと狭くて、足元悪く、かなり注意しながら通り抜けなければなりません。



BJJfootbridge3
階段の裏側からみると、その工事のひどさが、分かります。
歩道が、平らになっては居ないし、
階段の土台部分が、歩道にきちんと埋まっていません。
階段部分を、どこからか持ってきて、どかんと歩道に置いた、
そんな風にしか、見えません。


どうすれば、こういう工事ができるのでしょうか。


バンコクでは、道路の出来具合が、めっぽう悪くて、

外国人の多く住む、スクムビットでも、とても散歩が楽しめるような舗道は、皆無です。


これは、工事会社も悪いですが、

公共物ですから、発注は、お役所に決まっています。

完成時には、かならず工事完了具合のチェックがあるものと思われます。

これが、どうして、そのチェックを通って、工事完了のお墨付きをもらえるのでしょうか。


容易に考えられるのが、賄賂が効いている、ということです。

それ以外に、ありえますか?


あるアンケートでは、もちろん有識者も入れたものですが、

タイ人の80%近くが、

ビジネスは、嘘や騙しが付き物だ、

と考えている、と伝えています。


こういう歩道橋のような事例を、あちこちに眼にして生きている人たちにとっては、

やむをえない考え、かと思います。


役人は、警官から始まって、すべて賄賂で動く、という社会。

小さい悪を許せば、大きな悪がますます蔓延る、わけです。

(逆に、大きな悪がまかり通っているから、小さな悪は、良いんだろう、

という考え、かもしれません)

賄賂は、どの国にもあるし、完全に防ぐことは難しい問題かもしれませんが、

その酷さの程度加減が、先進国かどうかのバロメーターになるかもしれません。

それが酷い場合、結果的に、非合理的、非効率的な行動に陥ってしまい、

競争力の無いビジネス、そして尊敬されない国家になってしまうでしょう。


あるプロジェクトが起こり、請負見積もりを出すとします。

その中身は、実際にかかる経費、その会社の利益、その総和に対して何十%かの賄賂用の金額が含まれます。

その賄賂用に必要とする金額は、請け負うとする会社によって、差があります。

旧権力体制側の会社と、新興企業では、その差が大きいでしょう。

旧権力体制側の企業には、その役員や顧問に、軍人がいたり旧貴族がいたり、

企業同士がもたれあっていたり、

いわゆる縁故社会・コネ社会のもろもろがくっついているからです。

それでも、今日権力体制側の企業が、簡単に落札するとしたら?

(僕は、いかにもまだタイのことを知らなさすぎますが、

タイの企業の経営陣に(顧問も含む)、現役の軍人が名を連ねるのは普通だ、

と知って驚きました。彼らは一体、経営上、何をするのでしょうか)

・・・・

と、想像力をたくましくして、考えてみました。

今のタイで起こっている亀裂のひとつは、

こうした旧権力体制企業と、新興企業の争いである、

という見方をする人がいますが、

きっとそうなのでしょう。

もし、為政者が、意図的に法律を変え、

政府プロジェクトを請け負う会社を、どちらかに容易に流れるようにすることは、

簡単、です。

規制すればいい、のですから。

こうして、賄賂社会がますます力を持ち、

より非合理的、非効率的な、お金が使われていく。


・・・・

ニューヨーク市を冠たる犯罪都市と言う汚名から、

アメリカで最も安全な大都市にカムバックさせた、

ジュリアーノ市長が取った、「破れ窓現象」理論を思い出しました。


こういう歩道橋工事のような事例を、目に付くように残しておけば、

ああ、役人は、賄賂をやればなんでも通すのだ、と考えさせることになり、

ますます、賄賂が普通だ、ということになる。

ジュリアーノ市長がまず取った作戦は、

ニューヨークの地下鉄の落書きを消すことでした。

僕がニューヨークに居たころを思い出しますが、

もう地下鉄の車体といい、建物といい、

真っ黒な落書きだらけで、気味悪く、

夜だけでなく、真昼でさえ地下鉄に乗ることに、危険を感じていました。

あれを、一掃することで、

今度の市長は、本気でやる気だ、

小さな罪から、許さない、

ましてや、大きな犯罪はなお、

という姿勢と施策が成功し、

安全な都市を取り戻した、ということなのでしょう。


タイでも、いつか、

そういうことが起こる、

でしょうか?


夢のようですが、

期待、





↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
<タイ・ブログランキングに、登録しています。
応援ください。読んだら、必ず、クリック一回!>

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


タイ・ブログランキング


わたしのお勧め出会いサイトです↓
Thai Dating, Singles and Personals

コメント
この記事へのコメント
 後進国ほど
 確かに後進国ほど賄賂は酷いでしょうね。また国民が富んでいないんので尚更だと思います。
 私は日本の事を悪く言い過ぎかもしれませんがそういう日本だってまだまだ既得権益保護とコネ社会で その上、公務員天国ではないでしょうか? 
 まあ程度の差ですがまだ皆さん食べるのに困っていないのでいいんです。が、最近は年収200万以下の働く人が2割以上になり60歳以上の人がこれまた2割以上になったそうです。
 坂の上を目指して登って行くんではなくこれからは転げ落ちて行くんではないでしょうか?
 まだタイの方が伸びる余地があるのでいいのでは・・・・。
2010/05/28(金) 21:37 | URL | トマックス・三重 #90LdKUd6[ 編集]
私の知り合いの建築士がタイの建造物をみてびっくりしてました(笑)
確かにそうですね。タイは役所もそうですが、
一般企業でさえ賄賂を要求してきます。
ごくごく当たり前のように(涙)
この歩道橋のパターンはもしかしたら
地盤沈下の影響も少しあるかもしれませんが、
それを差しひいてもひどいですね。
しかもいつかみたアンケートでは
タイ人のほとんどが賄賂は仕方ないと
容認しているとか....。
この社会構造は当分変わりそうにないですね、
残念ながら(T_T)
2010/05/29(土) 05:02 | URL | ウチャラポーン #RuBj8cxQ[ 編集]
二年前にsukuhmvitのsoi23へ夜にtaxiで降り立った時の事ですが…
もうっ吃驚して声も出なかった事がありました。
 taxi料金を払って、さてと一歩を踏み出そうとしたその時に、私は危うく深い暗い穴に落ちそうになりました。
 暗闇によーく目を凝らして見ると歩道上に暗渠がポッカリと暗い穴をあけておりその周りになんの囲いも注意喚起の表示もなく更にその歩道の上に、同じ様に暗渠がつながって暗闇の中に口を開けていたのです。

まさに冷汗ものとはこの事です。
端的にタイを物語っていると、今にして思います。

2010/05/29(土) 20:50 | URL | 昭和17年 #-[ 編集]
Re: タイトルなし
昭和17年さん、
たった2年前のことなんですね・・・。
今でも、タイは、そんな状況なんでしょうね。
美しく、バリアフリーの街造り、なんて想像もしていないのでしょうか。
いずれにしても、街を歩くときは、気をつけます!


> 二年前にsukuhmvitのsoi23へ夜にtaxiで降り立った時の事ですが…
> もうっ吃驚して声も出なかった事がありました。
>  taxi料金を払って、さてと一歩を踏み出そうとしたその時に、私は危うく深い暗い穴に落ちそうになりました。
>  暗闇によーく目を凝らして見ると歩道上に暗渠がポッカリと暗い穴をあけておりその周りになんの囲いも注意喚起の表示もなく更にその歩道の上に、同じ様に暗渠がつながって暗闇の中に口を開けていたのです。
>
> まさに冷汗ものとはこの事です。
> 端的にタイを物語っていると、今にして思います。
2010/06/03(木) 20:44 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re: 私の知り合いの建築士がタイの建造物をみてびっくりしてました(笑)
ウチャラポーンさん、
これは、地盤沈下も影響しているんですね・・・。
それにしてもひどいです。

今回の首相・閣僚の不信任決議での、プーム・ジャイ党の反乱も、
2011年予算のうまみが、自分達の所轄のところには何も無い、というのが理由だそうで。
それを受けて、ゴーン財務大臣が、お金はどこかから見つけて、予算を付けるから、
という妥協案を即、約束したとか。。。
これが、バンコク・ポストという、政府のちょうちん報道ばかりの新聞に書かれるくらいですから、タイのとって汚職は、当たり前のことすぎて、疑義さえ感じない、
というレベルなんでしょうね。
タクシンを、海外追放する理由が汚職の嫌疑、というわけですから、
2重人格を演じているわけでしょうか・・・。





> 確かにそうですね。タイは役所もそうですが、
> 一般企業でさえ賄賂を要求してきます。
> ごくごく当たり前のように(涙)
> この歩道橋のパターンはもしかしたら
> 地盤沈下の影響も少しあるかもしれませんが、
> それを差しひいてもひどいですね。
> しかもいつかみたアンケートでは
> タイ人のほとんどが賄賂は仕方ないと
> 容認しているとか....。
> この社会構造は当分変わりそうにないですね、
> 残念ながら(T_T)
2010/06/03(木) 21:00 | URL | imhappy #-[ 編集]
Re:  後進国ほど
トマックスさん、
本当に、おっしゃる通り、だと思います。
官僚の既得権保護の力は、強大で、どの政権でも崩すことができていません。
その官僚主導の国の運営が、ここに来て15年、どんずまりで、
高齢化と貧困化が、未来の日本の進む地図になってしまったのでしょうか?
まぁ、落ちるところまで落ちると、また盛り返すお国柄であると、
内心、高をくくっていますが・・・自分の子供達が苦しむと思うと、
やり切れません。
早く、優れた政治家が出てきて、国をリードして欲しいと願いますが、
その候補者も、見当たりませんか?

まだ、タイは伸びる余地がある、、、そうかもしれません。
楽しみです。
しかし、タイも高年齢化が、足音立てて近づいている、と聞きました。
自分で自分を守ること、それがどこに居ても、大事になってきました。





>  確かに後進国ほど賄賂は酷いでしょうね。また国民が富んでいないんので尚更だと思います。
>  私は日本の事を悪く言い過ぎかもしれませんがそういう日本だってまだまだ既得権益保護とコネ社会で その上、公務員天国ではないでしょうか? 
>  まあ程度の差ですがまだ皆さん食べるのに困っていないのでいいんです。が、最近は年収200万以下の働く人が2割以上になり60歳以上の人がこれまた2割以上になったそうです。
>  坂の上を目指して登って行くんではなくこれからは転げ落ちて行くんではないでしょうか?
>  まだタイの方が伸びる余地があるのでいいのでは・・・・。
2010/06/03(木) 21:12 | URL | imhappy #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://im8p.blog25.fc2.com/tb.php/471-3de4ab3b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。